NAVI Ɨ ä½œå“ćƒ‡ćƒ¼ć‚æ 恂悉恙恘 äø»č¦ē™»å “äŗŗē‰© ć‚¢ć‚«ćƒ‡ćƒŸćƒ¼č³ž ć‚¹ć‚æ惃惕 ć‚­ćƒ£ć‚¹ćƒˆäŗˆå‘Šē·Ø č©³ć—ć„ć‚¹ćƒˆćƒ¼ćƒŖćƒ¼ ć‚¹ćƒˆćƒ¼ćƒŖćƒ¼ć®ēµęœ« ę„Ÿęƒ³ćƒ»ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼ é–¢é€£ä½œå“ćƒ»é–¢é€£ćƒšćƒ¼ć‚ø [ę„Ÿęƒ³ćƒ»ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼]ꊕēØæćƒ•ć‚©ćƒ¼ćƒ  ć“ć®ćƒšćƒ¼ć‚ø恮äø€ē•ŖäøŠćø T's Theaterć®ćƒ”ćƒ‹ćƒ„ćƒ¼
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES꘠ē”»ć®ē·åˆęƒ…å ±ć‚µć‚¤ćƒˆ
ćƒ•ć‚©ćƒ­ćƒ¼ć™ć‚‹2136Twitterć€ćƒ•ć‚©ćƒ­ćƒ¼ćŠé”˜ć„ć—ć¾ć™ļ¼ć„恄恭0ćƒ„ć‚¤ćƒ¼ćƒˆ0001
꘠ē”»ć€ŽGANGS OF NEW YORKć€ć€Œć‚®ćƒ£ćƒ³ć‚°ćƒ»ć‚Ŗćƒ–ćƒ»ćƒ‹ćƒ„ćƒ¼ćƒØćƒ¼ć‚Æ怍<2002幓:ć‚¢ćƒ”ćƒŖć‚«,惉悤惄,悤ć‚æćƒŖć‚¢,悤悮ćƒŖć‚¹,ć‚Ŗćƒ©ćƒ³ćƒ€>

ATTENTION:T's Theater恧ćÆ꘠ē”»ä½œå“ć®ć‚ć‚‰ć™ć˜ć ć‘ć§ćŖćć‚¹ćƒˆćƒ¼ćƒŖćƒ¼ć®ćƒć‚æćƒćƒ¬ć‚’ēµęœ«ć¾ć§čØ˜č¼‰ć—ć¦ć„ć¾ć™ć€‚ę˜ ē”»ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼ćÆć‚¹ćƒˆćƒ¼ćƒŖćƒ¼ć®äø‹ę–¹ć«ć‚ć‚‹ć®ć§ę˜ ē”»ć‚’恔覧恫ćŖć£ć¦ć„ćŖć„ę–¹ćÆćŠę°—ć‚’ä»˜ć‘äø‹ć•ć„怂

꘠ē”»ć€Œć‚®ćƒ£ćƒ³ć‚°ćƒ»ć‚Ŗćƒ–ćƒ»ćƒ‹ćƒ„ćƒ¼ćƒØćƒ¼ć‚Æ怍恂悉恙恘,惍ć‚æ惐惬,ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼

ä½œå“ćƒ‡ćƒ¼ć‚æ

IMG from Amazon

原锌ļ¼š

GANGS OF NEW YORK

邦锌ļ¼š

ć‚®ćƒ£ćƒ³ć‚°ćƒ»ć‚Ŗćƒ–ćƒ»ćƒ‹ćƒ„ćƒ¼ćƒØćƒ¼ć‚Æ

原锌čسļ¼š

ćƒ‹ćƒ„ćƒ¼ćƒØćƒ¼ć‚Æć®ć‚®ćƒ£ćƒ³ć‚°å›£ćŸć”

č£½ä½œå¹“ļ¼š

2002幓

č£½ä½œå›½ļ¼š

ć‚¢ćƒ”ćƒŖć‚« 惉悤惄 悤ć‚æćƒŖć‚¢ 悤悮ćƒŖć‚¹ ć‚Ŗćƒ©ćƒ³ćƒ€

äøŠę˜ ę™‚é–“ļ¼š

分

ć‚øćƒ£ćƒ³ćƒ«ļ¼š

ćƒ‰ćƒ©ćƒž ę­“å²ć‚‚ć®

ē›£ē£ļ¼š

ćƒžćƒ¼ćƒ†ć‚£ćƒ³ćƒ»ć‚¹ć‚³ć‚»ćƒƒć‚·

äø»ę¼”ļ¼š

惬ć‚ŖćƒŠćƒ«ćƒ‰ćƒ»ćƒ‡ć‚£ć‚«ćƒ—ćƒŖć‚Ŗ 惀惋ć‚Øćƒ«ćƒ»ćƒ‡ć‚¤ļ¼ćƒ«ć‚¤ć‚¹

恂悉恙恘

ć“ć®ę˜ ē”»ć«ćÆtoikunä»„å¤–ć®ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼ćÆć¾ć ć‚ć‚Šć¾ć›ć‚“ć€‚

ć‚®ćƒ£ćƒ³ć‚°å›£ć®ēˆ¶ćÆåƾē«‹ć™ć‚‹ć‚®ćƒ£ćƒ³ć‚°å›£ćØć®ęˆ¦ć„ć§ę­»ć‚“ć ć€‚16å¹“å¾Œćƒ‹ćƒ„ćƒ¼ćƒØćƒ¼ć‚Æć«ęˆ»ć£ćŸęÆ子ćÆēˆ¶ć‚’ę®ŗć—ćŸć‚®ćƒ£ćƒ³ć‚°å›£ć«å…„å›£ć€‚ē“ ę€§ć‚’ēŸ„悉ćŖć„ćƒœć‚¹ć«ę°—ć«å…„ć‚‰ć‚Œć¦ćƒœć‚¹ć®å“čæ‘恫ćŖ悋ęÆå­ć€‚ć‚„ćŒć¦ēˆ¶ć®ę•µć‚’čØŽć¤ć¹ćęÆ子ćÆā€¦ć€‚

