NAVI × 作品データ あらすじ 主要登場人物 アカデミー賞 スタッフ キャスト予告編 詳しいストーリー ストーリーの結末 感想・レビュー 関連作品・関連ページ [感想・レビュー]投稿フォーム このページの一番上へ T's Theaterのメニュー
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES映画の総合情報サイト
587Twitter、フォローお願いします!1 0001
映画『THE DAY OF THE JACKAL』「ジャッカルの日」<1973年:イギリス,フランス>

ATTENTION:T's Theaterでは映画作品のあらすじだけでなくストーリーのネタバレ結末まで記載しています。映画レビューはストーリーの下方にあるので映画をご覧になっていない方はお気を付け下さい。

映画「ジャッカルの日」あらすじ,ネタバレ,レビュー

作品データ

IMG from Amazon

原題:

THE DAY OF THE JACKAL

邦題:

ジャッカルの日

原題訳:

ジャッカルのその日

製作年:

1973年

製作国:

イギリス フランス

上映時間:

ジャンル:

スリラー 犯罪もの

監督:

フレッド・ジンネマン

主演:

エドワード・フォックス

あらすじ

この映画にはtoikun以外のレビューはまだありません。

大統領暗殺のために男を雇ったフランス軍部右派。男のコードネームは“ジャッカル”。特注銃と種々の身分証を携えてパリに入った男。女性に寄生したり車の色を変えたりやりたい放題。果たして大統領の暗殺は防ぐことが出来るのか?

1997年に「ジャッカル」としてブルース・ウィリスがジャッカルを演じて相手役にリチャード・ギアを添えている作品が作られた。リメーク作品と言うべきかは今でもtoikunの中では疑問である作品だが…アカデミー賞を4つ持つフレッド・ジンネマンの手法に酔いしれよう。

レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

クリックすると下にジャンプします詳しいストーリー感想・レビュー

詳細作品データ[写真画像付き]IMGs' COPYRIGHT notations

主要登場人物

Main Cast:メインキャスト:役名:
Edward Foxエドワード・フォックスジャッカル(コードネーム)
チャールズ・ハロルド・カルスロップ(偽名)
ポール・ダガン(偽名)
ペーア・ルントクビスト(偽名)
Michel Lonsdaleマイケル・ロンズデール副総監クロード・ルベル
Delphine Seyrigデルフィーヌ・セイリグコレット(モンペリエ夫人)
Olga Georges-Picotオルガ・ジョルジュ=ピコOSAスパイのドニーズ

アカデミー賞

Winner:受賞:
Noneなし
Best Film Editing Nominee:編集賞ノミネート:
Ralph Kemplenラルフ・ケンプレン

スタッフ(製作・監督・脚本・撮影・音楽)

Producers:製作:
John Woolfジョン・ウォルフ
Kenneth Rossケネス・ロス
Director:監督:
Fred Zinnemannフレッド・ジンネマン
Writers:脚本:
Jean Tournierジャン・トゥルニエ
Cinematographer:撮影:
Georges Delerueジョルジュ・ドリュニュー

キャスト・出演者

Cast:キャスト:役名:
from Endrollエンドロールより
Edward Foxエドワード・フォックスジャッカル(コードネーム)
チャールズ・ハロルド・カルスロップ(偽名)
ポール・ダガン(偽名)
ペーア・ルントクビスト(偽名)
Terence Alexanderテレンス・アレクサンダーロイド
Michel Auclairミシェル・オークレールローラン大佐
Alan Badelアラン・バデル内務大臣
Tony Brittonトニー・ブリットントーマス警視
Denis Careyデニス・キャリーケイソン
Adrien Cayla-Legrandアイドリアン・カイル=ルグランドゴール大統領
Cyril Cusackシリル・キューザックザ・ガンスミス
Maurice Denhamモーリス・デナムコルベール将軍
Vrernon Dobtcheffヴァーノン・ドブチェフ連絡員=The Interrogator
Jacques Francoisジャック・フランソワパスカル
Olga Georges-Picotオルガ・ジョルジュ=ピコOSAスパイのドニーズ
Raymond Geromeレイモンド・ジェロームフラヴィグニィ
Barrie Inghamバリー・インガムサンクレール
Derek Jcobiデレク・ジャコビキャロン
Michel Lonsdaleマイケル・ロンズデール副総監クロード・ルベル
Jean Martinジーン・マーチンOASの副官ウォレンスキー
Ronald Pickupロナルド・ピックアップパスポート偽造者
Eric Porterエリック・ポーターOAS主要人物ロダン大佐
Anton Rodgersアントン・ロジャースバーナード
Delphine Seyrigデルフィーヌ・セイリグコレット(モンペリエ夫人)
Donald Sindenドナルド・シンデンマリンソン
Jean Sorelジャン・ソレルバスティアン
David Swiftデイヴィッド・スウィフトOAS主要人物モンクレール
Timothy Westティモシー・ウェストベルチエ
Bernard Archardバーナード・アーチャード(--no description in Endroll--)
Jacques Alricジャック・アルリック(--no description in Endroll--)
Colette Bergeコレット・バージ(--no description in Endroll--)
Edmond Bernardエドモンド・バーナード(--no description in Endroll--)
Gerard Buhrジェラルド・バー(--no description in Endroll--)
Philippe Leotardフィリップ・レオタール(--no description in Endroll--)
Maurice Teynacモーリス・ティナック(--no description in Endroll--)
Van Doudeヴァン・ドード(--no description in Endroll--)
Nicolas Vogelニコラス・ヴォーゲル(--no description in Endroll--)
「ジャッカルの日」トレーラー

