NAVI Ɨ ä½œå“ćƒ‡ćƒ¼ć‚æ 恂悉恙恘 äø»č¦ē™»å “äŗŗē‰© ć‚¢ć‚«ćƒ‡ćƒŸćƒ¼č³ž ć‚¹ć‚æ惃惕 ć‚­ćƒ£ć‚¹ćƒˆäŗˆå‘Šē·Ø č©³ć—ć„ć‚¹ćƒˆćƒ¼ćƒŖćƒ¼ ć‚¹ćƒˆćƒ¼ćƒŖćƒ¼ć®ēµęœ« ę„Ÿęƒ³ćƒ»ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼ é–¢é€£ä½œå“ćƒ»é–¢é€£ćƒšćƒ¼ć‚ø [ę„Ÿęƒ³ćƒ»ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼]ꊕēØæćƒ•ć‚©ćƒ¼ćƒ  ć“ć®ćƒšćƒ¼ć‚ø恮äø€ē•ŖäøŠćø T's Theaterć®ćƒ”ćƒ‹ćƒ„ćƒ¼
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES꘠ē”»ć®ē·åˆęƒ…å ±ć‚µć‚¤ćƒˆ
ćƒ•ć‚©ćƒ­ćƒ¼ć™ć‚‹2058Twitterć€ćƒ•ć‚©ćƒ­ćƒ¼ćŠé”˜ć„ć—ć¾ć™ļ¼ć„恄恭0ćƒ„ć‚¤ćƒ¼ćƒˆ0001
꘠ē”»ć€ŽRED怊aka Retired Extremely Dangerous怋怏怌REDļ¼ćƒ¬ćƒƒćƒ‰ć€<2010幓:ć‚¢ćƒ”ćƒŖć‚«>

ATTENTION:T's Theater恧ćÆ꘠ē”»ä½œå“ć®ć‚ć‚‰ć™ć˜ć ć‘ć§ćŖćć‚¹ćƒˆćƒ¼ćƒŖćƒ¼ć®ćƒć‚æćƒćƒ¬ć‚’ēµęœ«ć¾ć§čØ˜č¼‰ć—ć¦ć„ć¾ć™ć€‚ę˜ ē”»ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼ćÆć‚¹ćƒˆćƒ¼ćƒŖćƒ¼ć®äø‹ę–¹ć«ć‚ć‚‹ć®ć§ę˜ ē”»ć‚’恔覧恫ćŖć£ć¦ć„ćŖć„ę–¹ćÆćŠę°—ć‚’ä»˜ć‘äø‹ć•ć„怂

꘠ē”»ć€ŒREDļ¼ćƒ¬ćƒƒćƒ‰ć€ć‚ć‚‰ć™ć˜,惍ć‚æ惐惬,ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼

ä½œå“ćƒ‡ćƒ¼ć‚æ

IMG from Amazon

原锌ļ¼š

RED

邦锌ļ¼š

REDļ¼ćƒ¬ćƒƒćƒ‰

原锌čسļ¼š

å¼•é€€ć—ćŸć™ć£ć’ć‡ć‚„ć¹ć‡ćƒ¤ćƒ„ćƒ©(ę³Øļ¼šREDļ¼Retired Extremely Dangerousć®ę„)

č£½ä½œå¹“ļ¼š

2010幓

č£½ä½œå›½ļ¼š

ć‚¢ćƒ”ćƒŖć‚«

äøŠę˜ ę™‚é–“ļ¼š

分

ć‚øćƒ£ćƒ³ćƒ«ļ¼š

ć‚¢ć‚Æć‚·ćƒ§ćƒ³ ć‚¹ćƒŖćƒ©ćƒ¼ ć‚³ćƒ”ćƒ‡ć‚£

ē›£ē£ļ¼š

ćƒ­ćƒ™ćƒ«ćƒˆćƒ»ć‚·ćƒ„ćƒ“ć‚§ćƒ³ć‚±

äø»ę¼”ļ¼š

ćƒ–ćƒ«ćƒ¼ć‚¹ćƒ»ć‚¦ć‚£ćƒŖć‚¹ ćƒ¢ćƒ¼ć‚¬ćƒ³ćƒ»ćƒ•ćƒŖćƒ¼ćƒžćƒ³ ć‚øćƒ§ćƒ³ćƒ»ćƒžćƒ«ć‚³ćƒ“ć‚£ćƒƒćƒ ćƒ˜ćƒ¬ćƒ³ćƒ»ćƒŸćƒ¬ćƒ³ ćƒ–ćƒ©ć‚¤ć‚¢ćƒ³ćƒ»ć‚³ćƒƒć‚Æć‚¹

恂悉恙恘

ć“ć®ę˜ ē”»ć«ćÆtoikunä»„å¤–ć®ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼ćÆć¾ć ć‚ć‚Šć¾ć›ć‚“ć€‚

