NAVI Ɨ ä½œå“ćƒ‡ćƒ¼ć‚æ 恂悉恙恘 äø»č¦ē™»å “äŗŗē‰© ć‚¢ć‚«ćƒ‡ćƒŸćƒ¼č³ž ć‚¹ć‚æ惃惕 ć‚­ćƒ£ć‚¹ćƒˆäŗˆå‘Šē·Ø č©³ć—ć„ć‚¹ćƒˆćƒ¼ćƒŖćƒ¼ ć‚¹ćƒˆćƒ¼ćƒŖćƒ¼ć®ēµęœ« ę„Ÿęƒ³ćƒ»ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼ é–¢é€£ä½œå“ćƒ»é–¢é€£ćƒšćƒ¼ć‚ø [ę„Ÿęƒ³ćƒ»ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼]ꊕēØæćƒ•ć‚©ćƒ¼ćƒ  ć“ć®ćƒšćƒ¼ć‚ø恮äø€ē•ŖäøŠćø T's Theaterć®ćƒ”ćƒ‹ćƒ„ćƒ¼
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES꘠ē”»ć®ē·åˆęƒ…å ±ć‚µć‚¤ćƒˆ
ćƒ•ć‚©ćƒ­ćƒ¼ć™ć‚‹2060Twitterć€ćƒ•ć‚©ćƒ­ćƒ¼ćŠé”˜ć„ć—ć¾ć™ļ¼ć„恄恭0ćƒ„ć‚¤ćƒ¼ćƒˆ0001
꘠ē”»ć€ŽMARIO PUZO'S The Godfather PART IIć€ć€Œć‚“ćƒƒćƒ‰ćƒ•ć‚”ćƒ¼ć‚¶ćƒ¼PART II怍<1974幓:ć‚¢ćƒ”ćƒŖć‚«>

ATTENTION:T's Theater恧ćÆ꘠ē”»ä½œå“ć®ć‚ć‚‰ć™ć˜ć ć‘ć§ćŖćć‚¹ćƒˆćƒ¼ćƒŖćƒ¼ć®ćƒć‚æćƒćƒ¬ć‚’ēµęœ«ć¾ć§čØ˜č¼‰ć—ć¦ć„ć¾ć™ć€‚ę˜ ē”»ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼ćÆć‚¹ćƒˆćƒ¼ćƒŖćƒ¼ć®äø‹ę–¹ć«ć‚ć‚‹ć®ć§ę˜ ē”»ć‚’恔覧恫ćŖć£ć¦ć„ćŖć„ę–¹ćÆćŠę°—ć‚’ä»˜ć‘äø‹ć•ć„怂

꘠ē”»ć€Œć‚“ćƒƒćƒ‰ćƒ•ć‚”ćƒ¼ć‚¶ćƒ¼PART II怍恂悉恙恘,惍ć‚æ惐惬,ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼

ä½œå“ćƒ‡ćƒ¼ć‚æ

IMG from Amazon

原锌ļ¼š

MARIO PUZO'S The Godfather PART II

邦锌ļ¼š

ć‚“ćƒƒćƒ‰ćƒ•ć‚”ćƒ¼ć‚¶ćƒ¼PART II

原锌čسļ¼š

惞ćƒŖć‚Ŗćƒ»ćƒ—ćƒ¼ć‚¾ć®ć‚“ćƒƒćƒ‰ćƒ•ć‚”ćƒ¼ć‚¶ćƒ¼ ćƒ‘ćƒ¼ćƒˆ2(ę³Øļ¼šä»Šä½œęœ¬ē·Ø恧ćÆč£åˆ¤ć®äø­ć§ćƒžć‚¤ć‚±ćƒ«ć«ć‚ˆć£ć¦ā€œč¦Ŗ恗ćæćØå°Šę•¬ć‚’ć“ć‚ćŸå‘¼ć³åā€ćØčŖžć‚‰ć‚Œć‚‹)

č£½ä½œå¹“ļ¼š

1974幓

č£½ä½œå›½ļ¼š

ć‚¢ćƒ”ćƒŖć‚«

äøŠę˜ ę™‚é–“ļ¼š

分

ć‚øćƒ£ćƒ³ćƒ«ļ¼š

ēŠÆē½Ŗ悂恮 ćƒ‰ćƒ©ćƒž

ē›£ē£ļ¼š

ćƒ•ćƒ©ćƒ³ć‚·ć‚¹ćƒ»ćƒ•ć‚©ćƒ¼ćƒ‰ćƒ»ć‚³ćƒƒćƒćƒ©

恂悉恙恘

ć“ć®ę˜ ē”»ć«ćÆtoikunä»„å¤–ć®ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼ćÆć¾ć ć‚ć‚Šć¾ć›ć‚“ć€‚

悤ć‚æćƒŖć‚¢ć®ć‚³ćƒ«ćƒ¬ć‚Ŗćƒ¼ćƒę‘ć§ē”Ÿć¾ć‚ŒćŸćƒ“ć‚£ćƒˆćƒ¼ć€‚å½¼ć®ēˆ¶č¦ŖćÆåœ°å…ƒć‚’ä»•åˆ‡ć‚‹č¦Ŗåˆ†ć‚’ä¾®č¾±ć—ćŸćØ恗恦ę®ŗć•ć‚Œć‚‹ć€‚å¾©č®ć‚’ęć‚Œć‚‹č¦Ŗ分ćÆå®¶ę—ć‚’ć‚‚ę®ŗ恝恆ćØć™ć‚‹ć€‚ćć®äø­ć€č¾›ćć‚‚ćć®é›£ć‚’é€ƒć‚ŒćŸćƒ“ć‚£ćƒˆćƒ¼å°‘å¹“ćÆ単čŗ«ć‚¢ćƒ”ćƒŖ悫恫ē§»ć‚Šä½ć‚€ć€‚ęˆé•·ć—ć¦ć„ć£ćŸćƒ“ć‚£ćƒˆćƒ¼ćÆå¾ć€…ć«åŠ›ć‚’ä»˜ć‘ć¦ć„ćć€‚

ę„Ÿęƒ³ļ½„ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼ć‚’ę›ø恄恦ćæć¾ć›ć‚“ć‹ļ¼ŸęŠ•ēØæćƒ•ć‚©ćƒ¼ćƒ ćÆć‚³ćƒćƒ©[äø‹ć«ć‚ć‚Šć¾ć™]

ć‚ÆćƒŖ惃ć‚Æ恙悋ćØäø‹ć«ć‚øćƒ£ćƒ³ćƒ—ć—ć¾ć™č©³ć—ć„ć‚¹ćƒˆćƒ¼ćƒŖćƒ¼ę„Ÿęƒ³ćƒ»ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼

č©³ē“°ä½œå“ćƒ‡ćƒ¼ć‚æ[写ēœŸē”»åƒä»˜ć]IMGs' COPYRIGHT notations

äø»č¦ē™»å “äŗŗē‰©

Main Castļ¼šćƒ”ć‚¤ćƒ³ć‚­ćƒ£ć‚¹ćƒˆļ¼šå½¹åļ¼š
Al Pacinoć‚¢ćƒ«ćƒ»ćƒ‘ćƒćƒ¼ćƒŽć‚³ćƒ«ćƒ¬ć‚Ŗćƒ¼ćƒćƒ•ć‚”ćƒŸćƒŖćƒ¼ć®ćƒœć‚¹ć€ćƒžć‚¤ć‚±ćƒ«ćƒ»ć‚³ćƒ«ćƒ¬ć‚Ŗćƒ¼ćƒ
Diane Keatonćƒ€ć‚¤ć‚¢ćƒ³ćƒ»ć‚­ćƒ¼ćƒˆćƒ³ćƒžć‚¤ć‚±ćƒ«ć®å¦»ć‚±ć‚¤ćƒ»ć‚¢ćƒ€ćƒ ć‚¹ćƒ»ć‚³ćƒ«ćƒ¬ć‚Ŗćƒ¼ćƒ
Robert Duvallćƒ­ćƒćƒ¼ćƒˆćƒ»ćƒ‡ćƒ„ćƒ“ć‚”ćƒ«ć‚³ćƒ«ćƒ¬ć‚Ŗćƒ¼ćƒå®¶ć®å¼č­·å£«ć§ćƒžć‚¤ć‚±ćƒ«ć®å“čæ‘ćƒˆćƒ ćƒ»ćƒ˜ć‚¤ć‚²ćƒ³
John Cazaleć‚øćƒ§ćƒ³ćƒ»ć‚«ć‚¶ćƒ¼ćƒ«ćƒžć‚¤ć‚±ćƒ«ć®å…„ćƒ•ćƒ¬ćƒ‰ćƒ»ć‚³ćƒ«ćƒ¬ć‚Ŗćƒ¼ćƒ
Robert DeNiroćƒ­ćƒćƒ¼ćƒˆćƒ»ćƒ‡ćƒ»ćƒ‹ćƒ¼ćƒ­ć‚·ć‚·ćƒŖć‚¢å³¶ć‹ć‚‰ć®ē§»ę°‘ćƒ“ć‚£ćƒˆćƒ¼ćƒ»ć‚³ćƒ«ćƒ¬ć‚Ŗćƒ¼ćƒ
ćƒ“ć‚£ćƒˆćƒ¼ćƒ»ć‚¢ćƒ³ćƒ‰ćƒŖćƒ¼ćƒ‹

ć‚¢ć‚«ćƒ‡ćƒŸćƒ¼č³ž

Best Picture Winnersļ¼šä½œå“č³žå—č³žļ¼š
Francis Ford Coppolaćƒ•ćƒ©ćƒ³ć‚·ć‚¹ćƒ»ćƒ•ć‚©ćƒ¼ćƒ‰ćƒ»ć‚³ćƒƒćƒćƒ©
Gray Fredericksonć‚°ćƒ¬ć‚¤ćƒ»ćƒ•ćƒ¬ćƒ‡ćƒŖć‚Æć‚½ćƒ³
Fred Roosćƒ•ćƒ¬ćƒƒćƒ‰ćƒ»ćƒ­ć‚¹
Best Director Winnerļ¼šē›£ē£č³žå—č³žļ¼š
Francis Ford Coppolaćƒ•ćƒ©ćƒ³ć‚·ć‚¹ćƒ»ćƒ•ć‚©ćƒ¼ćƒ‰ćƒ»ć‚³ćƒƒćƒćƒ©
Best Actor in a Supporting Role Winnerļ¼šåŠ©ę¼”ē”·å„Ŗč³žå—č³žļ¼š
Best Adapted Screenplay Winnersļ¼šč„šč‰²č³žå—č³žļ¼š
Francis Ford Coppolaćƒ•ćƒ©ćƒ³ć‚·ć‚¹ćƒ»ćƒ•ć‚©ćƒ¼ćƒ‰ćƒ»ć‚³ćƒƒćƒćƒ©
Mario Puzo惞ćƒŖć‚Ŗćƒ»ćƒ—ćƒ¼ć‚¾
Best Original Dramatic Score Winnersļ¼šåŠ‡ę˜ ē”»ä½œę›²č³žå—č³žļ¼š
Nino Rotaćƒ‹ćƒ¼ćƒŽćƒ»ćƒ­ćƒ¼ć‚æ
Carmine Coppolać‚«ćƒ¼ćƒžć‚¤ćƒ³ćƒ»ć‚³ćƒƒćƒćƒ©
Best Art Direction Winnersļ¼šē¾Žč”“č³žå—č³žļ¼š
Dean Tavoularisćƒ‡ć‚£ćƒ¼ćƒ³ćƒ»ć‚æćƒ–ćƒ©ćƒŖć‚¹
Angelo P. Grahamć‚¢ćƒ³ć‚øć‚§ćƒ­ćƒ»Pćƒ»ć‚°ćƒ©ćƒćƒ 
George R. Nelsonć‚øćƒ§ćƒ¼ć‚ø惻Rćƒ»ćƒćƒ«ć‚½ćƒ³
Best Actor in a Leading Role Nomineeļ¼šäø»ę¼”ē”·å„Ŗč³žćƒŽćƒŸćƒćƒ¼ćƒˆļ¼š
Best Actor in a Supporting Role Nomineeļ¼šåŠ©ę¼”ē”·å„Ŗč³žćƒŽćƒŸćƒćƒ¼ćƒˆļ¼š
Lee StrasbergćƒŖćƒ¼ćƒ»ć‚¹ćƒˆćƒ©ć‚¹ćƒćƒ¼ć‚°
Best Actor in a Supporting Role Nomineeļ¼šåŠ©ę¼”ē”·å„Ŗč³žćƒŽćƒŸćƒćƒ¼ćƒˆļ¼š
Michael V. Gazzoćƒžć‚¤ć‚±ćƒ«ćƒ»Vćƒ»ć‚¬ćƒƒćƒ„ć‚©
Best Actress in a Supporting Role Nomineeļ¼šåŠ©ę¼”儳å„Ŗč³žćƒŽćƒŸćƒćƒ¼ćƒˆļ¼š
Talia Shireć‚æćƒŖć‚¢ćƒ»ć‚·ćƒ£ć‚¤ć‚¢
Best Costume Design Nomineeļ¼šč”£č£³ćƒ‡ć‚¶ć‚¤ćƒ³č³žćƒŽćƒŸćƒćƒ¼ćƒˆļ¼š
Theadora Van Runkleć‚»ć‚Ŗćƒ‰ćƒ©ćƒ»ćƒ“ć‚”ćƒ³ćƒ»ćƒ©ćƒ³ć‚Æ惫

