NAVI × 作品データあらすじ 主要登場人物 アカデミー賞 スタッフ キャスト 詳しいストーリー ストーリーの結末 感想・レビュー 関連作品・関連ページ [感想・レビュー]投稿フォーム このページの一番上へ T's Theaterのメニュー
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES映画の総合情報サイト
456Twitter、フォローお願いします!0 0001
映画『INSIDE MAN』「インサイド・マン」<2006年:アメリカ>

ATTENTION:T's Theaterでは映画作品のあらすじだけでなくストーリーのネタバレ結末まで記載しています。映画レビューはストーリーの下方にあるので映画をご覧になっていない方はお気を付け下さい。

映画「インサイド・マン」あらすじ,ネタバレ,レビュー

作品データ

IMG from Amazon

原題:

INSIDE MAN

邦題:

インサイド・マン

製作年:

2006年

製作国:

アメリカ

上映時間:

ジャンル:

ドラマ 犯罪もの

あらすじ

この映画にはtoikun以外のレビューはまだありません。

レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

詳細作品データ

主要登場人物

    主要登場人物配役(役名俳優)
  • キース・フレイジャー刑事デンゼル・ワシントン
  • 銀行強盗の親玉ダルトン・ラッセルクライヴ・オーウェン
  • マデリーン・ホワイト弁護士ジョディー・フォスター
  • マンハッタン信託銀行創設者アーサー・ケイスクリストファー・プラマー
  • ダリウス警部ウィーレム・デーフォー
  • フレイジャーの相棒のミッチェル刑事キウェテル・イジョフォー

アカデミー賞

受賞:なし

ノミネート:なし

スタッフ(製作・監督・脚本・撮影・音楽)

Producer:Brian Grazer
製作:
Director:Spike Lee
監督:
Writer:Russell Gewirtz
脚本:
Cinematographer:Matthew Libatique
撮影:
Original Music:Terence Blanchard
音楽:

キャスト・出演者

Cast:Denzel Washington,Clive Owen, Jodie Foster, Christopher Plummer, Willem Dafoe, Chiwetel Ejiofor
出演:
T's Theater新作映画紹介[あらすじ&レビュー]
「アフターマス」9月16日、シネマート新宿他、全国ロードショー! 公式サイト
他-3作品の公開前・公開中の新作映画リストを開く

ストーリー・ネタバレ

 アメリカ、ニューヨーク。マンハッタン信託銀行に強盗が押し入った。4~5人の男女で、銃で武装して人質を取り立てこもった。その場所を通りかかった警官の通報で、ダリウス警部率いるニューヨーク市警はすぐさまとおりを封鎖して周りを取り囲んだ。そして交渉人のフレイジャー刑事とミッチェル刑事も現場へと向かった。

 強盗はマスクとサングラスで顔を隠している。そして大勢の人質に下着になるようにと命令し、用意された強盗と同じ服を着るように言い、顔を隠すように言った。これで傍目からは、強盗と人質の区別が付かなくなった。そんな中、銀行の創設者で会長のアーサー・ケイスは、貸金庫に入ったものが人目に触れると立場が危うくなるため、敏腕で知られるマデリーン・ホワイト弁護士に、そうならないように頼んだ。

 強盗はバスやジェット機を用意するように警察に言ってきた。そして人質のための食料も求めてきた。フレイジャーはこれをチャンスと思い、用意した食料に盗聴器を仕込んで中の状況をつかもうとした。しかし強盗はそのことを分かっていて、アルバニアの元大統領の演説を流すなどして捜査を攪乱した。

 犯行が行われている現場に置かれた警察のところに、マデリーンがやってきた。彼女は市長を連れてきて、市長の権限で銀行に入れるようにフレイジャーに言ってきた。時をおいて、フレイジャーがこのことを強盗側に伝えると、強盗もマデリーンを受け入れると言ってきたので、マデリーンは銀行の中に入った。強盗は貸金庫の中の書類をマデリーンに見せて、事前に調べ上げていたアーサーが過去にナチスと組んで利益を上げていたことをマデリーンに言う。マデリーンは投降を呼びかけたが強盗は応じなかった。マデリーンは解放されたが、アーサーのことなどはフレイジャーに言えなかった。

 フレイジャーはバスなどを用意する前に中が見たいと強盗に言い、一人銃を持たずに銀行の中に入った。そして強盗に案内され、だれも殺されてないことを確認する。そして銀行を出ようと言うとき、強盗と格闘するが他の仲間に制止され、フレイジャーは銀行から出てくる。その後、銀行の屋上で人質が射殺されるところを見せられる、フレイジャーら警察達であった。

 警察の上層部が出てきて、交渉の余地はないとフレイジャーに言い、現場の指揮権をダリウス警部に移した。ダリウスは突入の準備を進める。その時にフレイジャーが、強盗が渡してきたものから盗聴器を発見し、突入を止めるようにダリウスに言うが、ダリウスは突入するように言う。

 強盗はそれを聞いて、人質達を外に出した。それに強盗も紛れた。警官達は最初はゴム弾を撃つが、すぐに止めて人質と強盗の区別が付かないために、皆をバスに入れて運び、事情を聞くことになった。また銀行に踏み込んだ警察が発見したのは、強盗が誰も殺していないことと、”記録されたもの”で盗まれたものはなかったということだった。

