NAVI × 作品データあらすじ アカデミー賞 スタッフ キャスト 詳しいストーリー 感想・レビュー 関連作品・関連ページ アンケート このページの一番上へ T's Theaterのメニュー
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES映画の総合情報サイト
418Twitter、フォローお願いします!0 0001
映画『Much Ado About Nothing』「から騒ぎ」<1993年:イギリス,アメリカ>

ATTENTION:T's Theaterでは映画作品のあらすじだけでなくストーリーのネタバレ結末まで記載しています。映画レビューはストーリーの下方にあるので映画をご覧になっていない方はお気を付け下さい。

映画「から騒ぎ」あらすじ,ネタバレ,レビュー

作品データ

IMG from Amazon

原題:

Much Ado About Nothing

邦題:

から騒ぎ

製作年:

1993年

製作国:

イギリス アメリカ

上映時間:

ジャンル:

ロマンス コメディ

あらすじ

この映画にはtoikun以外のレビューはまだありません。

詳細作品データ

アカデミー賞

受賞:なし

ノミネート:なし

スタッフ(製作・監督・脚本・撮影・音楽)

Producer:Stephen Evans, David Parfitt, Kenneth Branagh
製作:
Director:Kenneth Branagh
監督:
脚本:
Cinematographer:Roger Lanser
撮影:
Original Music:Patrick Doyle
音楽:

キャスト・出演者

Cast:Kenneth Branagh,Richard Briers, Michael Keaton, Robert Sean Leonard,Keanu Reeves,Ema Thompson,Denzel Washington,Kate Beckinsale, Brian Blessed, Richard Clifford, Ben Elton, Gerard Horan, Phyllida Law,Imelda Staunton, Jimmy Yuill
出演:
T's Theater新作映画紹介[あらすじ&レビュー]
他4作品の公開前・公開中の新作映画リストを開く

ストーリー・ネタバレ

 アラゴン大公ドン・ペドロがクローディオ、ベネディック、そして異母弟のドン・ジョンら仲間を連れてメシーナの街にやってきた。この街を治めるレオナートや他の人たちも武に優れ紳士的な彼らを歓迎した。だが、レオナートの姪のベアトリスは昔なじみのベネディックとは悪口の言い合い、お互いけなしまくっていた。クローディオはレオナートの娘ヒーローに一目惚れをする。大公はそれを応援して2人は結婚をすることになる。また、大公やクローディオは”結婚しない宣言”をしているベネディックをベアトリスとくっつけることを考えて、”企む”。そして、悪口を言っていた中でも相手が自分を好きだと聞くとまんざらでもなく、お互いに態度はよそよそしいながらも愛するようになっていく。

 クローディオとヒーローの結婚が近付くなか、根っからの悪人であるドン・ジョンは結婚を破断させようと企む。部下のボラチオにヒーローの侍女と、ヒーローの部屋で情事をする事を命令し、それと大公とクローディオに見せて、侍女とヒーローと勘違いさせた。誤解して怒った大公とクローディオは、結婚式の当日にヒーローに暴言を吐き、身の覚えのないことに失意のまま気絶してしまう。大公とクローディオはその場を去る。レオナートまでが娘の不貞を責めるが、ヒーローを信じるベアトリスやベネディックは、ヒーローを死んだことにして何か彼女の疑いを晴らそうと考える。

 ある時、夜警がボラチオが”企て”の話をしているところを逮捕した。そして、その男の話をレオナートや大公に伝えて全てはドン・ジョンが仕掛けたものだと知る。彼はすでに逃げたあとだった。

 ヒーローは死んでいることを知らされていない大公とクローディオ。クローディオは真相を知って自分が彼女を死に追いやったと打ちひしがれる。レオナートは弟の娘と結婚するならその罪を許すと彼に言う。そして結婚式当日。クローディオの前に現れたのは死んだと思っていたヒーロー。大喜びの彼は再び彼女に愛を誓う。そして、まんまとみんなの企みにはまった2人は”嫌々”と言う心にもないふりをしながらも、愛を誓うあうのだった。逃げたドン・ジョンも捕まってた。全ての人たちは宴を楽しむのだった。

レビュー・感想・解説・評価

ストーリー・ネタバレはクリックミー(上部へ移動)
レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

 ウィリアム・シェークスピア名喜劇をオールスターキャストの元にケネス・ブラナーが演出した作品。彼は主演のベネディックを演じ、当時奥さんだったエマ・トンプスンがベアトリス、クローディオをロバート・ショーン・レナード、大公をデンゼル・ワシントン、悪人ドン・ジョンをキアヌー・リーヴズが演じる。また夜警としてマイケル・キートンも出ている。

 天才ケネス・ブラナーがこの喜劇を見事に魅せてくれている。演出、演技ともに抜群、ドン・ジョンの企みの所以外はほとんど全編がホンワカで心が和み顔がゆるむ。特に大公達がベネディックとベアトリスを恋に落とさせるところは大いにおもしろく、素晴らしい。また、2人の悪口の言い合いなんかもとてもおもしろい。

 リーヴズはこの演技でラジー賞にノミネート。うーんそうかなぁ?かっこいいんだけどなぁ。

by .

[感想・レビュー]投稿フォーム

アナタのレビュー・評価を載せてみよう!

お名前:

メールアドレス:

ホームページURL:

評価を10点満点でお聞かせ下さい。(必須)

10点  
9点  
8点  
7点  
6点

5点  
4点  
3点  
2点  
1点

映画の感想・レビューをお聞かせください。T's Theaterのこのページに掲載させて頂きます。

レビューの表示例

『映画ファン』さんのレビュー・評価

投稿日時:20??/??/?? 15:59:46

4点/10点満点中★★★★☆☆☆☆☆☆

ホームページ

コメント:

(コメントをどうぞ。)

T's Theaterへのお問い合わせフォームはコチラ(別ページで開きます)

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

ともちんが通りますよ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com