NAVI × 作品データ あらすじ 主要登場人物 アカデミー賞 スタッフ キャスト予告編 詳しいストーリー ストーリーの結末 感想・レビュー 関連作品・関連ページ [感想・レビュー]投稿フォーム このページの一番上へ T's Theaterのメニュー
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES映画の総合情報サイト
489Twitter、フォローお願いします!0 0001
映画『amour & turbulences《aka Love Is in the Air》』「恋のときめき乱気流」<2013年:フランス>

ATTENTION:T's Theaterでは映画作品のあらすじだけでなくストーリーのネタバレ結末まで記載しています。映画レビューはストーリーの下方にあるので映画をご覧になっていない方はお気を付け下さい。

映画「恋のときめき乱気流」あらすじ,ネタバレ,レビュー

作品データ

IMG from Amazon

原題:

amour & turbulences

邦題:

恋のときめき乱気流

原題訳:

愛と乱気流

製作年:

2013年

製作国:

フランス

上映時間:

ジャンル:

ロマンス コメディ

監督:

アレクサンドル・カスタネッティ

主演:

リュディヴィーヌ・サニエ ニコラ・ブドス

あらすじ

この映画にはtoikun以外のレビューはまだありません。

ニューヨークからフランスへ向かう飛行機で隣同士になった元恋人。女は結婚を控えているし男はカルイし、彼らの恋バナってあるのでしょうか?

レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

クリックすると下にジャンプします詳しいストーリー感想・レビュー

詳細作品データ[写真画像付き]IMGs' COPYRIGHT notations

主要登場人物

Main Cast:メインキャスト:役名:
Ludivine Sagnierリュディヴィーヌ・サニエ芸術家の“元カノ”ジュリー・ランボー
Nicolas Bedosニコラ・ブドス女たらしの元彼アントワーヌ
Jonathan Cohenジョナサン・コーエンアントワーヌの親友で病院の介護ヘルパーのユゴー
Arnaud Ducretアルノー・デュクレジュリーの婚約者フランク
Clémentine Célariéクレメンティン・セラリエジュリーの母親マリー

アカデミー賞

Winner:受賞:
Noneなし
Nominee:ノミネート:
Noneなし

スタッフ(製作・監督・脚本・撮影・音楽)

Producers:製作:
Mathieu Robinetマチュー・ロビネ
Julien Ralantoジュリアン・ララント
Catherine Bozorganカトリーヌ・ボゾルガン
David Poirotダヴィッド・ポアロ
Director:監督:
Alexandre Castagnettiアレクサンドル・カスタネッティ
Writer:脚本:
Vincent Angellヴィンセント・アンゲル
Cinematographer:撮影:
Yannick Ressigeacヤニック・レシゲアク
Original Music:音楽:
Nicolas Wauquiezニコラ・ウォキエ
Evymoonエヴィムーン

キャスト・出演者

Cast:キャスト:役名:
Ludivine Sagnierリュディヴィーヌ・サニエ芸術家の“元カノ”ジュリー・ランボー
Nicolas Bedosニコラ・ブドス女たらしの元彼アントワーヌ
Jonathan Cohenジョナサン・コーエンアントワーヌの親友で病院の介護ヘルパーのユゴー
Arnaud Ducretアルノー・デュクレジュリーの婚約者フランク
Brigitte Catillonブリジット・カティヨン飛行機でジュリーの隣の隣の女性クレア
Jackie Berroyerジャッキー・ベロワイエ銀婚式を迎えるクレアの夫アーサー
Clémentine Célariéクレメンティン・セラリエジュリーの母親マリー
Michel Vuillermozミシェル・ヴュイエルモーズ男性フライトアテンダントのジョルジュ

注目俳優(カメオ出演or下積み時代)

Cast:キャスト:役名:
説明:
Lila Saletリラ・サレトアントワーヌを狙う女性ステファニー
「恋のときめき乱気流」トレーラー

ストーリー・ネタバレ

この映画を未見の方へ:[ストーリーは最期まで表示されています]
ストーリーを途中までの表示にするストーリーを全て隠す

フランス人女性ジュリー・ランボーは芸術家。姓が同じ有名詩人のアルチュール・ランボーほど芸術家肌であるかというとそうでもない。友人に誘われてアメリカ・ニューヨークで個展を開くが散々な結果…。モノを整理整頓することが苦手なジュリーは付箋紙を貼ってそれにやるべき事を書くような女性。

そんなジュリーが個展を終えてジョン・F・ケネディ国際空港からフランス行きの飛行機に乗った。お金の節約の為にエコノミークラスを予約した彼女だが何故かビジネスクラスに載る事が出来てラッキー!…???

