NAVI × 作品データあらすじ 主要登場人物 アカデミー賞 スタッフ キャスト 詳しいストーリー ストーリーの結末 感想・レビュー 関連作品・関連ページ [感想・レビュー]投稿フォーム このページの一番上へ T's Theaterのメニュー
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES映画の総合情報サイト
422Twitter、フォローお願いします!0 0001
映画『MATRIX』「マトリックス」<1999年:オーストラリア,アメリカ>

ATTENTION:T's Theaterでは映画作品のあらすじだけでなくストーリーのネタバレ結末まで記載しています。映画レビューはストーリーの下方にあるので映画をご覧になっていない方はお気を付け下さい。

映画「マトリックス」あらすじ,ネタバレ,レビュー

作品データ

IMG from Amazon

原題:

MATRIX

邦題:

マトリックス

製作年:

1999年

製作国:

オーストラリア アメリカ

上映時間:

ジャンル:

アクション SF スリラー

あらすじ

この映画にはtoikun以外のレビューはまだありません。

詳細作品データ

主要登場人物

    主要登場人物配役(役名俳優)
  • 救世主 ネオ(トーマス・アンダーソン)キアヌー・リーヴズ
  • モーフィアスローレンス・フィッシュバーン
  • トリニティキャリー・アン・モス
  • 裏切り者 サイファージョー・パントリアノー
  • エージェント スミスヒューゴー・ウィーヴィング

アカデミー賞

編集賞受賞: Zach Staenberg

音響効果賞受賞: Dane A. Davis

視覚効果賞受賞: Steve Courtley, John Gaeta, Janek Sirrs, Jon Thum

録音賞受賞: David E. Campbell, David Lee, John T. Reitz, Gregg Rudloff

ノミネート:なし

スタッフ(製作・監督・脚本・撮影・音楽)

Producer:Joel Silver
製作:
Director:The Wachowski Brothers
監督:
Writer:The Wachowski Brothers
脚本:
Cinematographer:Bill Pope
撮影:
Original Music:Don Davis
音楽:

キャスト・出演者

Cast:Keanu Reeves,Laurence Fishburne, Carrie-Anne Moss, Hugo Weaving, Gloria Foster, Joe Pantoliano, Marcus Chong,Paul Goddard, Robert Taylor, Julian Arahanga, Matt Doran, Belinda McClory, Anthony Ray Parker
出演:
T's Theater新作映画紹介[あらすじ&レビュー]
「フレンチ・ラン」3月4日より渋谷シネパレス他、全国順次ロードショー! 公式サイト
他4作品の公開前・公開中の新作映画リストを開く

ストーリー・ネタバレ

 トーマス・アンダーソンは有能なプログラマーと、クラッカーという2つの顔を持っていた。そんな彼のコンピュータに不思議なメッセージが浮かび、その指すとおりディスコに行くとトリニティという女性から声をかけられ、いきなり注意しろ、疑問はモーフィアスが解決してくれる、と言われる。訳も分からず次の日会社に行くと、警察らしき人物達が彼を捕まえようとし、携帯電話のモーフィアスの手引きで逃げようとするがつかまる。そこで彼はモーフィアス逮捕に協力しろと言われるが、訳が分からず拒否するが、変な虫を埋め込まれる。いつも通り部屋で目覚め夢と思ったのもつかの間、例の携帯からの電話で車に乗り、虫が退治された。

 モーフィアスに会うと彼は全て話してくれた。トーマスが暮らす空間はコンピュータが作り出したマトリックスという仮想空間であること、現実はAIコンピュータが支配する世界で人間はそれに"パワー"を供給するために"電池"として仮想空間で生かされていること、モーフィアス達は唯一仮想空間と現実を機械によって行き来できAIを破壊しようとしていること、AIは人間そっくりの"エージェント"を使って日々監視しAIを守らせていること、そしてトーマスは本当の名はネオで自分たちの救世主であること。自分が救世主だとは納得できないが、彼はプログラムによりカンフーなどあらゆる格闘技の達人になり戦えるようになった。

