NAVI × 作品データあらすじ 主要登場人物 アカデミー賞 スタッフ キャスト 詳しいストーリー ストーリーの結末 感想・レビュー 関連作品・関連ページ [感想・レビュー]投稿フォーム このページの一番上へ T's Theaterのメニュー
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES映画の総合情報サイト
616Twitter、フォローお願いします!0 0001
映画『FANTASTIC FOUR』「ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]」<2005年:アメリカ,ドイツ>

ATTENTION:T's Theaterでは映画作品のあらすじだけでなくストーリーのネタバレ結末まで記載しています。映画レビューはストーリーの下方にあるので映画をご覧になっていない方はお気を付け下さい。

映画「ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]」あらすじ,ネタバレ,レビュー

作品データ

IMG from Amazon

原題:

FANTASTIC FOUR

邦題:

ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]

製作年:

2005年

製作国:

アメリカ ドイツ

上映時間:

ジャンル:

SF アクション

あらすじ

この映画にはtoikun以外のレビューはまだありません。

レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

詳細作品データ

主要登場人物

    主要登場人物配役(役名俳優)
  • ”ゴム男”リード・リチャーズヨアン・グリフィズ
  • ”透明人間”スー・ストームジェシカ・アルバ(ジェシカ・アルヴァ)
  • ”空飛ぶ炎男”スーの弟ジョニークリス・エヴァンス(クリス・エバンス)(-・エヴァンズ)(-・エバンズ)
  • ”ザ・シング”ベン・グリムマイケル・チクリス(マイケル・チキリス)
  • ”鋼鉄男”社長のビクター・ヴァン・ドゥームジュリアン・マクマホン

アカデミー賞

受賞:なし

ノミネート:なし

スタッフ(製作・監督・脚本・撮影・音楽)

Producer:Bernd Eichinger, Avi Arad, Ralph Winter
製作:
Director:Tim Story
監督:
Writer:Mark Frost, Michael France
脚本:
Cinematographer:Oliver Wood
撮影:
Original Music:John Ottman
音楽:

キャスト・出演者

Cast:Ioan Gruffudd, Jessica Alba, Chris Evans, Michael Chiklis, Julian McMahon, Kerry Washington,Laurie Holden, Hamish Linklater, Maria Menounos
出演:

ストーリー・ネタバレ

 MIT(マサチューセッツ工科大学)出の天才科学者リード・リチャーズは、仲間のベン・グリムと共に研究していた。その研究を進ませるためには宇宙に行く必要があった。そのためにNASAに掛け合ったが、ダメだった。リードは大学時代の仲間で大企業の社長ビクター・ヴァン・ドゥームに会いに行った。ビクターは、リードが研究に必要な施設を宇宙に持っていたからだ。ビクターはリードの研究のために施設を貸す事を許した。実はビクターには思惑があった。今度、彼の会社は新株を発行する事になっていた。その値段のつり上げのために研究が有用であると思っていて、NASAにはリードの研究を断るように言っていたのだった。ビクターの会社には、かつてのリードの恋人スー・ストームが勤めていた。ぎこちない関係ながら話すリードとスー。そして宇宙へは、リードとベン、スーとビクター、そして宇宙船の船長として、NASA時代のベンの部下でスーの弟ジョニーの5人で行く事になった。

 斯くして、5人は宇宙へと到着した。そして研究をするリードと手伝う面々。順調に研究が進む…と思われた矢先、計算違いの宇宙嵐に遭遇する5人。すごい嵐の中、怪我をしながらも何とか助かった5人は地球に帰還して病院に入院した、ビクター以外は。

 怪我が回復していく4人。だが、奇妙な事が4人に起き始めた。ジョニーは自然と身体を炎に包む事ができる、火傷せずに。スーは身体を透明にする事ができた。またリードは”ゴム人間”と呼んでいいほど、身体が伸び縮みをするのだった。そしてベンは…。彼は酷い発作の後、病院の壁を突き破って外に出た。

 一方、ビクターは実験の失敗により、取引銀行から1週間の最後通牒を突きつけられていた。

 リードとスー、そしてジョニーはベンを追った。ベンは妻デビーの待つブルックリンの自分の家に向かっていた。家の近くでデビーに電話をするベン。デビーが家から出て見つけたのは、まるで岩石のような姿になっていたベンだった。ベンの身に起こったのは、その異様な姿と怪力だった。彼を見て逃げ去るデビーに、悲しむベンであった。

 ベンは物事にふけって橋の欄干の上に座っていた。この時に自殺しようとした男が現れた。男を救おうとしたベンだったが、逆にベンを怖がった男。そのことで、車の走る橋は人が集まり大変な事になった。次々と車がぶつかり合う。そして男を抱きかかえたベンに警察が銃口を向けた。異様な姿なので仕方がない。そこへリードとスー、ジョニーがやってきた。ちょうどその時、消防車がやってきて、事故で乗務員ごと海へと落ちそうになった。それを救ったリード、スー、ジョニーそしてベン。彼らは一躍、ファンタスティック・フォー(素晴らしい4人組)となりもて囃された。