ę„Ÿęƒ³ļ½„ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼ć‚’ę›ø恄恦ćæć¾ć›ć‚“ć‹ļ¼ŸęŠ•ēØæćƒ•ć‚©ćƒ¼ćƒ ćÆć‚³ćƒćƒ©[äø‹ć«ć‚ć‚Šć¾ć™]

ć‚ÆćƒŖ惃ć‚Æ恙悋ćØäø‹ć«ć‚øćƒ£ćƒ³ćƒ—ć—ć¾ć™č©³ć—ć„ć‚¹ćƒˆćƒ¼ćƒŖćƒ¼ę„Ÿęƒ³ćƒ»ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼

č©³ē“°ä½œå“ćƒ‡ćƒ¼ć‚æ[写ēœŸē”»åƒä»˜ć]IMGs' COPYRIGHT notations

äø»č¦ē™»å “äŗŗē‰©

Main Castļ¼šćƒ”ć‚¤ćƒ³ć‚­ćƒ£ć‚¹ćƒˆļ¼šå½¹åļ¼š
Leonardo DiCaprio惬ć‚ŖćƒŠćƒ«ćƒ‰ćƒ»ćƒ‡ć‚£ć‚«ćƒ—ćƒŖć‚Ŗēˆ¶ć‚’ę®ŗ恕悌恟ē§»ę°‘ć‚¢ćƒ ć‚¹ćƒ†ćƒ«ćƒ€ćƒ ćƒ»ćƒ“ć‚”ćƒ­ćƒ³
Cameron Diazć‚­ćƒ£ćƒ”ćƒ­ćƒ³ćƒ»ćƒ‡ć‚£ć‚¢ć‚¹ć‚¶ćƒ»ćƒ–ćƒƒćƒćƒ£ćƒ¼ćŠęŠ±ćˆć®å„³ć‚¹ćƒŖåø«ć‚øć‚§ćƒ‹ćƒ¼ćƒ»ć‚Øćƒ“ć‚”ćƒ‡ć‚£ćƒ¼ćƒ³
Daniel Day-Lewis惀惋ć‚Øćƒ«ćƒ»ćƒ‡ć‚¤ļ¼ćƒ«ć‚¤ć‚¹ć‚®ćƒ£ćƒ³ć‚°å›£ćƒć‚¤ćƒ†ć‚£ćƒ“ć‚ŗ恮ćƒŖćƒ¼ćƒ€ćƒ¼ć€ć‚¦ć‚£ćƒŖć‚¢ćƒ ćƒ»ā€œćƒ“ćƒ«ćƒ»ć‚¶ćƒ»ćƒ–ćƒƒćƒćƒ£ćƒ¼ā€ćƒ»ć‚«ćƒƒćƒ†ć‚£ćƒ³ć‚°
Henry Thomasćƒ˜ćƒ³ćƒŖćƒ¼ćƒ»ćƒˆćƒ¼ćƒžć‚¹ćƒ‹ćƒ„ćƒ¼ćƒØćƒ¼ć‚Æć«ę„ćŸć‚¢ćƒ ć‚¹ćƒ†ćƒ«ćƒ€ćƒ ć®å‹äŗŗćØćŖć£ćŸć‚øćƒ§ćƒ‹ćƒ¼ćƒ»ć‚·ćƒ­ćƒƒć‚³

