NAVI × 作品データ あらすじ 主要登場人物 アカデミー賞 スタッフ キャスト予告編 詳しいストーリー ストーリーの結末 感想・レビュー 関連作品・関連ページ [感想・レビュー]投稿フォーム このページの一番上へ T's Theaterのメニュー
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES映画の総合情報サイト
577Twitter、フォローお願いします!0 0001
映画『Vicky Cristina Barcelona』「それでも恋するバルセロナ」<2008年:アメリカ,スペイン>

ATTENTION:T's Theaterでは映画作品のあらすじだけでなくストーリーのネタバレ結末まで記載しています。映画レビューはストーリーの下方にあるので映画をご覧になっていない方はお気を付け下さい。

映画「それでも恋するバルセロナ」あらすじ,ネタバレ,レビュー

作品データ

IMG from Amazon

原題:

Vicky Cristina Barcelona

邦題:

それでも恋するバルセロナ

原題訳:

ヴィッキーとクリスティーナ、そしてバルセロナ

製作年:

2008年

製作国:

アメリカ スペイン

上映時間:

ジャンル:

コメディ ロマンス

監督:

ウディ・アレン

主演:

レベッカ・ホール スカーレット・ヨハンスン ハビエル・バルデム ペネロペ・クルス

あらすじ

この映画にはtoikun以外のレビューはまだありません。

アメリカ人の親友同士の女性ヴィッキーとクリスティーナが夏のバルセロナにバカンスにやって来た。そこで出会ったのは失恋したばかりの芸術家ファン・アントニオだった。ヴィッキーには婚約者がいるのだが、あろう事かファン・アントニオが3人で関係を持とうと言ったことから…。

そしてまた、ファン・アントニオの前に姿を現す元恋人マリアは…。

レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

クリックすると下にジャンプします詳しいストーリー感想・レビュー

詳細作品データ[写真画像付き]IMGs' COPYRIGHT notations

主要登場人物

Main Cast:メインキャスト:役名:
Penélope Cruzペネロペ・クルスファン・アントニオの元妻マリア・エレーナ
Rebecca Hallレベッカ・ホールダグという婚約者のいる女性ヴィッキー
Scarlett Johanssonスカーレット・ヨハンソンヴィッキーの親友クリスティーナ
Javier Bardemハビエル・バルデムバルセロナの芸術家ファン・アントニオ=オ・コンサーロ

アカデミー賞

Best Supporting Actress Winner:助演除臭賞ノミネート受賞:
Penélope Cruzペネロペ・クルス
Nominee:ノミネート:
Noneなし

スタッフ(製作・監督・脚本・撮影・音楽)

Producers:製作:
Letty Aronsonレッティ・アロンソン
Stephen Tenenbaumスティーヴン・テネンバウム
Gareth Wileyギャレス・ワイリー
Director:監督:
Woody Allenウディ・アレン
Writer:脚本:
Woody Allenウディ・アレン
Cinematographer:撮影:
Javier Aguirresarobeハビエル・アギーレサドレ
Original Music:音楽:
(--表記なし--)(--表記なし--)

キャスト・出演者

Cast:キャスト:役名:
Javier Bardemハビエル・バルデムバルセロナの芸術家ファン・アントニオ=オ・コンサーロ
Patricia Clarksonパトリシア・クラークソンヴィッキーの親戚ジュディ
Penélope Cruzペネロペ・クルスファン・アントニオの元妻マリア・エレーナ
Kevin Dunnケヴィン・ダンジュディの夫マーク
Rebecca Hallレベッカ・ホールダグという婚約者のいる女性ヴィッキー
Scarlett Johanssonスカーレット・ヨハンソンヴィッキーの親友クリスティーナ
Chris Messinaクリス・メッシーナヴィッキーの婚約者ダグ
Zak Orthザック・オースダグの仕事仲間アダム
Carrie Prestonキャリー・プレストンダグの恋人サリー
Pablo Schreiberパブロ・シュレイバーベン

注目俳優(カメオ出演or下積み時代)

Cast:キャスト:役名:
説明:
Christopher Evan Welchクリストファー・エヴァン・ウェルシュナレーター(エンドクレジットにより)
「それでも恋するバルセロナ」トレーラー