元CIA恮ć‚Ŗć‚øćƒ³ćŒč„²ć‚ć‚ŒćŸć€‚å„½ę„ć‚’ęŒć¤č‹„ć„å„³ę€§ć‚’ę•‘ć„CIAć®å…ƒä»²é–“ć‚„å…ƒKGB态MI6ć®å‹äŗŗć¾ć§å·»ćč¾¼ć‚“ć§é™°č¬€ć‚’é˜»ę­¢ć—ć‚ˆć†ćØå„®é—˜ć™ć‚‹ć€‚

ćƒ–ćƒ«ćƒ¼ć‚¹ćƒ»ć‚¦ć‚£ćƒŖć‚¹ć€ćƒ¢ćƒ¼ć‚¬ćƒ³ćƒ»ćƒ•ćƒŖćƒ¼ćƒžćƒ³ć€ć‚øćƒ§ćƒ³ćƒ»ćƒžćƒ«ć‚³ćƒ“ć‚£ćƒƒćƒć€ćƒ˜ćƒ¬ćƒ³ćƒ»ćƒŸćƒ¬ćƒ³ć€ćƒ–ćƒ©ć‚¤ć‚¢ćƒ³ćƒ»ć‚³ćƒƒć‚Æć‚¹ćØć„ć£ćŸć‚Ŗć‚øćƒ³ć€ć‚Ŗćƒćƒ³ć®åå„Ŗ連äø­ćŒé­…恛悋ē“ ę™“ć‚‰ć—ć„ć‚¢ć‚Æć‚·ćƒ§ćƒ³ć‚·ćƒŖćƒ¼ć‚ŗ恮ē¬¬äø€å¼¾ć€‚

ć‚¢ćƒ¼ćƒć‚¹ćƒˆćƒ»ćƒœćƒ¼ć‚°ćƒŠć‚¤ćƒ³ćØćƒŖćƒćƒ£ćƒ¼ćƒ‰ćƒ»ćƒ‰ćƒ¬ć‚¤ćƒ•ć‚”ć‚¹ć‚‚å‡ŗę¼”ć—ć¦ć„ć¦ć‚Ŗć‚¹ć‚«ćƒ¼ē„­ć‚Šļ¼Have Funļ¼

ę„Ÿęƒ³ļ½„ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼ć‚’ę›ø恄恦ćæć¾ć›ć‚“ć‹ļ¼ŸęŠ•ēØæćƒ•ć‚©ćƒ¼ćƒ ćÆć‚³ćƒćƒ©[äø‹ć«ć‚ć‚Šć¾ć™]

ć‚ÆćƒŖ惃ć‚Æ恙悋ćØäø‹ć«ć‚øćƒ£ćƒ³ćƒ—ć—ć¾ć™č©³ć—ć„ć‚¹ćƒˆćƒ¼ćƒŖćƒ¼ę„Ÿęƒ³ćƒ»ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼

č©³ē“°ä½œå“ćƒ‡ćƒ¼ć‚æ[写ēœŸē”»åƒä»˜ć]IMGs' COPYRIGHT notations

äø»č¦ē™»å “äŗŗē‰©

Main Castļ¼šćƒ”ć‚¤ćƒ³ć‚­ćƒ£ć‚¹ćƒˆļ¼šå½¹åļ¼š
Bruce Willisćƒ–ćƒ«ćƒ¼ć‚¹ćƒ»ć‚¦ć‚£ćƒŖć‚¹å…ƒCIAč«œå ±å“”ćƒ•ćƒ©ćƒ³ć‚Æćƒ»ćƒ¢ćƒ¼ć‚¼ć‚ŗ
Morgan Freemanćƒ¢ćƒ¼ć‚¬ćƒ³ćƒ»ćƒ•ćƒŖćƒ¼ćƒžćƒ³ćƒ•ćƒ©ćƒ³ć‚Æć®å…ƒåŒåƒšć§ē™Œć‚’ę‚£ć†ć‚øćƒ§ćƒ¼
John Malkovichć‚øćƒ§ćƒ³ćƒ»ćƒžćƒ«ć‚³ćƒ“ć‚£ćƒƒćƒćƒ•ćƒ©ćƒ³ć‚Æć®å…ƒåŒåƒšćƒžćƒ¼ćƒ“ć‚£ćƒ³
Helen Mirrenćƒ˜ćƒ¬ćƒ³ćƒ»ćƒŸćƒ¬ćƒ³å…ƒMI6ć®ćƒ“ć‚£ć‚Æ惈ćƒŖć‚¢
Brian Coxćƒ–ćƒ©ć‚¤ć‚¢ćƒ³ćƒ»ć‚³ćƒƒć‚Æć‚¹å…ƒKGBć®ć‚¹ćƒ‘ć‚¤ć€ć‚¤ćƒ“ć‚”ćƒ³
Mary-Louise Parkerćƒ”ć‚¢ćƒŖćƒ¼ļ¼ćƒ«ć‚¤ćƒ¼ć‚ŗćƒ»ćƒ‘ćƒ¼ć‚«ćƒ¼ćƒ•ćƒ©ćƒ³ć‚ÆćØå„½ć‹ć‚Œć‚ć†å„³ę€§ć‚µćƒ©
Karl Urbanć‚«ćƒ¼ćƒ«ćƒ»ć‚¢ćƒ¼ćƒćƒ³CIAč·å“”ć‚¦ć‚£ćƒŖć‚¢ćƒ ćƒ»ć‚Æćƒ¼ćƒ‘ćƒ¼
Rebecca Pidgeonćƒ¬ćƒ™ćƒƒć‚«ćƒ»ćƒ”ć‚øćƒ§ćƒ³ć‚Æćƒ¼ćƒ‘ćƒ¼ć®äøŠå®˜ć‚·ćƒ³ć‚·ć‚¢ćƒ»ć‚¦ć‚£ćƒ«ć‚­ć‚¹
Richard DreyfussćƒŖćƒćƒ£ćƒ¼ćƒ‰ćƒ»ćƒ‰ćƒ¬ć‚¤ćƒ•ć‚”ć‚¹ć‚¢ćƒ¬ć‚Æć‚µćƒ³ćƒ€ćƒ¼ćƒ»ćƒ€ćƒ‹ćƒ³ć‚°
Ernest Borgnineć‚¢ćƒ¼ćƒć‚¹ćƒˆćƒ»ćƒœćƒ¼ć‚°ćƒŠć‚¤ćƒ³č³‡ę–™äæē®”åŗ«ć®åøę›øćƒ˜ćƒ³ćƒŖćƒ¼
Julian McMahonć‚ø惄ćƒŖć‚¢ćƒ³ćƒ»ćƒžć‚Æćƒžćƒ›ćƒ³ćƒ­ćƒćƒ¼ćƒˆćƒ»ć‚¹ć‚æćƒ³ćƒˆćƒ³

ć‚¢ć‚«ćƒ‡ćƒŸćƒ¼č³ž

Winnerļ¼šå—č³žļ¼š
NonećŖ恗
Nomineeļ¼šćƒŽćƒŸćƒćƒ¼ćƒˆļ¼š
NonećŖ恗

ć‚¹ć‚æ惃惕(č£½ä½œļ½„ē›£ē£ļ½„č„šęœ¬ļ½„ę’®å½±ļ½„éŸ³ę„½)

Producersļ¼šč£½ä½œļ¼š
Lorenzo di Bonaventuraćƒ­ćƒ¬ćƒ³ćƒ„ć‚©ćƒ»ćƒ‡ć‚£ćƒ»ćƒœćƒŠćƒ“ć‚§ćƒ³ćƒćƒ„ćƒ©
Mark Vahradianćƒžćƒ¼ć‚Æćƒ»ćƒ“ć‚”ćƒ¼ćƒ©ćƒ‡ć‚£ć‚¢ćƒ³
Directorļ¼šē›£ē£ļ¼š
Robert Schwentkećƒ­ćƒ™ćƒ«ćƒˆćƒ»ć‚·ćƒ„ćƒ“ć‚§ćƒ³ć‚±
Writersļ¼šč„šęœ¬ļ¼š
Jon Hoeberć‚øćƒ§ćƒ³ćƒ»ćƒ›ćƒ¼ćƒćƒ¼
Erich Hoeberć‚ØćƒŖ惃ć‚Æćƒ»ćƒ›ćƒ¼ćƒćƒ¼
Cinematographerļ¼šę’®å½±ļ¼š
Florian Ballhaus惕惭ćƒŖć‚¢ćƒ³ćƒ»ćƒćƒ«ćƒć‚¦ć‚¹
Original Musicļ¼šéŸ³ę„½ļ¼š
Christophe Beckć‚ÆćƒŖć‚¹ćƒˆćƒ•ćƒ»ćƒ™ćƒƒć‚Æ