ć‚¢ć‚«ćƒ‡ćƒŸćƒ¼č³ž

Winnerļ¼šå—č³žļ¼š
NonećŖ恗
Best Picture Nomineesļ¼šä½œå“č³žćƒŽćƒŸćƒćƒ¼ćƒˆļ¼š
Alberto Grimaldić‚¢ćƒ«ćƒ™ćƒ«ćƒˆćƒ»ć‚°ćƒŖćƒžćƒ«ćƒ‡ć‚£
Harvey Weinsteinćƒćƒ¼ćƒ“ć‚§ć‚¤ćƒ»ćƒÆć‚¤ćƒ³ć‚·ćƒ„ć‚æć‚¤ćƒ³
Best Director Nomineeļ¼šē›£ē£č³žćƒŽćƒŸćƒćƒ¼ćƒˆļ¼š
Martin Scorsesećƒžćƒ¼ćƒ†ć‚£ćƒ³ćƒ»ć‚¹ć‚³ć‚»ćƒƒć‚·
Best Actor in a Leading Role Nomineeļ¼šäø»ę¼”ē”·å„Ŗč³žćƒŽćƒŸćƒćƒ¼ćƒˆļ¼š
Daniel Day-Lewis惀惋ć‚Øćƒ«ćƒ»ćƒ‡ć‚¤ļ¼ćƒ«ć‚¤ć‚¹
Best Original Screenplay Nomineesļ¼šč„šęœ¬č³žćƒŽćƒŸćƒćƒ¼ćƒˆļ¼š
Jay Cocksć‚øć‚§ć‚¤ćƒ»ć‚³ćƒƒć‚Æć‚¹
Steven Zaillianć‚¹ćƒ†ć‚£ćƒ¼ćƒ“ćƒ³ćƒ»ć‚¶ć‚¤ćƒŖć‚¢ćƒ³
Kenneth Lonerganć‚±ćƒć‚¹ćƒ»ćƒ­ćƒŠć‚¬ćƒ³
Best Cinematography Nomineeļ¼šę’®å½±č³žćƒŽćƒŸćƒćƒ¼ćƒˆļ¼š
Michael BallhausćƒŸćƒ’ćƒ£ć‚Øćƒ«ćƒ»ćƒćƒ«ćƒć‚¦ć‚¹
Best Art Direction Nomineesļ¼šē¾Žč”“č³žćƒŽćƒŸćƒćƒ¼ćƒˆļ¼š
Art Direction: Dante Ferretti(ē¾Žč”“ē›£ē£)ćƒ€ćƒ³ćƒ†ćƒ»ćƒ•ć‚§ćƒ¬ćƒƒćƒ†ć‚£
Set Decoration: Francesca Lo Schiavo(č£…ē½®)ćƒ•ćƒ©ćƒ³ćƒć‚§ć‚¹ć‚«ćƒ»ćƒ­ćƒ»ć‚¹ć‚­ćƒ£ćƒ¼ćƒ“ć‚©
Best Costume Design Nomineeļ¼šč”£č£…ćƒ‡ć‚¶ć‚¤ćƒ³č³žćƒŽćƒŸćƒćƒ¼ćƒˆļ¼š
Sandy Powellć‚µćƒ³ćƒ‡ć‚£ćƒ»ćƒ‘ć‚¦ć‚Ø惫
Best Film Editing Nomineeļ¼šē·Øé›†č³žćƒŽćƒŸćƒćƒ¼ćƒˆļ¼š
Thelma Schoonmakerć‚»ćƒ«ćƒžćƒ»ć‚¹ć‚Æćƒ¼ćƒ³ćƒ”ć‚¤ć‚«ćƒ¼
Best Sound Mixing Nomineesļ¼šéŒ²éŸ³č³žćƒŽćƒŸćƒćƒ¼ćƒˆļ¼š
Tom Fleischmanćƒˆćƒ ćƒ»ćƒ•ćƒ¬ć‚¤ć‚·ćƒ„ćƒžćƒ³
Eugene Geartyćƒ¦ćƒ¼ć‚øćƒ³ćƒ»ć‚¬ćƒ¼ćƒ†ć‚£
Ivan Sharrockć‚¢ć‚¤ćƒ“ć‚”ćƒ³ćƒ»ć‚·ćƒ£ćƒ¼ćƒ­ćƒƒć‚Æ
Best Original Song("The Hands That Built America") Nomineesļ¼šę­Œę›²č³ž("The Hands That Built America")ćƒŽćƒŸćƒćƒ¼ćƒˆļ¼š
Bono惜惎
The EdgeThe Edge
Adam Claytonć‚¢ćƒ€ćƒ ćƒ»ć‚Æćƒ¬ć‚¤ćƒˆćƒ³
Larry Mullen惩ćƒŖćƒ¼ćƒ»ćƒžćƒ¬ćƒ³ćƒ»ć‚øćƒ„ćƒ‹ć‚¢(惩ćƒŖćƒ¼ćƒ»ćƒžćƒ¬ćƒ³)

ć‚¹ć‚æ惃惕(č£½ä½œļ½„ē›£ē£ļ½„č„šęœ¬ļ½„ę’®å½±ļ½„éŸ³ę„½)

Producersļ¼šč£½ä½œļ¼š
Alberto Grimaldić‚¢ćƒ«ćƒ™ćƒ«ćƒˆćƒ»ć‚°ćƒŖćƒžćƒ«ćƒ‡ć‚£
Harvey Weinsteinćƒćƒ¼ćƒ“ć‚§ć‚¤ćƒ»ćƒÆć‚¤ćƒ³ć‚¹ć‚æć‚¤ćƒ³
Directorļ¼šē›£ē£ļ¼š
Martin Scorsesećƒžćƒ¼ćƒ†ć‚£ćƒ³ćƒ»ć‚¹ć‚³ć‚»ćƒƒć‚·
Writersļ¼šč„šęœ¬ļ¼š
Jay Cocksć‚øć‚§ć‚¤ćƒ»ć‚³ćƒƒć‚Æć‚¹
Steven Zaillianć‚¹ćƒ†ć‚£ćƒ¼ćƒ“ćƒ³ćƒ»ć‚¶ć‚¤ćƒŖć‚¢ćƒ³
Kenneth Lonerganć‚±ćƒć‚¹ćƒ»ćƒ­ćƒŠć‚¬ćƒ³
Cinematographerļ¼šę’®å½±ļ¼š
Michael BallhausćƒŸćƒ’ćƒ£ć‚Øćƒ«ćƒ»ćƒćƒ«ćƒć‚¦ć‚¹
Original Musicļ¼šéŸ³ę„½ļ¼š
Howard Shore惏ćƒÆćƒ¼ćƒ‰ćƒ»ć‚·ćƒ§ć‚¢

