NAVI × 作品データ あらすじ 主要登場人物 アカデミー賞 スタッフ キャスト予告編 詳しいストーリー ストーリーの結末 感想・レビュー 関連作品・関連ページ [感想・レビュー]投稿フォーム このページの一番上へ T's Theaterのメニュー
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES映画の総合情報サイト
410Twitter、フォローお願いします!0 0001
映画『SID AND NANCY』「シド・アンド・ナンシー」<1986年:イギリス>

ATTENTION:T's Theaterでは映画作品のあらすじだけでなくストーリーのネタバレ結末まで記載しています。映画レビューはストーリーの下方にあるので映画をご覧になっていない方はお気を付け下さい。

映画「シド・アンド・ナンシー」あらすじ,ネタバレ,レビュー

作品データ

IMG from Amazon

原題:

SID AND NANCY

邦題:

シド・アンド・ナンシー

原題訳:

シドとナンシー

製作年:

1986年

製作国:

イギリス

上映時間:

ジャンル:

伝記映画 ドラマ ロマンス

監督:

アレックス・コックス

主演:

ゲイリー・オールドマン クロエ・ウェブ

あらすじ

この映画にはtoikun以外のレビューはまだありません。

既にパンクバンドであるセックス・ピストルズのベーシストとしてスター街道驀進中のシド・ヴィシャスはナンシー・スパンゲンとういアメリカ人女性と出会い、共に麻薬に溺れ…。

クリックすると下にジャンプします詳しいストーリー感想・レビュー

詳細作品データ[写真画像付き]IMGs' COPYRIGHT notations

主要登場人物

Main Cast:メインキャスト:役名:
Gary Oldmanゲイリー・オールドマンパンクバンド、セックス・ピストルズのベーシスト、シド・ヴィシャス
Chloe Webbクロエ・ウェッブシド・ヴィシャスと付き合うことになる女性ナンシー・スパンゲン

アカデミー賞

Winner:受賞:
Noneなし
Nominee:ノミネート:
Noneなし

スタッフ(製作・監督・脚本・撮影・音楽)

Producer:製作:
Eric Fellnerエリック・フェルナー
Director:監督:
Alex Coxアレックス・コックス
Writers:脚本:
Alex Coxアレックス・コックス
Abbe Woolアベイ・ウール
Cinematographer:撮影:
Roger Deakinsロジャー・ディーキンス
Original Music:音楽:
Joe Strummer(The Pogues)(Pray for Rain)ジョー・ストラマー(ザ・ポーグス)(プレイ・フォー・レイン)

キャスト・出演者

Cast:キャスト:役名:
Gary Oldmanゲイリー・オールドマンパンクバンド、セックス・ピストルズのベーシスト、シド・ヴィシャス
Chloe Webbクロエ・ウェッブシド・ヴィシャスと付き合うことになる女性ナンシー・スパンゲン
David Haymanデヴィッド・ヘイマンセックス・ピストルズのマネージャー、マルコム・マクラーレン
Debby Bishopデビー・ビショップフォーブ
Andrew Schofieldアンドリュー・ショフィールドセックス・ピストルズのメンバーでシドの友人ジョン
(aka)ジョニー・ロットン
Xander Berkeleyザンダー・バークレーバウリー・スナックス
Perry Bensonペリー・ベンソンセックス・ピストルズのメンバー、ポール・クック
Tony Londonトニー・ロンドンセックス・ピストルズのメンバー、スティーヴ・ジョーンズ
Sandy Baronサンディ・バロン(アメリカでの)ホテル経営者
Sy Richardsonサイ・リチャードソン麻薬のケースワーカー
Edward Tudor-Poleエドワード・チューダー・ポール(イギリスでの)ホテル経営者
「シド・アンド・ナンシー」トレーラー
T's Theater新作映画紹介[あらすじ&レビュー]
「フレンチ・ラン」3月4日より渋谷シネパレス他、全国順次ロードショー! 公式サイト
他4作品の公開前・公開中の新作映画リストを開く

