MENU Since 1999/08/28 T's Theater Integrated Information Site for MOVIES 映画の総合情報サイト
456 Twitter、フォローお願いします! 0 0 0 0 1

俳優ユマ・サーマン(ウーマ・サーマン)のプロフィール,出演作品一覧,アカデミー賞

Uma Thurman ユマ・サーマン(ウーマ・サーマン)

Uma Thurman

ユマ・サーマン(ウーマ・サーマン)

誕生名(本名): Uma Karuna Thurman
誕生日: 1970年04月29日(47歳)
誕生地(生誕地): アメリカ合衆国 マサチューセッツ州
アカデミー賞(オスカー):

助演女優賞ノミネート: 「PULP FICTION」(パルプ・フィクション)<1994:アメリカ>

<プロフィール>はクリック

フィルモグラフィー(俳優):

<1981>
  • 「」()
<1982>
  • 「」()
<1983>
  • 「」()
<1984>
  • 「」()
<1985>
  • 「」()
<1986>
  • 「」()
<1987>
  • 「Kiss Daddy Goodnight」(ミッドナイト・ガール)
  • 「」()
<1988>
  • 「Johnny Be Good」(ジョニー・ビー・グッド)
  • 「The Adventures of Baron Munchausen」(バロン)
  • 「Dangerous Liaisons」(危険な関係)
  • 「」()
<1989>
  • 「」()
<1990>
  • 「Where the Heart Is」(女神たちの季節)
  • 「Henry & June」(ヘンリー&ジューン)
  • 「」()

<1991>
  • 「Robin Hood」(ロビン・フッド)テレビ映画
  • 「」()
<1992>
<1993>
  • 「Mad Dog and Gloly」(恋に落ちたら…)
  • 「Even Cowgirls Get the Blues」(カウガール・ブルース)
  • 「」()
<1994>
<1995>
  • 「A Month by the Lake」(湖畔のひと月)
  • 「」()
<1996>
  • 「Beautiful Girls」(ビューティフル・ガールズ)
  • 「The Truth About Cats & Dog」(好きと言えなくて)
  • 「」()
<1997>
<1998>
<1999>
  • 「Sweet and Lowdown」(ギター弾きの恋)
  • 「」()
<2000>
  • 「Vatel」(宮廷料理人ヴァテール)
  • 「The Golden Bowl」(金色の嘘)
  • 「」()

<2001>
  • 「Tape」(テープ)
  • 「Chelsea Walls」(チェルシーホテル)
  • 「」()
<2002>
  • 「Hysterical Blindness」(ユマ・サーマンの運命の人を探して)テレビ映画
  • 「」()
<2003>
<2004>
  • 「Kill Bill Vol. 2: The Love Story」(キル・ビル Vol.2)
  • 「」()
<2005>
  • 「Be Cool」(ビー・クール)
  • 「The Producers」(プロデューサーズ)
  • 「」()
<2006>
  • 「My Super Ex-Girlfriend」(Gガール 破壊的な彼女)
  • 「」()
<2007>
  • 「The Life Before Her Eyes」(ダイアナの選択)
  • 「」()
<2008>
  • 「The Accidental Husband」(New York 結婚狂騒曲)
  • 「」()
<2009>
  • 「」()
<2010>
  • 「Percy Jackson & the Olympians: The Lightning Thief」(パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々)
  • 「」()

<2011>
  • 「」()
<2012>
  • 「Bel Ami」(ベラミ 愛を弄ぶ男)
  • 「Playing for Keeps」(スマイル、アゲイン)
  • 「」()
<2013>
  • 「Movie 43」(ムービー43)
  • 「」()
<2014>
  • 「」()
<2015>
  • 「」()

フィルモグラフィー(監督):

    なし
<フィルモグラフィー>のトップはクリック

プロフィール:

 若いながらも、かなりな実力者のウーマ・サーマン(ユマ・サーマンという表記もある)。 なぜかヨーロッパテイストを感じるその容姿はとても艶っぽい。 だがそればかりを売りにするわけでもなく、「レ・ミゼラブル」の様な文芸作品に出演して キャリアを積み上げることも忘れない。

 また、忘れてはいけないのが”タランティーノ組の若女将”だということだ。 数多くの作品で、その美貌、またアクションを披露してくれる。

 20歳でのゲーリー・オールドマンとの 電撃結婚のあと、離婚。若気の至りと言ったところか。その後「ガタカ」で共演したイーサン・ホークと 結婚して二子も生まれ、6年余り連れ添ったが2004年に離婚した。

 「パルプ・フィクション」での オスカーノミネートは少し意外かなと思ったが、まあいいか。 かわいいと言うよりは美しいウーマはこの映画で素晴らしいユーモアな役だったから。

2007.09.24


2014.07.11
Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

http://blog.livedoor.jp/tomo24sawara/

ともちんが通りますよ

削除されました(泣)

レビュー・アン・ローズ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com