NAVI × 作品データあらすじ 主要登場人物 アカデミー賞 スタッフ キャスト 詳しいストーリー ストーリーの結末 感想・レビュー 関連作品・関連ページ [感想・レビュー]投稿フォーム このページの一番上へ T's Theaterのメニュー
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES映画の総合情報サイト
587Twitter、フォローお願いします!0 0001
映画『THE BUCKET LIST』「最高の人生の見つけ方《aka バケット・リスト》」<2007年:アメリカ>

ATTENTION:T's Theaterでは映画作品のあらすじだけでなくストーリーのネタバレ結末まで記載しています。映画レビューはストーリーの下方にあるので映画をご覧になっていない方はお気を付け下さい。

映画「最高の人生の見つけ方」あらすじ,ネタバレ,レビュー

作品データ

IMG from Amazon

原題:

THE BUCKET LIST

邦題:

最高の人生の見つけ方

製作年:

2007年

製作国:

アメリカ

上映時間:

ジャンル:

ドラマ ロードムービー

あらすじ

この映画にはtoikun以外のレビューはまだありません。

レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

詳細作品データ

主要登場人物

    主要登場人物配役(役名俳優)
  • 病院経営者エドワード・コールジャック・ニコルスン(ジャック・ニコルソン)
  • 物知り自動車修理工カーター・チェンバースモーガン・フリーマン
  • カーターの妻ヴァージニアビヴァリー・トッド(ビバリー・トッド)
  • エドワードの秘書トーマス(トミー)ショーン・ヘイズ(ショーン・へイス)
  • エドワードの主治医ホリンズロブ・モロー(ロブ・モロウ)

アカデミー賞

受賞:なし

ノミネート:なし

スタッフ(製作・監督・脚本・撮影・音楽)

Producer:Craig Zadan, Neil Meron, Alan Greisman, Rob Reiner
製作:
Director:Rob Reiner
監督:
Writer:Justin Zackham
脚本:
Cinematographer:John Schwartzman
撮影:
Original Music:Marc Shaiman
音楽:

キャスト・出演者

Cast:Jack Nicholson,Morgan Freeman, Sean Hayes, Beverly Todd, Alfonso Freeman, Rowena King, Rob Morrow
出演:

ストーリー・ネタバレ

 アメリカ。様々な知識を得ることを趣味としてきたカーター・チェンバースは、自動車修理工として数十年を働き、妻ヴァージニアと共に子供3人を育て上げ、孫にも恵まれていた。まだ老いるには早いと日々働いていた。

 コーヒーのコピ・ルアクを愛し、若い頃からその実力か幸運か、それまた性格かで莫大な富を手にしたエドワード・コール。現在は大病院を経営している。結婚には3度失敗し、一人娘とも疎遠になったが、気にはならなかった、正確には…。

 そんな性格から趣味から肌の色まで違うが、”元気な働く高齢者”という共通点では一緒の2人が出会うことになる。エドワードの病院で、2人部屋の同じ部屋で、つまりは入院することで。元気が取り柄というのも共通点ではあった今回入院するまでは。

 最初は話すことさえなかったカーターとエドワード。カーターにはヴァージニアをはじめとする数々の面会人が現れるが、エドワードに面会に来るのは秘書のトーマスだけであった。別にカーターはエドワードを哀れみの目で見ていたわけでもなく、エドワードはカーターを羨んでいるわけもなかった。

 だが同じ病室である。二言三言交わすと普通に会話をするようになった。彼らには共通点はもう1つ出来た。余命が持って1年という癌を患っていること。病院のドクターはそのことを当然のように本人に伝えた。2人は絶望することはなかった。

 ある時、カーターは書き物をしていた。それが気になったエドワードは、何を書いているのかを聞くが、カーターは答えることはしなかった。だがある時、丸めて床に投げた紙をエドワードは見た。そこには”バケット・リスト”と題された、カーターが死ぬまでにやっておきたいことが書かれていた。エドワードは、そのリストに自分が死ぬまでにしたいことを付け加えた。それにカーターは気付いた。カーターにとっては、リストの項目は、1人では決して実現可能であったわけではないかもしれない。だが、エドワードは病院を経営するほどの大金持ちである。そのエドワードが持ちかける、”どうせ乗りかかった船、お互いに死ぬのだ。やろう!”と。

 カーターの妻ヴァージニアは夫の急の行動に反対だった。急だし、何よりおかしい。”病院を出て”やりたいことをやるなんて。持ちかけたエドワードに当たった。そんなヴァージニアの反対にも、カーターは気持ちが変わることなく、エドワードと2人、”退院”する。

 2人はリストに書いた死ぬまでにやりたい様々なことをやった。スカイダイビングに始まり、あこがれの車に乗ってのカーレース、もちろん、カーターは金持ちではないので、エドワードが金を出しているのだが、2人にとってはそんなの関係なかった。もはや”親友”であった。

 カーターにとって、エドワードが娘に会わないのが不思議だった。仲が悪くなったとしても親子である。会うのが当然と、”バケット・リスト”に、エドワードが娘に会うことを付け加える。が、エドワードは即座に取消線を入れるのであった。