ć‚­ćƒ£ć‚¹ćƒˆļ½„å‡ŗę¼”č€…

Castļ¼šć‚­ćƒ£ć‚¹ćƒˆļ¼šå½¹åļ¼š
Leonardo DiCaprio惬ć‚ŖćƒŠćƒ«ćƒ‰ćƒ»ćƒ‡ć‚£ć‚«ćƒ—ćƒŖć‚Ŗēˆ¶ć‚’ę®ŗ恕悌恟ē§»ę°‘ć‚¢ćƒ ć‚¹ćƒ†ćƒ«ćƒ€ćƒ ćƒ»ćƒ“ć‚”ćƒ­ćƒ³
Daniel Day-Lewis惀惋ć‚Øćƒ«ćƒ»ćƒ‡ć‚¤ļ¼ćƒ«ć‚¤ć‚¹ć‚®ćƒ£ćƒ³ć‚°å›£ćƒć‚¤ćƒ†ć‚£ćƒ“ć‚ŗ恮ćƒŖćƒ¼ćƒ€ćƒ¼ć€ć‚¦ć‚£ćƒŖć‚¢ćƒ ćƒ»ā€œćƒ“ćƒ«ćƒ»ć‚¶ćƒ»ćƒ–ćƒƒćƒćƒ£ćƒ¼ā€ćƒ»ć‚«ćƒƒćƒ†ć‚£ćƒ³ć‚°
Cameron Diazć‚­ćƒ£ćƒ”ćƒ­ćƒ³ćƒ»ćƒ‡ć‚£ć‚¢ć‚¹ć‚¶ćƒ»ćƒ–ćƒƒćƒćƒ£ćƒ¼ćŠęŠ±ćˆć®å„³ć‚¹ćƒŖåø«ć‚øć‚§ćƒ‹ćƒ¼ćƒ»ć‚Øćƒ“ć‚”ćƒ‡ć‚£ćƒ¼ćƒ³
Jim Broadbentć‚øćƒ ćƒ»ćƒ–ćƒ­ćƒ¼ćƒ‰ćƒ™ćƒ³ćƒˆć‚¦ć‚£ćƒŖć‚¢ćƒ ćƒ»ā€œćƒœć‚¹ā€ćƒ»ćƒˆć‚„ć‚¤ćƒ¼ćƒ‰
John C. Reillyć‚øćƒ§ćƒ³ćƒ»Cćƒ»ćƒ©ć‚¤ćƒŖćƒ¼ć‚®ćƒ£ćƒ³ć‚°å›£ćƒ‡ćƒƒćƒ‰ćƒ»ćƒ©ćƒ“ćƒƒćƒ„ć®äø€å“”ć ć£ćŸćŒč­¦å®˜ć«ćŖć£ćŸćƒćƒƒćƒ”ćƒ¼ćƒ»ć‚øćƒ£ćƒƒć‚Æćƒ»ćƒžćƒ«ćƒ©ćƒ‹ćƒ¼
Henry Thomasćƒ˜ćƒ³ćƒŖćƒ¼ćƒ»ćƒˆćƒ¼ćƒžć‚¹ćƒ‹ćƒ„ćƒ¼ćƒØćƒ¼ć‚Æć«ę„ćŸć‚¢ćƒ ć‚¹ćƒ†ćƒ«ćƒ€ćƒ ć®å‹äŗŗćØćŖć£ćŸć‚øćƒ§ćƒ‹ćƒ¼ćƒ»ć‚·ćƒ­ćƒƒć‚³
Brendan Gleesonćƒ–ćƒ¬ćƒ³ćƒ€ćƒ³ćƒ»ć‚°ćƒŖćƒ¼ć‚½ćƒ³ä½•ć‹ćØć‚¢ćƒ ć‚¹ćƒ†ćƒ«ćƒ€ćƒ ć®ć“ćØć‚’ę°—ć«ć‹ć‘ć‚‹ć‚¦ć‚©ćƒ«ć‚æćƒ¼ćƒ»ā€œćƒ¢ćƒ³ć‚Æā€ćƒ»ćƒžć‚Æć‚®ćƒ³
Gary Lewisć‚²ć‚¤ćƒŖćƒ¼ćƒ»ćƒ«ć‚¤ć‚¹ć‚¢ćƒ ć‚¹ćƒ†ćƒ«ćƒ€ćƒ ćØå–§å˜©ć‚’ć™ć‚‹ć‚¶ćƒ»ćƒ–ćƒƒćƒćƒ£ćƒ¼ć®å“čæ‘ćƒžć‚°ćƒ­ć‚¤ćƒ³
Stephen Grahamć‚¹ćƒ†ć‚£ćƒ¼ćƒ“ćƒ³ćƒ»ć‚°ćƒ©ćƒćƒ ć‚·ćƒ£ćƒ³
Eddie Marsanć‚Øćƒ‡ć‚£ćƒ»ćƒžćƒ¼ć‚µćƒ³ć‚­ćƒ­ćƒ©ćƒ³
Alec McCowenć‚¢ćƒ¬ćƒƒć‚Æćƒ»ćƒžćƒƒć‚³ćƒ¼ć‚¦ć‚§ćƒ³ćƒ­ćƒ¼ćƒŖćƒ¼ē‰§åø«
David Hemmingsćƒ‡ćƒ“ć‚£ćƒƒćƒ‰ćƒ»ćƒ˜ćƒŸćƒ³ć‚°ć‚¹ć‚·ćƒ£ćƒ¼ćƒžćƒ¼ćƒ›ćƒ¼ćƒ³
Larry Gilliard, Jr.惩ćƒŖćƒ¼ćƒ»ć‚®ćƒŖć‚¢ćƒ¼ćƒ‰ćƒ»Jrć‚øćƒŸćƒ¼ćƒ»ć‚¹ćƒć‚¤ćƒ«ć‚ŗ
Cara Seymourć‚«ćƒ¼ćƒ©ćƒ»ć‚·ćƒ¼ćƒ¢ć‚¢å¤§é…’é£²ćæćƒ˜ćƒ«ćƒ»ć‚­ćƒ£ćƒƒćƒˆćƒ»ćƒžć‚®ćƒ¼
Roger Ashton-Griffiths惭ć‚øćƒ£ćƒ¼ćƒ»ć‚¢ć‚·ćƒ„ćƒˆćƒ³ļ¼ć‚°ćƒŖćƒ•ć‚£ć‚¹P惻Tćƒ»ćƒćƒ¼ćƒŠćƒ 
Peter Hugo Dalyćƒ”ćƒ¼ć‚æćƒ¼ćƒ»ćƒ’ćƒ„ćƒ¼ć‚“ćƒ»ćƒ€ćƒŖćƒ¼ē‰‡ę‰‹ć®ē‰§åø«

ę³Øē›®äæ³å„Ŗ(ć‚«ćƒ”ć‚Ŗå‡ŗę¼”oräø‹ē©ćæę™‚ä»£)