ć‚­ćƒ£ć‚¹ćƒˆļ½„å‡ŗę¼”č€…

Castļ¼šć‚­ćƒ£ć‚¹ćƒˆļ¼šå½¹åļ¼š
Bruce Willisćƒ–ćƒ«ćƒ¼ć‚¹ćƒ»ć‚¦ć‚£ćƒŖć‚¹å…ƒCIAč«œå ±å“”ćƒ•ćƒ©ćƒ³ć‚Æćƒ»ćƒ¢ćƒ¼ć‚¼ć‚ŗ
Morgan Freemanćƒ¢ćƒ¼ć‚¬ćƒ³ćƒ»ćƒ•ćƒŖćƒ¼ćƒžćƒ³ćƒ•ćƒ©ćƒ³ć‚Æć®å…ƒåŒåƒšć§ē™Œć‚’ę‚£ć†ć‚øćƒ§ćƒ¼
John Malkovichć‚øćƒ§ćƒ³ćƒ»ćƒžćƒ«ć‚³ćƒ“ć‚£ćƒƒćƒćƒ•ćƒ©ćƒ³ć‚Æć®å…ƒåŒåƒšćƒžćƒ¼ćƒ“ć‚£ćƒ³
Helen Mirrenćƒ˜ćƒ¬ćƒ³ćƒ»ćƒŸćƒ¬ćƒ³å…ƒMI6ć®ćƒ“ć‚£ć‚Æ惈ćƒŖć‚¢
Karl Urbanć‚«ćƒ¼ćƒ«ćƒ»ć‚¢ćƒ¼ćƒćƒ³CIAč·å“”ć‚¦ć‚£ćƒŖć‚¢ćƒ ćƒ»ć‚Æćƒ¼ćƒ‘ćƒ¼
Mary-Louise Parkerćƒ”ć‚¢ćƒŖćƒ¼ļ¼ćƒ«ć‚¤ćƒ¼ć‚ŗćƒ»ćƒ‘ćƒ¼ć‚«ćƒ¼ćƒ•ćƒ©ćƒ³ć‚ÆćØå„½ć‹ć‚Œć‚ć†å„³ę€§ć‚µćƒ©
Brian Coxćƒ–ćƒ©ć‚¤ć‚¢ćƒ³ćƒ»ć‚³ćƒƒć‚Æć‚¹å…ƒKGBć®ć‚¹ćƒ‘ć‚¤ć€ć‚¤ćƒ“ć‚”ćƒ³
Julian McMahonć‚ø惄ćƒŖć‚¢ćƒ³ćƒ»ćƒžć‚Æćƒžćƒ›ćƒ³ćƒ­ćƒćƒ¼ćƒˆćƒ»ć‚¹ć‚æćƒ³ćƒˆćƒ³
Rebecca Pidgeonćƒ¬ćƒ™ćƒƒć‚«ćƒ»ćƒ”ć‚øćƒ§ćƒ³ć‚Æćƒ¼ćƒ‘ćƒ¼ć®äøŠå®˜ć‚·ćƒ³ć‚·ć‚¢ćƒ»ć‚¦ć‚£ćƒ«ć‚­ć‚¹
Ernest Borgnineć‚¢ćƒ¼ćƒć‚¹ćƒˆćƒ»ćƒœćƒ¼ć‚°ćƒŠć‚¤ćƒ³č³‡ę–™äæē®”åŗ«ć®åøę›øćƒ˜ćƒ³ćƒŖćƒ¼
James Remarć‚øć‚§ćƒ¼ćƒ ć‚ŗćƒ»ćƒ¬ćƒžćƒ¼ć‚¬ćƒ–ćƒŖć‚Øćƒ«ćƒ»ć‚·ćƒ³ć‚¬ćƒ¼
Richard DreyfussćƒŖćƒćƒ£ćƒ¼ćƒ‰ćƒ»ćƒ‰ćƒ¬ć‚¤ćƒ•ć‚”ć‚¹ć‚¢ćƒ¬ć‚Æć‚µćƒ³ćƒ€ćƒ¼ćƒ»ćƒ€ćƒ‹ćƒ³ć‚°
怌REDļ¼ćƒ¬ćƒƒćƒ‰ć€ćƒˆćƒ¬ćƒ¼ćƒ©ćƒ¼
T's Theaterę–°ä½œę˜ ē”»ē“¹ä»‹[恂悉恙恘ļ¼†ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼]
ć€Œå½±ć«ęŠ±ć‹ć‚Œć¦ēœ ć‚Œć€2019幓9꜈6ę—„å…¬é–‹ļ¼ć€€å…¬å¼ć‚µć‚¤ćƒˆONLY
怌Walking Meat怍7/19ļ½žć‚·ćƒćƒ»ćƒŖćƒ¼ćƒ–ćƒ«ę± č¢‹ć€8/9ļ½žć‚·ćƒćƒ»ćƒŖćƒ¼ćƒ–ćƒ«ę¢…ē”°ćŖ恩å…Øå›½é †ę¬”å…¬é–‹ļ¼ć€€å…¬å¼ć‚µć‚¤ćƒˆONLY
ć€Œå¼•ć£č¶Šć—å¤§åļ¼ć€8/30å…Ø国公開ļ¼ć€€å…¬å¼ć‚µć‚¤ćƒˆONLY
ć€Œč‹±é›„ćÆå˜˜ćŒćŠå„½ćć€10/11ļ½žę–°å®æćƒ”ć‚«ćƒ‡ćƒŖćƒ¼ä»–å…Ø国公開ļ¼ć€€å…¬å¼ć‚µć‚¤ćƒˆONLY
ć€Œćƒ€ć‚¦ćƒˆ-å˜˜ć¤ćć‚Ŗćƒˆć‚³ćÆčŖ°ļ¼Ÿ-怍2019幓ē§‹ä»„降劇堓公開ļ¼(å…¬é–‹ę—„ęœŖ定)ć€€å…¬å¼ć‚µć‚¤ćƒˆONLY
ć€Œę±äŗ¬å–°ēØ® ćƒˆćƒ¼ć‚­ćƒ§ćƒ¼ć‚°ćƒ¼ćƒ«ć€S怑怍7/19ļ½žå…Ø国公開ļ¼ć€€å…¬å¼ć‚µć‚¤ćƒˆONLY
ć€Œę˜Žę²»ę±äŗ°ę‹ä¼½ć€6/21ļ½žć‚·ćƒćƒžćƒ¼ćƒˆę–°å®æ恻恋å…Øå›½é †ę¬”ćƒ­ćƒ¼ćƒ‰ć‚·ćƒ§ćƒ¼ļ¼ć€€å…¬å¼ć‚µć‚¤ćƒˆONLY
他3ä½œå“ć®å…¬é–‹å‰ćƒ»å…¬é–‹äø­ć®ę–°ä½œę˜ ē”»ćƒŖć‚¹ćƒˆć‚’é–‹ć