このフランス行きの便に乗ろうと急いでいる男アントワーヌはカルイ男。ニューヨークになにがしかの目的でやってきたアントワーヌだが出会った女性みんなに声をかけて寝てしまう始末。チョット寝坊…ってなったアントワーヌはフランスで予定があるので飛行機に乗る為急いだ。フライトアテンダントのジョルジュに許されて予約していたビジネスシートへ腰をかけた。

隣同士になったジュリーとアントワーヌだが実は彼らは元恋人同士。すごい偶然に驚き居心地が悪いジュリーとアントワーヌ。彼らは3年前に恋人だったのだが余りにアントワーヌが他の女性に手を出す為に別れてしまったのだ。アントワーヌと別れたジュリーは恋人のフランクと1週間後に結婚を控えている。昔のよしみで話をする事になるジュリーとアントワーヌ、ジュリーは結婚の話をした。そして妊娠していると嘘をついたのだ、誘われない為に…。

話をする前に居心地が悪くなっていた2人。ジュリーは母親マリーに電話をかけ、アントワーヌは親友ユゴーに電話した。さて、どうなるか…。

とあるパーティで知り合ったジュリーとアントワーヌ。それは女子トイレが混んでたからジュリーが男子トイレに入ってそこにアントワーヌが用を足していたというロマンチック…ではない。ジュリーは友人とアントワーヌについて話すと“近づくべきではない男”と言われる。それは同じくパーティに来ていたマリーも同じ考え。

帰ろうとしたジュリーはタクシーに乗り込んだところ、女性から逃げようとしたアントワーヌも同じタクシーに乗った、この事からアントワーヌはジュリーをエッフェル塔でのデートに誘った。金をかけたアントワーヌはそれによってスペシャルなものを見せるのだがジュリーはそれには傾かなかった。

デートを重ねれば…アントワーヌはレストランデートにジュリーを誘った。ジュリーは友人から聞いていたこともありアントワーヌが話す女性は全て彼の知り合いに見えてしまう。まぁ全員が全員アントワーヌを知らないかと言えばそうでもないのだが…。デートを重ねやがて身体も重ねるようになったジュリーとアントワーヌ。

バーでのデートではジュリーがアントワーヌにバンドに合わせてピアノを弾くようにおだてた。5歳から習っているピアノを披露しみなを感動させるアントワーヌだがジュリーは目の前の女性が全て“全てアントワーヌと関わりがあった女性”に見えてしまった…。アントワーヌは携帯電話やSNSで過去の女性たちと連絡を取っていたのだけれども…で、ジュリーはそれを全て切ったのだけれども…。

とある時はアントワーヌの来訪を待っていたジュリー。だが友人ユゴーに誘われて訪れたレストランでは“ユゴーの彼女として”アントワーヌを狙う女性ステファニーもいて家に行くのが遅くなってしまったアントワーヌ。その事でアントワーヌに失望したジュリー…。アントワーヌは信用して貰う為に同棲を持ちかけた。ジュリーの母親マリーは大反対だがジュリーは彼と一緒に住むことにした。

ジュリーには日本で芸術の勉強をするという夢があった。その為に奨学金に応募していたのだがジュリーと離れたくないアントワーヌが勝手に奨学金を“キャンセル”してしまった。その事を知ったジュリーは激怒して家を出てしまった。

だがしかしアントワーヌとは離れたくないと思っているジュリーは彼が謝罪に訪れたのを機にアントワーヌの家を訪れた。だがこの時にステファニーが家に居て彼女は裸…アントワーヌはステファニーをクローゼットに隠した。そこに間が悪くユゴーがやって来た。ステファニーはユゴーの恋人…。アントワーヌはユゴーを帰すと、場を取り繕う為に愛するジュリーも帰そうとするが彼女がステファニーに気付いた。ジュリーは泣いて出て行った…そしてこの後アントワーヌは戻って来たユゴーに階段から落とされて…。またやって来ていたステファニーが裸だったのは彼女が勝手に服を脱いでアントワーヌに迫ったから…。(おうおう、本当かぁ!?)

誤解を解く為に松葉杖をついてジュリーの家を訪れるアントワーヌだが彼女は不在で母親のマリーはジュリーにあてた伝言を伝えてくれなかった。これ以降アントワーヌとジュリーは会ってはいない、3年前の話。

結末・ラスト

こんな話をしていた2人と聞かされた近くの乗客達。向かい風や乱気流で到着が遅れたがパリへ着いて2人は別ルートを行く…。

ジュリーが夫となる恋人フランクの法律事務所へやって来た。フランクは弁護士。裏に控えていたジュリーが馴染み深いを声を聞いた、それはアントワーヌの。アントワーヌはフランクの事務所に就職面接にやって来たのだ。彼はフランクがジュリーの彼氏だとは勿論知らない。飛行機での失恋のことを話したアントワーヌは早々にその場を後にする。裏で聞いていたジュリーはアントワーヌが本当に自分のことを思っていたと知る。

ジュリーはフランクに“安定的な生活よりスリルがある方が良い”と言って別れを告げるとアントワーヌが乗るタクシーに飛び乗った!そしてキスをするとタクシーは動き出した…5年後にどうなるかは分からないけど、彼女たちに幸せあれ☆荒れ?

レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

レビュー・感想・解説・評価

ストーリー・ネタバレはクリックミー(上部へ移動)
レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]
恋のときめき乱気流
toikunの評価:6/10★★★★★★☆☆☆☆

すごい邦題に観たくなった本作、TSUTAYAにしかないから借りてきたよ!…なぜ限定?他にも許したらそれだけお客さんが借りるんじゃない?

現状日本で観られる監督作品は本作と「アルカンディアス テオと魔法の指輪」のみなアレクサンドル・カスタネッティ監督作品。

キャストを。

・ジュリーに扮するは「8人の女たち」、「パリ、ジュテーム」などのリュディヴィーヌ・サニエ。っても始めて意識したのは本作が始めて!可愛らしい女優さんだ☆

・元彼アントワーヌにニコラ・ブドス。おうおう何か某バスケ漫画の“ゴリ”みたいな風貌だけれどもフランス人俳優だから格好良い気がする!???他に「タイピスト!」という作品。

・知っている俳優さんなんていないんだけどミシェル・ヴュイエルモーズが何かコメディチックでオモシロく感じた☆

さて。

なんてエロティックなラブコメ!?女性が前をはだけるシーン、男性のアレをモチーフにしたオブジェ、セックスシーンは中東かインドの絵みたいなヤツで表現されてるし!最近になってフランスが製作国としてクレジットされる映画を多く観ているtoikun。挙げると「太陽と月に背いて」「神様メール」「トト・ザ・ヒーロー」「八日目」…あぁ「王妃マルゴ」もか。で、フランスのエロティック描写はアメリカ映画と違うなって感じていて本作でもそう思った。

特に「神様メール」では現実と妄想にヌードシーンがありコメディというジャンルもあって非常に似通っていると思った。

そして特筆すべきは2/3くらい物語が進んだ後で次から次へとシーンが移り変わるところ←ジュリーとアントワーヌが左から右へ歩いて行くところ。コレって推測だけど多分ワンカット。ってのもジョージ・クルーニー初監督作品「コンフェッション」で同様のシーンがあってDVDに付属のメイキングに“ワンカットで撮った、歩く俳優が大変だった”ってあったんだ。

本作ではワザとセットを紙?みたいな感じで安っぽくしていて“監督の意図が何なのかな?”って推測しても“笑わせたい?”ってしか感じ取ることが出来ないtoikun何だけど、特徴的で偽物セットで十分だった。

飛行機に乗っているシーンは乱気流で揺れたりするけど“ライトや何もかもセットだなぁ”って思ってしまった。こういう映画でやっぱり飛んでる時に撮ることが出来ないのかなぁ?「パニック・フライト」でも感じたことだけど。

あぁ~こーんなに気軽に観られるラブコメ好きですぅ!何にも考えなくていいだもの!ラブコメの名作「プリティ・ウーマン」なんてスゴク良く出来た作品だけど重さで言ったら激重だからね。

何でこんなゴリ男がモテるのか?って大いなる疑問だけど他の作品でイケメンだったら本当にファンの皆さんゴメンなさい!女性の皆さんはジュリーの行動に賛成しますか?

ビバ、フランス映画!…ってビバってイタリア語なの?じゃあ原題の通りアモール、フランス映画!

2016/05/14

by .

[感想・レビュー]投稿フォーム

アナタのレビュー・評価を載せてみよう!

お名前:

メールアドレス:

ホームページURL:

評価を10点満点でお聞かせ下さい。(必須)

10点  
9点  
8点  
7点  
6点

5点  
4点  
3点  
2点  
1点

映画の感想・レビューをお聞かせください。T's Theaterのこのページに掲載させて頂きます。

レビューの表示例

『映画ファン』さんのレビュー・評価

投稿日時:20??/??/?? 15:59:46

4点/10点満点中★★★★☆☆☆☆☆☆

ホームページ

コメント:

(コメントをどうぞ。)

T's Theaterへのお問い合わせフォームはコチラ(別ページで開きます)

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

http://blog.livedoor.jp/tomo24sawara/

ともちんが通りますよ

削除されました(泣)

レビュー・アン・ローズ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com