NAVI × 作品データ あらすじ 主要登場人物 アカデミー賞 スタッフ キャスト予告編 詳しいストーリー ストーリーの結末 感想・レビュー 関連作品・関連ページ [感想・レビュー]投稿フォーム このページの一番上へ T's Theaterのメニュー
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES映画の総合情報サイト
429Twitter、フォローお願いします!0 0001
映画『CITY HALL《aka NEW YORK CITY HALL》』「訣別の街《aka 決別の街》」<1996年:アメリカ>

ATTENTION:T's Theaterでは映画作品のあらすじだけでなくストーリーのネタバレ結末まで記載しています。映画レビューはストーリーの下方にあるので映画をご覧になっていない方はお気を付け下さい。

映画「訣別の街」あらすじ,ネタバレ,レビュー

作品データ

IMG from Amazon

原題:

CITY HALL

邦題:

訣別の街

原題訳:

市役所

製作年:

1996年

製作国:

アメリカ

上映時間:

ジャンル:

スリラー ドラマ

監督:

ハロルド・ベッカー

あらすじ

この映画にはtoikun以外のレビューはまだありません。

ニューヨーク市長に仕える男。警官・マフィア・子供の死から、その批判の矛先が議長、議員、そして市長に…。市長の為に事件を調べていた男が最期に市長に言った言葉は!?

アル・パチーノジョン・キューザックブリジット・フォンダ等豪華共演作品。

toikunの座右の銘は今作パチーノの演説から取ったもの。注目だ!

クリックすると下にジャンプします詳しいストーリー感想・レビュー

詳細作品データ[写真画像付き]IMGs' COPYRIGHT notations

主要登場人物

Main Cast:メインキャスト:役名:
John Cusackジョン・キューザックジョンの“右腕”補佐官ケヴィン・カルフーン
Al Pacinoアル・パチーノニューヨーク市市長ジョン・パパス
Bridget Fondaブリジット・フォンダ警察の殉職者の為の弁護士メアリベス・コーガン
Danny Aielloダニー・アイエロオペラが好きな民主党議員フランク・アンセルモ
Tony Franciosaアンソニー・フランシオサ(トニー・フランシオサ)ニューヨークを牛耳るマフィアのボス、ポール・ザパティ
Martin Landauマーティン・ランドー賄賂を貰うウォルター・スターン判事

アカデミー賞

Winner:受賞:
Noneなし
Nominee:ノミネート:
Noneなし

スタッフ(製作・監督・脚本・撮影・音楽)

Producers:製作:
Edward R. Pressmanエドワード・R・プレスマン
Ken Lipperケン・リッパー(ケネス・リッパー)
Charles Mulvehillチャールズ・マルヴェヒル
Harold Beckerハロルド・ベッカー
Director:監督:
Harold Beckerハロルド・ベッカー
Writers:脚本:
Ken Lipperケン・リッパー(ケネス・リッパー)
Paul Schraderポール・シュレイダー
Nicholas Pileggiニコラス・ピレッジ
Bo Goldmanボー・ゴールドマン
Cinematographer:撮影:
Michael Seresinマイケル・セレシン
Original Music:音楽:
Jerry Goldsmithジェリー・ゴールドスミス

キャスト・出演者

Cast:キャスト:役名:
Al Pacinoアル・パチーノニューヨーク市市長ジョン・パパス
John Cusackジョン・キューザックジョンの“右腕”補佐官ケヴィン・カルフーン
Bridget Fondaブリジット・フォンダ警察の殉職者の為の弁護士メアリベス・コーガン
Danny Aielloダニー・アイエロオペラが好きな民主党議員フランク・アンセルモ
David Paymerデヴィッド・ペイマーパパスの補佐官エイブ・グッドマン
Tony Franciosaアンソニー・フランシオサ(トニー・フランシオサ)ニューヨークを牛耳るマフィアのボス、ポール・ザパティ
Lindsay Duncanリンゼイ・ダンカンジョンの妻シドニー
Lauren Velezローレン・ベレスエディの妻エレイン・サントス
Richard Schiffリチャード・シフ担当監察官ラリー・シュワルツ
Richard Gantリチャード・ガントサミュエルズ
John Finnジョン・フィンクーナン
Mel Winklerメル・ウィンクラーエディの元相棒の刑事アルバート・ホリー
Angel Davidエンジェル・デヴィッドポールの甥ビニー・ザパティ
John Slatteryジョン・スラッテリー内務調査局の刑事ジョージ
Murphy Guyerマーフィ・ガイヤーフローリヤン
Tamara Tunieタマラ・チュニーレスリー・クリストス
Nestor Serranoネスター・セラーノ“事件”のキッカケとなった刑事エディ・サントス
Mark Lonowマーク・ロナウレニー
Roberta Petersロバータ・ピーターズフランクの妻ネティ
Martin Landauマーティン・ランドー賄賂を貰うウォルター・スターン判事
「訣別の街」トレーラー
T's Theater新作映画紹介[あらすじ&レビュー]
「フレンチ・ラン」3月4日より渋谷シネパレス他、全国順次ロードショー! 公式サイト
他4作品の公開前・公開中の新作映画リストを開く

