MENU Since 1999/08/28 T's Theater Integrated Information Site for MOVIES 映画の総合情報サイト
520 Twitter、フォローお願いします! 0 0 0 0 1

俳優ロバート・デ・ニーロ(ロバート・デニーロ)のプロフィール,出演作品一覧,アカデミー賞

Robert De Niro(Robert DeNiro) ロバート・デ・ニーロ(ロバート・デニーロ)

Robert De Niro(Robert DeNiro)

ロバート・デ・ニーロ(ロバート・デニーロ)

誕生名(本名): Robert Mario De Niro, Jr.
誕生日: 1943年08月17日(74歳)
誕生地(生誕地): アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市
アカデミー賞(オスカー):

助演男優賞受賞: 「MARIO PUZO'S The Godfather PART II」(ゴッドファーザー PARTⅡ)<1974:アメリカ>

主演男優賞ノミネート: 「Taxi Driver」(タクシー・ドライバー)<1976>

主演男優賞ノミネート: 「The Deer Hunter」(ディア・ハンター)<1978>

主演男優賞受賞: 「Raging Bull」(レイジング・ブル)<1980>

主演男優賞ノミネート: 「AWAKENINGS」(レナードの朝)<1990:アメリカ>

主演男優賞ノミネート: 「Cape Fear」(ケープ・フィアー)<1991>

助演男優賞ノミネート: 「Silver Linings Playbook」(世界にひとつのプレイブック)<2012>

<プロフィール>はクリック

フィルモグラフィー(俳優):

<1961>
  • 「」()
<1962>
  • 「」()
<1963>
  • 「」()
<1964>
  • 「」()
<1965>
  • 「Trois chambres à Manhattan」(マンハッタンの哀愁)
  • 「」()
<1966>
  • 「」()
<1967>
  • 「」()
<1968>
  • 「Greetings」(ロバート・デ・ニーロのブルーマンハッタン/BLUE MANHATAN2・黄昏のニューヨーク)
  • 「」()
<1969>
  • 「The Wedding Party」(御婚礼 ザ・ウェディング・パーティー)
  • 「Sam's Song」(ロバート・デ・ニーロのスワップ)
  • 「」()
<1970>
  • 「Bloody Mama」(血まみれギャングママ)
  • 「Hi, Mom!」(ロバート・デ・ニーロのブルーマンハッタン/BLUE MANHATAN1・哀愁の摩天楼)
  • 「」()

<1971>
  • 「Jennifer on My Mind」(わが心の天使)
  • 「Born to Win」(生き残るヤツ)
  • 「」()
<1972>
  • 「」()
<1973>
  • 「Bang the Drum Slowly」(バング・ザ・ドラム)
  • 「Mean Streets」(ミーン・ストリート)
  • 「」()
<1975>
  • 「」()
<1976>
  • 「Taxi Driver」(タクシー・ドライバー)★アカデミー主演男優賞ノミネート
  • 「Novecento」(1900年)
  • 「The Last Tycoon」(ラスト・タイクーン)
  • 「」()
<1977>
  • 「New York, New York」(ニューヨーク・ニューヨーク)
  • 「」()
<1978>
  • 「The Deer Hunter」(ディア・ハンター)★アカデミー主演男優賞ノミネート
  • 「」()
<1979>
  • 「」()
<1980>
  • 「Raging Bull」(レイジング・ブル)★アカデミー主演男優賞受賞
  • 「」()

<1981>
  • 「True Confessions」(告白)
  • 「」()
<1982>
  • 「The King of Comedy」(キング・オブ・コメディ)
  • 「」()
<1983>
  • 「」()
<1984>
  • 「Once Upon a Time in America」(ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ)
  • 「Falling in Love」(恋におちて)
  • 「」()
<1985>
  • 「Brazil」(未来世紀ブラジル)
  • 「」()
<1986>
  • 「The Mission」(ミッション)
  • 「」()
<1987>
  • 「Angel Heart」(エンゼル・ハート)
  • 「The Untouchables」(アンタッチャブル)
  • 「」()
<1988>
  • 「Midnight Run」(ミッドナイト・ラン)
  • 「」()
<1989>
<1990>