Castļ¼šć‚­ćƒ£ć‚¹ćƒˆļ¼šå½¹åļ¼š
čŖ¬ę˜Žļ¼š
Liam NeesonćƒŖćƒ¼ć‚¢ćƒ ćƒ»ćƒ‹ćƒ¼ć‚½ćƒ³ć‚¢ćƒ ć‚¹ćƒ†ćƒ«ćƒ€ćƒ ć®ēˆ¶č¦Ŗć§ć‚¶ćƒ»ćƒ–ćƒƒćƒćƒ£ćƒ¼ć«ę®ŗć•ć‚ŒćŸćƒ“ć‚”ćƒ­ćƒ³ē„žēˆ¶
ćƒŽćƒ¼ć‚Æ惬ć‚ø惃惈恧ćÆćŖć„ćŒå¤§ććŖę–‡å­—ć§ć‚Æ惬ć‚øćƒƒćƒˆć•ć‚Œć¦ćŖć‹ć£ćŸć®ć§ā€¦
ć€Œć‚®ćƒ£ćƒ³ć‚°ćƒ»ć‚Ŗćƒ–ćƒ»ćƒ‹ćƒ„ćƒ¼ćƒØćƒ¼ć‚Æć€ćƒˆćƒ¬ćƒ¼ćƒ©ćƒ¼
T's Theaterę–°ä½œę˜ ē”»ē“¹ä»‹[恂悉恙恘ļ¼†ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼]
怌å¤Ŗé™½ć®å®¶ć€2020/1/17(金)态TOHOć‚·ćƒćƒžć‚ŗę—„ęÆ”č°·ä»–å…Ø国公開ļ¼ć€€å…¬å¼ć‚µć‚¤ćƒˆONLY
ć€Œć‚­ć‚¹ć‚«ćƒ ļ¼ļ½žCOME ON, KISS ME AGAINļ¼ļ½žć€2020/4/3公開ļ¼ć€€å…¬å¼ć‚µć‚¤ćƒˆONLY

ć‚¹ćƒˆćƒ¼ćƒŖćƒ¼ļ½„惍ć‚æ惐惬

ć“ć®ę˜ ē”»ć‚’ęœŖč¦‹ć®ę–¹ćøļ¼š[ć‚¹ćƒˆćƒ¼ćƒŖćƒ¼ćÆęœ€ęœŸć¾ć§č”Øē¤ŗć•ć‚Œć¦ć„ć¾ć™]
ć‚¹ćƒˆćƒ¼ćƒŖćƒ¼ć‚’é€”äø­ć¾ć§ć®č”Øē¤ŗć«ć™ć‚‹ć‚¹ćƒˆćƒ¼ćƒŖćƒ¼ć‚’å…Ø恦隠恙

アメリカ、ニューヨーク州ニューヨーク。それは運のある人に微笑み、運の無い人には冷たくあたる街…。ギャング団ネイティヴズ(aka ネイティヴ・アメリカンズ)を率いるウィリアム・“ビル・ザ・ブッチャー”・カッティング。彼らは移民、特にアイルランド移民たちを嫌っていた。方やギャング団デッド・ラビッツを率いるヴァロン神父はアイルランド移民。雌雄を決すべく2つのギャング団は対決。ザ・ブッチャーの手によりヴァロン神父は倒れた。それを見ていた神父の幼い男の子が神父の亡骸を抱いた。時に1948年の出来事であった…。

16年後。

ニューヨークのブラックウェル島にあったヘルゲート少年院で幼き時を過ごしてきた青年アムステルダム。彼はヴァロン神父の忘れ形見である。アムステルダムが久しぶりに街に出ると人々はいきり立っていた、南北戦争の戦禍がこの街にも迫りそうだったのだ。徴兵制を導入した大統領リンカーンに反対する人々も多数いた…。

アムステルダムが廃屋にいるとき2人の青年に襲われた。白人のジョニーと黒人のジミーである。ジョニーはアムステルダムのことを知っていた。ヴァロン神父の死に際してジョニーはアムステルダムの事を助けようとしたのだ。その事を口にするとアムステルダムも思い出した。少年院での身の上を話すアムステルダムと街の有力ギャング団の事を話すジョニーは直ぐに打ち解け友人となった。そんな2人に綺麗な女性ジェニー・エヴァディーンがぶつかってきた。親しげに話すジェニーとジョニー。だがジェニーは女スリ師。ジョニーの時計をスッて逃げていった。これがアムステルダムとジェニーの初対面となった。

この荒んだ住民の心を癒すのは時たま起こる火事であった。住民たちはソレを見ては溜飲を下げるのだがアムステルダムはジョニーと組んで火事場泥棒を行っていた。だが今回は些か上手くは行かずジョニーが焼け死にそうになった。アムステルダムは身の危険を顧みずに助けるのであった。

火事場で盗んだ金品が全て若者たちの取り分になるわけではなかった。ギャング団への上納とかこつけて毟り取る地位のある若者、昔はヴァロン神父のギャング団の一員だった警官のハッピー・ジャック…。

そんなジョニーとアムステルダムが街を仕切るギャング団の一つネイティヴズのリーダー、ザ・ブッチャーの所に上納の為にやって来た。アムステルダムにとっては父の敵、顔を合わせようとしない彼だったがそれを知らないザ・ブッチャーがアムステルダムを近くに寄せた。アムステルダムがジョニーを火事場で助けたところを見ていたザ・ブッチャーは、それで一目置いたのかも知れない。そして2人に検疫されている船に忍び込んで金品を盗むように命じた。

