NAVI × 作品データあらすじ 主要登場人物 アカデミー賞 スタッフ キャスト 詳しいストーリー ストーリーの結末 感想・レビュー 関連作品・関連ページ [感想・レビュー]投稿フォーム このページの一番上へ T's Theaterのメニュー
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES映画の総合情報サイト
422Twitter、フォローお願いします!0 0001
映画『THE Thomas Crown AFFAIR』「華麗なる賭け」<1968年:アメリカ>

ATTENTION:T's Theaterでは映画作品のあらすじだけでなくストーリーのネタバレ結末まで記載しています。映画レビューはストーリーの下方にあるので映画をご覧になっていない方はお気を付け下さい。

映画「華麗なる賭け」あらすじ,ネタバレ,レビュー

作品データ

IMG from Amazon

原題:

THE Thomas Crown AFFAIR

邦題:

華麗なる賭け

製作年:

1968年

製作国:

アメリカ

上映時間:

ジャンル:

スリラー ロマンス 犯罪もの

あらすじ

この映画にはtoikun以外のレビューはまだありません。

詳細作品データ

主要登場人物

    主要登場人物配役(役名俳優)
  • トーマス・クラウンスティーヴ・マックィーン
  • ビッキー・アンダースン調査員フェー・ダナウェー
  • エディー刑事ポール・バーク
  • 太った男アーウィンジャック・ウェストン

アカデミー賞

歌曲賞受賞: Slan Bergman, Marilyn Bergman, Michel Legrand

作曲賞ノミネート: Michel Legrand

スタッフ(製作・監督・脚本・撮影・音楽)

Producer:Norman Jewison
製作:
Director:Norman Jewison
監督:
Writer:Alan R. Trustman
脚本:
Cinematographer:Haskell Wexler
撮影:
Original Music:Michael Legrand
音楽:

キャスト・出演者

Cast:Steve McQueen, Faye Dunaway, Paul Burke, Jack Weston, Addison Powell, Gordon Pinsent, Yaphet Kotto,Sidney Armus, Richard Bull, Peg Shirley, Tom Rosqui, Michael Shillo, Biff McGuire, Astrid Heeren
出演:
T's Theater新作映画紹介[あらすじ&レビュー]
他4作品の公開前・公開中の新作映画リストを開く

ストーリー・ネタバレ

 銀行に強盗が入った。盗まれたのは小額紙幣ばかり総額200万ドルで大人数でかなり計画的であった。担当はエディー刑事。そんな彼の前に保険会社の調査員ビッキーが現れた。彼女は直感から実業家のトーマス・クラウンが主犯ではないかと考える。そしてクラウンに近づいていく。そして次第に彼が犯人だと確信する。クラウンは、自分を窮地に追い込むかもしれないビッキーの大胆さに惹かれ、ビッキーもクラウンに魅力を感じ始める。

 やがて2人は愛し合うようになるが、ビッキーは調査員である自分を捨てきれず、クラウンを追っていた。警察は有力な情報に賞金を出すと広告を載せた。広告にのってきたのは一味の一人アーウィンの妻だった。エディー達はそれからアーウィンを突き止め、彼から話を聞くが、彼は強盗の指揮者がクラウンであることを知らず、空振りとなる。

 クラウンはビッキーに仕事を捨て逃亡することを告げる。そしてまた、最後の仕事をすることも。彼女は、クラウンに捕まって欲しくないために止めるように説得するがそれを聞き入れない。

 そしてクラウンの指揮した銀行強盗が起きた。一味の一人が金を墓地のゴミ箱に入れた。クラウンはそれを取りに行く手はずだった。ビッキーはそのことをエディーに教え、墓地にはビッキーとエディー、以外に警官が張り込んだ。とはいうものの、クラウンには来て欲しくないと重うビッキー。

結末・ラスト

 そこへ黒塗りの車がやってきた。クラウンか?そう思って警官が車を包囲しドアを開けると中には郵便局員が乗っていた。彼はビッキーにクラウンの手紙を届けに来たのだ。

 その手紙にはこうあった。「先に立つことになった。金を返すか、金を持ってこっちに来て欲しい。」と。ビッキーはきっとクラウンを追うのであろう。

レビュー・感想・解説・評価

ストーリー・ネタバレはクリックミー(上部へ移動)
レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

 スティーヴ・マックィーンとフェー・ダナウェー共演のロマンス、スリラー。マックィーンがトーマス・クラウンを演じ、フェーがビッキーを演じる。他にエディー刑事にポール・バーク、クラウンが指揮した強盗一味の太った男アーウィンにジャック・ウェストンなど。1999年にピアース・ブロスナンとレネ・ルッソのコンビで「トーマス・クラウン・アフェアー」としてリメークされている。

 画面をいくつにも分割して、複数の場面を写すのがとてもおもしろく、スピード感がある映画だ。男の中の男とイメージがあるマックィーンがフェーと織りなすロマンスはとても美しく、それを素晴らしい音楽が盛り上げるのだ。最後ビッキーがクラウンを追うのか追わないのか描いて欲しかったなぁ。

by .

[感想・レビュー]投稿フォーム

アナタのレビュー・評価を載せてみよう!

お名前:

メールアドレス:

ホームページURL:

評価を10点満点でお聞かせ下さい。(必須)

10点  
9点  
8点  
7点  
6点

5点  
4点  
3点  
2点  
1点

映画の感想・レビューをお聞かせください。T's Theaterのこのページに掲載させて頂きます。

レビューの表示例

『映画ファン』さんのレビュー・評価

投稿日時:20??/??/?? 15:59:46

4点/10点満点中★★★★☆☆☆☆☆☆

ホームページ

コメント:

(コメントをどうぞ。)

T's Theaterへのお問い合わせフォームはコチラ(別ページで開きます)

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

ともちんが通りますよ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com