ストーリー・ネタバレ

この映画を未見の方へ:[ストーリーは最期まで表示されています]
ストーリーを途中までの表示にするストーリーを全て隠す

1962年8月フランス。ドゴール大統領はアルジェリアの独立を認めたために右派の怒りを買ったという。その右派の連合を“OAS”(オー・エー・エス)と言う…。

ある日閣議が終わって車で移動する大統領を男たちが銃撃した。幸運にも大統領の頭をかすめるだけですんだが銃撃は7秒にも及んだ。犯人たちは逮捕され主犯格のバスチアン中佐は即死刑宣告が下されて部下等軍人に銃殺された…。

フランス国外のイタリア・ローマに居を置く“OAS”の主要人物のロダン、モンクレール、ケソンはドゴール大統領暗殺を遂行するためにとある男をアジトに呼んでいた。男は様々な暗殺に関わっておりプロだ。前金25万ドル、暗殺完了後25万ドルという法外な金を要求してきたが主要人物達はそれを飲んだ。そして男はコードネームとして“ジャッカル”と名乗った…。

“OAS”はジャッカルへの報酬の捻出のために次々と銀行を襲った。大義を成すためなら形振り構っていられなかったのだ。

ジャッカルは寝る間も惜しんで暗殺の方法を考えていた。もしかしたら彼にも暗殺以外の大義というものを持ち合わせていたのかも知れない…いやそれは無いであろう。

ジャッカルは出生局で生後間もなく死んだ人物を探して化けることにした。また空港で飛行機から降り立つ人々を双眼鏡で監視して自分の年齢・身なりにあった人物を見つけてパスポートを“拝借”した。そしてOASから“前金”が振り込まれてジャッカルはとうとう実行の為に動き出す。

先に殺されたバスチアン中佐の婚約者ドニーズの元をOASの男が訪れた。男はドニーズに指令を出した。“大統領の側近に近づいて情報を盗め。”

ジャッカルはイタリア・ジェノバで凄腕の銃砲職人に会い大統領暗殺に使う拳銃の作成を依頼した。また“偽るための”身分証明書の作成なども怪しい男に頼んだ。

パリに入っていたジャッカル。おそらくは“本来の身分”であろう。何も疑いが付いていないうちに下調べを終える。

そんな中、イタリアのOAS達の副官ウォレンスキーが、OASを調べるフランス閣僚配下の人物達によって捕らえられて“ジャッカル”という名を吐いた。またドニーズは閣僚にうまく近づいた。

拳銃と身分証を手に入れたジャッカル。ジャッカルを脅した男は“非情にも”いや当然だろう、殺したジャッカルだが…。

フランス内務大臣の下に閣僚が集まった。OASの動き、大統領暗殺の動きに対してだ。大統領に今まで調べたことを告げたが、まだ少ない情報だったせいかそれとも威厳を保ちたい大統領は“暗殺者から隠れること”を拒否していた。

閣僚達はフランス警視庁の副総監クロード・ルベルにとうとう捜査を求める決議をした。総監も出席する会議に出たルベル。補佐としてキャロンという男を要請した。そしてルベルはヨーロッパ・アメリカを中心とした各国と捜査協力を要請する。

こうして“ジャッカル”の包囲網は狭まっていった。イギリス人の男、“身分証の名前”その他も分かってきた。だがジャッカルの方もドニーズの情報などから自分への包囲も分かっていた。アルファロメオに色を塗ったりナンバーを変えたり。ホテルに居た金持ちの女性モンペリエ夫人を誘惑して虜にした。そしてフランス国内の居城に仕立て上げようとした。

ルベル達はジャッカルがフランスに入っていることを知っているのでフランス警察の総力を挙げている。モンペリエ夫人の所にもやって来た。

途中事故などを起こすというアクシデントはあるものの、暗殺作戦遂行のためにモンペリエ夫人を殺害して車を盗難して、更に身分を変えてパリへ向かう列車に乗った。

パリ。

ジャッカルが化けた“デンマークからの教師”を探すルベルら警察一行とフランス軍部ら。一時はルベルは“もう十分だ”と捜査から外されていた程なのだがルベルに頼らざるを得ない閣僚達が居た。

そしてフランスの解放記念日。大統領が大仰に演説する予定である。もちろんジャッカルはこの日を…。

凱旋門の周りには大統領の“今そこにある危機”を知らない人々でごった返していた。果たしてジャッカルは大統領暗殺を成し遂げるのか?