ć‚¹ć‚æ惃惕(č£½ä½œļ½„ē›£ē£ļ½„č„šęœ¬ļ½„ę’®å½±ļ½„éŸ³ę„½)

Producerļ¼šč£½ä½œļ¼š
Francis Ford Coppolaćƒ•ćƒ©ćƒ³ć‚·ć‚¹ćƒ»ćƒ•ć‚©ćƒ¼ćƒ‰ćƒ»ć‚³ćƒƒćƒćƒ©
Directorļ¼šē›£ē£ļ¼š
Francis Ford Coppolaćƒ•ćƒ©ćƒ³ć‚·ć‚¹ćƒ»ćƒ•ć‚©ćƒ¼ćƒ‰ćƒ»ć‚³ćƒƒćƒćƒ©
Writersļ¼šč„šęœ¬ļ¼š
Francis Ford Coppolaćƒ•ćƒ©ćƒ³ć‚·ć‚¹ćƒ»ćƒ•ć‚©ćƒ¼ćƒ‰ćƒ»ć‚³ćƒƒćƒćƒ©
Mario Puzo惞ćƒŖć‚Ŗćƒ»ćƒ—ćƒ¼ć‚¾
Cinematographerļ¼šę’®å½±ļ¼š
Gordon Willisć‚“ćƒ¼ćƒ‰ćƒ³ćƒ»ć‚¦ć‚£ćƒŖć‚¹
Original Musicļ¼šéŸ³ę„½ļ¼š
Nino Rotaćƒ‹ćƒ¼ćƒŽćƒ»ćƒ­ćƒ¼ć‚æ

ć‚­ćƒ£ć‚¹ćƒˆļ½„å‡ŗę¼”č€…

Castļ¼šć‚­ćƒ£ć‚¹ćƒˆļ¼šå½¹åļ¼š
Al Pacinoć‚¢ćƒ«ćƒ»ćƒ‘ćƒćƒ¼ćƒŽć‚³ćƒ«ćƒ¬ć‚Ŗćƒ¼ćƒćƒ•ć‚”ćƒŸćƒŖćƒ¼ć®ćƒœć‚¹ć€ćƒžć‚¤ć‚±ćƒ«ćƒ»ć‚³ćƒ«ćƒ¬ć‚Ŗćƒ¼ćƒ
Robert Duvallćƒ­ćƒćƒ¼ćƒˆćƒ»ćƒ‡ćƒ„ćƒ“ć‚”ćƒ«ć‚³ćƒ«ćƒ¬ć‚Ŗćƒ¼ćƒå®¶ć®å¼č­·å£«ć§ćƒžć‚¤ć‚±ćƒ«ć®å“čæ‘ćƒˆćƒ ćƒ»ćƒ˜ć‚¤ć‚²ćƒ³
Diane Keatonćƒ€ć‚¤ć‚¢ćƒ³ćƒ»ć‚­ćƒ¼ćƒˆćƒ³ćƒžć‚¤ć‚±ćƒ«ć®å¦»ć‚±ć‚¤ćƒ»ć‚¢ćƒ€ćƒ ć‚¹ćƒ»ć‚³ćƒ«ćƒ¬ć‚Ŗćƒ¼ćƒ
Robert DeNiroćƒ­ćƒćƒ¼ćƒˆćƒ»ćƒ‡ćƒ»ćƒ‹ćƒ¼ćƒ­ć‚·ć‚·ćƒŖć‚¢å³¶ć‹ć‚‰ć®ē§»ę°‘ćƒ“ć‚£ćƒˆćƒ¼ćƒ»ć‚³ćƒ«ćƒ¬ć‚Ŗćƒ¼ćƒ
ćƒ“ć‚£ćƒˆćƒ¼ćƒ»ć‚¢ćƒ³ćƒ‰ćƒŖćƒ¼ćƒ‹
John Cazaleć‚øćƒ§ćƒ³ćƒ»ć‚«ć‚¶ćƒ¼ćƒ«ćƒžć‚¤ć‚±ćƒ«ć®å…„ćƒ•ćƒ¬ćƒ‰ćƒ»ć‚³ćƒ«ćƒ¬ć‚Ŗćƒ¼ćƒ
Talia Shireć‚æćƒŖć‚¢ćƒ»ć‚·ćƒ£ć‚¤ć‚¢ćƒžć‚¤ć‚±ćƒ«ć®å¦¹ć‚³ćƒ‹ćƒ¼ćƒ»ć‚³ćƒ«ćƒ¬ć‚Ŗćƒ¼ćƒ
Lee StrasbergćƒŖćƒ¼ćƒ»ć‚¹ćƒˆćƒ©ć‚¹ćƒćƒ¼ć‚°ć‚­ćƒ„ćƒ¼ćƒć®ćƒćƒćƒŠć§åˆ©ęØ©ć‚’č²Ŗć‚‹ćƒć‚¤ćƒžćƒ³ćƒ»ćƒ­ć‚¹
Michael V. Gazzoćƒžć‚¤ć‚±ćƒ«ćƒ»Vćƒ»ć‚¬ćƒƒćƒ„ć‚©ćƒ•ćƒ©ćƒ³ć‚Æ惻ā€œćƒ•ćƒ©ćƒ³ć‚­ćƒ¼ā€ćƒ»ćƒšćƒ³ć‚æćƒ³ć‚ø悧ćƒŖ
