NAVI × 作品データあらすじ 主要登場人物 アカデミー賞 スタッフ キャスト予告編 詳しいストーリー ストーリーの結末 感想・レビュー 関連作品・関連ページ [感想・レビュー]投稿フォーム このページの一番上へ T's Theaterのメニュー
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES映画の総合情報サイト
491Twitter、フォローお願いします!0 0001
映画『Cocktail』「カクテル」<1988年:アメリカ>

ATTENTION:T's Theaterでは映画作品のあらすじだけでなくストーリーのネタバレ結末まで記載しています。映画レビューはストーリーの下方にあるので映画をご覧になっていない方はお気を付け下さい。

映画「カクテル」あらすじ,ネタバレ,レビュー

作品データ

IMG from Amazon

原題:

Cocktail

邦題:

カクテル

原題訳:

カクテル

製作年:

1988年

製作国:

アメリカ

上映時間:

ジャンル:

青春ムービー ロマンス

監督:

ロジャー・ドナルドソン

主演:

トム・クルーズ ブライアン・ブラウン

あらすじ

この映画にはtoikun以外のレビューはまだありません。

軍を除隊しニューヨークに来た若者。夢はウォール街での成功だが大学を出ていない彼を雇う会社はなく彼はバーテンダーとして人々を楽しませるようになる。若さ故の女性との過ちも犯すが、遂に自分のお店を…。

トム・クルーズ主演で贈る青春ムービー。バーテンダー役、魅せてくれるぞ!

レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

詳細作品データ

主要登場人物

    主要登場人物配役(役名俳優)
  • ブライアン・フラナガントム・クルーズ
  • ブライアンと結婚するジョーダンエリザベス・シュー
  • バーテンダー、ダグ・コグランブライアン・ブラウン
  • ケリーケリー・リンチ
  • 女社長ボニーリサ・ベインズ
  • バーを営むブライアンの叔父パットロン・ディーン

アカデミー賞

受賞:なし

ノミネート:なし

スタッフ(製作・監督・脚本・撮影・音楽)

Producer:Ted Field, Robert W. Cort
製作:
Director:Roger Donaldson
監督:
Writer:Heywood Gould
脚本:
Cinematographer:Dean Semler
撮影:
Original Music:J. Peter Robinson
音楽:

キャスト・出演者

Cast:Tom Cruise,Bryan Brown, Elisabeth Shue, Lisa Banes, Kelly Lynch, Laurence Luckinbill
出演:
「カクテル」トレーラー

ストーリー・ネタバレ

 アメリカ。軍に入っていた若者ブライアン・フラナガンは、軍を辞めて一攫千金を夢見てニューヨークへとやってきた。ニューヨークでは、ブライアンの唯一の肉親である叔父のパッドがバーテンダーを営んでいた。パッドはケチだが、ブライアンの事はかわいく思ってはいたので、少し面倒を見ようと思ったが、ブライアンは応じなかった。

 ブライアンの一攫千金の夢は、ウォール街などで働く事であった。そのために片っ端から面接を受けるが、大学を出ていないブライアンを雇う企業はどこもなかった。

 そんなブライアンがバーを見つけた。働いていたバーテンダーのダグ・コグランに話しをして、1日働いてみた。カクテルの作り方も知らないブライアンの一日が終わったとき、ダグはブライアンに次の日も来るようにと言った。

 ブライアンは昼間は大学に通うようになっていた。良い仕事に就くために。だが、バーでの夜中のバイト、そして彼自身の勉強への適正の性なのか、学生生活も長くは続かなかった。

 ブライアンとダグは、年の差はあったが、何時しか親友のような関係となり、2人でバーを盛り上げていた。そんな2人を見たある男が、給料のいい店を紹介してくれた。2人はそのバーに勤めることにした。

 新しいバーでも2人の”パフォーマンス”は客を沸かした。そんな中である女性コーラルが、ハンサムのブライアンを見ていた。そしてブライアンはコーラルと一夜の関係をもった。

 この夜の関係の事をダグに話したブライアン。そしてあることから”賭け”をやった2人。それによりコーラルはブライアンの元を離れた。そしてその発端であるダグを殴り、ブライアンは店を辞めた。