 エドワードの自家用ジェット機で世界中を回るエドワードとカーター、そして2人の世話をするためのおまけのトーマス。

 2人が世界を回る中で、元気でずっと回れるわけではなかった。時にカーターは吐血したりもする。余命を告げられているのである、当然だ。そんなカーターを心配してヴァージニアがエドワードに電話、エドワードもさすがに帰ろうというがカーターは首を縦には振らなかった。

 本当に世界中を旅してきたエドワードとカーター。彼らはアメリカに戻った。トーマスが運転する車で帰路につく中、車はエドワードの娘が暮らす家に来た。これはカーターがトーマスにさせたものであった。どうしても死ぬまでに娘さんに会わせておきたいと。だが、エドワードは心から怒った。今さらどの面を下げてあったらいいのか、分からなかったせいもあるかもしれない。エドワードは娘には会わずに帰ってしまった。

 エドワードとカーター、2人は家へ戻った。エドワードは家族に囲まれる一家団欒が待っていた。カーターには…1人で過ごす”楽しい”日々が待っていた。

 だがそんな日々は長く続くわけもなかった。カーターが倒れた。エドワードの病院へと入院した。連絡が入ったエドワードもすぐに友に会いに行った。彼らは”話した”。カーターはエドワードに手紙を渡した。

 手紙にはカーターのエドワードに対する思い、そして身を案じる言葉で溢れていた。その言葉に添うかのように、エドワードは娘に会った。そして幼い娘の娘、つまり孫を抱くことも出来たのであった。

結末・ラスト

 カーターの方が先に旅立った。葬式で弔辞を読み上げるエドワードの姿があった。カーターは火葬され、缶に入れられヒマラヤにその缶は置かれた。

 そう間もおかず、エドワードも逝った。カーターと同じように、火葬され缶に入れられ、その缶は”カーターの隣”に置かれた。”バケット・リスト”の最上段の項目、”荘厳な光景を見る”という項目がチェックされ、彼らと共に置かれたのであった。幻想的な光景を目にする。

レビュー・感想・解説・評価

ストーリー・ネタバレはクリックミー(上部へ移動)
レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

 アメリカ映画界、いや世界の映画界が誇る名優ジャック・ニコルスンとモーガン・フリーマンが共演したロードムービー風ドラマ。フリーマンは「ショーシャンクの空に」でしたように今作で語りもしている。メガホンをとるのは数々の作品で俳優としても活躍するロブ・ライナー。モーガン・フリーマンの息子アルフォンソ・フリーマンも、親子役で出演している。

 共演する2人の名優の役柄的には、彼らがそれぞれの作品で今まで見せてきたものと同じような役が見られる。ニコルスンは苦虫を噛み潰したような感じ、フリーマンはと言うと、穏やかな。何て言うかな、表現は簡単なんだよな、そういう役柄が多いから。イメージ。”一辺倒”という言葉をこの作品に送ればいいのかな、良い意味で。今まで酸いも甘いも演じてきた彼らだから出来て、彼らだから、見ている者に通じる。素晴らしい。

 この2人が出ていると悪く作るのが難しい、そう言ってしまうとロブ・ライナーには申し訳ないのだが、ラストのヒマラヤ(?)に置かれるのは巧いなぁと思った。この名優をキャスティング出来て、本当に監督冥利に尽きるライナーだなと思う。

 ところで、この作品中ニコルスンが演じるエドワードは、秘書のトーマスの本名を言っていない。何を言っているかというと、”トーマス”は本名ではないのである。”固い名前は変える”というのがエドワードの性格なのである。このことについて、「セント・オブ・ウーマン 夢の香り」で、ウィスキーのジャック・ダニエルを”ジョン・ダニエル”とあいしょうをこめて呼んだアル・パチーノが思い浮かんだ。とても微笑ましかった。

 toikunは本当に幸運にも日本ではまだ未公開の今日、この作品を試写させていただく機会をもらった。様々なメディアの高評価を見て、とても見てみたかったので、観客冥利に尽きる、批評家冥利に尽きるラッキーなtoikunであった。

 劇中のコーヒー、コピ・ルアクについては、こちらのWikipediaをどうぞ。

 大いに笑い、大いに歌う名優、ここにあり。

by .

[感想・レビュー]投稿フォーム

アナタのレビュー・評価を載せてみよう!

お名前:

メールアドレス:

ホームページURL:

評価を10点満点でお聞かせ下さい。(必須)

10点  
9点  
8点  
7点  
6点

5点  
4点  
3点  
2点  
1点

映画の感想・レビューをお聞かせください。T's Theaterのこのページに掲載させて頂きます。

レビューの表示例

『映画ファン』さんのレビュー・評価

投稿日時:20??/??/?? 15:59:46

4点/10点満点中★★★★☆☆☆☆☆☆

ホームページ

コメント:

(コメントをどうぞ。)

T's Theaterへのお問い合わせフォームはコチラ(別ページで開きます)

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

http://blog.livedoor.jp/tomo24sawara/

ともちんが通りますよ

削除されました(泣)

レビュー・アン・ローズ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com