NAVI × 作品データあらすじ 主要登場人物 アカデミー賞 スタッフ キャスト 詳しいストーリー ストーリーの結末 感想・レビュー 関連作品・関連ページ [感想・レビュー]投稿フォーム このページの一番上へ T's Theaterのメニュー
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES映画の総合情報サイト
417Twitter、フォローお願いします!0 0001
映画『DONNIE BRASCO』「フェイク」<1997年:アメリカ>

ATTENTION:T's Theaterでは映画作品のあらすじだけでなくストーリーのネタバレ結末まで記載しています。映画レビューはストーリーの下方にあるので映画をご覧になっていない方はお気を付け下さい。

映画「フェイク」あらすじ,ネタバレ,レビュー

作品データ

IMG from Amazon

原題:

DONNIE BRASCO

邦題:

フェイク

製作年:

1997年

製作国:

アメリカ

上映時間:

ジャンル:

ドラマ マフィアもの

あらすじ

この映画にはtoikun以外のレビューはまだありません。

詳細作品データ

主要登場人物

    主要登場人物配役(役名俳優)
  • マフィアの下っ端ベン・”レフティ”・ルジェッロアル・パチーノ
  • ドニー・ブラスコ=
    FBI潜入捜査官ジョセフ・”ジョー”・ピストーネ
    ジョニー・デップ
  • ソニー・ブラックマイケル・マドセン
  • ”ジョー”の妻マギーアン・ヘッシュ

アカデミー賞

受賞:なし

脚色賞ノミネート: Paul Attanasio

スタッフ(製作・監督・脚本・撮影・音楽)

Producer:Mark Johnson, Barry Levinson, Louis DiGiaimo, Gail Mutrux
製作:
Director:Mike Newell
監督:
Writer:Paul Attanasio
脚本:
Cinematographer:Peter Sova
撮影:
Original Music:Patrick Doyle
音楽:

キャスト・出演者

Cast:Al Pacino,Johnny Depp,Michael Madsen, Bruno Kirby, James Russo, Anne Heche, Željko Ivanek, Gerry Becker,Zach Grenier, Brian Tarantina, Robert Miano
出演:
T's Theater新作映画紹介[あらすじ&レビュー]
他4作品の公開前・公開中の新作映画リストを開く

ストーリー・ネタバレ

 1970年代後半のアメリカ・ニューヨーク州・ブルックリン。この街にもマフィアがあふれていた。そのマフィアの一人がレフティと言われる男だった。彼は30数年もこの仕事をやってきたが、この世界でのし上がれずに、直属のボスがその上のボスに収める上納金を稼ぐためにあくせくやっていた。

 そんな彼が、仲間と店にいるときに、髭を蓄えた宝石に強いという若者ドニー・ブラスコを見つける。ひょんな事から、彼にダイヤの鑑定をしてそれが偽物だとわかり、ドニーの腕に惚れ込むレフティ。家に招いて家族にも会わせて、クリスマスまで一緒に祝う。レフティは仲間のマフィア達にもドニーを紹介していく。

 だが、ドニーの本名はジョセフ・ピストーネといって、FBIの潜入捜査官だった。見事にマフィアに近づくことができたドニーだった。しかし潜入捜査のために妻のマギーを始め娘の3人とはすれ違い、ほころびが目立っていった。

 レフティは、仲間のソニー・ブラックの下に就くことになる。だが、刑務所に入ったことのある彼のために手を貸してきたりしたことがあるレフティはそれが気にくわなかった。一方、ソニー・ブラックはというと敵対するボス以上に上納金を集めようと躍起になっていた。

 ドニーは同じFBIの潜入捜査官の協力のためにフロリダにソニー・ブラックやレフティたちを連れて行くようにと言われた。上納金のためにソニー・ブラックはフロリダに行くことを決める。

 フロリダについたドニー達。バカンスを楽しむと共に、地元のマフィアと顔合わせをして、潰れていた酒場を再開してもうけていた。だが、すぐさま警察の手が入り、店は破壊され、ドニー達も警察のやっかいになる。レフティは裏切り者がいるとソニー・ブラックに言った。

