NAVI × 作品データあらすじ 主要登場人物 アカデミー賞 スタッフ キャスト 詳しいストーリー ストーリーの結末 感想・レビュー 関連作品・関連ページ [感想・レビュー]投稿フォーム このページの一番上へ T's Theaterのメニュー
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES映画の総合情報サイト
617Twitter、フォローお願いします!0 0001
映画『THE THREE BURIALS OF MELQUIADES ESTRADA LOS TRES ENTIERROS DE MELQUIADES ESTRADA』「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」<2005年:アメリカ,フランス>

ATTENTION:T's Theaterでは映画作品のあらすじだけでなくストーリーのネタバレ結末まで記載しています。映画レビューはストーリーの下方にあるので映画をご覧になっていない方はお気を付け下さい。

映画「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」あらすじ,ネタバレ,レビュー

作品データ

IMG from Amazon

原題:

THE THREE BURIALS OF MELQUIADES ESTRADA LOS TRES ENTIERROS DE MELQUIADES ESTRADA

邦題:

メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬

製作年:

2005年

製作国:

アメリカ フランス

上映時間:

ジャンル:

ドラマ

あらすじ

この映画にはtoikun以外のレビューはまだありません。

レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

詳細作品データ

主要登場人物

アカデミー賞

受賞:なし

ノミネート:なし

スタッフ(製作・監督・脚本・撮影・音楽)

Producer:Michael Fitzgerald, Luc Besson, Pierre-Ange Le Pogam, Tommy Lee Jones
製作:
Director:Tommy Lee Jones
監督:
Writer:Guillermo Arriaga
脚本:
Cinematographer:Chris Menges
撮影:
Original Music:Marco Beltrami
音楽:

キャスト・出演者

Cast:Tommy Lee Jones,Barry Pepper, Julio César Cedillo, Dwight Yoakam, January Jones, Melissa Leo, Levon Helm,Mel Rodriguez, Cecilia Suárez, Ignacio Guadalupe, Vanessa Bauche
出演:

ストーリー・ネタバレ

 メキシコと国境を接するアメリカ・テキサス州。サバンナでコヨーテの狩りをした男達がある男の死体を発見した。彼の名前はメルキアデス・エストラーダ。メキシコからの不法移民で、カウボーイの仕事をしていた男だった。メルキアデスの死を悲しむ男が一人いた。不法に入国してきた彼と、年が離れながらも大いなる友情を感じていた男、ピート・パーキンズである。悲しみに暮れるピート。

 メルキアデスを射殺してしまったのは国境警備隊の新人マイク・ノートンであった。メルキアデスが山羊をコヨーテから守ろうと、コヨーテを狙撃していたときに、近くに居合わせたマイクは、自分が狙われていると思い、メルキアデスを射殺してしまったのだ。出来事は大きな間違いであった。

 町にある店でウエイトレスをしているレイチェルは、保安官の話から、射殺犯がマイクであることを知る。レイチェルからそれを聞いたピートは、保安官に、マイクを逮捕するように迫る。だがそれを相手にしない保安官。怒ったピートは、マイクの家に行き、彼の妻ルー・アンを縛り付け、マイクを強引に拉致する。そしてピートは、一度埋葬されたメルキアデスを掘り返して、馬に乗り、マイク、メルキアデスと共に、メキシコへと旅立つ。メルキアデスの願いであった、「死んだら故郷のヒメネスに埋葬してくれ」という願いを叶えるために。

 マイクがいなくなったこと、そしてルー・アンが縛り付けられていたことで、国境警備隊と保安官はマイクとピートを探しはじめる。

 一方のピートたち。彼らはメルキアデスから生前聞いたことと拙い地図を頼りにヒメネスを目指していた。途中、マイクはピートから逃げ出すが、ガラガラヘビに咬まれるなどして瀕死に。それを見つけたピートは、メキシコ人の助けにより、マイクを生かさせる。

 ピート達を探す保安官はというと、追跡をあきらめ、国境警備隊だけが後を追うだけだった。追っ手が来ていることなど気にもとめないピートは、ひたすらヒメネスを目指す。そしてある村に着く。そこにはピートがメルキアデスの遺品で見た、彼の妻がいた。だが、彼女はメルキアデスを知らないと言い、住人達も口を揃えて、知らないという。またすぐ近くに来たはずのヒメネスのことを尋ねても、全く答えはなかった。

結末・ラスト

 そして彼らは、ある集落の跡地にたどり着く。そこをヒメネスと確信したピートは、マイクに拳銃を突きつけて、「メルキアデスに許しを請え」と言う。始めはおっかなかっただけのマイクだったが、心から事件の過ちを悔いる。そしてメルキアデスの墓を掘り、埋める二人。

 そして目覚めたマイクは、ピートから許されるのであった。

レビュー・感想・解説・評価

ストーリー・ネタバレはクリックミー(上部へ移動)
レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

 トミー・リー・ジョーンズが主演し、劇場用映画初監督したドラマ。カンヌ国際映画祭の最優秀男優賞及び脚本賞を受賞した作品。ジョーンズが製作もかねて、またリュック・ベッソンも名を連ねる。ジョーンズがクレージー?な、でも友を愛する男ピートを演じ、事故でメルキアデスを射殺する自分勝手な男ながらも、最後に何かに目覚める男マイクにバリー・ペッパー、タイトルのメルキアデス・エストラーダにフリオ・セサール・セディージョ、マイクの妻ルー・アンにジャニュアリー・ジョーンズなど。

 メキシコ不法移民のことを織り込むという今作は高い評価だった。カンヌがそれを証明してくれている。toikunにとってはいささか退屈と感じたのが正直なところだが。

 現在進行形と、過去進行形が途中まで同時に進むところに、ちょっと混乱したが、良い演出、編集だと思った。ジョーンズの演技は良いのだが、ペッパーの演技が見応えがある。彼がとても巧い。メイキングを見たら、肉体的にもとても大変だったみたいだが、一見の価値はある。

 男達の映画の中で、花を添えている女性陣にも拍手を送りたい。

 なお、ここでのこの作品の紹介で、原題では
「THE THREE BURIALS OF MELQUIADES ESTRADA
LOS TRES ENTIERROS DE MELQUIADES ESTRADA」
とtoikunは書いている。オープニングでこう表示されたからだ。ただ、後半の部分はスペイン語?での、「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」と書いてあるようだ。

by .

[感想・レビュー]投稿フォーム

アナタのレビュー・評価を載せてみよう!

お名前:

メールアドレス:

ホームページURL:

評価を10点満点でお聞かせ下さい。(必須)

10点  
9点  
8点  
7点  
6点

5点  
4点  
3点  
2点  
1点

映画の感想・レビューをお聞かせください。T's Theaterのこのページに掲載させて頂きます。

レビューの表示例

『映画ファン』さんのレビュー・評価

投稿日時:20??/??/?? 15:59:46

4点/10点満点中★★★★☆☆☆☆☆☆

ホームページ

コメント:

(コメントをどうぞ。)

T's Theaterへのお問い合わせフォームはコチラ(別ページで開きます)

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

http://blog.livedoor.jp/tomo24sawara/

ともちんが通りますよ

削除されました(泣)

レビュー・アン・ローズ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com