ć‚¹ćƒˆćƒ¼ćƒŖćƒ¼ļ½„惍ć‚æ惐惬

ć“ć®ę˜ ē”»ć‚’ęœŖč¦‹ć®ę–¹ćøļ¼š[ć‚¹ćƒˆćƒ¼ćƒŖćƒ¼ćÆęœ€ęœŸć¾ć§č”Øē¤ŗć•ć‚Œć¦ć„ć¾ć™]
ć‚¹ćƒˆćƒ¼ćƒŖćƒ¼ć‚’é€”äø­ć¾ć§ć®č”Øē¤ŗć«ć™ć‚‹ć‚¹ćƒˆćƒ¼ćƒŖćƒ¼ć‚’å…Ø恦隠恙

退役した元CIA情報分析官フランク・モーゼズは、会ったことはなく電話で話すだけの自分の年金を扱う会社の若い女性サラに好意を持ち始めていた。サラの方もフランクに惹かれていた。

ある明け方、フランクの家に数人の武装した男達が押し入ってきた。偶然起きていたフランクは、男達を伸すことに成功した。だが、その”男達”が全てではなく更なる男達がフランクの家を蜂の巣にした。そんな中何とか生き残ったフランクであった。

カンザス・シティ。サラの住むアパートにフランクは来ていた。帰ってきたサラは強盗だと思いビックリした。フランクは自分の家を蜂の巣にされ、更に電話で好意のあったサラが危険だと思い、一緒に逃げようと考えたのだった。

CIAのエリート工作員ウィリアム・クーパーは上官シンシアから新たな任務を任される。それはフランクに関してのことだった…。

ニューオリンズ。フランクは”連れ去ってきたサラ”をモーテルに逃げないように縛って置き、昔の仲間ジョーに会いに老人ホームへと行った。ジョーに”自分を襲った部隊”に関して調べてもらったところ、南アフリカの傭兵部隊がニューヨークタイムズの記者を殺したということが分かった。『誰かがフランクに興味を持っているらしい』。モーテルでサラが911してやってきた警官らしい男に連れ去られそうになるがフランクが救った。サラも身の危険を感じ始めるフランクと共に歩むことにするのだった。一方、ジョーは死亡…!?

車で移動するフランクとサラに、初めてクーパーが対峙した。フランクはクーパーをうまく振り切った。

ニューヨーク。殺されたニューヨークタイムズの記者の家に行き、サラによって手がかりを得るフランク。その手がかりから図書館に来たフランク達はある本を見つけた。それには人名リストが書かれていた。そのリストの1人以外は殺されていた…。

CIAのクーパーはシンシアから示された機密資料保管庫に行き、フランクの過去を知ることになる。CIAの歴史に残る凄腕のスパイであり、”RED=Retired Extreamly Dangerous”と呼ばれていることを…。 そのことから電話盗聴とフランクと組んでいた過去のある者を調べるようにと部下に命令するクーパー。

フロリダ州ペンサコラ。フランク等はマーヴィンという男に会いに来た。マーヴィンはフランクと組んだことのある”何度も死んでいる”凄腕の男であった。先の人名リストを調べて欲しいと頼むフランク。マーヴィンが調べた結果、人名リストの5人が過去にグアテマラに居て原住民の虐殺が起こった。その時に違う部隊としてグアテマラに居たフランク等が”証拠を消せ”と言われたのだ。フランク、サラ、マーヴィンは人名リストの1人の生き残りガブリエル・シンガーに会うことにする。