ストーリー・ネタバレ

この映画を未見の方へ:[ストーリーは最期まで表示されています]
ストーリーを途中までの表示にするストーリーを全て隠す

呆然とし、中空を眺めるだけのこの男、シド・ヴィシャス。イギリスのパンク・ロック・バンドであるセックス・ピストルズのベーシストとしてよく知られた男に何が起こったのか。やってきた刑事がシドから話しを聞こうと、タバコを勧め宥めると、シドは口を開き始めた…。

シドの側には女性が倒れており、既に亡くなっていた。その女性の身元についてシドに尋ねる刑事。亡くなった女性の名はナンシー・スパンゲン。アメリカ人女性で、シドとナンシーの出会いは、彼らの共通の友人であるリンダの家であった。シドは友人のジョニーと共にリンダの家を訪ねるとそこに偶然ナンシーがいた。リンダが、2人のことを“セックス・ピストルズの”と紹介すると“セックス・ピストルズ大好き!”と喜んだナンシー。続けて“本物のワルか確かめたい”という彼女。真っ昼間から酒をあおり子供のようにはしゃぐ青年たちがいた。

夜。セックス・ピストルズのマネージャーであるマルコムが呼び込みをしているのはセックス・ピストルズなどバンドたちが音楽を奏で客が踊り狂うライブ会場。ピストルズ嫌いで知られる記者を見つけると、ボコボコに叩きのめすシド。その夜のギグはとびきり上等のモノであっただろう…。

メンバーとグルーピーの雑魚寝で夜が明けた後。

レストランでシドたちが冷やかすクールな男はロッド・スチュワートか。彼に飲み物をぶっかけられたナンシーが泣いて外に出ると後を追うシド。ヤクを調達するから金が欲しいと言うナンシーに金を差し出したシド。1時間で戻ると言ってバスに飛び乗ったナンシーは戻ってこなかった。

結局はヤク目当て、ジャンキーだ。ある時、偶然シドはナンシーを見つけた。悪事を働こうとするモノを監視する警察から逃れる為にロッドに捨てられた後だったナンシー。

注射器を用いて血管にヤクを入れるという、あるまじき行為をしでかした彼らには相当の退役症状・離脱症状が襲ってきたであろう。

そうこうしている間にシドとナンシーは恋人となり、そして結婚までした。ナンシーの母親への電話は金の無心のためであり、それが見透かされて愛想を尽かされるナンシーだったが…。

シドとナンシーは、ロック・ヘッドの滞在するホテルに行ったりするモノの、結局はヤクを求めてしまう。周りからかけ離れていく二人。

全米でのコンサートを控えたある時。シドと離れたくないナンシーは、シドに行かないように頼んだ。メンバーは、ピストルズの人気はシドニ寄るところが大きいと、彼に来て欲しいと頼むモノの断ったシド。だが虫の居所が悪くなり急転アメリカへ。

セックス・ピストルズはバス数台とバイクで全米を駆け巡った。しかし、シドに、イギリスに残ったナンシーの意地の悪さが残ってか、メンバー間の不和が大きくなり、あるコンサートでは5曲を弾いてお終い。結局、セックス・ピストルズは解散という事になってしまった。

結末・ラスト

アメリカ。チェルシーホテルに滞在するものの、カーテンを閉め切るその姿はまるでゴキブリたちの住処を覗いたよう。ナンシーの実家を2人して訪ねるのだが、ヤク中の事などがあり、2人して受け容れられなかった。

麻薬を止めて何とか立ち直ろうと2人努力はしてみる。だが誘惑は強く、せっかくナンシーがとってきたギグの予定も滅茶苦茶にして潰したシド。彼らの元からファンは離れ、最早生きる者は猫のみかという状況。

ホテル滞在中に寝タバコが原因で火事を起こしてしまう。それが直接の原因ではないものの、シドの心はナンシーから離れる。より、遠くへ。それを案じたナンシーはナイフを取り出して取っ組み合いが起こり、ナンシーの腹に偶然ナイフが刺さってしまった…。

これが、警察がやって来た“事件”だったのだ。

数日を留置場で過ごしたシド・ヴィシャス。大好物であるピザを頬張ったのは幻か?そしてその幻の続きとして、やって来たタクシーの後部座席に座るはナンシー・スパンゲン。シドもタクシーに飛び乗ると2人を乗せてどこかへ走り去るのであった…。

