NAVI × 作品データあらすじ アカデミー賞 スタッフ キャスト 詳しいストーリー 感想・レビュー 関連作品・関連ページ アンケート このページの一番上へ T's Theaterのメニュー
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES映画の総合情報サイト
410Twitter、フォローお願いします!0 0001
映画『SHATTERED』「プラスティック・ナイトメア 仮面の情事」<1991年:アメリカ>

ATTENTION:T's Theaterでは映画作品のあらすじだけでなくストーリーのネタバレ結末まで記載しています。映画レビューはストーリーの下方にあるので映画をご覧になっていない方はお気を付け下さい。

映画「プラスティック・ナイトメア 仮面の情事」あらすじ,ネタバレ,レビュー

作品データ

IMG from Amazon

原題:

SHATTERED

邦題:

プラスティック・ナイトメア 仮面の情事

製作年:

1991年

製作国:

アメリカ

上映時間:

ジャンル:

サスペンス スリラー

あらすじ

この映画にはtoikun以外のレビューはまだありません。

詳細作品データ

アカデミー賞

受賞:なし

ノミネート:なし

スタッフ(製作・監督・脚本・撮影・音楽)

Producer:Wolfgang Petersen, John Davis, David Korda
製作:
Director:Wolfgang Petersen
監督:
Writer:Wolfgang Petersen
脚本:
Cinematographer:Laszlo Kovacs
撮影:
Original Music:Alan Silvestri
音楽:

キャスト・出演者

Cast:Tom Berenger, Bob Hoskins, Greta Scacchi, Joanne Whalley-Kilmer, Corbin Bernsen
出演:
T's Theater新作映画紹介[あらすじ&レビュー]
「フレンチ・ラン」3月4日より渋谷シネパレス他、全国順次ロードショー! 公式サイト
他4作品の公開前・公開中の新作映画リストを開く

ストーリー・ネタバレ

 崖からの車の転落事故で社外に放り出され奇跡的に擦り傷ですんだジュディス。同情していた夫のダンは顔がひどく傷ついていて記憶がなかった。彼をジュディスは献身的に介護して、顔も整形手術をして元に戻した。退院して家に戻ったダンだが精神的不安を抱えていた。そんな彼が家で妻と見知らぬ男の情事を撮ったネガを発見しショックを受ける。その夜、ジュディスと一緒にダンは事業の共同経営者で友人のジェフと彼の妻のジェニーの家に招かれる。昔の記憶がないダンは、ジェフに自分たちの結婚生活は巧くいっていたのかと訪ねる。しかしどうも巧くいってなく、離婚したいと言っていたそうだ。ダンはその話の後ジェニーと話すが、彼女から思いがけない話を聞く。ジャック・スタントンという男性とジュディスがホテルで何度も密会していたというのだ。しかも、崖からの転落事故は、事故ではなくジュディスが仕掛けた罠ではないかと告げる。

 会社に行ったダンは手帳からガス・クラインの名前を見つけて彼のペットショップを訪れる。クラインは私立探偵もやっていて、事故前のダンが、クラインにジャック・スタントンについて尾行するように頼んだそうだ。あのネガはその時のものだった。妻が事故を仕組んだのではと疑い始めたダンはそのことを話すが、クラインは考えすぎだと言われる。過去はどうであろうと今は好きあっているのだからと。

 次の日、クラインは考え直してダンを訪ねてくるが、ダンはやっぱりどうでも良いと思っていた。しかし自分が入院しているときに自分のオフィスから発進されたFAXから、スタントンが計画殺人を考えたとクラインは言う。

 ある日、スタントンからジュディスに電報が来た事を知ったダンは、ジュディスを追って廃船に行く。そこはひどい悪臭ですごかった。次の日、スタントンがジュディスに宛てた電報について聞く。また、ダンの会社は廃船をアメリカ領海の外に捨てようと考えていたらしいが、環境のことを考えてダンは処分を延期するようにする。ジェニーが訪ねてきて、自分の身が危ないと警告してきた。その後、ダンの手相を何気なく見たジェニーは何か驚いて立ち去る。

 その後、クラインに呼び出されたダン。スタントンとジュディスがホテルで会うらしい。そこに張り込んだダン達。ジュディスの乗った車が到着し、程なくスタントンの車も着く。が、彼はすぐ去ってしまう。それを追ったダンとクラインだが、森の中で銃撃されスタントンにはめられる。助かるが彼には逃げられる。

