NAVI × 作品データあらすじ アカデミー賞 スタッフ キャスト 詳しいストーリー 感想・レビュー 関連作品・関連ページ アンケート このページの一番上へ T's Theaterのメニュー
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES映画の総合情報サイト
433Twitter、フォローお願いします!0 0001
映画『WILLIAM SHAKESPEARE'S HAMLET』「ハムレット」<1996年:イギリス,アメリカ>

ATTENTION:T's Theaterでは映画作品のあらすじだけでなくストーリーのネタバレ結末まで記載しています。映画レビューはストーリーの下方にあるので映画をご覧になっていない方はお気を付け下さい。

映画「ハムレット」(1996)あらすじ,ネタバレ,レビュー

作品データ

IMG from Amazon

原題:

WILLIAM SHAKESPEARE'S HAMLET

邦題:

ハムレット

製作年:

1996年

製作国:

イギリス アメリカ

上映時間:

ジャンル:

ドラマ 犯罪もの スリラー

あらすじ

この映画にはtoikun以外のレビューはまだありません。

詳細作品データ

アカデミー賞

受賞:なし

脚色賞ノミネート: Kenneth Branagh

美術賞(美術監督・装置)ノミネート: Tim Harvey

衣装デザイン賞ノミネート: Alexandra Byrne

オリジナル作曲賞(ドラマ部門)ノミネート: Patrick Doyle

スタッフ(製作・監督・脚本・撮影・音楽)

Producer:David Barron
製作:
Director:Kenneth Branagh
監督:
脚本:
Cinematographer:Alex Thomson
撮影:
Original Music:Patrick Doyle
音楽:

キャスト・出演者

Cast:Riz Abbasi, Richard Attenborough, David Blair, Brian Blessed,Kenneth Branagh,Richard Briers, Michael Bryant, Peter Bygott, Julie Christie, Billy Crystal, Charles Daish,Judi Dench, Gerard Depardieu, Reece dinsdale, Ken Dodd, Angela Douglas, Rob Edwards,Nicholas Farrell, Ray Fearon, Yvonne gidden, John Gielgud, Rosemary Harris, Charlton Heston,Ravil Issyanov, Derek Jacobi, Rowena King, Jeffery Kissoon, Sarah Lam, Jack Lemmon, Ian McElhinney,Michael Maloney, Duke of Marlborough, John Mills, Jimi Mistry, Sian Radinger, Melanie Ramsey,Simon Russell Beale, Andrew Schofield, Rufus Sewell, Timothy Spall, Tom Szekeres, Ben Thom,Don Warrington, Perdita Weeks,Robin Williams,Kate Winslet, David Yip
出演:
T's Theater新作映画紹介[あらすじ&レビュー]
他4作品の公開前・公開中の新作映画リストを開く

ストーリー・ネタバレ

 デンマーク王国では、勇猛な亡き国王の弟クローディアスが王となり、前国王の未亡人のガートルードと結婚した。そのことについて前王の王子ハムレットは良く思っていなかった。そのハムレットの前に亡き王の亡霊が現れて、クローディアスに毒殺されたと告げ、復讐して欲しいという。ハムレットは怒りに燃え、狂ったふりをするが親友のホレーシオにだけは心境をうち明ける。確信をつかむために旅一座に殺しのシーンを演じさせて国王の表情を見たハムレット。明らかに動揺している。復讐を誓うハムレット。愛を誓っていたオフィーリアにも冷たくしてしまうのだ。そして、王の腹心であるオフィーリアの父ポローニアスを殺してしまう。ハムレットの本心に気づいたクローディアスは罰としてハムレットをイギリスに追いやった。オフィーリアは父の死で狂い、川に落ちて溺死してしまう。彼女の兄で、剣豪のレアティーズは父と妹の死に打ち震える。

 イギリスに追いやられたと思われたハムレットだがデンマークに帰ってきた。実は王はイギリスでハムレットを殺してしまおうと考えていたのだったが、無事彼は帰ってきた。王は今度は怒れるレアティーズをけしかけ、剣の試合で毒を塗った剣でハムレットを殺そうとたくらむ。狡猾な彼はそれだけではなく、毒入りの酒まで用意する。

 そして、なにも知らないハムレットはレアティーズとの試合を受ける。レアティーズの剣にはかすっただけで死んでしまう毒薬が塗られていた。ハムレットの優勢に試合は進むが、剣は彼にかすった。だが、ハムレットは彼の剣を奪い、その剣で彼に傷を負わせる。レアティーズは我に返り、王の悪事を暴露しながら死んでいく。そして、誤って毒の酒を飲んでしまったガートルードも息を引き取る。毒の回ったハムレットはクローディアスを殺して父の敵をとった。悲劇のデンマーク。そこへ乗り込んできたフォーティンブラス率いるノルウェー軍はデンマークを乗っ取ったのだった。

レビュー・感想・解説・評価

ストーリー・ネタバレはクリックミー(上部へ移動)
レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

 ウィリアム・シェークスピアの四大悲劇と言われる「ハムレット」の映画化。シェークスピア劇の天才と呼ばれるケネス・ブラナーがハムレットを演じ、監督をする四時間三分に及ぶ大作だ。

 なんと言ってもワンカットワンカットがとても長いということ。ただでさえセリフが多いので、すごい労力だったろうと思ってしまう。また、ブラナーの狂ったふりの演技も助けて、まるで舞台を見ているように錯覚してしまう場面もあった。コスプレものはけっこう入り込めない場合が多いけど、これは衛兵の一人としてあたかもその場にいるように引き込まれる。これも監督としてのブラナーのすごさを物語っているのではないか。ホントすっごい人だなぁって思った。

 スターと呼ばれる人もけっこう顔を出していて、その点でも楽しめると思う。

 だれかスペルのaの上についてる人がいた。

by .

[感想・レビュー]投稿フォーム

アナタのレビュー・評価を載せてみよう!

お名前:

メールアドレス:

ホームページURL:

評価を10点満点でお聞かせ下さい。(必須)

10点  
9点  
8点  
7点  
6点

5点  
4点  
3点  
2点  
1点

映画の感想・レビューをお聞かせください。T's Theaterのこのページに掲載させて頂きます。

レビューの表示例

『映画ファン』さんのレビュー・評価

投稿日時:20??/??/?? 15:59:46

4点/10点満点中★★★★☆☆☆☆☆☆

ホームページ

コメント:

(コメントをどうぞ。)

T's Theaterへのお問い合わせフォームはコチラ(別ページで開きます)

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

ともちんが通りますよ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com