夜。停泊する船に忍び込んだアムステルダム、ジョニー、そして仲間達。だが一足遅くライバルに金品を盗られていて乗員は皆殺しであった。仕方が無く彼らは“死体を売って”稼いでザ・ブッチャーへの金を工面。そしてそれを渡しに言ったのだがザ・ブッチャーの仲間マグロインに難癖付けられ喧嘩になるアムステルダム。その喧嘩に勝ったアムステルダムに更に“惚れる”ザ・ブッチャーは外をアムステルダムと2人で歩くと彼の身の上話を聞くのであった。

徴兵制のことを考えていたアムステルダムが女スリ師ジェニーに街中で会った。警戒するアムステルダムだがジェニーにとってはお茶の子さいさい、くすねた首掛けメダルを持って逃げ去るジェニーをアムステルダムは追いかけた。そしてソレを取り返すとジェニーを散歩に誘ったアムステルダムであった。その時は何もなかったが…。

その後ザ・ブッチャーと歩いているアムステルダムが目を留めた男、それは父ヴァロン神父と共に戦ってくれたモンクだった。微かにモンクの事を覚えているアムステルダム。モンクはというとアムステルダムが少年院から出てから陰ながら気に留めていた…。

力をひけらかそうとするザ・ブッチャー。住民の溜飲を更に下げる為に“重罪人”を作り彼らを処刑させた…。

牧師主催のダンスパーティーが開かれた。そこの“主役”に選ばれたジェニーは来ていたアムステルダムをダンスパートナーに選んだ。彼女に惚れていたジョニーは選ばれることなく…。その後、良い関係になりアムステルダムとジェニーは身体の関係を…それも途中で終わった。ジェニーがザ・ブッチャーとも関係を持っていることを知ったアムステルダムは抱かなかった…。

とある芝居小屋。鑑賞していたザ・ブッチャーが暴漢に狙撃された。一緒にいたアムステルダムが取り押さえた。痛みで怒り狂ったザ・ブッチャーは暴漢を…。そしてアムステルダムに帽子を取り丁寧に礼をするのであった。アムステルダムもまた帽子を取り礼を返した。その後やって来たモンクは、ザ・ブッチャーの手下に成り下がったアムステルダムを問い詰める。“お前の父は頭は悪かったが同胞アイルランド人を思っていた”と…。

ザ・ブッチャーは傷を癒す日々。本当に気に入られたアムステルダムはザ・ブッチャーと共に酒、そして麻薬を楽しんでいた。傷の手当てをする為に来ていた女スリ師ジェニー。成り行きからかそれぞれの思いからか身体を重ねるアムステルダムとジェニー。ソレを見ていたジョニーだった。

ジョニーはその後、ザ・ブッチャーに会いアムステルダムの正体を明かした。“ヴァロン神父の息子、アムステルダム・ヴァロン”だと…。

舞踏会場。ナイフ投げの催しを見せようとするザ・ブッチャーはその相手としてジェニーを指名。彼女目掛けてナイフを投げる。ジェニーは元より客席のアムステルダムは固唾を呑む!無傷ではなかったがその“催し”も終わりザ・ブッチャーが毎年行うライバル、ヴァロン神父の追悼…そこで鬼気迫るアムステルダムはナイフをザ・ブッチャーに向かって投げた!だがザ・ブッチャーはソレを防ぎ逆にアムステルダムの土手っ腹にナイフが突き刺さった!命を狙った見せしめに息絶え絶えのアムステルダムのとどめを刺さなかったザ・ブッチャーだった。

アムステルダムを助けたのはジェニーだった。医者や神父を呼ぶなど必死の看病をした。そして幾分か快方に向かったところアムステルダムをモンクが訪ねた。そしてヴァロン神父の遺品である剃刀を渡すのであった…。

完全に傷の癒えたアムステルダムはまず始めに“死んだウサギ”を皆に分かるように吊した。“デッド・ラビッツ”再興である。ザ・ブッチャーは警官ハッピー・ジャックをアムステルダムの元に差し向けた。だがアムステルダムは逆にハッピー・ジャックをもその意図が分かるように吊した。

その後、友人や過去デッド・ラビッツに関わった人達がアムステルダムの周りに集まり“真に”デッド・ラビッツは再興した。ジョニーはこの時に自身の裏切りをアムステルダムに謝罪するが拒絶される。ジョニーを“使える”と判断したザ・ブッチャーはジョニーを半殺しに…。ジョニーを見つけたアムステルダムは自分の手で拳銃の引き金を引くのであった…。

モンクに言われたとおり頭を使おうとしたアムステルダム。デッド・ラビッツとしての人気が彼にはあるのだ。人気を更なるものにする為に権力が欲しい。アムステルダムはモンクを選挙で推したのだ。アムステルダムの人気により当選するモンクであったが、ソレを良しと思わないザ・ブッチャーの手により倒れるモンクであった。

ēµęœ«ļ½„ćƒ©ć‚¹ćƒˆ

近々、南北戦争への従軍、徴兵が行われようとしている。きっと市民の暴動が起こる。“彼ら”はその暴動に乗じて相対することを決めた。

そして徴兵される人々が選ばれる日。案の定、市民暴動が起こる。政府は武力で鎮圧しようとする。そこにアムステルダム率いるデッド・ラビッツ、ザ・ブッチャー率いるネイティヴズが武器を持ち向かい合った!船からの砲撃があり混乱する場であったがアムステルダムは父ヴァロン神父の敵を討つのであった。

アムステルダムが葬った仲間の墓標を臨む丘から見える景色は、やがて“薔薇色”に…。

ę„Ÿęƒ³ļ½„ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼ć‚’ę›ø恄恦ćæć¾ć›ć‚“ć‹ļ¼ŸęŠ•ēØæćƒ•ć‚©ćƒ¼ćƒ ćÆć‚³ćƒćƒ©[äø‹ć«ć‚ć‚Šć¾ć™]

ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼ļ½„ę„Ÿęƒ³ļ½„č§£čŖ¬ļ½„č©•ä¾”