<1991>
<1992>
  • 「Mistress」(ミストレス)
  • 「Night and the City」(ナイト・アンド・ザ・シティ)
  • 「」()
<1993>
  • 「Mad Dog and Glory」(恋に落ちたら…)
  • 「This Boy's Life」(ボーイズ・ライフ)
  • 「A Bronx Tale」(ブロンクス物語/愛につつまれた街)兼監督
  • 「」()
<1994>
  • 「Mary Shelley's Frankenstein」(フランケンシュタイン)
  • 「Les cent et une nuits de Simon Cinéma」(百一夜)
  • 「」()
<1995>
  • 「Casino」(カジノ)
  • 「Heat」(ヒート)
  • 「」()
<1996>
<1998>
<2000>

<2001>
<2002>
  • 「Showtime」(ショウタイム)
  • 「City by the Sea」(容疑者)
  • 「Analyze That」(アナライズ・ユー)
  • 「」()
<2003>
  • 「」()
<2004>
<2005>
  • 「Hide and Seek」(ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ)
  • 「」()
<2006>
<2007>
  • 「Stardust」(スターダスト)
  • 「」()
<2008>
<2009>
  • 「Everybody's Fine」(みんな元気)
  • 「」()
<2010>
  • 「Machête」(マチェーテ)
  • 「Stone」(ストーン)
  • 「Little Fockers」(ミート・ザ・ペアレンツ3)
  • 「」()

<2011>
  • 「Manuale d'am3re」(昼下がり、ローマの恋)
  • 「Limitless」(リミットレス)
  • 「Killer Elite」(キラー・エリート)
  • 「New Year's Eve」(ニューイヤーズ・イブ)
  • 「」()
<2012>
  • 「Red Lights」(レッド・ライト)
  • 「Freelancers」(フリーランサー NY捜査線)
  • 「Being Flynn」(ロバート・デ・ニーロ エグザイル)
  • 「Silver Linings Playbook」(世界にひとつのプレイブック)★アカデミー助演男優賞ノミネート
  • 「」()
<2013>
<2014>
  • 「The Bag Man」(ザ・バッグマン 闇を運ぶ男)
  • 「」()
<2015>
  • 「The Intern」(マイ・インターン)
  • 「」()
<2016>
  • 「」()
<2017>
  • 「」()
<2018>
  • 「」()
<2019>
  • 「」()
<2020>
  • 「」()

フィルモグラフィー(監督):

<1993>
  • 「A Bronx Tale」(ブロンクス物語/愛につつまれた街)兼出演

toikunが思う彼の最高の作品: 「Midnight Run」(ミッドナイト・ラン)<1988>
<フィルモグラフィー>のトップはクリック

プロフィール:

 イタリア移民の孫で、画家であった父の元で育ち、若いうちから演技の学校に通ったロバート・デニーロ。 名優という言葉は彼のためにあるのではないかと思うほどの大俳優。 数十もの出演作品がそれを物語る。主演、助演どちらでも存在感を残すのがデニーロのすごいところ。

 「デニーロアプローチ」という言葉があるくらい演技が確立されている。 確立といっても役柄が広いところも特徴的だ。名だたるスターたちが彼と共演したがるのもうなずける。 「ブロンクス物語」などでは監督をやるが個人的には演技の方が好きなのではと思う。

 彼は、例えば「レナードの朝」などで感動させたかとおもえば 「ケープ・フィアー」で怖がらせるという、圧倒的ギャップの様なものがおもしろい。

 アカデミー賞でもヴィト・コルレオーネを演じた 「ゴッドファーザー PARTⅡ」で 助演賞を得るなどの常連だ。

 近年では、かつては考えられなかった俳優達、例えばシルヴェスター・スタローンや エディー・マーフィーなどと共演をして、魅せてくれる。

 すべてを極めたと思われる現代の生きる名優。次はどんなものを魅せてくれるのか楽しみだ。
Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

http://blog.livedoor.jp/tomo24sawara/

ともちんが通りますよ

削除されました(泣)

レビュー・アン・ローズ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com