G.D. SpradlinG惻Dćƒ»ć‚¹ćƒ—ćƒ©ćƒ‰ćƒŖćƒ³ćƒžć‚¤ć‚±ćƒ«ć®ćƒ›ćƒ†ćƒ«é–‹ę„­ć«é‡‘ć‚’ć›ć³ć‚‹äøŠé™¢č­°å“”ć®ćƒ‘ćƒƒćƒˆćƒ»ć‚®ćƒ¼ćƒŖćƒ¼
Richard BrightćƒŖćƒćƒ£ćƒ¼ćƒ‰ćƒ»ćƒ–ćƒ©ć‚¤ćƒˆćƒžć‚¤ć‚±ćƒ«ć®éƒØäø‹ć§ćƒ•ćƒ¬ćƒ‰ć‚’ꉋ恫恋恑悋ē”·ć‚¢ćƒ«ćƒ»ćƒćƒŖ
Gaston Moschinć‚¬ć‚¹ćƒˆćƒ³ćƒ»ćƒ¢ć‚¹ćƒćƒ³å¼·č«‹å±‹ćƒ•ć‚”ćƒŒćƒƒćƒ
Tom Rosquićƒˆćƒ ćƒ»ćƒ­ć‚¹ć‚­ćƒ¼ćƒžć‚¤ć‚±ćƒ«ć®éƒØäø‹ć§ćƒ­ć‚¹ć‚’å°„ę®ŗ恗恟ē”·ćƒ­ćƒƒć‚³ćƒ»ćƒ©ćƒ³ćƒćƒ¼ćƒ
B. Kerby, Jr.ćƒ–ćƒ«ćƒ¼ćƒŽćƒ»ć‚«ćƒ¼ćƒ“ćƒ¼ćƒ“ć‚£ćƒˆćƒ¼ć«éŠƒć‚’é ć‹ć£ć¦č²°ć„é€£ć‚€ć‚ˆć†ć«ćŖ悋ć‚Æćƒ¬ćƒ”ćƒ³ć‚¶
Frank Siveroćƒ•ćƒ©ćƒ³ć‚Æćƒ»ć‚·ćƒ™ćƒ­ćƒ“ć‚£ćƒˆćƒ¼ćØäø€ē·’ć«åŠ‡ć‚’č¦³ćŸē”·ć‚²ćƒ³ć‚³ćƒ¼
Francesca de Sapioćƒ•ćƒ©ćƒ³ćƒć‚§ć‚¹ć‚«ćƒ»ćƒ‡ćƒ»ć‚µćƒ”ć‚Ŗćƒ“ć‚£ćƒˆćƒ¼ć®å¦»ć‚«ćƒ«ćƒ”ćƒ©ćƒ»ć‚³ćƒ«ćƒ¬ć‚Ŗćƒ¼ćƒ(éŽåŽ»ć®č©±ć§č‹„ć„é ƒ)
Morgana Kingćƒ¢ćƒ¼ć‚¬ćƒŠćƒ»ć‚­ćƒ³ć‚°ćƒ“ć‚£ćƒˆćƒ¼ć®å¦»ć‚«ćƒ«ćƒ”ćƒ©ćƒ»ć‚³ćƒ«ćƒ¬ć‚Ŗćƒ¼ćƒ(今恮話)
Mariana Hill惞ćƒŖć‚¢ćƒ³ćƒŠćƒ»ćƒ’ćƒ«ćƒ•ćƒ¬ćƒ‰ć®å¦»ćƒ‡ć‚£ć‚¢ćƒŠćƒ»ć‚³ćƒ«ćƒ¬ć‚Ŗćƒ¼ćƒ
Leopoldo Trieste惬ć‚Ŗćƒćƒ«ćƒ‰ćƒ»ćƒˆćƒŖć‚Øć‚¹ćƒ†å¤§å®¶ć®ē”·ćƒ­ćƒ™ćƒ«ćƒˆ
Dominic Chianese惉惟惋ć‚Æćƒ»ćƒć‚¢ćƒ‹ćƒ¼ć‚ŗćƒ‘ćƒ¼ćƒ†ć‚£ć«ć‚„ć£ć¦ę„ćŸćƒ­ć‚¹ć®éƒØäø‹ć‚øćƒ§ćƒ‹ćƒ¼ćƒ»ć‚Ŗćƒ¼ćƒ©
Amerigo Totć‚¢ćƒ”ćƒŖć‚“ćƒ»ćƒˆćƒƒćƒˆćƒžć‚¤ć‚±ćƒ«ć®ćƒœćƒ‡ć‚£ć‚¬ćƒ¼ćƒ‰
Troy Donahuećƒˆćƒ­ć‚¤ćƒ»ćƒ‰ćƒŠćƒ’ćƒ„ćƒ¼ć‚³ćƒ‹ćƒ¼ć®å¤«ćƒžćƒ¼ćƒ«ćƒ»ć‚øćƒ§ćƒ³ć‚½ćƒ³
John Apreać‚øćƒ§ćƒ³ćƒ»ć‚¢ćƒ—ćƒŖć‚¢ćƒ“ć‚£ćƒˆćƒ¼ć®éƒØäø‹ćƒ†ćƒƒć‚·ć‚Ŗ(č‹„ć„é ƒ)
Joe Spinellć‚øćƒ§ćƒ¼ćƒ»ć‚¹ćƒ”ćƒćƒ«ćƒ•ćƒ©ćƒ³ć‚Æć®ćƒœćƒ‡ć‚£ć‚¬ćƒ¼ćƒ‰ć€ć‚¦ć‚£ćƒŖćƒ¼ćƒ»ćƒćƒ