ストーリー・ネタバレ

この映画を未見の方へ:[ストーリーは最期まで表示されています]
ストーリーを途中までの表示にするストーリーを全て隠す

喧噪溢れるスペイン・バルセロナの空港に降り立ったのはアメリカ人女性のヴィッキーとクリスティーナ。親友同士の彼女たちはこの夏のバカンスをバルセロナで楽しむためにやって来たのだ。ヴィッキーは修士課程に在学中で論文執筆の真っ最中。そのヒントになればとバルセロナを訪れ、また、クリスティーナは、自身で手掛けた短編映画が失敗したために、その息抜きのためにやって来たのであった。

彼女たち2人が滞在するのはヴィッキーの親類が滞在するバルセロナである。親友であるヴィッキーとクリスティーナであるが、考え方、特に異性に対するソレは大きく違っていた。ヴィッキーは男性に安定感や“男性像”を求める。だから学生なのに、安定した職業に就いている彼氏ダグと目下婚約中なのである。方や、クリスティーナは恋人とは別れたばかり。そして、“危険な恋に飛び込む”という性格であった。そんなクリスティーナのことを、ヴィッキーは親友として可愛がっていた。

タクシーを走らせること数十分、ヴィッキーの親類ジュディが住む家へと到着した2人は暖かく迎えられた。ジュディの夫であるマークがゴルフから帰宅するとテレスで食事をする4人。給仕がいるという事は、ジュディの家は中々の金持ちのようだった。会話の内容は、クリスティーナの撮った、わずか12分の短編映画になるが、人生経験の豊富なマークなどからは“12分では語れないな”などと冷やかされてしまう。一方、ヴィッキーの卒業後の話になると、彼女はキュレーターや教師になるという夢を語るが、彼女に婚約者がいることを知っているジュディは“無理に就職することはない。妊娠して子供を産む選択肢もある”と伝えた。そして4人はワイングラスを傾けるのであった。

翌日より街を探検し始めたヴィッキーとクリスティーナ。彼女たちを特に楽しませたのは歴史的建造物であるガウディやミロの遺産であった。

ある日、クリスティーナの性格及び恋人がいないことを知ってか知らずか、マーク夫妻は共同経営者であるチャールズを招いてクルージングへと出掛けた。中々の器量よしのチャールズであったが、クリスティーナのストライクゾーンではなかったらしい。

ヴィッキーは民族文化、特に料理の研究のために市場やお店を訪れていた。そして夜になりマーク夫妻と、ヴィッキー、クリスティーナは画廊を訪れていた。そこに、目立つ男性がいたものだから気になったジュディはマークに聞いてみると思いだしたように、彼の名前ファン・アントニオ・ゴンサーロという名前をクリスティーナに伝えた。画家のファン・アントニオが前の彼女と大喧嘩で別れた事はちょっとした噂になっていたのだ。ファン・アントニオの名前を告げたのはクリスティーナとくっつけるという意図が少なからずあったのだろう。

画廊を出た後、盛大な花火の中を潜りやって来たのはレストラン・バーであった。どうやら、アメリカよりも、スペインの方が、レストランの営業時間は長いようだ。そこで2人は仲間とテーブルを囲む“彼の”ファン・アントニオを見つけた。彼女たちが先に見つけたからずっと視線を送っていたのか、その視線に気付いてある種特殊なものを感じていたからファン・アントニオも多くの視線を送ったのかは分からない。

しばらくすると、ファン・アントニオがヴィッキーたちの席へとやって来た。“アメリカ人か?”と聞くと自己紹介をするクリスティーナ。受け答えるクリスティーナの表情は少し緩んでいるように見える。ファン・アントニオは2人をオビエドへと招待したいと持ちかけた。オビエドはバルセロナから飛行機で1時間程だという。“一緒に週末を過ごしたい”と語るファン・アントニオ。そしてその目的を聞くと、ファン・アントニオは素直に“食事とワインとセックス”と語るのであった。セックスは3人で…この表情には少しばかりの酔いも見られるが…。堅実であり、それよりも婚約者の居るヴィッキーは相手にせず、怒りさえあらわにするヴィッキーだが、クリスティーナがこの提案に乗ってしまったのだ。伸るか反るかを彼女たちに委ねてファン・アントニオは行ってしまった。

ヴィッキーとクリスティーナは考えをぶつけ合うも、結局ファン・アントニオが操縦するセスナに乗ってオビエドへと向かった。チェックインしたホテルは中々歴史的なホテルであったが、ヴィッキーは、くれぐれもファン・アントニオと部屋を分けるようにとクラークに言うのであった。