アラバマ州モービル。シンガーが「グアテマラで男を運び、死体を乗せた」と言ったところで、殺された。フランク達を凄まじい銃弾の雨が襲うが何とか逃げ切る。それを衛星で見ているクーパーが居た…。

ロシア大使館に来たフランク達。過去に争ったことのあるイヴァンという男に会いに来たのだ。過去の諍いを水に流した2人。CIA本部に侵入して何故命を狙われるのか知るのを手伝って欲しいと頼むフランク。

CIA本部。フランクのことを崇拝している司書のヘンリーに会うと、彼は身の危険を顧みずグアテマラ関係の書類を見せてくれた。また、同じ書類を見に来たクーパーのことも話した。CIA本部から出ようとするところで鉢合わせするフランクとクーパー。格闘になるが何とか脱出するフランクとサラ。そしてマーヴィンと死んだと聞かされていたジョーと合流する。負った傷が痛むフランクは治療のために”鷲の巣”へ行く事にする、一行フランク、サラ、ジョー、マーヴィン。

鷲の巣。古い仲の”殺しのプロで元のMI6”の女性ヴィクトリアに治療をしてもらうフランク。またジョーの更なる調べから”軍需産業が別のリストにある一人の男を守っている”と分かった。

その男軍需産業のアレクサンダー・ダニングの所に行ったフランク達は、ダニングを脅して、現在のアメリカ副大統領であるスタントンがグアテマラの大量虐殺の時に居たと吐かせた。一方、CIAのクーパーはFBIを使ってフランク等を囲んだ。クーパーが投降するようにとフランクに電話するが、フランクは彼に副大統領と虐殺の件を話す。しかしそれは信じられないというクーパーだった。

囲われたことで誰かを犠牲にしなければこの場を乗り切れないと誰もが思う。ジョーが自ら犠牲を買って出た。そしてジョーは死亡、逃げるみんな。途中、サラが捕まってしまった。逃げる途中でロシア大使館のイヴァンが助けに来た。過去の”ヴィクトリアとの仲”によって。フランク、マーヴィン、ヴィクトリア、イヴァンは作戦を練る。

フランクはクーパーに電話した。逆探知から自分の家からだと知るクーパー。サラの命とクーパーの家族の命を天秤にかけさせたフランク。結局の所クーパーの家族は助かり、フランクの置いたCIA資料室で得たグアテマラの虐殺の資料を残す。そのことから、フランク等の狙いが副大統領の命だと知るクーパー。また、自分たちCIAをフランク殺しのために操っている者がいることも知る。

ēµęœ«ļ½„ćƒ©ć‚¹ćƒˆ

副大統領の政治資金パーティ。副大統領を狙うフランク達。だがサラが戻っていない。何とか副大統領を確保して場をやりきるフランク等は、クーパーに連絡、副大統領とサラの交換を求めた。

決戦の場。フランクは副大統領とやってくる。クーパーも。また、何とサラを連れたクーパーの上司とダニング!結局の所、どちらが正しいか分かったクーパーの機転により、フランク等はサラを奪還。

彼らは”戦場という安息の日々”へと戻っていくのであった。

ę„Ÿęƒ³ļ½„ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼ć‚’ę›ø恄恦ćæć¾ć›ć‚“ć‹ļ¼ŸęŠ•ēØæćƒ•ć‚©ćƒ¼ćƒ ćÆć‚³ćƒćƒ©[äø‹ć«ć‚ć‚Šć¾ć™]

ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼ļ½„ę„Ÿęƒ³ļ½„č§£čŖ¬ļ½„č©•ä¾”

ć‚¹ćƒˆćƒ¼ćƒŖćƒ¼ļ½„惍ć‚æ惐惬ćÆć‚ÆćƒŖ惃ć‚ÆćƒŸćƒ¼(äøŠéƒØćøē§»å‹•)
ę„Ÿęƒ³ļ½„ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼ć‚’ę›ø恄恦ćæć¾ć›ć‚“ć‹ļ¼ŸęŠ•ēØæćƒ•ć‚©ćƒ¼ćƒ ćÆć‚³ćƒćƒ©[äø‹ć«ć‚ć‚Šć¾ć™]
REDļ¼ćƒ¬ćƒƒćƒ‰
toikunć®č©•ä¾”ļ¼š7/10ā˜…ā˜…ā˜…ā˜…ā˜…ā˜…ā˜…ā˜†ā˜†ā˜†