ę³Øē›®äæ³å„Ŗ(ć‚«ćƒ”ć‚Ŗå‡ŗę¼”oräø‹ē©ćæę™‚ä»£)

Castļ¼šć‚­ćƒ£ć‚¹ćƒˆļ¼šå½¹åļ¼š
čŖ¬ę˜Žļ¼š
Abe Vigodać‚Øć‚¤ćƒ–ćƒ»ćƒ“ć‚£ć‚“ćƒ€å›žęƒ³ć‚·ćƒ¼ćƒ³ć§ē™»å “ć™ć‚‹ćƒ“ć‚£ćƒˆćƒ¼ć®éƒØäø‹
Danny Aielloćƒ€ćƒ‹ćƒ¼ćƒ»ć‚¢ć‚¤ć‚Øćƒ­ćƒ­ć‚µćƒˆå…„å¼Ÿć®ćƒˆćƒ‹ćƒ¼ćƒ»ćƒ­ć‚µćƒˆ
Harry Dean Stanton惏ćƒŖćƒ¼ćƒ»ćƒ‡ć‚£ćƒ¼ćƒ³ćƒ»ć‚¹ć‚æćƒ³ćƒˆćƒ³ćƒ•ćƒ©ćƒ³ć‚­ćƒ¼ć®å¾Œć‚ć«åŗ§ć‚‹FBIęœęŸ»å®˜
Sofia Coppolać‚½ćƒ•ć‚£ć‚¢ćƒ»ć‚³ćƒƒćƒćƒ©ć‚¢ćƒ”ćƒŖć‚«ćøć®čˆ¹ć«ä¹—ć£ć¦ć„ć‚‹åøƒć‚’č¢«ć£ćŸå„³ć®å­
ćƒ•ćƒ©ćƒ³ć‚·ć‚¹ćƒ»ćƒ•ć‚©ćƒ¼ćƒ‰ćƒ»ć‚³ćƒƒćƒćƒ©ć®åؘ
Roman Coppolaćƒ­ćƒžćƒ³ćƒ»ć‚³ćƒƒćƒćƒ©å¹¼å°‘ęœŸć®ć‚½ćƒ‹ćƒ¼ćƒ»ć‚³ćƒ«ćƒ¬ć‚Ŗćƒ¼ćƒ
ćƒ•ćƒ©ćƒ³ć‚·ć‚¹ćƒ»ćƒ•ć‚©ćƒ¼ćƒ‰ćƒ»ć‚³ćƒƒćƒćƒ©ć®ęÆ子
ć€Œć‚“ćƒƒćƒ‰ćƒ•ć‚”ćƒ¼ć‚¶ćƒ¼PART IIć€ćƒˆćƒ¬ćƒ¼ćƒ©ćƒ¼
T's Theaterę–°ä½œę˜ ē”»ē“¹ä»‹[恂悉恙恘ļ¼†ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼]
ć€Œå½±ć«ęŠ±ć‹ć‚Œć¦ēœ ć‚Œć€2019幓9꜈6ę—„å…¬é–‹ļ¼ć€€å…¬å¼ć‚µć‚¤ćƒˆONLY
怌Walking Meat怍7/19ļ½žć‚·ćƒćƒ»ćƒŖćƒ¼ćƒ–ćƒ«ę± č¢‹ć€8/9ļ½žć‚·ćƒćƒ»ćƒŖćƒ¼ćƒ–ćƒ«ę¢…ē”°ćŖ恩å…Øå›½é †ę¬”å…¬é–‹ļ¼ć€€å…¬å¼ć‚µć‚¤ćƒˆONLY
ć€Œę˜Žę²»ę±äŗ°ę‹ä¼½ć€6/21ļ½žć‚·ćƒćƒžćƒ¼ćƒˆę–°å®æ恻恋å…Øå›½é †ę¬”ćƒ­ćƒ¼ćƒ‰ć‚·ćƒ§ćƒ¼ļ¼ć€€å…¬å¼ć‚µć‚¤ćƒˆONLY
ć€Œč‹±é›„ćÆå˜˜ćŒćŠå„½ćć€10/11ļ½žę–°å®æćƒ”ć‚«ćƒ‡ćƒŖćƒ¼ä»–å…Ø国公開ļ¼ć€€å…¬å¼ć‚µć‚¤ćƒˆONLY
ć€Œå¼•ć£č¶Šć—å¤§åļ¼ć€8/30å…Ø国公開ļ¼ć€€å…¬å¼ć‚µć‚¤ćƒˆONLY
ć€Œę±äŗ¬å–°ēØ® ćƒˆćƒ¼ć‚­ćƒ§ćƒ¼ć‚°ćƒ¼ćƒ«ć€S怑怍7/19ļ½žå…Ø国公開ļ¼ć€€å…¬å¼ć‚µć‚¤ćƒˆONLY
ć€Œćƒ€ć‚¦ćƒˆ-å˜˜ć¤ćć‚Ŗćƒˆć‚³ćÆčŖ°ļ¼Ÿ-怍2019幓ē§‹ä»„降劇堓公開ļ¼(å…¬é–‹ę—„ęœŖ定)ć€€å…¬å¼ć‚µć‚¤ćƒˆONLY
他3ä½œå“ć®å…¬é–‹å‰ćƒ»å…¬é–‹äø­ć®ę–°ä½œę˜ ē”»ćƒŖć‚¹ćƒˆć‚’é–‹ć

ć‚¹ćƒˆćƒ¼ćƒŖćƒ¼ļ½„惍ć‚æ惐惬

ć“ć®ę˜ ē”»ć‚’ęœŖč¦‹ć®ę–¹ćøļ¼š[ć‚¹ćƒˆćƒ¼ćƒŖćƒ¼ćÆęœ€ęœŸć¾ć§č”Øē¤ŗć•ć‚Œć¦ć„ć¾ć™]
ć‚¹ćƒˆćƒ¼ćƒŖćƒ¼ć‚’é€”äø­ć¾ć§ć®č”Øē¤ŗć«ć™ć‚‹ć‚¹ćƒˆćƒ¼ćƒŖćƒ¼ć‚’å…Ø恦隠恙

(本作ではマイケル・コルレオーネの“時代”と親のヴィトー・コルレオーネの“時代”が何度も入れ替わり描かれるので下記記述のような順番には本編がなっていませんのでご注意願います。)

1901年。シチリア島のコルレオーネ村で生まれたヴィトー・アンドリーニ少年。地元マフィアのドンを侮辱したことにより殺された父親、そして母親と兄も殺されたヴィトーは当時9歳。多くのシチリア島民と共にアメリカへの船に乗り込んだヴィトーだった。

1917年。ニューヨークシティ。ヴィトーはコルレオーネ村から名前をとってヴィトー・コルレオーネと名乗っていた。妻カルメラとは長男ソニーが生まれていたヴィトー。雑貨店で働くヴィトーは、劇場や様々な場所で権力者を気取って人々から金をふんだくるチンピラのファヌッチにより失業してしまった。しかしひょんな事から知り合ったクレメンザ達とドレス販売の商売を始めたヴィトー。しかしチンピラのファヌッチはヴィトーの商売にも目をつけて金をせびってきた。ファヌッチは有力者であるために逆らうことが出来ないと言う友人達だがヴィトーは“ファヌッチと話をつける”と言って結果彼を殺したヴィトー。

ソニー、フレド、マイケルという3人の男の子に恵まれたヴィトーはもはやこの街では彼を知らないものはいない程の“人物”となっており、シチリア島へ帰島した際は家族の仇としてシシリア島の地元のボスを殺害したヴィトー。マフィアのドン、ヴィトー・コルレオーネはゴッドファーザーという異名を持つようになった…。

ヴィトー・コルレオーネはこの世を去って彼の息子達の時代になっていた。

コルレオーネファミリーを仕切るのは三男のマイケル・コルレオーネ。マイケルの兄、長男ソニーは鬼籍に入っており次男フレドは“マフィアのドン”には相応しくない性格であったためにマイケルがドンになった。

更なる勢力拡大を狙うマイケルは資金面を潤すためにホテルを経営することを思いつきファミリーのパーティに上院議員パット・ギーリーを招くが、彼はマフィアというものが嫌いでありホテル経営を許可する為に多額の金を要求してきた。マイケルはファミリーを侮辱した議員に対して金は払わんと言い放った。

パーティには他にもマイアミのマフィア、ロスの部下やコルレオーネファミリーのフランキーがやって来ておりそれぞれマイケルと面会。それぞれの思惑が渦を巻くマイケルの“シマ”ネバダ州でのパーティ。夫マイケルとダンスをするケイの心の中には“5年で悪の世界から手を引く”というマイケルの言葉が虚しく響いていた。

