NAVI × 作品データ あらすじ 主要登場人物 アカデミー賞 スタッフ キャスト予告編 詳しいストーリー ストーリーの結末 感想・レビュー 関連作品・関連ページ [感想・レビュー]投稿フォーム このページの一番上へ T's Theaterのメニュー
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES映画の総合情報サイト
491Twitter、フォローお願いします!0 0011
映画『Nobody's Fool』「ノーバディーズ・フール」<1994年:アメリカ>

ATTENTION:T's Theaterでは映画作品のあらすじだけでなくストーリーのネタバレ結末まで記載しています。映画レビューはストーリーの下方にあるので映画をご覧になっていない方はお気を付け下さい。

映画「ノーバディーズ・フール」あらすじ,ネタバレ,レビュー

作品データ

IMG from Amazon

原題:

Nobody's Fool

邦題:

ノーバディーズ・フール

原題訳:

誰もバカじゃ無い

製作年:

1994年

製作国:

アメリカ

上映時間:

ジャンル:

ドラマ

監督:

ロバート・ベントン

主演:

ポール・ニューマン ブルース・ウィリス

あらすじ

この映画にはtoikun以外のレビューはまだありません。

子供が1歳にも満たない時に妻と離婚した初老の男。小さな街で仲間と共に生きていた。ふと孫と関わることになり、息子にすることのなかった“子育て”の様なものを体験。小さな街の小さな出来事を描くドラマ。

レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

クリックすると下にジャンプします詳しいストーリー感想・レビュー

詳細作品データ[写真画像付き]IMGs' COPYRIGHT notations

主要登場人物

Main Cast:メインキャスト:役名:
Paul Newmanポール・ニューマンドナルド・“サリー”・サリバン
Dylan Walshディラン・ウォルシュサリーの息子ピーター
Jessica Tandyジェシカ・タンディサリーが寄宿する家の主人ベリル
Bruce Willisブルース・ウィリス街の何でも屋チップ・トップの社長カール
Melanie Griffithメラニー・グリフィスカールの妻トビー

アカデミー賞

Winner:受賞:
Noneなし
Best Actor in a Leading Role Nominee:主演男優賞ノミネート:
Paul Newmanポール・ニューマン
Best Writing, Screenplay Based on Material Previously Produced or Published Nominee:脚色賞ノミネート:
Robert Bentonロバート・ベントン

スタッフ(製作・監督・脚本・撮影・音楽)

Producers:製作:
Scott Rudinスコット・ルーディン
Arlene Donovanアーリン・ドノヴァン
Director:監督:
Robert Bentonロバート・ベントン
Writer:脚本:
Robert Bentonロバート・ベントン
Cinematographer:撮影:
John Baileyジョン・ベイリー
Original Music:音楽:
Howard Shoreハワード・ショア

キャスト・出演者

Cast:キャスト:役名:
Paul Newmanポール・ニューマンドナルド・“サリー”・サリバン
Jessica Tandyジェシカ・タンディサリーが寄宿する家の主人ベリル
Dylan Walshディラン・ウォルシュサリーの息子ピーター
Gene Saksジーン・サックスワーフ
Pruitt Taylor Vinceプルイット・テイラー・ヴィンスサリーの親友ラブ(ピーターにはサンチョと呼ばれる)
Josef Sommerジョセフ・ソマーベリルの息子で銀行家のクライブ
Philip Seymour Hoffmanフィリップ・シーモア・ホフマン街の警察官レイマー
Philip Boscoフィリップ・ボスコ判事のフラット
Margo Martindaleマーゴ・マーティンデイル酒場の女主人バーディ
Jay Pattersonジェイ・パターソンジョッコ
Melanie Griffithメラニー・グリフィスカールの妻トビー

注目俳優(カメオ出演or下積み時代)

Cast:キャスト:役名:
説明:
Bruce Willisブルース・ウィリス街の何でも屋チップ・トップの社長カール
一応大きなクレジットでは…。アクションスター☆
「ノーバディーズ・フール」トレーラー

ストーリー・ネタバレ

この映画を未見の方へ:[ストーリーは最期まで表示されています]
ストーリーを途中までの表示にするストーリーを全て隠す

アメリカ・ニューヨーク州、ノース・バス。

観光も産業も無いこの小さな街に初老のサリーは住んでいた。彼は息子ピーターが1歳になる前に妻と別れていた。妻と一緒になったことを悔やんでいる様だった。また彼の父親が家族に対する扱いが酷くサリーはいい思い出を持っていなくて相続した家にも寄りつかずに税金滞納で差押えという状況、別にどうでも良かった。

