NAVI × 作品データあらすじ 主要登場人物 アカデミー賞 スタッフ キャスト 詳しいストーリー ストーリーの結末 感想・レビュー 関連作品・関連ページ [感想・レビュー]投稿フォーム このページの一番上へ T's Theaterのメニュー
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES映画の総合情報サイト
417Twitter、フォローお願いします!0 0001
映画『IRA LEVIN'S DEATHTRAP』「デストラップ/死の罠」<1982年:アメリカ>

ATTENTION:T's Theaterでは映画作品のあらすじだけでなくストーリーのネタバレ結末まで記載しています。映画レビューはストーリーの下方にあるので映画をご覧になっていない方はお気を付け下さい。

映画「デストラップ/死の罠」あらすじ,ネタバレ,レビュー

作品データ

IMG from Amazon

原題:

IRA LEVIN'S DEATHTRAP

邦題:

デストラップ/死の罠

製作年:

1982年

製作国:

アメリカ

上映時間:

ジャンル:

スリラー

あらすじ

この映画にはtoikun以外のレビューはまだありません。

詳細作品データ

主要登場人物

    主要登場人物配役(役名俳優)
  • 劇作家シドニー・ブリュールマイケル・ケーン
  • クリフ・アンダーソンクリストファー・リーヴ
  • シドニーの妻マイラダイアン・キャノン
  • 霊媒師ヘルガ・テンドープアイリーン・ワース
  • 弁護士ポーターヘンリー・ジョーンズ

アカデミー賞

受賞:なし

ノミネート:なし

スタッフ(製作・監督・脚本・撮影・音楽)

Producer:Burtt Harris
製作:
Director:Sidney Lumet
監督:
Writer:Jay Presson Allen
脚本:
Cinematographer:Andrzej Bartkowiak
撮影:
Original Music:Johnny Mandel
音楽:

キャスト・出演者

Cast:Michael Caine, Christopher Reeve, Dyan Cannon, Irene Worth, Henry Jones
出演:
T's Theater新作映画紹介[あらすじ&レビュー]
他4作品の公開前・公開中の新作映画リストを開く

ストーリー・ネタバレ

 ブロードウェーの劇作家シドニー・ブリュールは、昔は良い劇を書いたのだが、最近は4作連続で失敗していた。次の日に家に帰ると妻のマイラが出迎えた。

 そんなシドニーが劇に関する授業を学校で持ったときに教えた学生が、シドニーに劇の脚本を送ってきた。それを見て、とても傑作だと思ったシドニー。そのことをマイラに話すシドニー。そしてシドニーは、その学生を殺して脚本を自分のものにしようと言った。マイラはもちろん止めるように言った。脚本を、共同脚本にして稼げばいいと言った。

 シドニーは自宅にその脚本の男性クリフ・アンダーソンを連れてきた。クリフは誰にもその脚本を見せてないことを言った。そして脚本の原本を持ってきた。

 シドニーの自宅には、ナイフや斧、拳銃や手錠といった劇で使われたものが飾ってあった。手錠をしてみるようにとクリフに言うシドニー。クリフは手錠をする。その後、シドニーは鎖でクリフの首を絞めて、クリフは動かなくなった。

 シドニーはマイラと一緒にクリフを外に埋めに行った。その後シドニーとマイラは言い合いをする。そんなところに、近所に住む霊媒師ヘルガ・テンドープがやってきた。そして、ブリュール家で何か起こると伝えに来て、そして去っていった。

 見透かされているようで怖かったシドニーとマイラ。2階のベッドへと戻った2人。シドニーがマイラに窓を開けるように言って、マイラがそうすると、なんと外から死んだはずのクリフが、棒状のものを持って現れたのだ。それを使ってシドニーを叩くクリフ。マイラは1階へと逃げ出した。そのマイラを追ってきたクリフ。そしてマイラに襲いかかろうとしたとき、マイラは心臓マヒで死んだ。

 2階からシドニーが降りてきた。シドニーの計画とは、この方法でマイラを殺して保険金を得ることだった。そのためにクリフを使った。シドニーとクリフはゲイであり、パートナーだった。

 マイラの葬儀は滞りなく終わり、シドニーはクリフを秘書として家に住まわせた。クリフは脚本をタイプしていた。そんなところへシドニーの弁護士ポーターが現れる。遺産の話をしに来たのだ。クリフはタイプしていた脚本を机の中にしまってカギをかけて出かけた。シドニーとポーターは遺産の話などをした。その後ポーターはクリフの脚本のことを話して、家を出た。

 シドニーはすぐに机を開けようとしたが、カギがないために開かなかった。クリフが帰ってきて、再び脚本のタイプを再開した。シドニーはちょっと細工をして、クリフの脚本を見た。その脚本には、劇作家が妻を心臓マヒで殺すという、シドニーがやったことと同じ事が書いてあった。クリフはこのことを劇にしたかったのだ。とても良く練り込まれているために、ヒットするであろうと思った。だが、シドニーは反対した。自分が逮捕されるかも知れないからだった。シドニーとクリフは本気で言い合いをした。クリフはなんとかシドニーの心を収めて、脚本を作ることを了承させた。