「フライトプラン」などの監督ロベルト・シュヴェンケが監督した”年寄りによるアクション映画”。ブルース・ウィリス、モーガン・フリーマン、ジョン・マルコヴィッチ、ヘレン・ミレン、ブライアン・コックスという豪華面々に若いメアリー=ルイーズ・パーカーを加え、彼らがリチャード・ドライファスを撃つという何ともまぁスゴイ映画である。プラスαでアーネスト・ボーグナインや「ボーン・スプレマシー」のコックスと同じ活躍組の、カール・アーバンなどとドキドキワクワクである。

この映画のストーリー要約を書いて読み返して思ったのだが見づらくて大変申し訳ない。レンタルの関係上…。

何て言うか俳優のリストだけで本当にワクワクして見たのだが、これが正解だった。これだけ集めるのは大変だったろうな…なーんて思いながら見ても面白い。途中退場のフリーマンは残念だったが。

CMで流れた“回転する自動車から出て”ウィリスが銃を撃つというシーンがとても格好良かった。これ他の映画では見たことがないなぁ。最近ご無沙汰だったと言うこともあるだろうが。“既視感”を感じたのはアクションではないけど、『銃弾をフライパンにかける』というのは見た気がする…。

1点だけ。コックスがヘレン等を助けに来るというシーンは前にちょっと描写があるだけでは突拍子感が否めない。もうちょっと描きが必要だった。それがあれば4.0点になったな。

なお、マルコヴィッチが居ることによるコメディエッセンスはいい味が出ていた。素敵である。

…この映画、テレ朝のゴールデン系だなぁ…。それでテレ東の木曜日のG系映画枠があったら、それに流れるという…。

粋な映画、お楽しみあれ!

2011/10/30

…今日、日曜洋画劇場でやるんですね…。ちょっと追記。今作の続編として「REDリターンズ」という作品がある。オジサン、オバサン連中はモーガン・フリーマン以外は出演しているので今作を気に入ったらTSUTAYAでもファミリーブックでもいい、レンタルビデオ店に走れ!

と共に、前回のレビュー後2012年に死去した名優アーネスト・ボーグナイン、素晴らしい演技、サンキュ!

…更に追記でドレイファスのエリア・カザンに対する“怒り”は癒えたのだろうかと「アメリカン・プレジデント」を再見して改めて思ったtoikunです。その“怒り”の原因を題材とした作品「真実の瞬間(とき)」をレビューした。ロバート・デ・ニーロやアネット・ベニング、また名監督マーティン・スコセッシも出演している。あの時のアカデミー名誉賞の記憶、消えることはない。

2015/11/01

2015/12/16

by .

T's Theaterę–°ä½œę˜ ē”»ē“¹ä»‹[恂悉恙恘ļ¼†ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼]
ć€Œę±äŗ¬å–°ēØ® ćƒˆćƒ¼ć‚­ćƒ§ćƒ¼ć‚°ćƒ¼ćƒ«ć€S怑怍7/19ļ½žå…Ø国公開ļ¼ć€€å…¬å¼ć‚µć‚¤ćƒˆONLY
ć€Œę˜Žę²»ę±äŗ°ę‹ä¼½ć€6/21ļ½žć‚·ćƒćƒžćƒ¼ćƒˆę–°å®æ恻恋å…Øå›½é †ę¬”ćƒ­ćƒ¼ćƒ‰ć‚·ćƒ§ćƒ¼ļ¼ć€€å…¬å¼ć‚µć‚¤ćƒˆONLY
ć€Œå¼•ć£č¶Šć—å¤§åļ¼ć€8/30å…Ø国公開ļ¼ć€€å…¬å¼ć‚µć‚¤ćƒˆONLY
怌Walking Meat怍7/19ļ½žć‚·ćƒćƒ»ćƒŖćƒ¼ćƒ–ćƒ«ę± č¢‹ć€8/9ļ½žć‚·ćƒćƒ»ćƒŖćƒ¼ćƒ–ćƒ«ę¢…ē”°ćŖ恩å…Øå›½é †ę¬”å…¬é–‹ļ¼ć€€å…¬å¼ć‚µć‚¤ćƒˆONLY
ć€Œćƒ€ć‚¦ćƒˆ-å˜˜ć¤ćć‚Ŗćƒˆć‚³ćÆčŖ°ļ¼Ÿ-怍2019幓ē§‹ä»„降劇堓公開ļ¼(å…¬é–‹ę—„ęœŖ定)ć€€å…¬å¼ć‚µć‚¤ćƒˆONLY
ć€Œč‹±é›„ćÆå˜˜ćŒćŠå„½ćć€10/11ļ½žę–°å®æćƒ”ć‚«ćƒ‡ćƒŖćƒ¼ä»–å…Ø国公開ļ¼ć€€å…¬å¼ć‚µć‚¤ćƒˆONLY
ć€Œå½±ć«ęŠ±ć‹ć‚Œć¦ēœ ć‚Œć€2019幓9꜈6ę—„å…¬é–‹ļ¼ć€€å…¬å¼ć‚µć‚¤ćƒˆONLY
[ę„Ÿęƒ³ćƒ»ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼]ꊕēØæćƒ•ć‚©ćƒ¼ćƒ 