 ブライアンはジャマイカに来ていた。税金などの面から、自分の店を持つための資金作りに良いと以前から考えていて、ダグにも勧めていたのだ。ジャマイカで1人のバーテンダーとして、客を楽しませるブライアン。

 そのブライアンは、ひょんな事からジャマイカに観光に来ていた女性ジョーダンと知り合う。ジョーダンは絵を描く事をしていると言った。男女の仲になるのは遠い事ではなかった。恋をする2人。

 ある日ブライアンの元に、ケンカ別れをしたダグが訪ねてきた。しかも金持ちの妻ケリーを連れての旅行だという。ダグのバーを訪れたケリーと恋に落ちたのだ。ダグは少しは”ラッキー!”と思っていたのかも知れない。

そんなブライアンとダグが、また賭けをした。ブライアンのバーに訪ねてきた金持ちそうな女性ボニーを、”ブライアンが口説き落とせるか?”という賭けだ。ブライアンは賭には勝たねばと、ボニーにアプローチをした。

 バーが終わるとブライアンはボニーと仲良さそうに帰宅、男女の仲になる。一夜が終わり目覚めたブライアン。ジョーダンという彼女がいながらボニーと関係を持った事が気が咎めるのか、すぐさまジョーダンの滞在先を訪ねたが、彼女はニューヨークに帰宅したあとだった。ジョーダンは、仲良さそうに歩くブライアンとボニーの姿を見て、とてもショックに思ったのだった。

 そんなことを知ったブライアンをボニーが訪ねた。若いブライアンの魅力により、一夜限りの行きずりの関係で終わるのが嫌だったのだ。ニューヨークに戻って、自分が社長を務める会社の手伝いをして欲しいと、ブライアンに頼んだ。彼はそのことをダグに相談した。ダグは、”ボニーとは長くは続かないだろう”と言った。

 ニューヨークに戻ったブライアンは、ボニーの一流企業で、自分のアイデアが生かされると思っていたが、そうはいかなかった。理想の生活とは遠い、ヒモ男生活…。その不満は溜まっていき、ボニーと一緒に出席したパーティで酔っぱらって、不満が爆発する。そして、ボニーの元を離れたブライアン。

 彼には心に残る事があった。本当に恋をしたジョーダンの事だった。彼女がウェートレスをしている店を訪ねて、彼女と再会するブライアン。だが、ジョーダンの心は穏やかではなく、浮気したブライアンに容赦はなかった。

 それにもめげずに、ジョーダンの仕事の終わりを待ったブライアン。ジョーダンはブライアンを家に連れてきた。言い訳をするブライアンに、ジョーダンは、妊娠したと告げた。それを聞いて父親になる気を告げたが、ジョーダンは彼を追い出した。

 ブライアンは、パッドのところに、ジョーダンの妊娠の事について相談しに行ったりした。その後、またブライアンはジョーダンのマンションを訪ねたが、彼女はいなかった。隣人から、ジョーダンはパーク街の実家に戻ったと言われた。

 パーク街は富裕層が住む街。何か疑問に持ちながらも、父親になりたい事と、ジョーダンへの愛を貫きたい事で、パーク街のジョーダンの実家を訪ねたブライアン。ジョーダンの家は、金持ちだった。ジョーダンの父親リチャードが応対した。事情を知っているリチャードは、手切れ金として、1万ドルの小切手をブライアンに渡した。そこへ、ジョーダンが帰ってきた。ジョーダンは、自分が金持ちである事を言わなかったのは、自分を愛して欲しかったからだと言った。愛を告げるブライアンだったが、ジョーダンの心は開かない。ブライアンは小切手を破り去ってジョーダンの家を出た。

 ブライアンは行き先もなく、妻ケリーの金で運営しているダグの酒場へと向かった。雇って欲しいと。ダグのボートで酒を酌み交わしながら話すダグとブライアン。ダグは、妻の財産は投資に失敗してすってしまったと言って、ブライアンと一緒のバーテンダーだったころが懐かしいと話しをした。そこへケリーが来た。帰ろうというケリーに、ダグは帰らなかった。仕方なくブライアンがケリーを送った。彼女の家に着くと、彼女はブライアンを家に入れた。そして、若く魅力的なブライアンに肉体関係を迫ったのだ。親友を裏切れないブライアンはケリーの誘いを断り、ボートのダグの様子を見に行った。