サリーは、ベリルというお婆さんの家に寄宿していた。彼女には銀行に勤める息子クライブがいるが、何かというと老人ホームという話を出すので余り良くは思っていない様だった。

サリーはこの産業のない街で、父親の家業を引き継ぎ何でも屋的な店を営むカールに仕事をもらっていた。少し前にカールの仕事で膝を痛めたサリーはその事も含めてカールのことを良くは思っていないが、働かなければ食っていけない。何とかカールの元に通って仕事にありつく日々。

そんなサリーが車がイカれたためにヒッチハイクをしていると偶然息子ピーターが運転していた車が止まった。彼は“元大学教授”。久しぶりの親子再会で失業を話せていない。車にはピーターの妻と2人の幼い息子が乗っていてサリーにとっては孫と初めて会ったというコトになった…。

カールにはとてもイイ嫁さんのトビーがいた。彼女は街の中でもいい女。サリーが彼女の家、つまりカールの家に来るが、トビーは“ピストオフ”していた。それは夫カールの浮気に対して。その気があるのか無いのか分からないが、サリーはトビーに誘いの言葉をかけるのであった。

な~んにも無い街。サリーの楽しみはと言うと酒場でカールや、自分の弁護士や、警察の“上の方の人”や親友のラブ等と共に賭けポーカーをすることだった。果たしてそれが楽しいのかどうか…。

だがしかし息子ピーターと、その息子つまり孫と会ったことでサリーの平凡な生活は微妙に変わってきたのかも知れない。

ピーター等と接する内に失業を打ち明けられて、カールの仕事をラブとやっているワケだが、その仲間に入れてあげたり。ラブは親友を取られたみたいで、又気に入らないアダナのことでピーターのことは嫌いだったが。

平凡な日々。

サリーは“ジョン・ダニエル”を飲んではトビーと夜長語り合ったり、カールの除雪機を奪ったり…。寄宿する家のベリルには使われたり…でもベリルは脳卒中で倒れたり…軽かったが。ベリルの息子がサリーを追い出そうとするが、逆に投資話のせいで彼自身が音信不通に…。

そんなサリーが街の警察官レイマーと“ケンカ”した。っても、歩道を車で走ったのを見つかって、静止する様に言われたけどレイマーに向かって車を動かし…レイマー威嚇発砲…んで怒ったサリーは殴り飛ばした…。

暫くの間“別荘地”に行く事が決定したサリー。楽しみにしている万馬券も買えやしない。

結末・ラスト

別荘地から戻ったサリー。ピーターは妻と仲が悪かったがサリーが取り持った。そして孫とも心が繋がった。ピーターは妻の元に帰っていった。

そんなサリーにカールからの思いがけないプレゼントがあった。ドーベルマンだ。そしてベリルが、サリーが税金滞納していた生家の金を払った。これは街の人々の感謝なのであろう。

平凡な日々は平和だからおくれるもの。寝付くサリーのタバコの不始末がイケないとベリルは火を消して、また日が過ぎるのであった…。

レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

レビュー・感想・解説・評価

ストーリー・ネタバレはクリックミー(上部へ移動)
レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]
ノーバディーズ・フール
toikunの評価:8/10★★★★★★★★☆☆

「ドライビング Miss デイジー」でアカデミー主演女優賞、実に80歳という最高齢で受賞したジェシカ・タンディの遺作となり彼女に捧げられている今作はRichard Russo(リチャード・ルッソ)の小説を映画化したもの。脚本・監督を務めるのは「クレイマー、クレイマー」でのアカデミー監督賞・脚色賞、そして「プレイス・イン・ザ・ハート」でのアカデミー脚本賞という3つのオスカーをもつロバート・ベントン。先日は彼の監督作品「ビリー・バスゲイト」をレビューした。

・主演の初老の男性を演じるのは「ハスラー2」で忘れて来たオスカーをゲットした故ポール・ニューマン。「ハスラー」「ロード・トゥ・パーディション」「トワイライト 葬られた過去」なんてニューマン含めて3大アカデミー賞俳優共演作!それとやはり「スティング」かなぁ☆

・そして大好きなブルース・ウィリス「ビリー・バスゲイト」に引き続きベントン作品に出演してニューマンに“色を添える”。

・他にも「ワーキング・ガール」で際だった、イヤ“極だった”という表現が適切であろうメラニー・グリフィス。「虚栄のかがり火」ブルース・ウィリスと共演している。他にシルヴェスター・スタローンが出演した非アクション映画「シェイド」など。

・酒場の女マスターを演じたマーゴ・マーティンデイルは「ザ・ファーム 法律事務所」ではふっくらした秘書さん。アカデミー賞など高い評価を得た「ミリオンダラー・ベイビー」ではヒラリー・スワンクのスッゴい嫌なママだった。←とーっても印象的!