結末・ラスト

ルベルはそれを阻止すべく動き回る。ジャッカルは大統領を狙撃できる建物最上部に陣取っていた。ジャッカルは銃を構えた。だがそこにルベルが入ってきた。銃を捨てないジャッカルを撃ち殺して無事に暗殺は防がれるのであった。

ジャッカルの身元を調べるフランス警察。それは最早最初の身分の男でさえ“分からなかった”。誰でも無い男=ジャッカル。果たして彼は何者であったのだろうか…それは誰にも分からない…。

レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

レビュー・感想・解説・評価

ストーリー・ネタバレはクリックミー(上部へ移動)
レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]
ジャッカルの日
toikunの評価:8/10★★★★★★★★☆☆

Frecerick Forsyth(フレデリック・フォーサイス)の小説を、「Bensy(原題)」でアカデミー短編ドキュメンタリー映画賞、「地上より永遠に」「わが命つきるとも」の両作でアカデミー監督賞、「わが命つきるとも」では作品賞を受賞している“4つのオスカーおじさんを持つ男”鬼才フレッド・ジンネマンが監督した作品。ジンネマンはアカデミー賞では他に「山河遥かなり」「真昼の決闘」「尼僧物語」「サンダウナーズ」「ジュリア」で監督賞にノミネートしており「サンダウナーズ」では作品賞の候補になっている。

主演のコードネーム=ジャッカルに扮するのは番外編007の「007/ネバーセイ・ネバーアゲイン」や「ガンジー」などのエドワード・フォックス。フォックスより他の主要登場人物としては「ミュンヘン」、「RONIN」など数々の作品に出演するフランス人俳優のマイケル・ロンズデールがルベル副総監を演じている。

1997年にはブルース・ウィリスがジャッカルに扮し敵役デクランにリチャード・ギアが扮したリメーク作品(厳密にはリメークとは言えないだろうが…)「ジャッカル」が作られている。

「ジャッカル」を1998年に先に見たtoikun。今年2015年にリメーク元の作品を見ることになった。ハリウッド製「ジャッカル」がとても良い映画に感じられているtoikunはとても期待した。そしてその期待通りとなった。製作国を見るとイギリス・フランスと言うことでハリウッドの息はかかっていなくて凄まじいアクションがあるわけでは無い。もちろん今作が70年代製作という事も有るが007シリーズはとっくに作られている。でも凄まじいアクションは要らない。ジャッカルの怖さがこれだけで分かる。肌で感じるのだ。

オープニングの世界情勢の説明口調からの不安を煽る音楽にはとっても引き寄せられた。143分息をつかせず見ることが出来たのだ。編集賞ノミネートとそれも良い編集のお陰だったのかも知れない。

はい、他国語が嫌いなハリウッド映画みたく今作は英・仏合作だがフランスの警察の人とか閣僚の人とかOASの人とかみ~んな英語を使っていたよorz。エッフェル塔はイギリスの軍門に降ったのか!?

蛇足ではあるがWikiPediaによるとガンスミスを演じるシリル・キューザックはジョン・キューザック、ジョーン・キューザックらを始めとした彼らの兄弟アン・キューザック、ビル・キューザック、スージー・キューザック、そして彼らの父ディック・キューザックとは血縁関係に無い。

いずれ「ジャッカル」今作を見比べたページを作ってみようと思う。いやー、良い映画だ!ありがとう!

願わくはFOREVER MINE。

なおT's Theaterではフレデリック・フォーサイスの原作を元にした映画として「第四の核」をレビューしている。

2015/09/26

2016/03/05

by .

[感想・レビュー]投稿フォーム

アナタのレビュー・評価を載せてみよう!

お名前:

メールアドレス:

ホームページURL:

評価を10点満点でお聞かせ下さい。(必須)

10点  
9点  
8点  
7点  
6点

5点  
4点  
3点  
2点  
1点

映画の感想・レビューをお聞かせください。T's Theaterのこのページに掲載させて頂きます。

レビューの表示例

『映画ファン』さんのレビュー・評価

投稿日時:20??/??/?? 15:59:46

4点/10点満点中★★★★☆☆☆☆☆☆

ホームページ

コメント:

(コメントをどうぞ。)

T's Theaterへのお問い合わせフォームはコチラ(別ページで開きます)

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

http://blog.livedoor.jp/tomo24sawara/

ともちんが通りますよ

削除されました(泣)

レビュー・アン・ローズ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com