MENU Since 1999/08/28 T's Theater Integrated Information Site for MOVIES 映画の総合情報サイト
433 Twitter、フォローお願いします! 0 0 0 0 1

俳優ブルース・ウィリスのプロフィール,出演作品一覧,アカデミー賞

Bruce Willis ブルース・ウィリス

Bruce Willis

ブルース・ウィリス

誕生名(本名): Walter Bruce Willis
誕生日: 1955年03月19日(62歳)
誕生地(生誕地): 西ドイツ・ラインラント=プファルツ州ビルケンフェルト郡イーダー・オーバーシュタイン
アカデミー賞(オスカー):

ノミネート無し

<プロフィール>はクリック

フィルモグラフィー(俳優):

<1979>
  • 「The Driller Killer」(ドリラー・キラー)
<1980>
  • 「The First Deadly Sin」(第一の大罪)ノークレジット
  • 「」()

<1981>
  • 「」()
<1982>
  • 「The Verdict」(評決)ノークレジット
  • 「」()
<1983>
  • 「」()
<1984>
  • 「」()
<1985>
  • 「」()
<1986>
  • 「」()
<1987>
  • 「The Return of Bruno」(ブルース・ウィリスの逆襲)テレビ映画
  • 「Blind Date」(ブラインド・デート)
  • 「」()
<1988>
<1989>
  • 「In Country」(イン・カントリー)
  • 「Look Who's Talking」(ベイビー・トーク)声の出演
  • 「」()
<1990>

<1992>
  • 「The Player」(ザ・プレイヤー)
  • 「Death Becomes Her」(永遠に美しく…)
  • 「」()
<1993>
<1995>
<1996>
<1997>
<1999>
<2000>
  • 「The Whole Nine Yards」(隣のヒットマン)
  • 「The Kid」(キッド)
  • 「Unbreakable」(アンブレイカブル)
  • 「」()

<2001>
  • 「Bandits」(バンディッツ)
  • 「」()
<2002>
  • 「Hart's War」(ジャスティス)
  • 「Grand Champion」(ホーキーのおくりもの)
  • 「」()
<2003>
<2004>
<2005>
<2006>
<2007>
<2008>
  • 「Assassination of a High School President」(処刑教室)
  • 「What Just Happened」(トラブル・イン・ハリウッド)
  • 「」()
<2009>
  • 「Surrogates」(サロゲート)
  • 「」()
<2010>

<2011>
  • 「Setup」(セットアップ)
  • 「Catch .44」(キリング・ショット)
  • 「」()
<2012>
  • 「Lay the Favorite」(噂のギャンブラー)
  • 「The Cold Light of Day」(シャドー・チェイサー)
  • 「Moonrise Kingdom」(ムーンライズ・キングダム)
  • 「The Expendables 2」(エクスペンダブルズ2)
  • 「Fire with Fire」(ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い)
  • 「Looper」(LOOPER/ルーパー)
  • 「」()
<2013>
<2014>
  • 「Sin City: A Dame to Kill For」(シン・シティ 復讐の女神)
  • 「The Prince」(コードネーム:プリンス)
  • 「」()
<2015>
  • 「Vice」(デッド・シティ2055)
  • 「」()

フィルモグラフィー(監督):

    なし
toikunが思う彼の最高の作品: 「DIE HARD」(ダイ・ハード)<1988:アメリカ>
<フィルモグラフィー>のトップはクリック

プロフィール:

言わずと知れたアクションスターであるブルース・ウィリス。「ダイ・ハード」のジョン・マックレーン警部で見事スターダムにのし上がった。もちろんそんな彼も最高なのだが、助演としての彼も見事な演技をみせ、主役を引き立てる。アクションスターであり演技派という、素晴らしい俳優である。

「シン・シティ」では、もうすぐ60歳という男を演じたが、まだ枯れてはいなかった。

さて、役柄的にはルーザー、もしくは”ついていない男”というのが圧倒的に多い。一般的なアクションスターであるシルヴェスター・スタローンやアーノルド・シュワルツェネッガーのようなマッチョマンではなく、疲れ果てた男なのだ。その点が、見るものの共感を呼ぶのであろう。

何度も奥さんのデミー・ムーアとの離婚の危機を伝えられて、その都度危機を乗り越えてきたのだが、2000年に離婚した。

個人的に一番好きな俳優の一人なので、離婚によるスランプはないと思うのだが、大丈夫なことを祈る…と2000年代初期に思っていましたが、全くスランプはなかったですね。ところで離婚の理由は夫婦双方の浮気に寄るところが報じられていた。

このブルース・ウィリスに運命を感じることがあった。

toikunが映画を好きになったのは「ダイ・ハード」を見たからなのだが、これはテレビ朝日の日曜洋画劇場の放送作品だった。そしてその解説は淀川長治先生だった。そして先生の最後の解説作品が「ラストマン・スタンディング」であった。もちろん先生が亡くなったことにとても悲しく涙したが、その放送日もとても悲しくて見られなくて、途中でテレビを消してしまったぐらいだ。最高の解説者、淀川長治先生のご冥福をお祈りして、また大好きなブルース・ウィリスには、月並みであるが、もっともっとすごい名優になってほしいな。

「ダイ・ハード4.0」が2007年夏に公開された。これでジョン・マクレーンの勇姿も最後か。

2008/08/12

と、「ダイ・ハード/ラスト・デイ」も公開されましたね。これが本当に最後か?

フジテレビの「とくダネ!」で2015年5月27日に流れたのだが、ウィリスとデミー・ムーアとの娘ルーマー・ウィリスがテレビのダンスコンテストの決勝に出演したところに駆けつけた。ソートー親バカぶりが発揮されていて顔モテのウィリスが涙ぐむ姿があった。しかも驚いたのがデミムーとの3人の子供にはみんな親バカみたいで離婚したデミーとも共に写真に写ったりもしていた。ちなみにデミムーの親バカぶりもすごかった(汗)あ、ルーマーはデミムーとかなり似ていたことも付け足し。

2015/05/27

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

ともちんが通りますよ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com