MENU Since 1999/08/28 T's Theater Integrated Information Site for MOVIES 映画の総合情報サイト
422 Twitter、フォローお願いします! 0 0 0 0 1

「UNDER SIEGE」(沈黙(ケイシー・ライバック))シリーズの紹介「沈黙の戦艦」「暴走特急」

「UNDER SIEGE」(沈黙(ケイシー・ライバック))シリーズの紹介「沈黙の戦艦」「暴走特急」

「UNDER SIEGE」(沈黙(ケイシー・ライバック))シリーズの紹介「沈黙の戦艦」「暴走特急」

「UNDER SIEGE」(沈黙の戦艦)<1992:フランス、アメリカ>

「UNDER SIEGE 2」(暴走特急)<1995:アメリカ>

アクションスターのスティーヴン・シーガルの当たり役、ケイシー・ライバックが主人公のアクションシリーズだ。ライバックは元はテロリスト対策のプロフェッショナルながら今はコックをしているという男。このコックとしての腕はテロ対策以上の素晴らしい腕を持っているのである。また、第2作目で兄がいたことが判明し、姪もいることが分かる。

第1作では戦艦、第2作では列車とが舞台。どれも密室性があり、ファンをわくわくさせること申し分なし。ともにシーガル単独の活躍ではなく、仲間も一緒に活躍するのが特徴。敵役もトミー・リー・ジョーンズが1作目、エリック・ボゴジアン(クラッカーの役)が2作目と2人とも一筋縄ではいかないのがわかる。そしてしっかりと持ち味を発揮している。

共通しているのはまだあり、ラストの敵との対決はシーガルアクションと言われる素手とナイフを使ったものになっている。ホントに見ごたえがある。

シーガルはとてもお気に入りなので3作目を見てみたい。が、ないかなぁ…。

ラストに1つ注意。”「沈黙」シリーズ”と書いたけど、シリーズになってるのは「沈黙の戦艦」と「暴走特急」だけ。間にはさまっている「沈黙の要塞」や、「暴走…」以降の「沈黙~」は全くシリーズとは関係ない。邦題のつけかたに大いなる疑問を感じるところである。なにせ、勝手に”「沈黙」シリーズ完結!”とか行っておいて、しかも勝手に復活しているし。こりゃーちょっとファンとしては怒りを抑えることは出来ないだろう。レスリー・ニールセンの「裸の~を持つ男」の様な感じになってきている。あれも邦題の付け方はひどいよなぁ。

20??.??.??

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

ともちんが通りますよ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com