NAVI × 作品データあらすじ 主要登場人物 アカデミー賞 スタッフ キャスト 詳しいストーリー ストーリーの結末 感想・レビュー 関連作品・関連ページ [感想・レビュー]投稿フォーム このページの一番上へ T's Theaterのメニュー
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES映画の総合情報サイト
458Twitter、フォローお願いします!0 0011
映画『THE CELL』「ザ・セル」<2000年:アメリカ,ドイツ>

ATTENTION:T's Theaterでは映画作品のあらすじだけでなくストーリーのネタバレ結末まで記載しています。映画レビューはストーリーの下方にあるので映画をご覧になっていない方はお気を付け下さい。

映画「ザ・セル」あらすじ,ネタバレ,レビュー

作品データ

IMG from Amazon

原題:

THE CELL

邦題:

ザ・セル

製作年:

2000年

製作国:

アメリカ ドイツ

上映時間:

ジャンル:

SF スリラー

あらすじ

この映画にはtoikun以外のレビューはまだありません。

レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

詳細作品データ

主要登場人物

    主要登場人物配役(役名俳優)
  • 心理学者キャサリン・ディーンジェニファー・ロペス
  • 殺人鬼カール・スターガーヴィンセント・ドノフリオ
  • 捜査官ピーター・ノバクヴィンス・ボーン
  • ケント博士マリアンヌ・ジャン・バチスト

アカデミー賞

受賞:なし

メーキャップ賞ノミネート: Michèle Burke, Edouard F. Henriques

スタッフ(製作・監督・脚本・撮影・音楽)

Producer:Julio Caro, Eric McLeod
製作:
Director:Tarsem Singh
監督:
Writer:Mark Protosevich
脚本:
Cinematographer:Paul Laufer
撮影:
Original Music:Howard Shore
音楽:

キャスト・出演者

Cast:Jennifer Lopez, Vince Vaughn, Vincent D'Onofrio, Marianne Jean-Baptiste, Jake Weber, Dylan Baker,James Gammon
出演:
T's Theater新作映画紹介[あらすじ&レビュー]
「アフターマス」9月16日、シネマート新宿他、全国ロードショー! 公式サイト

ストーリー・ネタバレ

 心理学者のキャサリン・ディーンは精神分裂病患者の症状を治すために、その人の精神に入り込むという最先端の治療に当たっていた。しかし、患者である分裂病で昏睡状態の少年には、なかなか効果が現れないでいた。

 そんな彼女の働く研究所にFBIからの協力要請が来た。昏睡状態の連続女性殺人犯カール・スターガーの精神に入ってほしいというものだった。この殺人犯は、女性を40時間セル(檻)の中に生かしておき、その後自動的に溺死させるようにする手口で次々と女性を殺害していった。カールが逮捕されたまではよかったが、未だ彼が誘拐されたとされる一人の女性が見つかっていないのだ。時間的にみてさらわれた時から40時間たつまでに残り少ないのだ。そこでFBIはカールの精神に入って女性の居場所を聞き出してほしいと行って来たのだ。

 少年の精神に入ることでさえ重荷になるのに、連続殺人鬼の精神に入ることは、大いなる危険を意味していた。そのことでキャサリンは二の足を踏むのだが、かつての犠牲者の溺れる様を撮ったビデオを見て決心するキャサリン。

 さていざカールの精神に入ってみると、あまりの凄まじさに驚嘆をするキャサリン。カールが今まで手に掛けてきた女性たちのおぞましい姿、迷宮的な彼の精神、そのなかで唯一希望が見えてきそうなのが、カールの少年時代の姿だった。迷宮を走り回るカール少年に少しずつ近づくキャサリン。わずかだがふれ合えた。しかしすぐさまおぞましい悪魔のようなカールが現れ、脱出を余儀なくされてしまう。