 そんなネオが仮想空間にいる予言者に会いに行くことになった。彼の運命を見るために。予言者に過酷な決断をするときが来るだろうと言われる。そして自分は救世主ではないと。そして現実に帰るときになって、仲間だったサイファーの裏切りにより仲間が次々と死亡、ネオとトリニティはなんとか現実に戻るが、モーフィアスがエージェントにつかまってしまう。

 自分を逃がすためにつかまったモーフィアスを見捨てられないネオは、彼を取り戻すためにトリニティと再び仮想空間に戻り、執拗なエージェントの攻撃をかいくぐりモーフィアスを取り戻す。モーフィアスとトリニティが現実に戻り、次はネオと言うところでエージェントの襲撃を受ける。

結末・ラスト

 そして一度は心臓停止となってしまうのだが、トリニティの愛の力により生き返った彼は、究極の力に目覚めエージェントを粉砕!だが、彼の本当の戦いは今始まったばかり。

 人間を解放するために再びマトリックスへと降り立つのだった。

レビュー・感想・解説・評価

ストーリー・ネタバレはクリックミー(上部へ移動)
レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

 キアヌー・リーヴズ、ローレンス・フィッシュバーン共演で「バウンド」のラリーとアンディー・ウォシャウスキー兄弟が監督するSFアクション。キアヌーが主人公ネオを演じ、フィッシュバーンがモーフィアスを演じる。他に、トリニティにキャリー・アン・モス、サイファーにジョー・パントリアノー、エージェント・スミスにオーストラリアの俳優ヒューゴー・ウィーヴィングら。

 ”この映画は語り尽くすことは出来ない”のとおり、見所は尽きない。なんといってもSFXの素晴らしさ。キアヌーやキャリー・アンのすごいカンフー(たとえればアニメ「ドラゴンボール」の様な)の映像はとにかく感動する。そして、そのSFXを最大限に活かすことの出来る確かな演出にはため息をつくばかりだ。それにアクションシーンを盛り上げワクワクさせるロック音楽。今までにないと感じさせるその斬新さ。それにSFなら何をやってもいいと言う、滅茶苦茶で半端で強引な脚本ではなく、映画の展開に不自然さがない(何度も見ると多少のほころびは目に付くが)。ラストも全て解決させずに終わらすと言う展開には後味はぜんぜん悪くなく、かえってよかったのかもしれない。ただそれは続編が作られる余地があると言うことだが、ウォシャウスキー兄弟がそれを意図していたかはわからないし、toikun的に続編を望むものでもない。ともかく次があるのならば、もちろんファンは半端なものは望まない。素晴らしいものだけを作って欲しい。

 若者言葉で言ういわゆる”イカした映画”とはこの映画のことを言うのだろう。黒を基調としたコスチュームにサングラス、キアヌーの黒髪にベストマッチだ。ともかくかっこいいのである。そしてあまりのリアルさに自分たちの住む世界はもしかしたら…と想像して、ゾッとしてしまった。

 ウォシャウスキー兄弟がネオのいる会社のビルの窓拭きの役で出ている。

 なお、物語の始まり、キャリー・アンがエージェントに追われて、隣のビルに窓を突き破って飛び込むとき、ミスを発見。

1999/09/23

2000/06/04

by .

[感想・レビュー]投稿フォーム

アナタのレビュー・評価を載せてみよう!

お名前:

メールアドレス:

ホームページURL:

評価を10点満点でお聞かせ下さい。(必須)

10点  
9点  
8点  
7点  
6点

5点  
4点  
3点  
2点  
1点

映画の感想・レビューをお聞かせください。T's Theaterのこのページに掲載させて頂きます。

レビューの表示例

『映画ファン』さんのレビュー・評価

投稿日時:20??/??/?? 15:59:46

4点/10点満点中★★★★☆☆☆☆☆☆

ホームページ

コメント:

(コメントをどうぞ。)

T's Theaterへのお問い合わせフォームはコチラ(別ページで開きます)

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

ともちんが通りますよ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com