ストーリー・ネタバレ

この映画を未見の方へ:[ストーリーは最期まで表示されています]
ストーリーを途中までの表示にするストーリーを全て隠す

(今作のストーリーは映画本編とは様々な点において前後の違いがあります。)

アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク市(ニューヨーク・ニューヨーク)。それは“LUCKのLACK”な人には冷たい街。

このニューヨーク市を“牛耳る”のはマフィアのポール・ザパティ。合法的なビジネスを行っている。そしてこのニューヨーク市を“仕切る”のはジョン・パパス市長。その市長の若手ながら右腕的存在の補佐官ケヴィン・カルフーン。南部ルイジアナ州出身の優秀な男だ。目下の懸念は選挙大会をニューヨークで行えるかどうかだった。

そんなニューヨークで一人の刑事エディとポールの息子の事件があった。双方打ち合って死亡、そして黒人少年も流れ弾に当たって死んだ。これが世論を巻き込んだ想像だにしない事件となった。

世論はまずマフィアであるポール・ザパディに向かった。ポールは民主党の議員フランク・アンセルモを使って“工作”をする。その工作とはエディという刑事が悪徳刑事だったと言うこと…。

先の世論と同時に批判の矛先は、このマフィアは保護観察下にあったのだがそれを言い渡した判事ウォルター・スターンに向かった。ウォルターはジョンの昔からの友人だ。だがそんなことはお構いなくケヴィンはジョンを守る為に事件の真相を調べようとする。

殉職刑事の為に動く女性弁護士メアリベス・コーガンも動いていた。まずはエディの妻エレインを守ろうとする。そして事件の真相究明の為にケヴィンに近づく。一度はケヴィンは邪険にするもののメアリベスと共に調べていく。

ケヴィンは同じ補佐官のエイブと共に事件で死んだマフィアの“保護観察処分”における担当監察官であるラリー・シュワルツに事情を聞いた。しかし口は固い。

ケヴィンとメアリベスは刑事エディの元相棒にもあった。エディは良い刑事だったと証言する。

ポールの差し金で動いたフランクの工作により刑事の別荘に大金が見つかるなど、刑事エディは悪徳刑事という見方が一般的になった。

そんな中で刑事エディの妻エレインの家にポール・ザパティの甥ビニーから電話があった。そこに居たメアリベスも受話器を取ると、ビニーは大金を引き替えに真実を話すと約束した…。

メアリベスはケヴィンと共に指定された波止場に行く。“肝心な事”以外の詳細を聞いて後は取り引き。その場を離れるケヴィンとメアリベス。翌日ビニーは殺されていた…。

果たしてこの事件の裏には何があるのか!?

マフィアの親玉ポール・ザパティ。彼は合法的なビジネスとして投資を行っていた。それはフランク・アンセルモも同じ。土地を持っていて、そこに地下鉄の新駅や高速ランプまで誘致して巨大なビルを建てて売り飛ばして儲けるという…。その事を市長であるジョンに進言していたフランク。ジョンは州知事、果ては大統領まで視野に入れる野心家。何とかビルを雇用の場として建ててニューヨーク市民の支持を得ようと考えていた。

ケヴィンは市長がマフィアとの繋がりがある事を知らない。事実、“無いだろう”。

ケヴィンとメアリベスは“飛ばされた”先の“保護観察処分”の担当者ウェクリーに会いに行った。雪の降る生憎の天気。ウェクリーは保護観察ではなく10年以上の実刑が相当だったと言った。その帰り列車が雪かきの為に止まった駅の近くのレストランでケヴィンとメアリベスは離す。ジョン・パパスを守る“政治家=ポリティシャン”であるケヴィンに対してメアリベスは気に入らなく2人は別々の道を行ってしまう…。

だがケヴィンにシュワルツから情報が入った。“保護観察ではなく実刑を求める”真の記録を持ったシュワルツから。だが電話の最中にシュワルツは殺された…。

ポール・ザパティはフランク・アンセルモの家に来た。“脅し”。フランクは家族を守る為に一人拳銃で自殺した。

そのニュース後ケヴィンは裁判所に居た。そしてスターン判事の書記官から、“判事に市長から電話があった”と聞いたのだった。

ジョン・パパスに会うケヴィン。真相を伝えられる。“保護観察処分”はポール・ザパティがジョンに対して求めたものであり、ジョンは友人であるスターン判事にそれを求めた。スターン判事はキャリアから見れば端金であろうが、金を受け取り保護観察にした…。