 ブルックリンに戻ったドニー達。ソニー・ブラックを呼び出したのは敵対するボスのソニー・レッドだった。フロリダの店の手入れは、ソニー・レッドの仕業だったのだ。そして、今度はソニー・ブラック達を殺すつもりだった。逆をついたレフティ達はソニー・レッド達を殺した。そしてフロリダで隠れて麻薬の取引を行っていた旧来の仲間を、裏切り者だとレフティは始末をした。

 一方ドニーの家族関係はと言うと数ヶ月に1回会えれば良いような状態で、離婚の話まで出てしまう。

 また、FBIに定時連絡を入れるはずだったドニーだったが、それを入れなくなっていて、FBIの捜査官がマギーに会いに行く。そしてドニーに捜査から手を引くようにと言って欲しいと言う。

 ドニーは自分を仲間として受け入れてくれたレフティを捕まえさせたくないと考えていた。だから家に蓄えていた”違法な金”を持ってレフティに会いに行く。そして金を渡そうと考える。だがレフティはソニー・レッドの息子を始末しようと考えていた。港にいる彼をドニーに始末させようとしたときに、FBIが入ってきた。捕まるドニーとレフティ。レフティはドニーが裏切り者とは考えずに彼の身を案じるのであった。

結末・ラスト

 出てきたレフティ。そんなレフティやソニー・ブラック達の前にFBIの捜査官達が現れ、ドニーの身分を明かす。だが、今まで親身になってやってきたドニーに対してそれを信じる者たちはいなかった。

 後に、ドニーが手に入れた証拠によって、マフィアは裁きを受けるのであった。

レビュー・感想・解説・評価

ストーリー・ネタバレはクリックミー(上部へ移動)
レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

 ジョセフ・P・ピストーネとリチャード・ウッドレーの本を元に、「フォー・ウェディング」などの監督マイク・ニューエルがメガホンをとった、真実に基づいたドラマ。アル・パチーノがうだつの上がらないマフィアのレフティを演じて、マフィアの親分を演じた「ゴッドファーザー」とは違った魅力をみせる。また、タイトルロールのFBIの潜入捜査官ドニー=ジョセフの役でジョニー・デップ、ドニーの妻マギーの役でアン・ヘッシュ、マフィアものはお手の物といったマイケル・マドセンが、ソニー・ブラックを演じる。

 いつもはオーバーアクティングかと思われがちなパチーノは今回は抑えた演技で、これもまた良いと思った。デップはと言うと、確かに巧いのだが、いかんせん「シザーハンズ」で持っているイメージがtoikunの中では消えていなくて、ちょっと違うのかなと思った。

 終わり間際のFBI捜査官がレフティ達にドニーの正体を明かしに行くのがちょっと意味が分からなかった。

 終わりに文字で出てくるが、ドニーは偽名で隠れて生活しているという。そしてそんなドニーにマフィアが懸賞金をかけているのだそうだ。

 ドニーの正体がバレちゃうんじゃないかと結構ドキドキしてスリラーぽいテイストも醸し出しているこの作品である。

by .

[感想・レビュー]投稿フォーム

アナタのレビュー・評価を載せてみよう!

お名前:

メールアドレス:

ホームページURL:

評価を10点満点でお聞かせ下さい。(必須)

10点  
9点  
8点  
7点  
6点

5点  
4点  
3点  
2点  
1点

映画の感想・レビューをお聞かせください。T's Theaterのこのページに掲載させて頂きます。

レビューの表示例

『映画ファン』さんのレビュー・評価

投稿日時:20??/??/?? 15:59:46

4点/10点満点中★★★★☆☆☆☆☆☆

ホームページ

コメント:

(コメントをどうぞ。)

T's Theaterへのお問い合わせフォームはコチラ(別ページで開きます)

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

ともちんが通りますよ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com