ć‚¹ćƒˆćƒ¼ćƒŖćƒ¼ļ½„惍ć‚æ惐惬ćÆć‚ÆćƒŖ惃ć‚ÆćƒŸćƒ¼(äøŠéƒØćøē§»å‹•)
ę„Ÿęƒ³ļ½„ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼ć‚’ę›ø恄恦ćæć¾ć›ć‚“ć‹ļ¼ŸęŠ•ēØæćƒ•ć‚©ćƒ¼ćƒ ćÆć‚³ćƒćƒ©[äø‹ć«ć‚ć‚Šć¾ć™]
ć‚®ćƒ£ćƒ³ć‚°ćƒ»ć‚Ŗćƒ–ćƒ»ćƒ‹ćƒ„ćƒ¼ćƒØćƒ¼ć‚Æ
toikunć®č©•ä¾”ļ¼š5/10ā˜…ā˜…ā˜…ā˜…ā˜…ā˜†ā˜†ā˜†ā˜†ā˜†

Herbert Asbury(ハーバード・アズベリー)の同名小説を元にしたクライム・ドラマ。受賞はならなかったがアカデミー賞には作品賞を始め10部門にノミネートするなど高い評価を受けた作品。

メガホンを取るは、その長い経歴の中で度々アカデミー賞にノミネートされながら受賞は「ディパーテッド」での監督賞のみ(2016年1月時点)のマーティン・スコセッシ。ノミネートを全部挙げたらキリがないので止めますが…スコセッシに関して最近レビューしたのは「グリフターズ/詐欺師たち」(製作)、そして自身が出演した問題作(と言ってしまうと更に問題…)「真実の瞬間(とき)」。あの日のアカデミー賞授賞式、もう一度見てみたい。

以下、挙げるべきキャストを…。

・アイルランド移民の子供を演じるのは大スターレオナルド・ディカプリオ「ギルバート・グレイプ」(助演賞)、「アビエイター」(主演賞)、「ブラッド・ダイヤモンド」(主演賞)、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」(作品賞・主演賞)、「レヴェナント:蘇えりし者」(主演賞)でオスカーノミネート。受賞、なりますかね!?「クリッター3」「ザ・ビーチ」「あのころ僕らは」そして実在の詩人を演じた「太陽と月に背いて」など。

・とても特徴的なギャングのボスを演じてアカデミー賞にノミネートしたのはダニエル・デイ=ルイス。「マイ・レフトフット」、「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」、「リンカーン」で史上初めて3度のアカデミー主演男優賞を得た男になった名優。他に「父の祈りを」でもオスカーにノミネートしている。

今作のヒロイン女スリ師を演じるのはキャメロン・ディアス。“コミカルな役ばかり!”等と批判しかしていないようなtoikun。いざ、今作の様なシリアスになったら…だなぁ。ジョニー・デップ主演の「ラスベガスをやっつけろ」はチョイ役だったし、toikunには作品の意図が見えなかった…。「チャーリーズ・エンジェル」「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」は“合っていた”。

・「シカゴ」のオスカーノミニーであり特徴的な“脇役”ジョン・C・ライリーは敵方についた警官役。「デイズ・オブ・サンダー」「ギルバート・グレイプ」など。

・アムステルダムを見守る男にアイリッシュ、ブレンダン・グリーソン。「遙かなる大地へ」「マイケル・コリンズ」「M:I-2」「テイラー・オブ・パナマ」など。

・アムステルダムの友人に「E・T」のヘンリー・トーマス。

・ザ・ブッチャーに気を遣う政治家役に「アイリス」のオスカーウィナー、ジム・ブロードベント。“違う方の”「アベンジャーズ」など。2016年7月に日本公開が予定されるブロードベント出演の「ブルックリン」をT's Theaterでは紹介している。同作は作品賞・主演女優賞・脚色賞の3部門でアカデミーにノミネートした評価が非常に高い作品。ブロードベントは神父役だ。

・そして別にノークレジットじゃあないんだけど大きなクレジットで出なかったので上の方に入れたが、ヴァロン神父を演じるのはアイリッシュ、リーアム・ニーソン。「シンドラーのリスト」のオスカーノミニー。最近はアクションスターですが…監督や演者自身のアイデンティティーを追った名作「マイケル・コリンズ」をレビューしている。

さて。

着想を得てから30年、頑張ったなぁスコセッシ!沢山賞にノミネート・受賞してソレだけで監督冥利に尽きるだろう…って思うけどtoikun的にはイマイチだったなぁ。コスプレもの。最近まで貶してきていたイギリス系コスプレものに興味が遷っているtoikun、でもこの様な“混乱期のギャングもの”、辛かったかも。最近レビューした「王妃マルゴ」なんかは作品として“大河ドラマ”的、良かったんだけど。

オスカーにノミネートしたU2の楽曲“The Hands That Built America”、アンマリだった。これも洋楽に興味の無いtoikunだからか?それでも昨年度のアカデミー賞で「グローリー/明日への行進」の主題歌のパフォーマンスに鳴いたし、作品を鑑賞しても鳴いたんだけど。

toikunの中のディカプリオアレルギーも消えつつありまして偏見無しに今作を見られて良かったがディカ君に関して特筆するべきものはない。挙げるとすればD・D・ルイス、熱演。セリフからして片眼が義眼なんだよねぇ。あまり眼の色なんて気にしないけれども振り返ってみるとソンナ感じ。コンタクト!?