ć‚¢ćƒŠć‚æć®ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼ćƒ»č©•ä¾”ć‚’č¼‰ć›ć¦ćæ悈恆ļ¼

ćŠåå‰ļ¼š

ćƒ”ćƒ¼ćƒ«ć‚¢ćƒ‰ćƒ¬ć‚¹ļ¼š

ćƒ›ćƒ¼ćƒ ćƒšćƒ¼ć‚øURLļ¼š

č©•ä¾”ć‚’10ē‚¹ęŗ€ē‚¹ć§ćŠčžć‹ć›äø‹ć•ć„怂(åæ…é ˆ)

꘠ē”»ć®ę„Ÿęƒ³ćƒ»ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼ć‚’ćŠčžć‹ć›ćć ć•ć„ć€‚T's Theaterć®ć“ć®ćƒšćƒ¼ć‚øć«ęŽ²č¼‰ć•ć›ć¦é ‚ćć¾ć™ć€‚

ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼ć®č”Øē¤ŗ例

怎꘠ē”»ćƒ•ć‚”ćƒ³ć€ć•ć‚“ć®ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼ćƒ»č©•ä¾”

ꊕēØæꗄꙂļ¼š20??/??/?? 15:59:46

4ē‚¹/10ē‚¹ęŗ€ē‚¹äø­ā˜…ā˜…ā˜…ā˜…ā˜†ā˜†ā˜†ā˜†ā˜†ā˜†

ćƒ›ćƒ¼ćƒ ćƒšćƒ¼ć‚ø

ć‚³ćƒ”ćƒ³ćƒˆļ¼š

(ć‚³ćƒ”ćƒ³ćƒˆć‚’ć©ć†ćžć€‚)

T's Theaterćøć®ćŠå•ć„åˆć‚ć›ćƒ•ć‚©ćƒ¼ćƒ ćÆć‚³ćƒćƒ©(åˆ„ćƒšćƒ¼ć‚øć§é–‹ćć¾ć™)

Googleć‚µć‚¤ćƒˆå†…ę¤œē“¢

公開äŗˆå®šć®ę–°ä½œę˜ ē”»ē“¹ä»‹ć‚ć‚‰ć™ć˜ļ¼†ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼äø€éƒØć€å…¬å¼ć‚µć‚¤ćƒˆē“¹ä»‹ć®ćæ
Amazon PR
ęŗåøÆćÆ恓恔悉恋悉
T's Theater恮QRć‚³ćƒ¼ćƒ‰
꘠ē”»ćƒŖćƒ³ć‚Æ

惈惃惗 > ć‚Øćƒ³ć‚æćƒ¼ćƒ†ć‚¤ćƒ³ćƒ”ćƒ³ćƒˆ > ꘠ē”»ć€ćƒ“ćƒ‡ć‚Ŗ > č©•č«–ć€ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼

IMDb

꘠ē”»ć®ę£®ć¦ć‚“ć“ę£®

ć‚æćƒć®ēøå“

ć“ć‚ę˜ ē”»ē”Ÿę“»

å…ƒę°—ćŒå‡ŗ悋꘠ē”»ćƒ»ćƒ‰ćƒ©ćƒžć®å°‚é–€ć‚µć‚¤ćƒˆā˜†ćƒŖćƒ—ćƒ¬ć‚¤

꘠ē”»é€šäæ”ć‚·ćƒćƒžćƒƒć‚·ćƒ¢

ā˜…前ē”°ęœ‰äø€ć®č¶…ę˜ ē”»ę‰¹č©•ā˜…

ćŠå‹§ć‚ę˜ ē”»ćƒ©ćƒ³ć‚­ćƒ³ć‚°ļ¼†ćƒ‡ćƒ¼ć‚æćƒ™ćƒ¼ć‚¹ć€feeling-e怑

http://blog.livedoor.jp/tomo24sawara/

ćØć‚‚ć”ć‚“ćŒé€šć‚Šć¾ć™ć‚ˆ

閉鎖

ćƒ¬ćƒ“ćƒ„ćƒ¼ćƒ»ć‚¢ćƒ³ćƒ»ćƒ­ćƒ¼ć‚ŗ

MIHOć‚·ćƒćƒž | ꘠ē”»ćƒć‚æćƒćƒ¬ć‚ć‚‰ć™ć˜ēµęœ«

T's Theater恮ē”»åƒ
T's Theater恮gifć‚¢ćƒ‹ćƒ”
Watch the latest videos on YouTube.com