NAVI × 作品データあらすじ 主要登場人物 アカデミー賞 スタッフ キャスト予告編 詳しいストーリー ストーリーの結末 感想・レビュー 関連作品・関連ページ [感想・レビュー]投稿フォーム このページの一番上へ T's Theaterのメニュー
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES映画の総合情報サイト
428Twitter、フォローお願いします!0 0001
映画『ALiCE IN WONDERLaND』「アリス・イン・ワンダーランド《aka ふしぎの国のアリス》」<2010年:アメリカ>

ATTENTION:T's Theaterでは映画作品のあらすじだけでなくストーリーのネタバレ結末まで記載しています。映画レビューはストーリーの下方にあるので映画をご覧になっていない方はお気を付け下さい。

映画「アリス・イン・ワンダーランド」あらすじ,ネタバレ,レビュー

作品データ

IMG from Amazon

原題:

ALiCE IN WONDERLaND

邦題:

アリス・イン・ワンダーランド

原題訳:

ふしぎの国のアリス

製作年:

2010年

製作国:

アメリカ

上映時間:

ジャンル:

アドベンチャー ファンタジー

監督:

ティム・バートン

主演:

ミア・ワシコウスカ ジョニー・デップ アン・ハサウェイ

あらすじ

この映画にはtoikun以外のレビューはまだありません。

婚期を向かえた19歳のアリスが図らずも再び不思議の国へ。そこでは女王姉妹の対決が…。

ティム・バートン×ジョニー・デップのベストコンビでおくるアドベンチャー・ファンタジー。

詳細作品データ

主要登場人物

    主要登場人物配役(役名俳優)
  • (19歳の)アリスミア・ワシコウスカ
  • --------------------------------
  • 帽子職人マッド・ハッタージョニー・デップ
  • 白の女王ミラーナアン・ハサウェー(アン・ハサウェイ)
  • ミラーナの姉で赤の女王イラスベスヘレナ・ボナム・カーター(ヘレナ・ボナム=カーター)
  • イラスベスの部下イロソヴィッチクリスピン・グローヴァー
  • --------------------------------
  • 主要登場人物配役(役名俳優(声優))
  • アブソレム(芋虫→蝶)アラン・リックマン
  • アリスと戦う竜のジャバウォッキークリストファー・リー

アカデミー賞

美術賞受賞: (美術監督)Robert Stromberg, (装置)Karen O'Hara

衣装デザイン賞受賞: Colleen Atwood

視覚効果賞ノミネート: Ken Ralston, David Schaub, Carey Villegas, Sean Phillips

スタッフ(製作・監督・脚本・撮影・音楽)

Producer:Richard D. Zanuck, Suzanne Todd, Jennifer Todd, Joe Roth
製作:
Director:Tim Burton
監督:
Writer:Linda Woolverton
脚本:
Cinematographer:Dariusz Wolski
撮影:
Original Music:Danny Elfman
音楽:

キャスト・出演者

Cast:Johnny Depp,Anne Hathaway, Helena Bonham Carter, Crispin Glover, Mia Wasikowska, Matt Lucas,Frances de la Tour, Lindsay Duncan, Geraldine James, Tim Pigott-Smith, Marton Csokas,Alan Rickman,Stephen Fry, Michael Sheen, Timothy Spall, Barbara Windsor, Christopher Lee, Michael Gough,Jim Carter, Imelda Staunton, Paul Whitehouse
出演:
「アリス・イン・ワンダーランド」トレーラー
T's Theater新作映画紹介[あらすじ&レビュー]
他4作品の公開前・公開中の新作映画リストを開く

ストーリー・ネタバレ

 幼き日を『不思議の国』で過ごしたアリスはその過去のことはとうに忘れ19歳という婚期を迎えていた。アリスはパーティに出席しプロポーズをされるも、その返事もまだというところで図らずも『不思議の国』へ再び行く事になった。