レビュー・感想・解説・評価

ストーリー・ネタバレはクリックミー(上部へ移動)
レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]
シド・アンド・ナンシー
toikunの評価:4/10★★★★☆☆☆☆☆☆

熱狂的なファンを持つと言われるセックス・ピストルズと故メンバー、シド・ヴィシャスを追った本作自体。観るのは人生で二度目か、確か先日「バスキア」というジャン=ミシェル・バスキアを追った伝記映画を観て、それに本作の主人公を演じるゲイリー・オールドマンが出演していて、“心の中に湧き”、またケビン・コスナー主演の「クリミナル 2人の記憶を持つ男」でも凶器&狂気的なオールドマン観られて“湧いた”toikunの心を吐き出したかったのだ。あ、←←←の表現、というか本作はセックス・ピストルズを追ったモノではない。

監督を務め脚本も執筆をしたのは、テリー・ギリアム監督、ジョニー・デップ主演の麻薬映画で???な「ラスベガスをやっつけろ」の脚本も執筆したアレックス・コックス。もっと彼の作品を観なければ、監督をした映画も、脚本を書いた映画も…。

・シド・ヴィシャスを演じるのは前述ゲイリー・オールドマン。toikunが映画を観始めたのは1990年代に入ってからであり、本作の製作年度1986を観るとどうやら本作が劇場用長編映画出演デビュー作品ではないようだ。文献によって違っているのだが。そんなのアカデミー賞絡みは現在のところ「裏切りのサーカス」のみ。ホント、何時でも書くけどおかしいよねぇ。「スカーレット・レター」挙げときます、貴方は同作で何を感じた?

・そしてタイトルロールのもう一人“ナンシー・スパンゲン”を演じるのは、toikun的には作品が続かないクロエ・ウェッブ。セビニーさんじゃあありません。「ニュートン・ボーイズ」など。メイクもあるんだろうが、凄いフェイスだなぁ。

・バンドのマネージャー役で「ジャッカル」「テイラー・オブ・パナマ」

・また、他にナンシーと共に仕事を取りに行った女性の役でコートニー・ラヴが出演している。

さて。

先に90年代から映画を観始めたと記述をしたが、「ドラゴンボール」の何かは80年代だったか。洋画は90年代。で、観始めたちょっと後くらいに椎名林檎HEARTさんの『ここでキスして。』、♪“現代のシド・ヴィシャスに~手錠をかけられるのは”ってのがあって、toikunは彼女は好きだけど洋楽は聴かないのでセックス・ピストルズと言われても名前しか分からないのだ。で、長くなったが、知っているor Not、興味がある or Notで大分本作の印象は変わるだろうなって事。これは同じ伝記映画「バスキア」もあるし。

因みに日本をラブしてくれる林檎氏をtoikunはラブしている。

音楽家の伝記映画だからと言って作曲に特別なところはなく、ジョー・ストラマー氏の『Pray for Rain』がクレジットされているが、特別視する程でもない。

「バスキア」と“伝記映画”として比べてみると、同作は有名になる前から追っているが、本作はどの時点かは分からないがある程度有名になった後から描き始めている。その点のYes or Noはご自身の判断で、toikunはぁ好きじゃあないけど。

ドラッグ映画としてもう一作品挙げときます「KIDS/キッズ」。フィクションだけれども…ドラッグ映画はやはり救われねぇ。。。シドアンドナンシーうん、ナンシー・トラヴィス…。

2017/05/04

by .

[感想・レビュー]投稿フォーム

アナタのレビュー・評価を載せてみよう!

お名前:

メールアドレス:

ホームページURL:

評価を10点満点でお聞かせ下さい。(必須)

10点  
9点  
8点  
7点  
6点

5点  
4点  
3点  
2点  
1点

映画の感想・レビューをお聞かせください。T's Theaterのこのページに掲載させて頂きます。

レビューの表示例

『映画ファン』さんのレビュー・評価

投稿日時:20??/??/?? 15:59:46

4点/10点満点中★★★★☆☆☆☆☆☆

ホームページ

コメント:

(コメントをどうぞ。)

T's Theaterへのお問い合わせフォームはコチラ(別ページで開きます)

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

ともちんが通りますよ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com