その後、街を散策する3人。ヴィッキーはとても楽しそうであったが、クリスティーナはそうでもなかった。夜になるまでセックスの話しは出なかったが、少し酒の入った彼の言葉から誘いの文句が出てきた。ここで、クリスティーナが、ヴィッキーが婚約していることを告げるが、“自由を楽しむ最後のチャンスだ”と信じられない言葉を口にするファン・アントニオだった。貞操観念のあるヴィッキーは当然断るが、クリスティーナがファン・アントニオと2人になり事になりそうになった時、彼女は気持ち悪くなってセックスどころではなくなってしまった。医者を呼ぶと胃潰瘍もしくは食あたりだと診断を受けるクリスティーナ。“無理に酒を飲ませるから”とカンカンのヴィッキーがいた。

病めるクリスティーナをホテルに残し、ヴィッキーとファン・アントニオは2人で街の散策に出掛けた。ヴィッキーがとても気に入った灯台は、昔ファン・アントニオが産まれた屋敷の近くであった。続けて彼は“おやじを訪ねないと親不幸だ”と提案をする。それにのったヴィッキーは、ファン・アントニオの父親フリオの屋敷へとやって来た。優しく向かい入れたフリオが英語を喋らない、喋れない理由は彼なりの主義があるからだ。詩人であるというフリオはスペイン語で語る詩を大切にしているのだ。フリオは息子に息子の元妻マリア・エレーナの事を尋ねた。彼女は建築家の彼氏とマドリードに住んでいるという情報を持っているファン・アントニオに、元妻に対する何かしらの感情はあるのか…。

実家であるこのフリオの屋敷で昔話をするファン・アントニオ。フリオが怒りをぶつけるのは、人類が数千年の文明を経ても愛を知らないからだと話すファン・アントニオがいた。

ホテルに戻った2人。クリスティーナは順調に回復しているようであったが、まだ出歩くには無理であった。そこでヴィッキーとファン・アントニオは小粋なレストランへと足を運んだ。そこに丁度ヴィッキーの婚約者ダグから電話があった。一緒に住む新居に関しての話しであったが、彼女にとっては現在、そんなことは右から左へ…だった。電話が終わると更にワインを勧めるファン・アントニオ。これは作戦?会話の切っ掛けから、今夜のコンサートへと誘うファン・アントニオ。

小さな、本当に小さな広場のアコースティックギター一本だけのコンサートはヴィッキーの琴線に触れたのか…。帰り際にキスを交わす2人がいた。その後2人は…。

オビエドからの帰りのセスナ。復活したセスナの助手席で語りまくるクリスティーナをヨソに、後部座席のヴィッキーは罪悪感からか黙ったままであった。

マックス夫妻の家に戻った2人にファン・アントニオから連絡があった。ぶどう園でのワイン試飲のお誘いだった。翌日に控えた“お誘い”に眠れなかった2人の女性の理由…。

スペインでの真夜中、昼間のアメリカ、ダグから電話があり、バルセロナで結婚しようと電話してきた。答えに即答できないのは彼女が寝ぼけ眼なのかファン・アントニオとの関係があったからかのか。ダグの“I love you so much.”に、同じ言葉を返さずに電話を切ったヴィッキーがいた。

ファン・アントニオの申し出で、クリスティーナが一緒にぶどう園へとやって来た。ぶどう園と言っても個人の家を改装した画廊だったが。その夜、身体を重ねるクリスティーナとファン・アントニオであった。

ダグがバルセロナにやって来た頃、クリスティーナは既にファン・アントニオと同棲状態になっていた。そんなクリスティーナを横目に、婚約者ダグと2人きりの時間を楽しむヴィッキー。偶に“あの夜”の影が映るが…。そしてクリスティーナが、ヴィッキーの友人だから仲良く付き合っていると口にするダグをどう思ったのであろうか。

次の日に用事を控えた日、ファン・アントニオからヴィッキーに電話があった。4人で会うことになったのだ。街中のテラスのレストラン、ファン・アントニオがクリスティーナと思って触れた足はヴィッキーの足であった。彼ら4人の食事は気まずいままに終わった…。

