NAVI × 作品データあらすじ 主要登場人物 アカデミー賞 スタッフ キャスト 詳しいストーリー ストーリーの結末 感想・レビュー 関連作品・関連ページ [感想・レビュー]投稿フォーム このページの一番上へ T's Theaterのメニュー
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES映画の総合情報サイト
616Twitter、フォローお願いします!0 0001
映画『THE NUMBER 23』「ナンバー23」<2007年:アメリカ>

ATTENTION:T's Theaterでは映画作品のあらすじだけでなくストーリーのネタバレ結末まで記載しています。映画レビューはストーリーの下方にあるので映画をご覧になっていない方はお気を付け下さい。

映画「ナンバー23」あらすじ,ネタバレ,レビュー

作品データ

IMG from Amazon

原題:

THE NUMBER 23

邦題:

ナンバー23

製作年:

2007年

製作国:

アメリカ

上映時間:

ジャンル:

ミステリー スリラー

あらすじ

この映画にはtoikun以外のレビューはまだありません。

レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

詳細作品データ

主要登場人物

    主要登場人物配役(役名俳優)
  • 動物管理官ウォルター・スパロー
    (本の中の人物フィンガーリング)
    ジム・キャリー
  • ウォルターの妻アガサ
    (本の中の人物ファブリッツィア)
    ヴァージニア・マドセン(バージニア・マドセン)
  • スパロー夫妻の息子ロビンローガン・ラーマン
  • アイザック先生
    (本の中の人物医者のマイルズ・フェニックス)
    ダニー・ヒューストン
  • 囚人カイル・フリンチマーク・ペルグリノ
  • ウォルターの昔の彼女で殺されたローラ・トーリンローナ・ミトラ
  • 本の中の人物イザベル・リティア・ハントリン・コリンズ(リン・コリンス)

アカデミー賞

受賞:なし

ノミネート:なし

スタッフ(製作・監督・脚本・撮影・音楽)

Producer:Beau Flynn, Tripp Vinson
製作:
Director:Joel Schumacher
監督:
Writer:Fernley Phillips
脚本:
Cinematographer:Matthew Libatique
撮影:
Original Music:Harry Gregson-Williams
音楽:

キャスト・出演者

Cast:Jim Carrey, Virginia Madsen, Logan Lerman, Danny Huston, Rhona Mitra, Lynn Collins, Mark Pellegrino,Patricia Belcher, Ed Lauter
出演:

ストーリー・ネタバレ

 アメリカ。動物管理官をしているウォルター・スパローには、妻アガサ、そして彼女との息子ロビンがいて幸せに暮らしていた。少なくとも今年の誕生日、2月3日までは…。

 この誕生日、ウォルターはいつも通り仕事に行って、あと少しで定時という時になった。だが管理局への電話によって彼に野良犬を捕獲するようにと言う指令が舞い込んだ。いつも通り手際よく捕まえられる…はずだった。だが今回に限り失敗してしまったウォルター。自分の誕生日のために待ち合わせしているアガサを待たせてしまった。ウォルターが待ち合わせ場所に行くと、アガサは近くの古本屋に入っていて、1冊の本を手にしていた。「The Number 23(ナンバー23)」というタイトルの本。作者はトプシー・クレッツ。その1冊の本からウォルター、そして彼の家族の歯車は狂っていった…。

 誕生日会が開かれた後、家に帰ったウォルターは、徐にその本を読み始めた。

 2月4日。昨日犬に噛まれたことから、ちょっとした精神鑑定を受けるウォルター。それが動物管理官としての義務、だが特に心に異常は見られなかった。休暇を勧められるウォルターはそうした。家に帰ったウォルターは本の2章を読んだ。それを読むと、何か自分の子供時代と似たことが書かれている感じがしたウォルター。本の中の主人公の刑事”フィンガーリング”は自分に似ていると…。彼はそのことをアガサに話した。だが彼女はそんな話しに取り合おうとはしなかった。

 2月5日。本は5章に入っていた。フィンガーリング刑事の彼女の名前はファブリッツィア。彼女には面白い性的趣向があって、脅されると気持ちいい…。また、フィンガーリングは女性が自殺しようとする現場に呼ばれた。助けようとするが、結局は助けられず、その女性は死ぬという結果に終わったが、女性が口にした”23”という数字が気になったフィンガーリングであった。

 その本を読み進めるウォルターは、作者のトプシー・クレッツが気になって調べたが、どうやらその作者は、この1冊の本しか書いていないようだった。また、ウォルターは、自分に関係する数字が”23”で溢れていると感じた。誕生日、名前、社会保障番号の全てが…。そのことをアガサとロビンに話すウォルター。アガサは相変わらず本のストーリーに興味はないが、思春期のロビンは飛び付いてきた。また、ウォルターはストーリー、そして”23”が気になり、夜中起き出しては、本を読み進めたり、”アガサの靴の数”を数えたりした。

