NAVI × 作品データあらすじ 主要登場人物 アカデミー賞 スタッフ キャスト 詳しいストーリー ストーリーの結末 感想・レビュー 関連作品・関連ページ [感想・レビュー]投稿フォーム このページの一番上へ T's Theaterのメニュー
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES映画の総合情報サイト
618Twitter、フォローお願いします!0 0001
映画『The World Is Not Enough』「007/ワールド・イズ・ノット・イナフ」<1999年:イギリス,アメリカ>

ATTENTION:T's Theaterでは映画作品のあらすじだけでなくストーリーのネタバレ結末まで記載しています。映画レビューはストーリーの下方にあるので映画をご覧になっていない方はお気を付け下さい。

映画「007/ワールド・イズ・ノット・イナフ」あらすじ,ネタバレ,レビュー

作品データ

IMG from Amazon

原題:

The World Is Not Enough

邦題:

007/ワールド・イズ・ノット・イナフ

製作年:

1999年

製作国:

イギリス アメリカ

上映時間:

ジャンル:

アクション スリラー

あらすじ

この映画にはtoikun以外のレビューはまだありません。

レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

詳細作品データ

主要登場人物

    主要登場人物配役(役名俳優)
  • ジェームズ・"007"・ボンドピアース・ブロスナン
  • 石油王の娘エレクトラソフィー・マルソー
  • テロリスト、レナードロバート・カーライル
  • クリスマス・ジョーンズ博士デニーズ・リチャーズ
  • マフィアのボス、ズコフスキーロビー・コルトレーン
  • Mジュディー・デンチ

アカデミー賞

受賞:なし

ノミネート:なし

スタッフ(製作・監督・脚本・撮影・音楽)

Producer:Michael G. Wilson, Barbara Broccoli
製作:
Director:Michael Apted
監督:
Writer:Neal Purvis, Robert Wade, Bruce Feirstein
脚本:
Cinematographer:Adrian Biddle
撮影:
Original Music:David Arnold
音楽:

キャスト・出演者

Cast:Pierce Brosnan,Sophie Marceau, Robert Carlyle, Denise Richards, Robbie Coltrane, Desmond Llewelyn,Maria Granzia Cucinotta, Samantha Bond, Michael Kitchen, Colin Salmon, Serena Scott Thomas,Ulrich Thomsen, Goldie, John Sean, Claude-Oliver Rudolph, Judi Dench
出演:

ストーリー・ネタバレ

 英国諜報部員のジェームズ・ボンド=007は、石油王ロバート・キングの要請を受けたMの命令で彼の取られた現金を取り戻した。しかしその現金には仕掛けがされており、キング卿は命を落とした。彼を死なせたしまったことにボンドは怒りを覚える。この陰謀にはどうも内部の人間が関わっているらしい。

 キング卿の葬式に出たボンドは、悲しみにくれる卿の愛娘エレクトラに出会う。彼女は、五感をなくし世界の混乱を望むテロリスト、レナードによって誘拐された過去があった。エレクトラは父が取り組んでいた大規模な石油パイプラインの完成に気丈に取り組んでいた。そんな彼女が命を狙われた。ガードとして彼女の側にいたボンドによって命が救われる。そして自然と男女の関係になっていくボンドとエレクトラ。

 元KGBでロシアマフィアのズコフスキーの情報によりレナードが事件の黒幕であることがはっきりした。それとともにエレクトラもレナードの仲間ではないかと疑い始めるボンド。ボンドは原子力の権威になりすまし、レナードがいると思われるカザフスタンの核燃料解体作業現場に向かう。案の定そこにはレナードと彼の一派がいて解体中のプルトニウムが奪われてしまった。死の危機にあったボンドだが、クリスマス・ジョーンズ博士を救って奇跡的に脱出した。