夜。マイケルがケイトと共に就寝中に銃撃を受けた。ファミリーの弁護士で実力者のトムが犯人を探すと見つかった犯人は既に殺された後であった。“誰がマイケル・コルレオーネを狙ったのか?”この一件により疑心暗鬼となるマイケルだった。

マイケルはハイマン・ロスに会って“自分を狙ったのはフランキーだ”と言った。そして彼を消すとも…。

そして今度はフランキーに会ったマイケル。フランキーがロスの部下ロサト兄弟といざこざを起こそうとしていることを知っていたのでロサト兄弟から手を引く様に言うマイケル。そして“ロスに命を狙われた”とも…。

その後、フランキーは店でロサト兄弟に襲われるが偶然入ってきた警官によって命を取り留めたフランキー。外では銃弾が飛び交った…。

勢力をひたすらに拡大…。マイケルは自分を侮辱した上院議員のパットをハメた。パットが売春婦と宿に泊まっている時に売春婦を殺したマイケルの部下。アプセットするパットをトムが訪ねて力になると言ったのだ。これでパットはコルレオーネファミリーの為に動いてくれる…。

マイケルはキューバのハバナを訪れていた。ハイマン・ロスの誕生祝いのために様々なファミリーが集まっているからだ。ロスは政情不安定なキューバに投資をしており暴利を貪っていた。表向きは老体であるロスの為のパーティだが出席者それぞれ胸に秘めた思いがある。マイケルは部下を使ってロスを亡き者にしようとするがそれは実行できなかった。またロスへの上納金という形で金を持ってきたフレドだが、パーティでフレドがロスの部下に関して親しげに語っていたのでフレドに疑念を持ったマイケル。その後キューバ革命が起こり皆散り散りになりながらアメリカへ戻った。しかしハイマン・ロスは直ぐにはアメリカに戻らなかった。

ネバダ州の家に戻ったマイケルが聞いたのは妻ケイが流産したと言う事だった…。

上院委員会に呼び出されたマイケル・コルレオーネ。それは彼の部下だったウィリー・チチがマイケルと彼のファミリーの不正を告発したからだ。皆が“ゴッドファーザー”とマイケルを呼ぶことについて尋ねられたマイケルは、“親しみと尊敬を込めた呼び名”と語った。確かにそれには嘘偽りはない…。パット議員がマイケルを庇う発言をして席を立つと、マイケルは自身の身の潔白を説いた。

しかし委員会には切り札がある。それは殺されかけて怨みを持っているフランキーであり事前の調査でマイケルの不正を証言している。その委員会に行く前にマイケルはフレドに絶縁を言い渡すのだった。

委員会。証言のためにやって来たフランキーが驚いたのはマイケルと一緒にいる自分の兄だった。マイケルはイタリアにいたフランキーの兄を連れてきて無言の圧力をフランキーにかけたのだ。この圧力が効いてフランキーはマイケルに不利な証言をすることなく、自身のファミリーが行った不正により収監されるのであった。

委員会後のホテルの一室。一緒に来ていた妻ケイはフランキーへの圧力を目にして糸が切れていた。マイケルのもとを去ると言いだしたのだ。償いをすると言うマイケルだがケイが発した“流産ではなく堕胎した”という言葉に怒り沸騰となりケイを殴り飛ばしたマイケル。妻に一人で出て行けと言い放つマイケルがいた…。

マイケルの母親カルメラが息を引き取った。葬儀にはファミリーの皆が集まり、久しぶりに顔を見せたフレド。マイケルは兄とは絶縁していたので彼がいるうちは姿を見せるつもりはなかった。だが妹コニーが懇願した事によりフレドの前に姿を現したマイケル。固く抱き合う兄弟の姿があった。

裏切り者・自分を狙ったものを許さないと考えるマイケル。トムを収監中のフランキーのところへ会いに行かせたマイケル。“自殺すれば家族には手を出さない”と仄めかすトムにフランキーは家族の安全を願い自ら命を絶った。次にマイケルが命を狙うのはハイマン・ロス。キューバ革命後、マイケルを恐れて帰国せずに様々な国に移住しようと試みていたが、それが許されずに帰国することになりその事が紙面を賑わせていた。

ロスに手を出す前に、子供たちを訪ねてきた妻ケイを冷たく追い払ったマイケル。そして一度裏切ったフレドをも手にかけた…。親友と言っても良いトムさえも疑いの目で見てしまうマイケルが本当に信頼できる人物は果たして…。

帰国したハイマン・ロスはマイケルが放った部下によって死んだ…。

ēµęœ«ļ½„ćƒ©ć‚¹ćƒˆ

今、マイケルは過去のあの日を夢見ていた。父ヴィトーの誕生日に家族皆が集まったあの日。時代は第二次世界大戦でありマイケルは愛国心から海軍に志願した。徴兵などはヴィトーの計らいで何とでもなるのにマイケルは自ら…。その事で喧嘩になるヴィトーの子供たちソニー、フレド、マイケル…そしてトム。ヴィトーが登場すると皆集まりおめでとうを言うがマイケルはそれに加わることはなかった…。

タバコをふかすマイケルの脳裏を横切ったのは父に抱かれて列車に乗るところ…。

アメリカ一のマフィアとなったコルレオーネファミリーのドン、マイケルの心は孤独感だけしかなかった…。

ę„Ÿęƒ³ļ½„ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼ć‚’ę›ø恄恦ćæć¾ć›ć‚“ć‹ļ¼ŸęŠ•ēØæćƒ•ć‚©ćƒ¼ćƒ ćÆć‚³ćƒćƒ©[äø‹ć«ć‚ć‚Šć¾ć™]

ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼ļ½„ę„Ÿęƒ³ļ½„č§£čŖ¬ļ½„č©•ä¾”

ć‚¹ćƒˆćƒ¼ćƒŖćƒ¼ļ½„惍ć‚æ惐惬ćÆć‚ÆćƒŖ惃ć‚ÆćƒŸćƒ¼(äøŠéƒØćøē§»å‹•)
ę„Ÿęƒ³ļ½„ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼ć‚’ę›ø恄恦ćæć¾ć›ć‚“ć‹ļ¼ŸęŠ•ēØæćƒ•ć‚©ćƒ¼ćƒ ćÆć‚³ćƒćƒ©[äø‹ć«ć‚ć‚Šć¾ć™]
ć‚“ćƒƒćƒ‰ćƒ•ć‚”ćƒ¼ć‚¶ćƒ¼PART II
toikunć®č©•ä¾”ļ¼š6/10ā˜…ā˜…ā˜…ā˜…ā˜…ā˜…ā˜†ā˜†ā˜†ā˜†

最近ハマっている一度観た昔の作品をもう一度観ること。今回もまたその“ブリブリ”シリーズです。まずは前の!

