NAVI × 作品データあらすじ 主要登場人物 アカデミー賞 スタッフ キャスト 詳しいストーリー ストーリーの結末 感想・レビュー 関連作品・関連ページ [感想・レビュー]投稿フォーム このページの一番上へ T's Theaterのメニュー
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES映画の総合情報サイト
519Twitter、フォローお願いします!0 0001
映画『PRIMAL FEAR』「真実の行方」<1996年:アメリカ>

ATTENTION:T's Theaterでは映画作品のあらすじだけでなくストーリーのネタバレ結末まで記載しています。映画レビューはストーリーの下方にあるので映画をご覧になっていない方はお気を付け下さい。

映画「真実の行方」あらすじ,ネタバレ,レビュー

作品データ

IMG from Amazon

原題:

PRIMAL FEAR

邦題:

真実の行方

製作年:

1996年

製作国:

アメリカ

上映時間:

ジャンル:

スリラー 法廷もの

あらすじ

この映画にはtoikun以外のレビューはまだありません。

レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

詳細作品データ

主要登場人物

    主要登場人物配役(役名俳優)
  • 敏腕弁護士マーティン・ベイルリチャード・ギア
  • 容疑者アーロン・スタンプラーエドワード・ノートン
  • 検察官ジャネットローラ・リニー
  • 精神科医モリー・アーリントンフランシス・マクドーマンド

アカデミー賞

受賞:なし

助演男優賞ノミネート: Edward Norton

スタッフ(製作・監督・脚本・撮影・音楽)

Producer:Gary Lucchesi
製作:
Director:Gregory Hoblit
監督:
Writer:Steve Shagan, Ann Biderman
脚本:
Cinematographer:Michael Chapman
撮影:
Original Music:James Newton Howard
音楽:

キャスト・出演者

Cast:Richard Gere, Laura Linney, John Mahoney, Alfre Woodard, Frances McDormand,Edward Norton,Terry O'Quinn, Andre Braugher, Steven Bauer, Joe Spano, Tony Plana, Stanley Anderson, Maura Tierney,Jon Seda
出演:

ストーリー・ネタバレ

 シカゴで大司教が殺害されるという事件が起こった。警察は現場に居合わせ、逃亡したアーロン・スタンプラーを逮捕した。彼は大司教の聖歌隊としてかわいがられていた。元検察官の敏腕弁護士マーティン・ベイルは、自分の名誉のためか無償で彼の弁護を自ら引き受けることにした。マーティンに対抗するのは、彼の検察官時代の後輩ジャネットであった。

 ジャネットが取り上げる証拠はことごとくアーロンに不利であった。しかし、マーティンはアーロンと会ううちに、彼の中に誠実さのようなものを見て、無実を確信、不利な証拠にもことごとく第三者の殺人の可能性を追求していった。

 アーロンは殺人現場で第三者がいたという、そして一時記憶がないことも。マーティンは記憶がないことに関心を持ち、精神科医のモリーに精神鑑定をたのむ。モリーはアーロンの中に違う人格をかいま見る。そしてマーティンの前でもアーロンの違う人格”ロン”が現れたのだ。ロンは言った。「泣き言ばかりのアーロンは殺していない。自分が殺した。」と。

 マーティンは困った。第三者の存在の方向で裁判を進めていたのに、途中で裁判での精神鑑定はできないのだ。だがアーロンは無実であるので、マーティンは裁判を巧みに操っていった。その操り通りにジャネットが証言台に上がったアーロンを追い詰めると、彼の中のロンが現れて、ジャネットを襲った。法廷の吏員のおかげでことなきをえたが、裁判は中断。裁判の行方は明らかだった。裁判長はアーロンを病院に収容すると言った。

結末・ラスト

 裁判後、アーロンの元に状況を告げに行くマーティン。だがマーティンの前にいるアーロンはいつものアーロンではなかった。アーロンは2重人格を装い、マーティンを利用して裁判を自分の有利な方向に進めただけだったのだ。腹の底を開かすアーロンの元を、マーティンは絶望の元に離れていくのであった。

レビュー・感想・解説・評価

ストーリー・ネタバレはクリックミー(上部へ移動)
レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

 リチャード・ギア主演でおくる法廷ものスリラー。彼がやり手弁護士マーティンを演じる。また、劇場用映画デビュー作品となる本作でアカデミー助演男優賞にノミネートした怪演を見せるのは、容疑者アーロンを演じるエドワード・ノートン、他に本作と同年の「ファーゴ」でアカデミー主演女優賞を受賞したフランシス・マクドーマンドなど。

 この映画を初めて見てから10年経つであろう、未だに当時のあの身の毛もよだつノートンの演技が蘇ってきた。役柄が良かったとも言えるが、この怪演は彼のもつアイデンティティであろう。操っているようで振り回されるギアが完全に飲み込まれているのである。

 なんというのであろうか、あのダンディな(こんな表現でいいのか?)リチャード・ギアが、この映画では違うのである。それはまぁ脚本もあるが。

 ギアの役柄マーティンもよく描かれている。決して浅くはない男になっている。

by .

[感想・レビュー]投稿フォーム

アナタのレビュー・評価を載せてみよう!

お名前:

メールアドレス:

ホームページURL:

評価を10点満点でお聞かせ下さい。(必須)

10点  
9点  
8点  
7点  
6点

5点  
4点  
3点  
2点  
1点

映画の感想・レビューをお聞かせください。T's Theaterのこのページに掲載させて頂きます。

レビューの表示例

『映画ファン』さんのレビュー・評価

投稿日時:20??/??/?? 15:59:46

4点/10点満点中★★★★☆☆☆☆☆☆

ホームページ

コメント:

(コメントをどうぞ。)

T's Theaterへのお問い合わせフォームはコチラ(別ページで開きます)

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

http://blog.livedoor.jp/tomo24sawara/

ともちんが通りますよ

削除されました(泣)

レビュー・アン・ローズ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com