NAVI × 作品データあらすじ 主要登場人物 アカデミー賞 スタッフ キャスト 詳しいストーリー ストーリーの結末 感想・レビュー 関連作品・関連ページ [感想・レビュー]投稿フォーム このページの一番上へ T's Theaterのメニュー
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES映画の総合情報サイト
410Twitter、フォローお願いします!0 0001
映画『IDENTITY』「アイデンティティー」<2003年:アメリカ>

ATTENTION:T's Theaterでは映画作品のあらすじだけでなくストーリーのネタバレ結末まで記載しています。映画レビューはストーリーの下方にあるので映画をご覧になっていない方はお気を付け下さい。

映画「アイデンティティー」あらすじ,ネタバレ,レビュー

作品データ

IMG from Amazon

原題:

IDENTITY

邦題:

アイデンティティー

製作年:

2003年

製作国:

アメリカ

上映時間:

ジャンル:

ミステリー スリラー ホラー

あらすじ

この映画にはtoikun以外のレビューはまだありません。

詳細作品データ

主要登場人物

    主要登場人物配役(役名俳優)
  • 元刑事でキャロラインの運転手ジョン・キューザック
  • ローズ刑事(囚人)レイ・リオッタ
  • 娼婦のパリスアマンダ・ピート
  • モーテルの主人ラリージョン・ホークス
  • ルーウィリアム・リー・スコット
  • ルーと結婚したジニークレア・デューヴォール(-・デュヴァル)(-・デューボール)(-・デュバル)
  • 囚人ロバートジェーク・ビジー(ジェイク・ビジー)
  • 車に轢かれるアリスレイラ・ケンズル
  • アリスの夫ジョージジョン・C・マッギンリー(ジョン・C・マクギンリー)
  • アリスの子供ティミーブレット・ローア
  • 女優のキャロラインレベッカ・デモーネー(レベッカ・デモーネイ)
  • 精神科医マリックアルフレッド・モリーナ
  • 解離性人格障害の死刑囚マルコム・リバースプルット・テーラー・ヴィンス(プルット・テイラー・ヴィンス)

アカデミー賞

受賞:なし

ノミネート:なし

スタッフ(製作・監督・脚本・撮影・音楽)

Producer:Cathy Konrad
製作:
Director:James Mangold
監督:
Writer:Michael Cooney
脚本:
Cinematographer:Phedon Papamichael
撮影:
Original Music:Alan Silvestri
音楽:

キャスト・出演者

Cast:John Cusack,Ray Liotta, Amanda Peet, John Hawkes, Alfred Molina, Clea DuVall, John C. McGinley, William Lee Scott,Jake Busey, Pruitt Taylor Vince, Rebecca DeMornay, Carmen Argenziano, Marshall Bell, Leila Kenzle,Matt Letscher, Bret Loehr, Holmes Osborne
出演:
T's Theater新作映画紹介[あらすじ&レビュー]
他4作品の公開前・公開中の新作映画リストを開く

ストーリー・ネタバレ

 アメリカ・ネバダ州。深夜で雷雨の天候であった。この時、連続殺人を実行して逮捕され死刑確定、明日に死刑執行という人物、マルコム・リバースの周りが慌ただしくなっていた。弁護側がマルコムの解離性人格障害を理由に、判事に対して死刑停止・措置入院を求めてきた。死刑執行か否かのために、判事の前にマルコムの弁護士、精神科医のマリック、そして検察側が集まった。肝心の死刑囚マルコムの到着は遅れていた…。

 ネバダ州の田舎町。いや街とも言えない簡素な場所で、モーテルが一軒あるだけだった。大雨と些細な事から、このモーテルに人々が集まることになる。几帳面そうな男ジョージが傷だらけの妻アリスを抱え込んできた。口を聞くことができないアリスの子ティミーと共に。アリスは交通事故に遭ってしまったのだ。轢いてしまった運転手のエドが一緒に駆け込んできた。モーテルの主人ラリーに電話で救急車を頼むが、生憎の天気のせいか、電話は普通であった。

 エドをお抱えにしているわがまま女優キャロラインが文句をたれているが、エドは彼女をモーテルに残して、数十キロ先の病院まで医者を呼びに出かけた。その途中、エドはどうやら娼婦らしい女性パリスが手を振っているのに気付く。車が動かなくなったらしいので、乗せて病院へ行くことにしたエド。だが、水没していた道路に気付かずにハマってしまい、立ち往生となってしまった。

 そこに、ついさっき結婚したという若いカップルのルーとジニーが乗った車が通りかかった。道の先が水没していることを教え、モーテルまで戻るために乗せてもらい、モーテルまで着いた彼ら。

 そしてモーテルには一台のパトカーが到着した。囚人を護送中だがどこもかしこも浸水していて通れないので、刑事ローズは泊めて欲しいと言った。

 こうして、モーテルにジョージと瀕死の妻アリス、息子のティミー、アリスを轢いてしまったエドと、女優のキャロライン、若い夫婦ルーとジニー、娼婦のパリス、刑事のローズと囚人のロバートが泊まることとなった。

 ロバートは凶悪な殺人犯と言うことで、トイレに手錠で繋がれることになった。他の人たちはそれぞれの部屋で思い思いに、やり切れない雷雨をしのいでいた。

 ここで、事件の幕が開けた…。女優のキャロラインが何者かに襲われたのだ。キャロラインの姿が見えなくなったことを気付いたエドが辺りを探していて、洗濯室に来た。彼女はいた。正確には生首だけで洗濯機の中に放り込まれた状態で…。