アカデミー作品賞や監督賞などを受けた映画史に残る、マフィア映画。

二人のドン・コルレオーネの言葉でなく、その動き、表情から、心が見えてくる。全編、暗さが支配し、これがマフィアの世界をすごみのあるものに感じさせる。ビトを演じたロバート・デニーロはこの演技で、アカデミー助演賞を受賞。名優と呼ばれる人たちの、演技の元をみることができる。

1998/08/30

再レビュー☆

アカデミー作品賞など6部門に輝いた名作はこれまた名作と名高い「ゴッドファーザー」の続編。「スーパーマン」等の映画脚本でも知られるマリオ・プーゾの同名原作小説“ゴッドファーザー”を映画化した前作。今作もプーゾは脚本を担当している。

メガホンをとるのは名監督フランシス・フォード・コッポラ。「パットン大戦車軍団」の脚本賞、「ゴッドファーザー」の脚色賞、そして製作も兼ねた今作での作品賞・監督賞・脚色賞と5つのオスカー像をもつ巨匠だ。コッポラの監督作として「アウトサイダー」「レインメーカー」をレビューしている。他にロバート・デ・ニーロ監督作品の「グッド・シェパード」では製作総指揮として参加している。

キャストを。

・主人公マイケル・コルレオーネを演じるのはアル・パチーノ。本作も含め「ディック・トレイシー」「摩天楼を夢みて」などアカデミー賞にノミネートした回数は多々あるが受賞できなかったパチーノ。だがtoikunがを好きになったキッカケの「セント・オブ・ウーマン 夢の香り」でやっと主演男優賞の受賞となった。最近は「ミッドナイト・ガイズ」が面白かったな☆←←←服役していたギャングの下っ端。

・本作の助演男優賞と「レイジング・ブル」の主演男優賞、2つのオスカーはのキャリアを思い返すと少なすぎる、ロバート・デ・ニーロがヴィトー・コルレオーネを演じる。数々出演作品はレビューしているけど「レナードの朝」の患者役、切ないねぇ。近年の「リベンジ・マッチ」は「ロッキー」のシルヴェスター・スタローンとボクシング対決!デ・ニーロには「レイジング・ブル」もあるけどスタローンの領域だよねぇ。

・妻役のダイアン・キートンは「アニー・ホール」のオスカーウィナー。「グリフィン家のウエディングノート」ではデ・ニーロ「デッドマン・ウォーキング」のスーザン・サランドンと共演しているが、デ・ニーロとは元夫婦という設定、本作を知っていると息子の嫁に手を出した?ヴィトー?

・側近トムを演じるロバート・デュヴァルは「テンダー・マーシー」のオスカーウィナー。「シビル・アクション」でもオスカーにノミネートするが弁護士役!あぁ裁判長役でオスカーにノミネートした「ジャッジ 裁かれる判事」を観たいゾ!他に恐い恐い「スカーレット・レター」など。

・人間味が溢れていて良いキャラクターの次男フレドを演じるジョン・カザールは「狼たちの午後」、「ディア・ハンター」など。

・長女を演じてアカデミー助演女優賞にノミネートしたタリア・シャイアは「ロッキー」シリーズのヒロイン、エイドリアンとして有名。2016年公開の「アウトバーン」では“ロッキーとエイドリアン”とセリフで出てくるが、様々な映画でエイドリアンという役名は出てくる。

・回想シーンだけで登場するジェームズ・カーンは前作「ゴッドファーザー」でアカデミー助演男優賞にノミネートしている。「ミザリー」の可哀想な作家役。

・フランク・“フランキー”・ペンタンジェリと上の方で記述したが“フランキー”は愛称だから…演じた故マイケル・V・ガッツォもまたアカデミー賞にノミネート。

以下はチョイ役orカメオ出演となりますが…。

・「ドゥ・ザ・ライト・シング」のオスカーノミニーのダニー・アイエロがロサト兄弟の一人としてチョビーットだけ顔が確認出来た。「訣別の街」の議員。他に「ラッキーナンバー7」「乙女座殺人事件」など。

・まだ駆け出しの頃だったのだろう、FBI捜査官として登場するハリー・ディーン・スタントン。他に「ストレイト・ストーリー」「ラスベガスをやっつけろ」など。

・回想シーンでケーキを持ってくる部下の役であるエイブ・ヴィゴダは「ジョー、満月の島へ行く」では火山の島の酋長や「ノース ちいさな旅人」など!

・コッポラ監督の娘さんソフィア・コッポラが確認するのは難しいけど子供ヴィトーが船に乗っている時の後ろ側に登場。クリント・イーストウッド主演の「白い肌の異常な夜」のリメイク版監督として最近名が出た。

・コッポラの息子ロマン・コッポラが“昔のシーン”での息子ソニーとして登場!

さて。

お・お・重苦しい…。ユーモアの欠片もなかったよねぇ?もしあったとしたら作風が変わるかも?だけど。タリア・シャイアがアカデミー主演女優賞にノミネートしたとは言え、男たちの映画だし女性陣はダイアン・キートンも含めて見せ場がなかったような印象を持ったtoikun。ダイアンが演じるキャラにもスポットライトが当たるけれど如何せん“脇”だったなぁ。

色々観てきた映画が増えてきたので1974年という古い映画に“こんな人も出ていた!”という発見する楽しみを持ったtoikun。ビックリしたりして本編から木が逸れちゃった…?

恥ずかしい批評となっちゃうので、本格的なものはヨソ様にお譲り致しますが、本編とは関係ない切り口を1つ。

マイケル・コルレオーネが“IBMやITTの株を持っている”…なんてセリフがあるけど、「タイムトラベラー きのうから来た恋人」でもIBMの株券が大金に化けたという話が出てきたよ!

それに“ラスベガスのホテルをマフィアがどーのこーの”って話があったけど、ラスベガスをカジノの街にしたとされるベンジャミン・“バグジー”・シーゲルというマフィアがいて「バグジー」に“ソレ”が描かれている。本作の本編には“バグジー”とは出てこなかったが、もしかしたら何か意識したものがあったのかも!?

さてさて、一応ラスト。

本作では絡みのなかったアル・パチーノロバート・デ・ニーロだけれども、「ヒート」で共演!しかしこの時も“別々に撮った?”とか言われて仲が悪いと思われていた。後に「ボーダー」でも再共演を果たすが。本当に仲が悪かったら2人してアカデミー賞のプレゼンターとして登場しないよ!この時ね“チャラララ~”って本作のテーマが流れたよ☆

2016/06/09

by .

