NAVI × 作品データあらすじ 主要登場人物 アカデミー賞 スタッフ キャスト 詳しいストーリー ストーリーの結末 感想・レビュー 関連作品・関連ページ [感想・レビュー]投稿フォーム このページの一番上へ T's Theaterのメニュー
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES映画の総合情報サイト
411Twitter、フォローお願いします!0 0001
映画『JOHN Q』「ジョンQ-最後の決断-」<2002年:アメリカ>

ATTENTION:T's Theaterでは映画作品のあらすじだけでなくストーリーのネタバレ結末まで記載しています。映画レビューはストーリーの下方にあるので映画をご覧になっていない方はお気を付け下さい。

映画「ジョンQ-最後の決断-」あらすじ,ネタバレ,レビュー

作品データ

IMG from Amazon

原題:

JOHN Q

邦題:

ジョンQ-最後の決断-

製作年:

2002年

製作国:

アメリカ

上映時間:

ジャンル:

ドラマ 犯罪もの

あらすじ

この映画にはtoikun以外のレビューはまだありません。

詳細作品データ

主要登場人物

    主要登場人物配役(役名俳優)
  • ジョンQデンゼル・ワシントン
  • マイクダニエル・E・スミス
  • グライムズ警部補ロバート・デューヴォール
  • 本部長レイ・リオッタ
  • ターナー外科医ジェームズ・ウッズ
  • 医院長レベッカ・ペインアン・ヘッシュ

アカデミー賞

受賞:なし

ノミネート:なし

スタッフ(製作・監督・脚本・撮影・音楽)

Producer:Mark Burg, Oren Koules
製作:
Director:Nick Cassavetes
監督:
Writer:James Kearns
脚本:
Cinematographer:Rogier Stoffers
撮影:
Original Music:Aaron Zigman
音楽:

キャスト・出演者

Cast:Denzel Washington,Robert Duvall, James Woods, Anne Heche, Eddie Griffin, Kimberly Elise, Shawn Hatosy, Ray Liotta,David Thornton, Ethan Suplee, Kevin Connolly, Paul Joohansson, Heather Wahlquist, Troy Beyer,Obba Babatunde, Troy Winbush, Laura Harring, Larissa Laskin, Dina Waters, Martha Chaves, Daniel E. Smith
出演:
T's Theater新作映画紹介[あらすじ&レビュー]
他4作品の公開前・公開中の新作映画リストを開く

ストーリー・ネタバレ

 アメリカのある街。ジョンQは、仕事を半分に減らされながらも、妻デニースと息子のマイクと何とか暮らしていた。正規の時間を働きたいジョンであったが、不況のためかそれにはなかなか着けないでいた。

 そんなある時、マイクが野球の試合で倒れてしまった。急いで病院に運び込むジョン。ジョンの前に非常な自体が告げられた。心臓外科の権威ターナーから、マイクは心臓病に冒されたと告げられるのだ。助けるには移植リストに名を連ねて、心臓移植を待つしかない。そんなジョンを医院長のペインは更に突き放した。お金がないとリストには載せられないと。ジョンは会社の保険には入っていたが、それは半分の時間しか働いていないジョンにとってはとても不十分なものであり、金が用意できないのだ。そのことで病院側はマイクを退院させると言い出した。

 そこでジョンは思わぬ行動に出る。銃を持ち病院を占拠したのだ。お金のない彼の目的はただ一つ、息子の命のために、銃でマイクをリストに載せることだった。

 警察はすぐに動き出す。グライムズ警部補が指揮を執り、病院を取り囲む。しかしジョンにとっては想定の範囲内。ジョンは慌てず騒がず医師や他の患者に優しく接し皆の理解を得るようになる。

 時間は刻々と過ぎていった。市民を守るためではなく、選挙での自分の地位を得ようと考えた警察の本部長が、ジョンを射殺しようと部下を病院のビルに潜り込ませる。これは巧くはいかなかったが、ジョンは傷を負う。その傷をいやす病院のスタッフたち。ジョンと彼の人質の間には一種の信頼感が芽生えていた。

 またテレビの放送などで、心を痛めたペインは移植の待機者リストにマイクの名前を載せる。だがそれを知らないジョンは自分が自殺して、マイクのドナーになると言い出した。

結末・ラスト

 一度は拳銃の引き金を引くが安全装置で難は逃れた。そんなジョンの元に奇跡の朗報が届けられる。ドナーが現れたのだ。息子の手術を見て、クライムズに身柄をゆだねるジョン。

 3ヶ月後、ジョンに対する裁判の判決が言い渡された。陪審員たちの寛大な評価に、ジョンは一部の罪を免れることができた。拘置所に戻されるときに、彼は元気になったマイクに言うのだった。「家長としてしっかりしろ」と。

レビュー・感想・解説・評価

ストーリー・ネタバレはクリックミー(上部へ移動)
レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

 「シーズ・ソー・ラブリー」などの監督で、俳優としても活躍するニック・カサヴェテス監督作品。タイトルロールのジョンQを演じるのは今や名優デンゼル・ワシントン。警部補の役で「ゴッドファーザー」などの、こちらも名優ロバート・デューヴォール、他にジェームズ・ウッズ、アン・ヘッシュ、レイ・リオッタなど。

 キャストだけを見ると個性的な役回りの人物が集まり、とてもワクワクしそうな映画だが、とてもそうはいかなかった作品であった。116分がとても短く感じられたのだ。これが楽しかったから短かったのではないのだ。単に短かったからとしか感じられない。こういう状態だからウッズやリオッタをもっと悪者にさせて際だたせたり、デューボールをもっといつもの芯のある温かい男に描いても、十分時間的にだぼついた展開にはならなかったであろう。

 人質犯と人質が心を通わせることを、なんて言う用語で言っただろう。この映画にもお決まりのそれがある。しかしあまりにストレートすぎて特に心に響くことはなかった。

 臓器提供、生活保護、それらにはとても考えさせられる映画にはなった。格差の広がる日本社会では、この映画のようなことは、起きていないが、子供に臓器を提供させるためにボランティアでお金を得て、国を超えるという話はニュースで目にする。彼らの”生”を願い、また臓器提供意思表示カードは、提供の如何に関わらず持つべきだと思う。

by .

[感想・レビュー]投稿フォーム

アナタのレビュー・評価を載せてみよう!

お名前:

メールアドレス:

ホームページURL:

評価を10点満点でお聞かせ下さい。(必須)

10点  
9点  
8点  
7点  
6点

5点  
4点  
3点  
2点  
1点

映画の感想・レビューをお聞かせください。T's Theaterのこのページに掲載させて頂きます。

レビューの表示例

『映画ファン』さんのレビュー・評価

投稿日時:20??/??/?? 15:59:46

4点/10点満点中★★★★☆☆☆☆☆☆

ホームページ

コメント:

(コメントをどうぞ。)

T's Theaterへのお問い合わせフォームはコチラ(別ページで開きます)

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

ともちんが通りますよ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com