結局、前にダグが出した案により、ヴィッキーとクリスティーナはバルセロナで結婚式を挙げた。クリスティーナは出席をしたが、ファン・アントニオは欠席した。

そしてクリスティーナはファン・アントニオと同棲状態のまま過ごしていた。ある晩、ファン・アントニオの携帯に緊急を要する電話が入った。それは彼の元妻であるマリア・エレーナが自殺未遂をしたという知らせだった。“一緒に行く”というクリスティーナの申し出を遮り、ファン・アントニオは1人で病院へと向かった。マリア・エレーナと合流したファン・アントニオは、かつて彼女と暮らした今クリスティーナと暮らしている自身の家へと彼女を連れてきた。3人が3様のばつの悪さ。クリスティーナはマリア・エレーナが何時まで止まるのか心配であった。2人の家を汚されたくない…。だがファン・アントニオの言葉の節々には、わずかにマリア・エレーナへの感情を感じているクリスティーナがいた。

弾まない、テラスでの3人の会話。英語が話せるのにそれをしないのは、女性クリスティーナへの対抗心のみのハズはなかった。だが、マリア・エレーナのクリスティーナの写真の盗み見などから3人の生活はそれはそれで巧くいくようになる…身体の関係も含めて…。

ある日、この世界拾いで、ヴィッキーとダグは、ダグの仕事仲間と彼の彼女に出会う。浅い関係という言葉が示すとおり、上っ面の会話であり、ヴィッキーが楽しめなかったのはそのせい…だけというわけではなかった。中にはファン・アントニオへの思いがあったのだ。

マーク夫妻の家で開かれたパーティーで、ジュディが他人の男ジェイとキスをしているのを見かけたヴィッキー。ジュディはヴィッキーを呼び出すと、“私だって夢を見る”と語った。言い訳染みているとは決して言えなく、渇ききった心を癒す1粒だけの水滴と表現したらいいのだろうか。

ファン・アントニオは父親フリオの元へマリア・エレーナを連れていった、クリスティーナと共に。フリオにとってマリアは天使のような存在…。そこでクリスティーナは、別れてもファン・アントニオとマリア・エレーナは繋がっていると確信する。

久しぶりに3人で会ったヴィッキー、クリスティーナ、ダグ。クリスティーナは3人で関係を持ったことを告白する。彼女らしいと言えばそうなのだが、ダグにしてみればドン引きだろう…。

だがひょんなことから、再びマリア・エレーナは出て行ってしまった。

マックス夫妻が芸術家の大物を招いてのパーティを開いた。このパーティーにファン・アントニオが来ていたのに気付いたヴィッキー。これには遠い親戚であるジュディの思惑が潜んでいたのだ。彼女が今の夫マックスに対する不満、その様なものが将来ヴィッキーに出ないように、より一層相応しいであろうファン・アントニオをくっつけようと画策したのだ。

結末・ラスト

ファン・アントニオと話すヴィッキー。マリア・エレーナとの別れを告白するファン・アントニオだった。

パーティー後、散策中のヴィッキー夫婦。ヴィッキーにファン・アントニオがお誘いの電話をかけてきた。気軽にダグは行ってこいよと言うと、これでもかとおめかしをして出掛けるヴィッキー、ファン・アントニオの愛車へと飛び乗った。

食事後に彼が描いた絵を見せられるファン・アントニオ。彼はジュディからの言葉により、ある意味ヴィッキーを救おうとしたのだ。そこに何とマリア・エレーナが拳銃を持って現れた!怒りに淵震えて無闇矢鱈に引き金を引くマリア・エレーナ。ファン・アントニオが拳銃をとろうとしたとき、偶然、軽症ながらヴィッキーが掌を打たれてしまう。結局の所、ジュディが考えた“ヴィッキーを不幸な結婚から救い出す作戦”は失敗に終わった…この先、第二段・第三弾があるのかは分からないが…。

アメリカへと戻ったヴィッキーとクリスティーナ。どちらもファン・アントニオからは身を引くという。

そして、ヴィッキーは帰国後に盛大な披露宴を実施して新居に落ち着いたそうである。そしてバルセロナに行く前に思い描いた人生=堅実な人生であろう事を送ったのである。

クリスティーナは自分探しの旅を続けていくのであろう…。

レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

レビュー・感想・解説・評価

ストーリー・ネタバレはクリックミー(上部へ移動)
レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]
それでも恋するバルセロナ
toikunの評価:5/10★★★★★☆☆☆☆☆