 強盗かも知れない人質達から事情を聞くフレイジャー達だったが、誰も、誰が犯人かでそうでないかを分かるものはいなかった。そのためフレイジャーもお手上げ、あげく、上の人に事件を葬るように言われる。

 裁判所でフレイジャーはマデリーンを見かける。彼女も事件を忘れるように言った。これ以上、雇い人であるアーサーのことを嗅ぎまわられたくなかったからだ。そしてマデリーンは、アーサーのところに行き、貸金庫の書類は犯人が持っていることを言う。アーサーは自分の悪いことを完全に握りつぶすことは出来なかった。そして貸金庫のダイヤモンドが盗まれたことも言った。

 1週間後の銀行。平和に戻っていた。アーサーの貸金庫が怪しいと睨んだフレイジャーが、裁判所の令状を持ってやってきた。フレイジャーが貸金庫で発見したのはガムとダイヤモンドのリング、そして『ダイヤを追え』と書かれたメモだった。一方の強盗のリーダーのダルトン・ラッセルは、銀行の倉庫に隠れていた。倉庫の奥を二重にして、その隙間に隠れていたのだ。ダルトンが唯一フレイジャー達警察と話したことがあるので、あのときに出て行くわけにはいかなかったのだ。ダルトンは、仲間の待つ車へと乗り込んだ。

結末・ラスト

 フレイジャーはミッチェルと共に、アーサーのところに行き、貸金庫のことを問いただしたが、彼からは何も聞かれなかった。だがフレイジャーは次に、市長とマデリーンが食事しているレストランに行った。そして、”戦争犯罪”に関することをほのめかして家に帰る。そんな彼がスーツの中で見つけたものはダイヤモンドだった。ダルトンと分からず銀行でぶつかった男に入れられたものであった。そして全ての謎が分かるフレイジャーであった。

レビュー・感想・解説・評価

ストーリー・ネタバレはクリックミー(上部へ移動)
レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

 独特の表現で評価されるスパイク・リーが監督した犯罪もの。彼が主演のフレイジャー刑事役に選んだのは、「モ’・ベター・ブルース」や「マルコムX」でも起用したデンゼル・ワシントン。やり手の弁護士という役にはジョディー・フォスターを、そして強盗団のリーダーのダルトンにクライヴ・オーウェン、ナチスと組んだという過去を持つ銀行家に扮するは、脇役でひかるクリストファー・プラマー、フレイジャーとコンビを組むミッチェルにキウェテル・イジョフォー、そしてウィーレム・デーフォーがダリウス警部の役で脇固め。

 なんの前情報もなく見た作品だった。ジャンルさえも知らずに、ただDVDのパッケージのサングラスとマスクをした人たちが気になって借りてみた。その時はワシントンやジョディーらがマスクなどをする、一種のオカルトものを想像していたが、全く違った。ある意味では「交渉人」も連想する内容であるが、ある意味では全く違う。toikunもワシントンと同じく、全く意味・趣旨がつかめなかった。だが、何度と見るうちに理解できてきて今に至る。

 この映画は、悪い過去を持つ銀行家の過去を知る強盗団が、銀行家の過去と共にダイヤを盗んだ。

 toikunは上のように理解した。違うという意見があったら教えて欲しいが、非常に難解な映画だと思う。これは分からない人も結構いたのでは?その意味では1回見てスッキリはしない。その点で点数は低い。

 あとは、ジョディーが勿体なかった気がした。もうちょっと彼女を描いて、フォーカスをあてればいいと、ファンとして思った。プラマーは、渋くて巧い。

 内容で一言もの申したいのは、警察はそう簡単にまかれるものではないのではないかということだ。普通に考えたら、容疑者を逃すまいと、ダルトンが乗り込む車を張り込みぐらいしていそうだが。言うだけ野暮か…。

 久しぶりに「Go ahead ! Make my day !(やれるものならやってみなくらいの意味)」を聞いた。劇中にも引用される「ダーティハリー」、ハリー・キャラハンの映画史に残る台詞である。監督やるね。

 同じHT(ホステージ・テイク)シチュエイションだからといって、「交渉人」のようなものを期待すると泣きを見る。だが興味しろい。

 覚え書き。この作品のキャストは、オープニングロールとエンドロールで出ている順・数が違っていて、ここではオープニングロールを用いている。

by .

レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

T's Theater新作映画紹介[あらすじ&レビュー]
「アフターマス」9月16日、シネマート新宿他、全国ロードショー! 公式サイト
[感想・レビュー]投稿フォーム

アナタのレビュー・評価を載せてみよう!

お名前:

メールアドレス:

ホームページURL:

評価を10点満点でお聞かせ下さい。(必須)

10点  
9点  
8点  
7点  
6点

5点  
4点  
3点  
2点  
1点

映画の感想・レビューをお聞かせください。T's Theaterのこのページに掲載させて頂きます。

レビューの表示例

『映画ファン』さんのレビュー・評価

投稿日時:20??/??/?? 15:59:46

4点/10点満点中★★★★☆☆☆☆☆☆

ホームページ

コメント:

(コメントをどうぞ。)

T's Theaterへのお問い合わせフォームはコチラ(別ページで開きます)

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

http://blog.livedoor.jp/tomo24sawara/

ともちんが通りますよ

削除されました(泣)

レビュー・アン・ローズ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com