 ボンドがパイプライン建設の指揮基地に行くと、そこにはエレクトラに呼ばれたMがいた。ボンドはイギリスに戻るように彼女に告げるが、Mにとってエレクトラはかわいい娘も同然であったためにMはボンドの言うことを聞き入れなかった。やがてパイプラインをプルトニウムを乗せたミサイルが走っていることを基地が関知する。ボンドはクリスマスと共にパイプラインに入って爆発を止めようとする。爆発は防げなかったものの大きな被害にはならなかった。それとともにエレクトラが父の死に関与していた事を確信するボンド。と、そのとき基地ではエレクトラが本性を見せMを監禁、連れ去ってしまう。彼女はレナードに洗脳されていた。父が自分が誘拐されたときに身代金を払わなかったためだ。そして彼女はパイプラインを破壊して石油にどっぷり浸かった世界を混乱させることに協力するのだ。

 情報を仕入れるためにズコフスキーのところへ行くが、レナードの部下の襲撃を受ける。危機をくぐり抜けて情報を得たボンドはMが監禁されている場所へと急ぐ。そこでMを救ったボンドはエレクトラと対峙する。一度は体を重ねた仲であり、彼女に手を下すのに躊躇いがあるボンド。しかし彼女は狂気じみており、既に彼女を正気に戻すことは不可能だった。ボンドは心を鬼にして彼女を倒す。そして、潜航を始めたクリスマスが囚われたロシアの原子力潜水艦に急ぐ。

結末・ラスト

 レナードと最後の対峙をするボンド。レナードはプルトニウムを原子炉に入れてメルトダウンを起こさせてパイプラインを破壊させようとしていた。痛みを感じないレナードの攻撃に苦戦を強いられるボンドであったが、なんとかレナードを倒しメルトダウンを阻止する。そして沈みゆく船内からクリスマスと共に脱出、任務のあとの甘いひとときを過ごすのだった。

レビュー・感想・解説・評価

ストーリー・ネタバレはクリックミー(上部へ移動)
レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

 人気スパイアクションシリーズの第19作目。ジェームズ・ボンドを演じるピアース・ブロスナンは今作で3作目となる。出演は他にエレクトラにソフィー・マルソー、クリスマスにデニーズ・リチャーズ、そして悪役のレナードにロバート・カーライルが扮する。

 スキーでのチェイスや、丘も走れるモーターボードを使ったチェイスなど、相変わらずアクションに見所は尽きない。その点は全く問題なく楽しめる作品となっていて、さすが貫禄勝ちと言ったところか。昔の007映画のようにほとんど人間性のないMと違って、今作ではMに見せ場がかなり用意されている。小柄に感じるロバート・カーライルがいつもの余裕綽々の悪漢とは違った次元の悪漢を演じて新鮮。

 引退を口にしたQ。彼はいつも奇抜な新兵器でボンドを助け、苦言を呈してきた。演じるのはデズモンド・リューウェリンで実に2作目の「007/ロシアより愛をこめて」から今作まで「007/死ぬのは奴らだ」以外の007映画17作に出演した。Qは自分の後継者としてRを紹介する。演じるのはジョン・クリーズ。ボンドも劇中でジョークを言っているが、Qの後継者はRと言うのがおもしろい。そのリューウェリンだが、1999年12月19日、交通事故により死去。享年85才、ワクワクする夢をどうもありがとう。

 映画界を代表するシリーズも今作が20世紀最後の作品。21世紀はどんなボンドを見せてくれるだろうか。とても楽しみだ!

by .

[感想・レビュー]投稿フォーム

アナタのレビュー・評価を載せてみよう!

お名前:

メールアドレス:

ホームページURL:

評価を10点満点でお聞かせ下さい。(必須)

10点  
9点  
8点  
7点  
6点

5点  
4点  
3点  
2点  
1点

映画の感想・レビューをお聞かせください。T's Theaterのこのページに掲載させて頂きます。

レビューの表示例

『映画ファン』さんのレビュー・評価

投稿日時:20??/??/?? 15:59:46

4点/10点満点中★★★★☆☆☆☆☆☆

ホームページ

コメント:

(コメントをどうぞ。)

T's Theaterへのお問い合わせフォームはコチラ(別ページで開きます)

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

http://blog.livedoor.jp/tomo24sawara/

ともちんが通りますよ

削除されました(泣)

レビュー・アン・ローズ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com