 ダグは死んでいた。自殺であった。葬儀の後、ブライアンの元にダグの遺言状が届いたのだった。

 ブライアンは、ダグのように人生に後悔はしたくないと、再びジョーダンの家を訪ねた。守衛が行く手を遮るが、振り切ったブライアン。エレベータを上り、最上階のジョーダンの家に着いた。今度は執事が行く手を遮った。構わず、ブライアンはジョーダンに会った。必死に愛を告白するブライアン。ジョーダンは応じない。そこへリチャードが来た。ブライアンを帰らそうとした。それにもめげずに、心からの愛を告白。ジョーダンの心が少しずつ開いた。彼女の中には、まだブライアンへの愛情があったのだ。”家を出たら二度と敷居はまたぐな”と最愛の娘のジョーダンに言うリチャード。ブライアンの愛が勝った。ブライアンと一緒に家を出るジョーダンがいた。

 叔父パッドのバーで結婚を祝われるブライアンとジョーダンがいた。

結末・ラスト

 ブライアンは自分のバーを持った。”フラナガンの店 カクテルと夢”というバーを。バーテンダーとして生き生きと働くブライアン。ジョーダンと、まだ見ぬ子供のために。ブライアンは客からせがまれ、パフォーマンスの詩を披露した。子供に向けた素晴らしい詩を。それを聞いていた身重のジョーダンは、子供が双子である事を告げて、ブライアンを驚かした。

 喜んだブライアンは、客におごりで酒を振る舞うのであった。

レビュー・感想・解説・評価

ストーリー・ネタバレはクリックミー(上部へ移動)
レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

 ヘイウッド・グールドの本を元に、彼自身が脚本を書き、ケヴィン・コストナーの「追いつめられて」などを監督したロジャー・ドナルドスンが監督した若いバーテンダーの青春・ロマンスを描いた映画。主演のバーテンダー、ブライアンに扮するのは見事なパフォーマンスで魅せるトム・クルーズ。ブライアンに3人の女性が交わる事になるが、本命のジョーダンを演じるのはエリザベス・シュー。また、ブライアンの親友となるバーテンダーのパットにはブライアン・ブラウン。他にはケリー・リンチやジーナ・ガーションの姿も見える。

 バーテンダーの青春と恋愛を描くが、ストーリーがtoikunには向かなかった。”パフォーマンス”は良かった。欲を言えばMuch Moreだが。だがしかし、”そんなにとっかえひっかえ女と寝るな”なんて思ったりした。こんな展開の男の末路が最悪だったなら救われたかもしれない。toikunが。丸く収まるのは納得いかない

 ブライアン・ブラウンもエリザベス・シューも少し”薄”かった。演出のせいか、時代のせいか…。サクセスストーリーもなく、どうでもいいような展開だった。ただ閉口、意図不明瞭。

 魅せたのはパフォーマンスだけかな…あぁ、映画ではありきたりではあるが、それでも、ジョーダンが実は金持ちだったということは展開の唯一の救いではある。

 うる覚えで「ショーガール」の2人が共演しているなと思っていたら、それは”エリザベス・バークリー”とジーナ・ガーションだったのね…。蛇足。

 バーで流される世間的に高く評価された音楽、そしてクルーズのパフォーマンスを楽しもうではないか。

by .

[感想・レビュー]投稿フォーム

アナタのレビュー・評価を載せてみよう!

お名前:

メールアドレス:

ホームページURL:

評価を10点満点でお聞かせ下さい。(必須)

10点  
9点  
8点  
7点  
6点

5点  
4点  
3点  
2点  
1点

映画の感想・レビューをお聞かせください。T's Theaterのこのページに掲載させて頂きます。

レビューの表示例

『映画ファン』さんのレビュー・評価

投稿日時:20??/??/?? 15:59:46

4点/10点満点中★★★★☆☆☆☆☆☆

ホームページ

コメント:

(コメントをどうぞ。)

T's Theaterへのお問い合わせフォームはコチラ(別ページで開きます)

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

http://blog.livedoor.jp/tomo24sawara/

ともちんが通りますよ

削除されました(泣)

レビュー・アン・ローズ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com