NAVI × 作品データあらすじ 主要登場人物 アカデミー賞 スタッフ キャスト予告編 詳しいストーリー ストーリーの結末 感想・レビュー 関連作品・関連ページ [感想・レビュー]投稿フォーム このページの一番上へ T's Theaterのメニュー
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES映画の総合情報サイト
430Twitter、フォローお願いします!0 0001
映画『16 BLOCKS』「16ブロック」<2006年:アメリカ>

ATTENTION:T's Theaterでは映画作品のあらすじだけでなくストーリーのネタバレ結末まで記載しています。映画レビューはストーリーの下方にあるので映画をご覧になっていない方はお気を付け下さい。

映画「16ブロック」あらすじ,ネタバレ,レビュー

作品データ

IMG from Amazon

原題:

16 BLOCKS

邦題:

16ブロック

原題訳:

16区画

製作年:

2006年

製作国:

アメリカ

上映時間:

ジャンル:

スリラー アクション

監督:

リチャード・ドナー

主演:

あらすじ

この映画にはtoikun以外のレビューはまだありません。

ベテラン刑事が囚人の護送に。僅か16ブロックを送るだけだが囚人が襲われる。その背後には悪徳刑事が…。

ブルース・ウィリス主演のアクションスリラー。脇役のデヴィッド・モースが光る作品!

詳細作品データ

主要登場人物

    主要登場人物配役(役名俳優)
  • ニューヨーク市警ジャック・モーズリー刑事ブルース・ウィリス
  • ジャックが護送するエディ・バンカーモス・デフ
  • ジャックの相棒フランク刑事デーヴィッド・モース
  • ジャックの妹ダイアンジェナ・スターン

アカデミー賞

受賞:なし

ノミネート:なし

スタッフ(製作・監督・脚本・撮影・音楽)

Producer:Jim Van Wyck, John Thompson, Arnold Rifkin, Avi Lerner, Randall Emmett
製作:
Director:Richard Donner
監督:
Writer:Richard Wenk
脚本:
Cinematographer:Glen MacPherson
撮影:
Original Music:Klaus Badelt
音楽:

キャスト・出演者

Cast:Bruce Willis,Mos Def, David Morse, David Zayas, Casey Sander, Jenna Stern, Cylk Cozart, Richard Fitzpatrick,Peter McRobbie, Kim Chan
出演:
「16ブロック」トレーラー
T's Theater新作映画紹介[あらすじ&レビュー]
「フレンチ・ラン」3月4日より渋谷シネパレス他、全国順次ロードショー! 公式サイト
他4作品の公開前・公開中の新作映画リストを開く

ストーリー・ネタバレ

 ニューヨーク市警のベテラン刑事であるジャック・モーズリーは、帰ろうとしたところを運悪く上司に捕まり、囚人を裁判所に送ることになる。留置場に着いたジャックは、サインをして、囚人であるエディ・バンカーを連れ車に乗り込んだ。

 裁判所までは僅か16ブロック先ながら、ニューヨークの道は渋滞していた。キレたジャックは、一人車を降り、行きつけの酒場で酒を買い、それを飲んだ。その時にエディを襲う男が現れた。エディが殺される、そんな瞬間、ジャックは男を射殺してエディを助けた。敵はいったい何者なのか?そんなことを考える間もなく、ジャックはエディを連れてその場を逃げ出した。

 ジャックが警察本部に事を告げた。その場所に現れたのは、無線を聞いたジャックの相棒フランクだった。最初は心強く思ったであろうジャックだったが、新たに現れた刑事の姿を見たエディの様子がおかしい。フランクは「悪さをした刑事仲間を救うためにエディを殺す」とジャックに言った。エディは、自分の罪を無くすかわりに、法廷にて悪徳刑事のことを証言することになっていた。そのエディを殺すことによって、芋づる式に自分たちが捕まるであろう事を回避したかったフランク。だが、ジャックはそれを許すまじと思い、相棒であったフランクに銃を向け、エディと共に逃げ出した。

 ジャックは妹ダイアンの家に行った。留守だったがカギを見つけて入り、荷を整えた。そこにはフランクの仲間がやってくるが、出し抜くジャック。外に出た後、エディを見失うジャックだったが、地下鉄の駅で見つけて一緒に裁判所に行こうと説得する。

 チャイナタウンに逃げ込むジャックとエディ。だが携帯電話の電波を探査され、フランクらに居場所が分かってしまう。壁越しに話すかつての相棒ジャックとフランク。フランクの「警官を売るな」という説得に、ジャックは耳を貸さなかった。

 ジャックとエディはアパートへと逃げ込んだ。そして親切な住人にドアを開けてもらい、ジャックはエディに身を整えさせた。そして、裁判所の検事に連絡を取った。そのことで居場所を知ったフランクの手が2人に迫るが、出し抜いた。

 2人はバスに乗り込んだ。乗客は20数名か、裁判所を目指させるが、バスのタイヤを撃たれてしまう。そしてジャックは、フランクによって、バスジャック犯とされてしまい、バスの周りはフランクら悪徳刑事を含めた警察に囲まれてしまった。