 のち家で彼女から衝撃の事実を告げられる。ダンがスタントンを殺してしまって、スタントンの死体を捨てる時に事故にあったのだと。スタントンが生きていることを偽装するために、彼女がスタントンが生きているように一人で芝居をしていたが、探偵を雇いよけいなことをしてきたために警告のために撃ったのだと。死体はあの廃船にあるそうだ。このままでは知りすぎたクラインが、事の真相にたどり着いて自分たちの身を脅かすと、ジュディスは街を出ようとダンに言う。ジュディスは”工作”の為に出かける。ダンにジェニーからすぐに来て欲しいと電話がある。言われたとおり彼女の家を訪れるが、彼女は死んでいた。そこにクラインがやってくる。事の真相をかぎつけたのだ。スタントン殺しがダンだと疑っている。だが最後に廃船に行かせてくれとクラインに頼む。

 その後、ダンはクラインと一緒に廃船に行く。そして死体を引き上げると、なんとその死体の顔はダンだった。そう、実は死んだのはダンであって今のダンはスタントンだったのだ。顔が滅茶苦茶になったために誰か分からなくなったスタントンの顔を記憶喪失を良いことにジュディスがダンの顔に整形したのだ。過去を思い出そうとするスタントン。ダンを殺したのはジュディスで、やってきたスタントンは警察を呼ぼうと言うが、刑務所がイヤだとジュディスは殺人を隠そうとした。で、死体を廃船に運んで逃げようとした矢先に事故にあったのだ。

 全てを思い出したそこにジュディスがやってきて、クラインを撃つ。そして一緒に逃げようとスタントンに言う。彼はクラインを助けようとした。だが、もう自分のみの保身しか考えないジュディスは強引にスタントンを連れ出す。ダンが本物のダンではないと感づいたジェニーも自分が殺したのだと告げる。車を走らせるジュディス。2人の乗った車を沿岸警備隊のヘリが追跡をしてきた。もう逃げ切れないと悟ったジュディスは愛するスタントンと崖から落ちて死のうと考える。だが、スタントンは辛くも車から脱出して彼女だけが死んだのだった。

 ヘリにはクラインが乗っていた。彼は無事だったのだ。クラインはスタントンの悲劇を嘆いたのだろうか、彼をダンと呼んで、このままダンとして生きていけばと思うのだった。

レビュー・感想・解説・評価

ストーリー・ネタバレはクリックミー(上部へ移動)
レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

 Richard Neelyの小説「The Plastic Nightmare」を元に、監督のヴォルフガング・ピーターゼン自身が脚本をかいたサスペンス・スリラー。主な出演者ダン役にトム・ベレンジャー、妻のジュディスにグレタ・スカッキ、探偵クラインにボッブ・ホスキンズ、友人ジェニー役にジョアン・ホエリー。

 これは展開が本当に読めないサスペンスだ。まさか、記憶喪失を良いことに他の人物になっていたなんて。これはちょっとかなりビックリだった。なんでもありのアクション映画ならまだしも、ちょっと強引で納得できないところもある。例え顔が同じでも、声とか体格とか違うんだから普通気づけよ!って感じだし、あそこまでそっくりに整形できるんか?って感じ。そういう点をぬかせばビックリドッキリの映画だ。

 「shattered」は粉々に砕けたの意。その原題のとおり、映画の中で鏡の様なものが割れるシーンがでてくるのだ。

by .

[感想・レビュー]投稿フォーム

アナタのレビュー・評価を載せてみよう!

お名前:

メールアドレス:

ホームページURL:

評価を10点満点でお聞かせ下さい。(必須)

10点  
9点  
8点  
7点  
6点

5点  
4点  
3点  
2点  
1点

映画の感想・レビューをお聞かせください。T's Theaterのこのページに掲載させて頂きます。

レビューの表示例

『映画ファン』さんのレビュー・評価

投稿日時:20??/??/?? 15:59:46

4点/10点満点中★★★★☆☆☆☆☆☆

ホームページ

コメント:

(コメントをどうぞ。)

T's Theaterへのお問い合わせフォームはコチラ(別ページで開きます)

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

ともちんが通りますよ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com