T's Theaterę–°ä½œę˜ ē”»ē“¹ä»‹[恂悉恙恘ļ¼†ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼]
ć€Œćƒ€ć‚¦ćƒˆ-å˜˜ć¤ćć‚Ŗćƒˆć‚³ćÆčŖ°ļ¼Ÿ-怍2019幓ē§‹ä»„降劇堓公開ļ¼(å…¬é–‹ę—„ęœŖ定)ć€€å…¬å¼ć‚µć‚¤ćƒˆONLY
ć€Œę±äŗ¬å–°ēØ® ćƒˆćƒ¼ć‚­ćƒ§ćƒ¼ć‚°ćƒ¼ćƒ«ć€S怑怍7/19ļ½žå…Ø国公開ļ¼ć€€å…¬å¼ć‚µć‚¤ćƒˆONLY
ć€Œę˜Žę²»ę±äŗ°ę‹ä¼½ć€6/21ļ½žć‚·ćƒćƒžćƒ¼ćƒˆę–°å®æ恻恋å…Øå›½é †ę¬”ćƒ­ćƒ¼ćƒ‰ć‚·ćƒ§ćƒ¼ļ¼ć€€å…¬å¼ć‚µć‚¤ćƒˆONLY
怌Walking Meat怍7/19ļ½žć‚·ćƒćƒ»ćƒŖćƒ¼ćƒ–ćƒ«ę± č¢‹ć€8/9ļ½žć‚·ćƒćƒ»ćƒŖćƒ¼ćƒ–ćƒ«ę¢…ē”°ćŖ恩å…Øå›½é †ę¬”å…¬é–‹ļ¼ć€€å…¬å¼ć‚µć‚¤ćƒˆONLY
ć€Œå¼•ć£č¶Šć—å¤§åļ¼ć€8/30å…Ø国公開ļ¼ć€€å…¬å¼ć‚µć‚¤ćƒˆONLY
ć€Œč‹±é›„ćÆå˜˜ćŒćŠå„½ćć€10/11ļ½žę–°å®æćƒ”ć‚«ćƒ‡ćƒŖćƒ¼ä»–å…Ø国公開ļ¼ć€€å…¬å¼ć‚µć‚¤ćƒˆONLY
ć€Œå½±ć«ęŠ±ć‹ć‚Œć¦ēœ ć‚Œć€2019幓9꜈6ę—„å…¬é–‹ļ¼ć€€å…¬å¼ć‚µć‚¤ćƒˆONLY
[ę„Ÿęƒ³ćƒ»ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼]ꊕēØæćƒ•ć‚©ćƒ¼ćƒ 

ć‚¢ćƒŠć‚æć®ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼ćƒ»č©•ä¾”ć‚’č¼‰ć›ć¦ćæ悈恆ļ¼

ćŠåå‰ļ¼š

ćƒ”ćƒ¼ćƒ«ć‚¢ćƒ‰ćƒ¬ć‚¹ļ¼š

ćƒ›ćƒ¼ćƒ ćƒšćƒ¼ć‚øURLļ¼š

č©•ä¾”ć‚’10ē‚¹ęŗ€ē‚¹ć§ćŠčžć‹ć›äø‹ć•ć„怂(åæ…é ˆ)

꘠ē”»ć®ę„Ÿęƒ³ćƒ»ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼ć‚’ćŠčžć‹ć›ćć ć•ć„ć€‚T's Theaterć®ć“ć®ćƒšćƒ¼ć‚øć«ęŽ²č¼‰ć•ć›ć¦é ‚ćć¾ć™ć€‚

ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼ć®č”Øē¤ŗ例

怎꘠ē”»ćƒ•ć‚”ćƒ³ć€ć•ć‚“ć®ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼ćƒ»č©•ä¾”

ꊕēØæꗄꙂļ¼š20??/??/?? 15:59:46

4ē‚¹/10ē‚¹ęŗ€ē‚¹äø­ā˜…ā˜…ā˜…ā˜…ā˜†ā˜†ā˜†ā˜†ā˜†ā˜†

ćƒ›ćƒ¼ćƒ ćƒšćƒ¼ć‚ø

ć‚³ćƒ”ćƒ³ćƒˆļ¼š

(ć‚³ćƒ”ćƒ³ćƒˆć‚’ć©ć†ćžć€‚)

T's Theaterćøć®ćŠå•ć„åˆć‚ć›ćƒ•ć‚©ćƒ¼ćƒ ćÆć‚³ćƒćƒ©(åˆ„ćƒšćƒ¼ć‚øć§é–‹ćć¾ć™)

Googleć‚µć‚¤ćƒˆå†…ę¤œē“¢

公開äŗˆå®šć®ę–°ä½œę˜ ē”»ē“¹ä»‹ć‚ć‚‰ć™ć˜ļ¼†ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼äø€éƒØć€å…¬å¼ć‚µć‚¤ćƒˆē“¹ä»‹ć®ćæ
Amazon PR
ęŗåøÆćÆ恓恔悉恋悉
T's Theater恮QRć‚³ćƒ¼ćƒ‰
꘠ē”»ćƒŖćƒ³ć‚Æ

惈惃惗 > ć‚Øćƒ³ć‚æćƒ¼ćƒ†ć‚¤ćƒ³ćƒ”ćƒ³ćƒˆ > ꘠ē”»ć€ćƒ“ćƒ‡ć‚Ŗ > č©•č«–ć€ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼

IMDb

꘠ē”»ć®ę£®ć¦ć‚“ć“ę£®

ć‚æćƒć®ēøå“

ć“ć‚ę˜ ē”»ē”Ÿę“»

å…ƒę°—ćŒå‡ŗ悋꘠ē”»ćƒ»ćƒ‰ćƒ©ćƒžć®å°‚é–€ć‚µć‚¤ćƒˆā˜†ćƒŖćƒ—ćƒ¬ć‚¤

꘠ē”»é€šäæ”ć‚·ćƒćƒžćƒƒć‚·ćƒ¢

ā˜…前ē”°ęœ‰äø€ć®č¶…ę˜ ē”»ę‰¹č©•ā˜…

ćŠå‹§ć‚ę˜ ē”»ćƒ©ćƒ³ć‚­ćƒ³ć‚°ļ¼†ćƒ‡ćƒ¼ć‚æćƒ™ćƒ¼ć‚¹ć€feeling-e怑

http://blog.livedoor.jp/tomo24sawara/

ćØć‚‚ć”ć‚“ćŒé€šć‚Šć¾ć™ć‚ˆ

閉鎖

ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼ćƒ»ć‚¢ćƒ³ćƒ»ćƒ­ćƒ¼ć‚ŗ

MIHOć‚·ćƒćƒž | ꘠ē”»ćƒć‚æćƒćƒ¬ć‚ć‚‰ć™ć˜ēµęœ«

T's Theater恮ē”»åƒ
T's Theater恮gifć‚¢ćƒ‹ćƒ”
Watch the latest videos on YouTube.com