 ある雷の鳴る晩。クリフは脚本を書いていた。そこに霊媒師のヘルガがロウソクをもらいに来た。家にはシドニーは居なかったが、すぐに帰ってきた。そしてシドニーは、クリフを2階に行かせて、ロウソクを探させた。クリフが居ないときに、ヘルガはシドニーに忠告した。クリフがシドニーを襲うであろう事を。そしてロウソクをもらって帰って行った。

 シドニーは、クリフの脚本のために実験をしようと、クリフに斧を持たせた。そして斧を置いたクリフが見るのは、銃を持ったシドニーだった。彼はやはりどうしても脚本が世に出ることを嫌って、クリフを殺そうと考えて、事前に銃に弾を込めていた。

 引き金を引くシドニーだったが、弾は出なかった。そういうこともあろうと、クリフが抜いていたのだ。クリフは弾が入った銃をシドニーに向けた。そして「殺すつもりはないが、邪魔をしたら許さない」と言った。シドニーに手、そして足に手錠をさせた。出て行くために、荷物をまとめようと2階へ行くクリフ。シドニーは手足の手錠を外して、ボーガンに矢を込めた。そしてクリフの隙を突いて、クリフの背中に矢を命中させるシドニー。

 シドニーは正当防衛に見せかけ、また脚本を焼いてしまおうと暖炉に込めた。その時に停電になった。火を付けるためのマッチを探すシドニー。そこへ、音を立てずに家へ入ってきたヘルガが、ロウソクに火を付けた。ヘルガが見ていた”こと”の元凶はシドニーだと分かったヘルガ。

結末・ラスト

 シドニーとヘルガの対決になる。だが、男である分シドニーは強く、暗がりの中でヘルガを従えた。かに思えたが、死んだはずの背中にボーガンの矢が刺さったクリフが、斧を振り上げ…。

 と、このような劇がブロードウェーで上演された。客には大好評で、大ヒットだった。喜ぶプロデューサーと劇を書いた女性。この劇の脚本に名を連ねたのは、ヘルガ・テンドープであった。

レビュー・感想・解説・評価

ストーリー・ネタバレはクリックミー(上部へ移動)
レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

 toikunの心の中の伝説的な密室劇スリラー、「デストラップ/死の罠」。どんでん返しを心地よく魅せてくれるこの作品、監督を務めるのは、「オリエント急行殺人事件」などの、シドニー・ルメット。出演者はマイケル・ケーンが劇作家シドニー、「スーパーマン」で有名なクリストファー・リーヴがクリフを演じ、最後に笑う霊媒師ヘルガを演じるのは、アイリーン・ワース。他に劇中で金切り声をあげまくるマイラに扮するのは、ダイアン・キャノンである。彼女はラジー賞にノミネートされるくらいである。

 これでもか、これでもかと言うくらいに、どんでん返しが起こる。本当に心地よい。未見の方、また未見でここのストーリーを見ていない方には、是非ともオススメする今作である。

 最後のヘルガ・テンドープが、劇のヒットを喜ぶシーンは、とらえ方によっては2つ解釈が生じると思う。正直に考えると1つは、ヘルガが劇の脚本を結局とってしまったということ。もう1つは、最初からヘルガの劇を見させられていたと言うことだ。普通に考えれば前者なのだが、後者と考えることも出来る演出がある。シドニーの家の2階の天井にある、ギアのようなものの存在だ。劇中に1回フォーカスがあたり、そのときに動いているのだ。このへんが”くせ者”であると思う。

 toikunがこの映画にであったのは、1990年代半ばの、テレビ東京の昼間にやる映画の中である。10年ちょっと前か。思い起こしてみると、映画のおもしろさを知って、少しずつ知っている俳優が多くなり、その知っている俳優である、マイケル・ケーンと、クリストファー・リーヴが出るということで、ビデオにとって見た。

 初めて見たときの、最後のどんでん返しは、すさまじいものがあった。10年を隔てても覚えているのだから。そして歳月を経て、DVDでまた見たいと探していた。そしてやっとTSUTAYAで探し当てたのである。この喜びはすごかった。このT's Theaterを始めていて、”この映画だったら5点満点だな”と思っていたのが、見つかったからだ。

 10年経った今も、5点満点です。映画が作られた年から考えると四半世紀。決して揺るがない。

by .

[感想・レビュー]投稿フォーム

アナタのレビュー・評価を載せてみよう!

お名前:

メールアドレス:

ホームページURL:

評価を10点満点でお聞かせ下さい。(必須)

10点  
9点  
8点  
7点  
6点

5点  
4点  
3点  
2点  
1点

映画の感想・レビューをお聞かせください。T's Theaterのこのページに掲載させて頂きます。

レビューの表示例

『映画ファン』さんのレビュー・評価

投稿日時:20??/??/?? 15:59:46

4点/10点満点中★★★★☆☆☆☆☆☆

ホームページ

コメント:

(コメントをどうぞ。)

T's Theaterへのお問い合わせフォームはコチラ(別ページで開きます)

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

ともちんが通りますよ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com