 いろいろと不思議なことが起こるその地に立つも過去を忘れているアリスには”夢”としか考えられなかった。不思議なこととは、身体が大きくなったり小さくなったりや、服を着て喋る動物がいることなど。また動物に限らず”人間の”ハッターという男にであうアリスだが、ハッターや他の動物たちが”過去にこの国に来たことのあるアリスという女性を探している”と知ったのだ。そのことだが自分のことではないと思うアリスだし、ハッターたちは同名の”アリス違い”だろうと思った。

 この『不思議の国』は、文字通り”頭が大きい”赤の女王イラスベスが支配していた。圧政を敷く赤の女王に対して騎士のイロソヴィッチなど部下・配下の者は嫌々従っている面もあった。

 赤の女王に敵対するのは彼女の妹の白の女王ミラーナ。ミラーナは若く美しく聡明で優しく皆から慕われるが、その事が気に入らなかったイラスベスはミラーナを追放したのだった。だがこの国にはとある予言の書があった。”アリスという女性が現れ、伝説の剣を持ち人々(生き物)を救うであろう”という予言が。その予言が気にくわないイラスベスはイロソヴィッチを使って、かつてミラーナの元で帽子職人として働いていたハッターを幽閉し、またミラーナの元で働いた動物たちをも捕まえるのだった。

 その事などについて考えたアリス。そしてハッター等を救おうし奪還。赤の女王のお城にあった伝説の剣であるヴォーパルの剣をも手にしたアリス。

 やがて赤の女王たち対白の女王たちの最終決戦が始まる。その決戦で見事勝利したアリスや白の女王たちは圧政から民を解放、姉である赤の女王を追放するのだった。

結末・ラスト

 ハッターたちとの”今生の別れ”をしたアリスは『不思議の国』を出ることが出来、元のイギリスへと戻ってきた。彼女は納得できないプロポーズは断り、また亡き父の事業を継ごうと決心するのであった。

 アリスの人生に幸あらんことを!

レビュー・感想・解説・評価

ストーリー・ネタバレはクリックミー(上部へ移動)
レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

 Lewis Carroll(ルイス・キャロル)の『不思議の国のアリス』・『鏡の国のアリス』を元にして描かれたファンタジー・アドベンチャー。監督を務めるのはティム・バートン。で、ジャンルがファンタジーと言うことで主演俳優はもちろんこの人ジョニー・デップ。本当に長い付き合いである。他にバートンやデップと付き合いの長いヘレナ・ボナム・カーター、かわいいアン・ハサウェー。”声優”ではアラン・リックマン等のお声も聞く事が出来る。

 嵐の土曜日、DVDはこういう日のためにあると見ることにした。この作品は3Dバージョンがあるが環境が整わないので2Dにした。うん、おもしろかった。明らかに3Dの為に用意されたであろうシーンは2Dでも迫力があった。アカデミー賞の美術賞を受賞したのも頷けるし。

 ただこれは”どーしよーもないこと”だと思う言語表現の制約が辛かった。英語と日本語の成り立ちの違い?英語が本当に出来る人はそんなの感じないのかな!?もしそうなら思いっきり勉強しようと思うが…。

 前情報が極めて少なかったのだが、リックマンの声を当てることが出来て、『さすがtoikun』と思った(笑)

 エンドロールにて全て大文字のタイトルが貼られている。

by .

[感想・レビュー]投稿フォーム

アナタのレビュー・評価を載せてみよう!

お名前:

メールアドレス:

ホームページURL:

評価を10点満点でお聞かせ下さい。(必須)

10点  
9点  
8点  
7点  
6点

5点  
4点  
3点  
2点  
1点

映画の感想・レビューをお聞かせください。T's Theaterのこのページに掲載させて頂きます。

レビューの表示例

『映画ファン』さんのレビュー・評価

投稿日時:20??/??/?? 15:59:46

4点/10点満点中★★★★☆☆☆☆☆☆

ホームページ

コメント:

(コメントをどうぞ。)

T's Theaterへのお問い合わせフォームはコチラ(別ページで開きます)

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

ともちんが通りますよ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com