 交渉人から電話を受け取ったジャック。その電話で交渉人に自分の要求を言った。だがジャックはその要求は通らないことは始めから分かっていたので言っただけであった。すぐさま、人質を解放するジャック。その人質に紛れて外に出たエディ。ジャックは自分のみを犠牲にして、どさくさに紛れて一人で裁判所に向かわせる手はずだった。

 だが外に出たエディはバスに戻ってきた。ジャックを犠牲にさせたくなかったのである。4本のタイヤともパンクさせられながら、ジャックはバスを走らせた。そしてビルとビルの間の細い道を走って止まった。取り囲む警察の特殊部隊だったが、バスにはジャックとエディの姿はなかった。

 逃げ出した2人だったが、無事ではなかった。エディが腹を打たれていたのだ。ジャックは救急隊員である妹ダイアンを救急車と共に呼んだ。応急処置を受けたエディ。そんなエディにジャックは言った。自分も元は悪いことをしていたと。

 ジャックは救急隊員にエディをバスまで送らせて、一人裁判所に向かった。エディの代わりに自分のことをさらけ出して、証言するために。自分の罪が問われるのを気にはしなかった。

 裁判所に向かうジャックの前に再び現れたのはフランクだった。ジャックはフランクに銃を渡した。フランクはジャックを撃たなかった。裁判所に入るジャック。フランクは裁判所にいる仲間に射殺するように命じた。裁判所にバスジャック犯であるジャックが現れたことに、周囲はざわつく。

結末・ラスト

 検事がジャックの前に現れた。ジャックは自分が証言すると言った。そして、エディの犯罪記録の抹消を求めた。フランクの仲間は、ジャックを撃つ前に警察によって撃たれた。斯くして、ニューヨーク市警の悪徳警官は一掃されたのだった。

 2年の刑期を終えたジャックの元には、夢であったケーキ屋になったエディのケーキと手紙が届いていた。何よりもそれを誇りに思うジャックであった。

レビュー・感想・解説・評価

ストーリー・ネタバレはクリックミー(上部へ移動)
レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

 「リーサル・ウェポン」シリーズなどで知られるリチャード・ドナーが監督したアクション・スリラー。「ダイ・ハード」のジョン・マクレーン刑事と同じような”ツイてない”刑事ジャック・モーズリーに扮するは同シリーズで有名なブルース・ウィリス。そしてケーキ屋を夢見る囚人エディに扮するはモス・デフ、ジャックの”元”相棒フランクには「交渉人」など脇で固めるのが巧いデーヴィッド・モース。

 前情報は、”囚人を16ブロック先まで運ぶ”ということだけだった。何が起こるのかと期待して見た。だがその期待は裏切られる結果となった。ジャックの描き方が不十分で、どのような過程を経て、刑事仲間を裏切る気持ちになったのかが、伝わってこなかった。そして、「スピード」を少し彷彿とさせる、バスのアクションが中途半端に描かれ、また、デーヴィッド・モースが出ていることで、これまた「交渉人」を思わせる展開になりながら、それもまた中途半端。劇中のジャックに対する”運の悪いときに運の悪い場所にいる運の悪い男”という「ダイ・ハード2」の台詞をパクったような、似せた台詞には苦笑いが出てしまった。

 モス・デフをtoikunは初見だったので、あのしゃべり方が自なのかどうなのかは現在のところ判断がつかないが、悪い意味でアフリカンアメリカンに似させているなと感じた。自だったならば失礼にあたるが、もしそうでないならば、エディという男のどういう側面を描きたかったのか疑問符が残る。

 ”10時までに裁判所に着かなければならない”ということを盛んに劇中で言って、スピード感・緊張感を持たせようとするが、映画のこの出来では、はっきり言って無駄。

 また、「妻に浮気されているのでは?」などと期待?を持たせられるが、それが妻ではなくて妹だったなどと、どっちを向いても裏切られてしまった。残念。期待させるな。

 これほどまでに全てに否定してしまうと、某ブログもどきになってしまうのが嫌だが、映画への愛がある故と受け取って欲しい。

 なお、toikunが見たDVDには、本編とエンディングが異なっている”別バージョン”も収録されていた。これはこれで楽しめた。

by .

[感想・レビュー]投稿フォーム

アナタのレビュー・評価を載せてみよう!

お名前:

メールアドレス:

ホームページURL:

評価を10点満点でお聞かせ下さい。(必須)

10点  
9点  
8点  
7点  
6点

5点  
4点  
3点  
2点  
1点

映画の感想・レビューをお聞かせください。T's Theaterのこのページに掲載させて頂きます。

レビューの表示例

『映画ファン』さんのレビュー・評価

投稿日時:20??/??/?? 15:59:46

4点/10点満点中★★★★☆☆☆☆☆☆

ホームページ

コメント:

(コメントをどうぞ。)

T's Theaterへのお問い合わせフォームはコチラ(別ページで開きます)

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

ともちんが通りますよ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com