今回のウディ・アレン監督作品のロマンティック・コメディは監督自身の出演はなし。アレン監督の作品は少しだけレビューをしているが、最近レビューorリレビューしたものに「アリス」「ウディ・アレンの誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくいSEXのすべてについて教えましょう」「ローマでアモーレ」など。

何度となく書いた記憶があるが、昔は本当にアレン監督作品が苦手だったのに、今は面白可笑しく楽しめる。

キャストは、今回はいつも通り豪華なところはそうなのだが、総人数が少ないような気がする。では改めまして。

・主演と言えるであろうヴィッキーという堅実な女性を演じるのはレベッカ・ホール。「フロスト×ニクソン」や「アイアンマン3」など。中々役どころにあったフェイスじゃないか。

・少し貞操観念が緩い…というか、おかしいクリスティーナを演じるのはスカーレット・ヨハンソン。劇場用長編映画デビュー作品は「ノース ちいさな旅人」であり、ちっちゃかった!他に「のら猫の日記」もスゴク若い頃の映画で楽しかった!

・ナレーターとして声の出演をしているクリストファー・エヴァン・ウェルシュはトム・クルーズ主演版「宇宙戦争」に出ているが、未だに判別不能。

・「夜になるまえに」、「BIUTIFUL ビューティフル」、でオスカーノミニー、「ノーカントリー」でアカデミー賞受賞のハビエル・バルデムが、まぁアッチの人らしい熱い役どころ。レビュー作として「コラテラル」など。

・「ボルベール〈帰郷〉」、「NINE」でオスカーノミニー、そして本作でアカデミー助演女優賞を受賞したのがペネロペ・クルス。全然悪いわけじゃあないが、出番も少ないしなぁ…どうだったのだろう…なーんて。レビュー作として、「ブロウ」「バニラ・スカイ」、同じくウディ・アレン監督作品の「ローマでアモーレ」など。

・「エイプリルの七面鳥」でアカデミー助演女優賞にノミネートしたパトリシア・クラークソンが遠い親戚のおばさんに扮している。「あぁ、結婚生活」など。

・ベテランのケヴィン・ダンが遠い“おじさん”。「ゴーストバスターズ2」「スネーク・アイズ」「ダーウィン・アワード」「フローズン・グラウンド」「ドラフト・デイ」など、何気に目立たないがレビュー作品も出演作品も多い。

「アルゴ」などのクリス・メッシーナが婚約者→夫を演じている。何も知らない旦那様…orz。

さて。

大変な話題作でありながら、本日初めての鑑賞。本当にアレン作品ながら目をひく俳優たちが次々出てくるわけではないのは、どういう監督の意図があったのであろうか?普通の彼の監督作品を観ていると、どんだけのオムニバス?何て感想も出てきちゃいそう(内容は筋が通っているが)。

性的な言葉も、“セックス”くらいしか出てこずに、また身体の描写もそれ程ディープなものではないので、ソレ系統が苦手なtoikunは楽しめた。

あー、ペネロペ・クルスが突然拳銃を持ってきたことに、そんなに簡単に手が入るんだぁと知識があったらもっと楽しめただろうと、無知は罪だと本当に思ったし。

悪い点を言えば…というか、ペネロペ・クルスは本当にアカデミー賞に値したのかがちょっと疑問ではある。同年作品のノミニーと比べてみるしかないんだけどさ。

特典が余り上がらなかったのは、場をさらった人がいなかった、出しゃばった人が居なかったからと理由を付けてみる。あくまで目線はレベッカ・ホールなんだけどさぁ、ね。

それでも高い本作の評価、おめでとうです☆

2017/06/24

by .

[感想・レビュー]投稿フォーム

アナタのレビュー・評価を載せてみよう!

お名前:

メールアドレス:

ホームページURL:

評価を10点満点でお聞かせ下さい。(必須)

10点  
9点  
8点  
7点  
6点

5点  
4点  
3点  
2点  
1点

映画の感想・レビューをお聞かせください。T's Theaterのこのページに掲載させて頂きます。

レビューの表示例

『映画ファン』さんのレビュー・評価

投稿日時:20??/??/?? 15:59:46

4点/10点満点中★★★★☆☆☆☆☆☆

ホームページ

コメント:

(コメントをどうぞ。)

T's Theaterへのお問い合わせフォームはコチラ(別ページで開きます)

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

http://blog.livedoor.jp/tomo24sawara/

ともちんが通りますよ

削除されました(泣)

レビュー・アン・ローズ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com