MENU Since 1999/08/28 T's Theater Integrated Information Site for MOVIES 映画の総合情報サイト
498 Twitter、フォローお願いします! 0 0 0 0 1

(アルフレッド・ヒッチコック版)「サイコ」とそのリメーク作品(ガス・ヴァン・サント版)「サイコ」の紹介

(アルフレッド・ヒッチコック版)「サイコ」とそのリメーク作品(ガス・ヴァン・サント版)「サイコ」の紹介

(アルフレッド・ヒッチコック版)「サイコ」とそのリメーク作品(ガス・ヴァン・サント版)「サイコ」

「ALFRED HITCHCOCK'S PSYCHO」(サイコ)<1960:アメリカ>

「PSYCHO」(サイコ)<1998:アメリカ>

1960年に作られたアルフレッド・ヒッチコック監督の「サイコ」は世界的に評価の高いサスペンスだ。

テレビ・ムービー並みの低予算だったこの映画がのちの”サイコ・サスペンス”というカテゴリーを作ることになるのだ。その作品を全く同じ脚本で現代によみがえらせたのが「グッド・ウィル・ハンティング」のガス・ヴァン・サント監督だ。

まー、ここまでそっくりなリメークも他に類を見ないだろう。奪ったお金が値上がりしている点を別にすれば全く同じである。その同じ中で変わってくると言えば作り手達、及び出演者達だ。この物語の主人公であるノーマン・ベイツを演じるのはヒッチコック版では名優アンソニー・パーキンズ、リメーク版では「ロスト・ワールド」のヴィンス・ヴォーンである。パーキンズはひょろっとした感じで繊細な印象を受けたのに対して、ヴォーンの方はがたいがよいために何か暴力的怖さを感じたのだ。

金を持ち逃げしたあげくノーマンに殺される女性マリオン・クレーンを演じるのはヒッチ版ではジャネット・リー、リメークではいろいろその動向に注目の集まるアン・ヘッチ。そのアンがジョーク・ライクで語っているのは、”有名なシャワーシーンでのスクリーミングはジャネットより私の方が巧かったわ。”だそうだ。オリジナルではジャネットのスクリーミングは吹き替えられたそうだ。

違和感を感じたのがリメーク版における私立探偵アーボガストの描き方。ウィリアム・H・メーシーが演じているが、どーも現代風には思えないなぁ。しかも、メーシー自体映画にあってなかったような気がする。

全く同じ2つの作品。どちらを先に見るかで印象が全く違うものになるだろう。ヒッチコックへの冒涜だ!と、批判を浴びているリメーク版だが、どう感じるだろうか?

20??.??.??

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

http://blog.livedoor.jp/tomo24sawara/

ともちんが通りますよ

削除されました(泣)

レビュー・アン・ローズ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com