MENU Since 1999/08/28 T's Theater Integrated Information Site for MOVIES 映画の総合情報サイト
517 Twitter、フォローお願いします! 0 0 0 0 1

俳優ショーン・コネリーのプロフィール,出演作品一覧,アカデミー賞

Sean Connery ショーン・コネリー

Sean Connery

ショーン・コネリー

誕生名(本名): Thomas Sean Connery
誕生日: 1930年08月25日(87歳)
誕生地(生誕地): スコットランド エディンバラ
アカデミー賞(オスカー):

助演男優賞受賞: 「The Untouchables」(アンタッチャブル)<1987>

<プロフィール>はクリック

フィルモグラフィー(俳優):

<1957>
  • 「Action of the Tiger」(虎の行動)
  • 「Hell Drivers」(地獄特急)
<1958>
  • 「」()
<1959>
  • 「Darby O'Gill and the Little People」(四つの願い)
  • 「Tarzan's Greatest Adventure」(ターザンの決斗)

<1961>
  • 「On the Fiddle」(ダイナミック作戦)
  • 「The Frightened City」(殴り込み愚連隊)
<1962>
<1963>
  • 「From Russia with Love」(007/ロシアより愛をこめて)
<1964>
  • 「Marnie」(マーニー)
  • 「Woman of Straw」(わらの女)
  • 「Goldfinger」(007/ゴールドフィンガー)
<1966>
  • 「A Fine Madness」(素晴らしき男)
<1968>
  • 「Shalako」(シャラコ)
<1969>
  • 「La tenda rossa」(SOS北極... 赤いテント)
<1970>
  • 「The Molly Maguires」(男の闘い)

<1971>
  • 「The Anderson Tapes」(ショーン・コネリー/盗聴作戦)
  • 「Diamonds Are Forever」(007/ダイヤモンドは永遠に)
<1972>
  • 「The Offence」(怒りの刑事)
<1974>
  • 「Zardoz」(未来惑星ザルドス)
  • 「Murder on the Orient Express」(オリエント急行殺人事件)
<1975>
  • 「The Man Who Would Be King」(王になろうとした男)
  • 「Ransom」(オスロ国際空港/ダブル・ハイジャック)
  • 「The Wind and the Lion」(風とライオン)
<1976>
  • 「Robin and Marian」(ロビンとマリアン)
  • 「The Next Man」(いとしき暗殺者)
<1977>
  • 「A Bridge Too Far」(遠すぎた橋)
<1979>
<1980>
  • 「」()

<1981>
  • 「Outland」(アウトランド)
  • 「バンデットQ」()
<1982>
  • 「Wrong Is Right」(シークレット・レンズ)
  • 「Five Days One Summer」(氷壁の女)
<1983>
  • 「Never Say Never Again」(ネバーセイ・ネバーアゲイン)
<1984>
  • 「Sword of the Valiant」(勇者の剣)
<1986>
  • 「Highlander」(ハイランダー 悪魔の戦士)
  • 「Der Name der Rose」(薔薇の名前)
<1987>
  • 「The Untouchables」(アンタッチャブル)★アカデミー助演男優賞受賞
<1988>
  • 「The Presidio」(プレセディオの男たち)
<1989>
<1990>

<1991>
  • 「Robin Hood: Prince of Thieves」(ロビン・フッド)ノークレジット
  • 「Medicine Man」(ザ・スタンド)
<1994>
  • 「A Good Man in Africa」(グッドマン・イン・アフリカ)
<1995>
  • 「Just Cause」(理由)
  • 「First Knight」(トゥルーナイト)
<1996>
<1998>
<2000>
  • 「Finding Forrester」(小説家を見つけたら)
<2003>
  • 「The League of Extraordinary Gentlemen」(リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い)
<2005>
  • 「Sir Billi The Vet」(ビリー・ザ・ヴェット)

フィルモグラフィー(監督):

    なし
<フィルモグラフィー>のトップはクリック

プロフィール:

 お年を召しても尚盛んな名優。007シリーズの初代ジェームズ・ボンドがあたって有名になったそうです。 と、いってもtoikunは当時はまだいないし…。なんか、あまりに当たり過ぎて、 ボンドのイメージを振り払うのに苦労したと語っています。 そういえば、ピアース・ブロスナン「トゥモロー・ネバー・ダイ」の時に、 この作品と競ってコネリーを再びボンドに据えた(なんと!)SFをやろうと言う企画を聞いたけど、 それはいずこに?また、コネリーをボンドの敵役で出そうという噂も…。 噂ほど当てにならなくて、ヤキモキするのもないですね。

 この人を形容する言葉って言うのはなにがあるだろうなぁって考えると、思いつくのは”紳士”、”セクシー”、 そして”皮肉”だなぁ。この年になっても男性的に魅力があるのはすごい! ”皮肉”っていうのは、いろいろな映画を見てきて感じることです。 あの英国的発音に起因するのかもしれないけど、痛烈だなぁって思います。

 まー、ともかくセンス・オブ・ヒューマーをもった人ですっばらしい人です。
Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

http://blog.livedoor.jp/tomo24sawara/

ともちんが通りますよ

削除されました(泣)

レビュー・アン・ローズ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com