 凄惨な事件を起こすものは、子供時代に虐待を受けた経験があるものも少なくない。女性をどうしても救いたいと考えるFBI捜査官ピーターは、『自分の受けた虐待はカール以上のものだ。どんな人も虐待を受けたからといって殺人に走るのはおかしい』と暗にキャサリンに伝え、彼女の支えとなる。

 そして再びカールの精神に入っていくキャサリン。その中で子供時代になんとも見るに耐えない虐待をカールが受けていたことをしり、ひどく同情を覚える。しかしそれも束の間、残虐なカールの精神はキャサリンをとらえてしまった。抜け出すに抜け出せない。異常を察知した外の科学者たちだがどうすることもできない。無理に彼女を戻すことは、彼女の死を意味していてできないのだ。そこでピーターが彼女を救うためにカールの精神に入ることを決意する。

 素人ということもあり、カールの精神に押しつぶされそうになるピーター。しかしなんとか捕らえられたキャサリンを呼び覚ました。しかも女性が捕らえられている場所のヒントをつかんだピーターは、強引にキャサリンとともにカールの精神から脱出。精神的に非常に疲れた状態であるのにも関わらず捜査を指揮するピーター。一方キャサリンは、どうしてもカールを救いたいと願った。今度は自分の精神にカールを招き入れたのだ。

結末・ラスト

 そこはキャサリンのルールが支配するキャサリンの世界、おぞましいカールをやっつけ、少年のカールを救おうとする彼女だったが、悲しくもそれはならず、カールは静かに息を引き取った。また、捕らえられた女性の居場所を突き止めたピーターは溺れる寸前のところの彼女を助けるのだった。

 その後、友情を抱えたキャサリンとピーターは事件の解決に抱き合うのだった。

レビュー・感想・解説・評価

ストーリー・ネタバレはクリックミー(上部へ移動)
レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

 今、なにをやっても成功しているような女性ジェニファー・ロペスが、精神世界を舞台に活躍するSF的スリラー。競演ではヴィンセント・ドノフリオやヴィンス・ボーンといった濃く、ごついイメージのある男優たちが脇を固める。

 なんといっても映像美は見事である。どんな画像でも作れそうな昨今だが、この映画で改めてテクノロジーの進歩を感じる。が、グロさもまたしかり、すさまじいものがある。そのグロい映像も確かに驚嘆するほど美しい!だがtoikunはもうダメー。目を覆うことしばしば、吐き気をもよおすほどではなかったのだが、そっち方面に弱い方は要注意作品である。

 ジェニファー・ロペス、いやーいくら背景がきれいだと言っても彼女にはかなわないだろう。時に妖艶に、時に尊厳さをもち魅了してくれた。あの目で見られたら、もー惚れるでしょう。

 いやはや映画のサイトを運営していながら劇場で映画を見るのは去年の冬だったか「スペース カウボーイ」以来となってしまった。いくら忙しいといえどもいけないなぁと思う。しかし久々の劇場、予告編を見るだけでもゾクゾクッと身震いをしてしまった。このワクワク感はいくつになっても変わらないな。すべてはそのままで…。

by .

レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

T's Theater新作映画紹介[あらすじ&レビュー]
「アフターマス」9月16日、シネマート新宿他、全国ロードショー! 公式サイト
[感想・レビュー]投稿フォーム

アナタのレビュー・評価を載せてみよう!

お名前:

メールアドレス:

ホームページURL:

評価を10点満点でお聞かせ下さい。(必須)

10点  
9点  
8点  
7点  
6点

5点  
4点  
3点  
2点  
1点

映画の感想・レビューをお聞かせください。T's Theaterのこのページに掲載させて頂きます。

レビューの表示例

『映画ファン』さんのレビュー・評価

投稿日時:20??/??/?? 15:59:46

4点/10点満点中★★★★☆☆☆☆☆☆

ホームページ

コメント:

(コメントをどうぞ。)

T's Theaterへのお問い合わせフォームはコチラ(別ページで開きます)

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

http://blog.livedoor.jp/tomo24sawara/

ともちんが通りますよ

削除されました(泣)

レビュー・アン・ローズ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com