 2月6日。アガサの勧めで学校の先生アイザックに会ったウォルター。文学史に明るい先生は、”世の中は23で溢れている”と言った。気にしすぎでは?何かあれば連絡するようにと言われるウォルターであった。

 家に帰っては本を読むウォルター。本の中の登場人物フィンガーリング刑事は、かなり”23”に拘るようになっていた。彼は精神科医に相談するなどして、休暇を取ることになった。心が荒れるフィンガーリング。彼女であるファブリッツィアの23足の靴を捨てたりした。

 荒れるフィンガーリングの様にとまではいかないが、ウォルターもかなり”23を感じる様になる”。妻アガサと話そうと、彼女が働く店に行こうと街を歩けば、目にする数字はほとんど”23”となっていた。その店ではアイザック先生とアガサが会って話していた…。会うことを止めたウォルターであった…。

 夜中、ウォルターは夢から覚めた。アガサを殺してしまうと言う悪夢から…。自分を落ち着かせるためか、彼は眠るアガサに書き置きを残して車で街に出た。目に入るのは”23”の数字ばかり。そんな彼が落ち着くためにホテルにやってきた。通された部屋は”23号室”ではなかった。

 ホテルで本を読み進めるウォルター。22章。最悪のストーリーであった。フィンガーリング刑事は、精神科医と浮気をしていた彼女ファブリッツィアを殺してしまったのだ。逮捕されたのは、その精神科医…。

 23章はなかった。エンディングさえなく、唐突に白紙で終わっていた「The Number 23(ナンバー23)」という本。彼が部屋から外を眺めると、誕生日の日に咬まれて逃がしてしまった犬ネッドを見かけた。ウォルターは、こんなに精神的に病んだのは、待ち合わせに遅れたためにアガサが見つけてしまったこの本、そして、その”遅刻”の根本的な原因はこの犬だと、ネッドを追った。

結末・ラスト

 ウォルターはネッドを追ってある墓地に来ていた。そこで麻酔銃を撃ってネッドを”倒した”ウォルター。そこへ神父、そしてネッドを飼っている人物が現れ…。

 なお、ストーリーは完全には記載していません。公開からしばらくしたら記載しようと思っています。

レビュー・感想・解説・評価

ストーリー・ネタバレはクリックミー(上部へ移動)
レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

ともちんさん、ありがとう!

 2004年の「オペラ座の怪人」などの監督ジョエル・シューマカーがメガホンをとり、コメディというカテゴリで有名になったキャリアも、ゴールデングローブ賞ウィナー、そしてアカデミー賞を取るのも時間の問題と思われるジム・キャリーが主演したミステリー・スリラー。キャリーがこの物語で”23”という数字に取り憑かれる男ウォルター・スパローを演じる。他にウォルターの妻アガサには「サイドウェイ」のオスカーノミニーのヴァージニア・マドセンなど。

 この映画はかなり人によって評価が分かれるであろうが、toikunにとってはかなりの良作となった。何が良かったか。

 ここまで”23”という数字を日常から引き出した脚本が素晴らしかった。”よくぞ考えた!”と。”こりゃ、もしかしたらオスカーかね?”、そう思える良さであった。

 また、”手堅い演出”のジョエル・シューマカーのこれまた良い演出に、”酔える”。

 劇中の展開として、実時間と、本のストーリー順という2つの時間軸があり入り交じるものの、それほど複雑ではないので心配はない。ただ、劇中の人物と本の中の人物を演じている俳優たちが同じであると言うことで、混乱するかもしれない。だが、これもシューマカーの狙った演出と伺える。

 そういえば、主人公が犯人というのは今年「パーフェクト・ストレンジャー」があったが全く趣が違って、見比べるとこの作品の良さが目立ったように思う。

 もうね、いつかのアカデミー賞で、”自分に投票すればよかった”などと言っていたジム・キャリー、本当に魅せるようになった。「マスク」の頃と比べて、当然ながら成長を感じることが出来る。

 あなたはこの作品をどう感じましたか?

 なお、ストーリーは完全には記載していません。公開からしばらくしたら記載しようと思っています。

by .

[感想・レビュー]投稿フォーム

アナタのレビュー・評価を載せてみよう!

お名前:

メールアドレス:

ホームページURL:

評価を10点満点でお聞かせ下さい。(必須)

10点  
9点  
8点  
7点  
6点

5点  
4点  
3点  
2点  
1点

映画の感想・レビューをお聞かせください。T's Theaterのこのページに掲載させて頂きます。

レビューの表示例

『映画ファン』さんのレビュー・評価

投稿日時:20??/??/?? 15:59:46

4点/10点満点中★★★★☆☆☆☆☆☆

ホームページ

コメント:

(コメントをどうぞ。)

T's Theaterへのお問い合わせフォームはコチラ(別ページで開きます)

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

http://blog.livedoor.jp/tomo24sawara/

ともちんが通りますよ

削除されました(泣)

レビュー・アン・ローズ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com