・最近…イヤもうチョット前かな、亡くなった「カポーティ」のオスカー主演賞男優フィリップ・シーモア・ホフマン。まだ若かったtoikunはアル・パチーノが好きで(今もね!)がやっとこアカデミー賞を獲った「セント・オブ・ウーマン/夢の香り」でホフマンは校長先生の車にイタズラするボンボンの高校生だった。あの頃はホフマンのことを気にも留めなかったけど…。2015年にtoikunが鑑賞した映画でベスト1となった「あの頃ペニー・レインと」では良いライターさん!そして近年の「25年目の弦楽四重奏」では引退を口にしたチェリスト=クリストファー・ウォーケンの楽団で第2バイオリンだったが第1バイオリンになろうとした!あぁアカデミー賞にノミネートした「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」「スーパー・チューズデー ~正義を売った日~」。そして大ヒットアクション映画シリーズ「ミッション:インポッシブル」シリーズの第3弾「M:i:III」なんかも。

・見てるとムキー!ってきちゃう銀行家に扮するジョセフ・ソマーは「天使のくれた時間」ていうファミリー作品…ってかファンタジー作品では会社社長!「冷たい月を抱く女」では弁護士役。「刑事ジョン・ブック/目撃者」ではハリソン・フォードの上司だ。

内容に触れる前にホフマンの映画デビュー作である「セント・オブ・ウーマン/夢の香り」とは2年しか離れていない。確かあの時はいや~な高校生役だった様な…!?面白いね…ってか「ビリー・バスゲイト」「セント・オブ・ウーマン/夢の香り」見たいってレビュったが、何か今作…誘われるものがあったのかな?toikunは…。

内容に触れるがホント静かな作品。静かな街で老人が主人公、当たり前なのかも知れないが。後の「ストレイト・ストーリー」的な何かがあっても良かったのかもしれない。まぁそれが息子との再会、警官を殴るってコトなのかも知れないが。それが“起伏”なのかな。

あっても良かったのかも知れない、イヤ、無くても問題は無かった。人間ドラマで魅せてくれる。本当に良すぎなんだよ!

…起伏はヌードかも!?

ジェシカ・タンディが箒の先っちょでトントンと天井を突く、とても微笑ましかった、和んだ。ベントン、流石の演出、そしてそれに答えるジェシカ、彼女がやるから笑いが顔を包んだのだ。はぁ、イイねぇ。

補足しておくがオープニングクレジットでブルース・ウィリスの名前を見つけられなかったので、キャスト欄には記述はしていなくて主要登場人物に入れた。こう言うのは良くあることで…。

老人の作品と言っては語弊があるが、toikunはこう言うのが大好きです。

追補足。ストーリー欄の“ジョン・ダニエル”ってのは確か「セント・オブ・ウーマン/夢の香り」アル・パチーノがジャック・ダニエルの事をそう言った様な…で今作ではジャック・ダニエルかは判別がつかなかったがラベルが似ていたのでtoikunが愛着を込めてソウ呼んだ。因みにアル中で断酒12年目の今月です。

2015/10/18

2016/02/15

2016/06/03

by .

[感想・レビュー]投稿フォーム

アナタのレビュー・評価を載せてみよう!

お名前:

メールアドレス:

ホームページURL:

評価を10点満点でお聞かせ下さい。(必須)

10点  
9点  
8点  
7点  
6点

5点  
4点  
3点  
2点  
1点

映画の感想・レビューをお聞かせください。T's Theaterのこのページに掲載させて頂きます。

レビューの表示例

『映画ファン』さんのレビュー・評価

投稿日時:20??/??/?? 15:59:46

4点/10点満点中★★★★☆☆☆☆☆☆

ホームページ

コメント:

(コメントをどうぞ。)

T's Theaterへのお問い合わせフォームはコチラ(別ページで開きます)

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

http://blog.livedoor.jp/tomo24sawara/

ともちんが通りますよ

削除されました(泣)

レビュー・アン・ローズ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com