ケヴィンは野心家である市長が好きであった。その為に一生懸命働いてきた。だがこの時初めて幻滅した。そしてジョンに対して辞任を勧めるのであった…。

結末・ラスト

時が経ちケヴィン・カルフーンは市議会議員に立候補した。選挙のビラまきの時にメアリベスと再開する。彼女はケヴィンを応援すると言ってくれた。

選挙には落ちたケヴィン。地元でなかったせいもあるだろう。だが次の選挙では無事当選。ニューヨーク市民の為に働く事であろう。

アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク市(ニューヨーク・ニューヨーク)。それは“LUCKのLACK”な人には冷たい街。だが運のある人には…。

レビュー・感想・解説・評価

ストーリー・ネタバレはクリックミー(上部へ移動)
レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]
訣別の街
toikunの評価:6/10★★★★★★☆☆☆☆

「タップス」「冷たい月を抱く女」などを監督したハロルド・ベッカーによるスリラー・ドラマ。

クレジット的には一番トップのアル・パチーノが市長を演じる。何度も記述するが「セント・オブ・ウーマン 夢の香り」のオスカーウィナーである。パチーノとベッカーは「シー・オブ・ラブ」でも一緒である。

そして今作の中心に居るのがジョン・キューザック、市長の腹心を演じる。また「アサシン 暗・殺・者」(「ニキータ」のリメーク)等の“名門フォンダ家”ブリジット・フォンダが女性弁護士を演じる。

他にマフィアのボス役に「夜を逃れて」のオスカーノミニー、アンソニー・フランシオサや「アメリカン・プレジデント」でも同じく補佐官役を演じた(今作も補佐官でいいよね!?)「ミスター・サタデーナイト」のオスカーノミニー、デヴィッド・ペイマー。「ドゥ・ザ・ライト・シング」のオスカーノミニー、ダニー・アイエロ(スクリーン誌じゃぁダニー・アイロだったよなぁ。)、重鎮マーティン・ランドー(「タッカー」、「ウディ・アレンの重罪と軽罪」でアカデミー賞にノミネートして「エド・ウッド」で3度目の正直で助演賞を受賞)の姿もある。

えーとまず、ストーリーの一番上に記述したが今作のストーリーは記述に際して前後が違う。そして判事の辞任という事実も記述していない等完璧ではない事をお詫びする。

非常に見応えのあるスリラーに仕上がったのはハロルド・ベッカーの手腕と実力者達の演技合戦の結果によるもの。今作をご覧頂ければ余計な記述はいらない。

マフィアがあんなに表舞台にのさばっていいのかどうかは若干違和感を持ったtoikunである。

今作の特徴を挙げるとするならば“人種”という事だろう。別に「大統領の執事の涙」みたいな人種ものではない。殺されたのが黒人少年と言う事はまぁ“同種のもの”なのだが。“~人”の“特徴的な表現”というものが多々出てくる。それはルイジアナ州出身の主人公に対しても。この点、作中のキューザックではないがポカーンとして翻訳をして欲しい思いになった。日本人であるtoikunには難しかったところだ。

イントロダクションのコーナーに書いたが今作にはtoikunの本当に大好きな“オーバーアクター”…アル・パチーノが演説するtoikunの座右の銘がある。紹介する。

“John F. Kennedy said. An error doesn't have to become a mistake, until you refuse to correct it.(ジョン・F・ケネディは言った。誤りはそれを正そうとする事を拒否しなければ過ちにはならない。)”

toikunの訳でありもっと適切なものがあるだろう。これはスクリーン誌の“映画で英語”コーナーで紹介されていたもの。1998年くらいだったかな。必死で覚えたtoikun。最近まで“until”の部分を“unless”と誤解していたが…それでもずっと覚えている=だから座右の銘。errorとmistake。英語が喋れないtoikunにとって難しいこの違いであるが…良い言葉だ。

…先にも挙げたデヴィッド・ペイマーの「アメリカン・プレジデント」でもマイケル・ダグラスが素晴らしい演説をしていて、(それもスクリーン誌で覚えたtoikun)それを記述してあるので興味がある方はご覧下さい。

ふぅ、名作、サンキュ!

2015/11/02

by .

[感想・レビュー]投稿フォーム

アナタのレビュー・評価を載せてみよう!

お名前:

メールアドレス:

ホームページURL:

評価を10点満点でお聞かせ下さい。(必須)

10点  
9点  
8点  
7点  
6点

5点  
4点  
3点  
2点  
1点

映画の感想・レビューをお聞かせください。T's Theaterのこのページに掲載させて頂きます。

レビューの表示例

『映画ファン』さんのレビュー・評価

投稿日時:20??/??/?? 15:59:46

4点/10点満点中★★★★☆☆☆☆☆☆

ホームページ

コメント:

(コメントをどうぞ。)

T's Theaterへのお問い合わせフォームはコチラ(別ページで開きます)

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

http://blog.livedoor.jp/tomo24sawara/

ともちんが通りますよ

削除されました(泣)

レビュー・アン・ローズ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com