…南北戦争という時代背景があります。ちょっとキモかった「白い肌の異常な夜」でも同時期。舞台舞台はしていませんでしたがぁ。南北戦争と直接は関係ないけど後に「グローリー/明日への行進」「大統領の執事の涙」みたいなのに影響がある…アメリカの“裏側”。

リーアム・ニーソンを引っ張ってきたこと、とても面白く拝見できました☆だって「マイケル・コリンズ」好きなんだもの。同作はアイルランド独立運動を描いた作品でありジャンルは戦争ものであるがジュリア・ロバーツ、故アラン・リックマンが出演するなど“敷居”は低い。是非レンタル屋さんでチェックしよう。なお、リックマンに関しては追悼として、toikunの心の中の名作「愛しい人が眠るまで」の初監督作品「ウィンター・ゲスト」をレビューした。どちらも頗るよろし☆

次はディカ君繋がりで…を見ようか!?

2016/01/30

by .

T's Theaterę–°ä½œę˜ ē”»ē“¹ä»‹[恂悉恙恘ļ¼†ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼]
怌å¤Ŗé™½ć®å®¶ć€2020/1/17(金)态TOHOć‚·ćƒćƒžć‚ŗę—„ęÆ”č°·ä»–å…Ø国公開ļ¼ć€€å…¬å¼ć‚µć‚¤ćƒˆONLY
ć€Œć‚­ć‚¹ć‚«ćƒ ļ¼ļ½žCOME ON, KISS ME AGAINļ¼ļ½žć€2020/4/3公開ļ¼ć€€å…¬å¼ć‚µć‚¤ćƒˆONLY
[ę„Ÿęƒ³ćƒ»ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼]ꊕēØæćƒ•ć‚©ćƒ¼ćƒ 

ć‚¢ćƒŠć‚æć®ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼ćƒ»č©•ä¾”ć‚’č¼‰ć›ć¦ćæ悈恆ļ¼

ćŠåå‰ļ¼š

ćƒ”ćƒ¼ćƒ«ć‚¢ćƒ‰ćƒ¬ć‚¹ļ¼š

ćƒ›ćƒ¼ćƒ ćƒšćƒ¼ć‚øURLļ¼š

č©•ä¾”ć‚’10ē‚¹ęŗ€ē‚¹ć§ćŠčžć‹ć›äø‹ć•ć„怂(åæ…é ˆ)

꘠ē”»ć®ę„Ÿęƒ³ćƒ»ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼ć‚’ćŠčžć‹ć›ćć ć•ć„ć€‚T's Theaterć®ć“ć®ćƒšćƒ¼ć‚øć«ęŽ²č¼‰ć•ć›ć¦é ‚ćć¾ć™ć€‚

ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼ć®č”Øē¤ŗ例

怎꘠ē”»ćƒ•ć‚”ćƒ³ć€ć•ć‚“ć®ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼ćƒ»č©•ä¾”

ꊕēØæꗄꙂļ¼š20??/??/?? 15:59:46

4ē‚¹/10ē‚¹ęŗ€ē‚¹äø­ā˜…ā˜…ā˜…ā˜…ā˜†ā˜†ā˜†ā˜†ā˜†ā˜†

ćƒ›ćƒ¼ćƒ ćƒšćƒ¼ć‚ø

ć‚³ćƒ”ćƒ³ćƒˆļ¼š

(ć‚³ćƒ”ćƒ³ćƒˆć‚’ć©ć†ćžć€‚)

T's Theaterćøć®ćŠå•ć„åˆć‚ć›ćƒ•ć‚©ćƒ¼ćƒ ćÆć‚³ćƒćƒ©(åˆ„ćƒšćƒ¼ć‚øć§é–‹ćć¾ć™)

Googleć‚µć‚¤ćƒˆå†…ę¤œē“¢

公開äŗˆå®šć®ę–°ä½œę˜ ē”»ē“¹ä»‹ć‚ć‚‰ć™ć˜ļ¼†ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼äø€éƒØć€å…¬å¼ć‚µć‚¤ćƒˆē“¹ä»‹ć®ćæ
Amazon PR
ęŗåøÆćÆ恓恔悉恋悉
T's Theater恮QRć‚³ćƒ¼ćƒ‰
꘠ē”»ćƒŖćƒ³ć‚Æ

惈惃惗 > ć‚Øćƒ³ć‚æćƒ¼ćƒ†ć‚¤ćƒ³ćƒ”ćƒ³ćƒˆ > ꘠ē”»ć€ćƒ“ćƒ‡ć‚Ŗ > č©•č«–ć€ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼

IMDb

꘠ē”»ć®ę£®ć¦ć‚“ć“ę£®

ć‚æćƒć®ēøå“

ć“ć‚ę˜ ē”»ē”Ÿę“»

å…ƒę°—ćŒå‡ŗ悋꘠ē”»ćƒ»ćƒ‰ćƒ©ćƒžć®å°‚é–€ć‚µć‚¤ćƒˆā˜†ćƒŖćƒ—ćƒ¬ć‚¤

꘠ē”»é€šäæ”ć‚·ćƒćƒžćƒƒć‚·ćƒ¢

ā˜…前ē”°ęœ‰äø€ć®č¶…ę˜ ē”»ę‰¹č©•ā˜…

ćŠå‹§ć‚ę˜ ē”»ćƒ©ćƒ³ć‚­ćƒ³ć‚°ļ¼†ćƒ‡ćƒ¼ć‚æćƒ™ćƒ¼ć‚¹ć€feeling-e怑

http://blog.livedoor.jp/tomo24sawara/

ćØć‚‚ć”ć‚“ćŒé€šć‚Šć¾ć™ć‚ˆ

閉鎖

ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼ćƒ»ć‚¢ćƒ³ćƒ»ćƒ­ćƒ¼ć‚ŗ

MIHOć‚·ćƒćƒž | ꘠ē”»ćƒć‚æćƒćƒ¬ć‚ć‚‰ć™ć˜ēµęœ«

T's Theater恮ē”»åƒ
T's Theater恮gifć‚¢ćƒ‹ćƒ”
Watch the latest videos on YouTube.com