 戦慄を覚える人々。刑事のローズと、元刑事のエドはすぐに囚人ロバートが繋がれている部屋のトイレへと急いだが、ロバートは逃げ出したあとだった。

 事件は続き、次の犠牲者はルーだった。ロバートは何とか捕まった。瀕死のアリスも目覚めた。しかし、連続殺人の犯人と思われたロバートの死が続いた。誰も犯行の時は見ていない。だが、次の”死”は皆が見ていた。ラリーがジョージを轢き殺してしまったのだ。そして目覚めたのも束の間、アリスも逝った。

 この連続の死には関連性があった。死んだ人間の傍らに、モーテルの部屋のキー番号のホルダーが落ちていたのだ。死が続く度に、番号は若くなっていった。しかも、偶然の死であるジョージの元にも番号が落ちていた…。

 この異常な状況下、元刑事として、囚人を逃がしてしまった失態をしたローズは信じられないと、エドは、ジニーにティミーを託して、2人だけでも車に乗せて逃がせようとした。

 だが、2人が乗ったとされる車は爆発炎上した。すぐに火を消し止める残った人々。遺体はなかった。

 その時、人々は奇妙な共通点に気付く。モーテルに集まった人々全員が10日生まれだったのだ。しかも、ファミリーネームはアメリカの週に関係のある名前…。

 深夜の判事の家に、遅れていた死刑囚マルコム・リバースが到着した。精神科医のマリックはマルコムの幼年期の虐待による解離性同一障害が彼の連続殺人事件の原因だと。死刑執行ではなく、措置入院をさせるべきだと主張した。そして、判事や検察官らの前でマルコムの複数の人格が現れだした。それは、エド、ローズ…と言ったモーテルの人々の人格であった。つまり、モーテルの事件のことは、マルコム・リバースの心の中の人格たちが起こしているものである。人格たちが殺し合っているのだ。

 モーテル。娼婦のパリスは、ローズが刑事ではなく実は彼自身も囚人であることに気付き、それをエドたちに伝えようとした。それを察知したローズは止めさせようとする。ローズはラリーを撃ち殺した。そして、エドとレイが撃ち合いとなって両者死亡。

結末・ラスト

 この経過から、マルコム・リバースの殺人を起こした人格は死亡したとして、死刑執行停止、措置入院となった。今のマルコムにいる人格は穏やかな女性パリス。

 だがこれで終わりとはいかなかった。マルコムを病院への護送中の車内で、彼の異変を精神科医のマリックが気付いた。マルコムの中では連続殺人犯の人格は死んでいなかった。それは、子供のティミーであった。ティミーはパリスを殺し、マルコムの肉体を手に入れた。そして”ティミー”はマリックら、現実の人々を襲うのであった…。

レビュー・感想・解説・評価

ストーリー・ネタバレはクリックミー(上部へ移動)
レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

ともちんさんサンクス☆

 ジョン・キューザック、レイ・リオッタが共演というと、何かブルブルと震えそうなものを感じるのはtoikunだけではないだろう。解離性人格障害を扱ったミステリー・スリラー。ホラーとも呼べるが、展開としてそのジャンルが必ずしも適当だとは言えないが、一応ホラーでもある。モーテルをロケーションとした密室劇の様相も呈するだろう、この作品。監督をしたまだ若い「コップランド」などのジェームズ・マンゴールドもちょっとこの作品には苦労しただろう。それでも、キャストやスタッフのおかげで素晴らしい作品に仕上がっている。

 ハリウッド映画をちょっとご覧になる方だったら、この展開、”必ず”リオッタに視線がいくであろう。彼がいつシッポを出すかと。し・か・し、この作品、もう観客のことを読んでいる読んでいる。裏切らないんだよなぁ。まぁ、最終的な”犯人”は彼ではないのだから、そう言う意味では裏切られている。何か、言っていることがメイク・センスしていないのが申し訳ないのだが、分かっていただけるだろう。

 レベッカ姉さん、1番手でしたね、殺されたのが。”andが付いたクレジット”がせめてもの救いでした。toikunにとっての。彼女が悪女というのも、とうの昔の話しか…。あぁ、これもリトル裏切られているわけか(泣)。

 しかし、展開に思わず”こんのやろー!”と喜んで突っ込んでしまった、解離に。車の爆発で少年が死んだ姿が出なかった点で、”!”となった。その前のお母さんの死でも、微妙に”!”だったが。伏線が拾えなかった(泣)。負けです、toikunの。

 つーか、レイ・リオッタ卑怯だよ!彼が…グダグダすみませんでした。

 あなたは、見破れましたか?それとも、ダ・マ・さ・れ・た?

by .

[感想・レビュー]投稿フォーム

アナタのレビュー・評価を載せてみよう!

お名前:

メールアドレス:

ホームページURL:

評価を10点満点でお聞かせ下さい。(必須)

10点  
9点  
8点  
7点  
6点

5点  
4点  
3点  
2点  
1点

映画の感想・レビューをお聞かせください。T's Theaterのこのページに掲載させて頂きます。

レビューの表示例

『映画ファン』さんのレビュー・評価

投稿日時:20??/??/?? 15:59:46

4点/10点満点中★★★★☆☆☆☆☆☆

ホームページ

コメント:

(コメントをどうぞ。)

T's Theaterへのお問い合わせフォームはコチラ(別ページで開きます)

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

ともちんが通りますよ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com