 だがしかしベンは”異形”である。リードは、ベンも含めて能力を無くし手元の姿になろうと、自分の家にスー、ジョニー、ベンを招いて、宇宙嵐の発生方法の研究を始める。

 一方、社長のビクターは”あの時”のファンタスティック・フォーの活躍によって、テレビ出演がキャンセル、挽回の機会が失われ、彼の会社から銀行は手を引いた。絶望感にさいなまれるビクターであった。

 外に出ればヒーローとして扱われるので、ほとんどリードの家=研究室に缶詰状態のみんな。たまに外に出れば人々の好奇の目が向けられる。ジョニーは有名人になる事はとても面白いと思っていた。そんなジョニーが、テレビで異形のベンを”ザ・シング”と呼んだ事に怒ったベンは、ジョニーのところに向かった。 ”すごい”ケンカを始めるジョニーとベン。それを止めたのはスーとリードであった。

 そんなファンタスティック・フォーに、ビクターは怒っていた。会社を立て直す機会が奪われたからだ。宇宙嵐に巻き込まれたビクターにも実は能力が備わっていた。鋼鉄の身体で、電気を操れるという能力が。ビクターはアメリカ軍の武器庫を襲った。そしてリードたちに復讐する機会を覗っていた。

 なかなか元の姿に戻らない事に何かしら感じていたベンは、リードの家を出た。その彼が喫茶店にいるところをビクターが訪ねてきた。そして、”リードはスーと一緒にいたいために研究を遅らせている”と嘘を言った。それを信じてしまうベン。

 ビクターはベンと共に、人が出払っているリードの家に来て、まだ研究途中のリードの宇宙嵐発生装置にベンを入れて、装置を稼働、そして自分の”能力”を使って機械のパワーを増幅させてベンを元の姿に戻した。姿が元の人間に戻り、能力を失うベン。ビクターの目的は、リードへの復讐のために、リードを守るベンの能力を奪う事にあった。元の姿に戻ったベンを殴りつけるビクター。そこへリードが戻ってきた。リードを攻撃するビクター。そしてビクターはマンションから落とされた。”ゴム人間”である能力を活かして助かるものの、ビクターの家へと連れて行かれるリードであった。

 軍の武器庫から盗んだ”冷却する兵器”でリードをカチカチにさせたリード。そんな時、リードのマンションに戻ったスーとジョニーは元の姿に戻ったベンを発見。ベンはリードの危機を告げる。そこへビクターが熱探知ミサイルを発射させた!絶体絶命!ジョニーは炎を宿し、空を飛んだ!ミサイルはジョニーを追った。そしてジョニーは頭を使って、ミサイルを落とした。

 リードの危機をスーが救いに来た。そして、一旦元に戻りながらもビクターを倒す能力のために、装置で再び宇宙嵐を浴びて異形の姿に戻ったベンも。またジョニーも。

結末・ラスト

 ファンタスティック・フォー対ビクター。人間の能力を超えたすさまじい戦い。ファンタスティック・フォーはそれぞれの能力を発揮して、何とかビクターを倒した。

 ファンタスティック・フォーの慰労会。それぞれ楽しむ中、今まで鈍感であったリードであったが、この時ばかりは、男としてスーに婚約指輪を渡して結婚を申し込み、会場は盛り上がるのであった。

 …ビクターは…。

レビュー・感想・解説・評価

ストーリー・ネタバレはクリックミー(上部へ移動)
レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

 スタン・リーとジャック・カービーのアメリカン・コミックを元に、日本劇場未公開ながらもそれなりの評価であった「バーバーショップ」や「TAXI NY」を監督したティム・ストーリーがメガホンをとったSFアクション。コメディエッセンスも見受けられる今作。”ファンタスティック・フォー”に扮するのはヨアン・グリフィズ、ヤングアクターのクリス・エヴァンス、ベテランのマイケル・チクリス、また紅一点メンバーに「シン・シティ」のジェシカ・アルバ。敵のビクターにはテレビシリーズやテレビ映画によく出演するジュリアン・マクマホンが扮する。また後の「ラストキング・オブ・スコットランド」等のケリー・ワシントンの姿も。

 「バットマン」や「スパイダーマン」など日本でも映画として抜群に人気があり、特定のファンには”ジャンルとして”人気のあるアメコミの部類に入る今作品。エンターテイメントとして”楽しめる”。決して万人受けをする作り=ストーリーではないが、よくできている、そう言っていい作品であろう。

 106分と、映画としては比較的短い部類に入る今作。能力に目覚めてからが、多少グダグダした。これ以上長かったら作品として致命的だったので、まあ許そう。

 多分に次作を意識させたラスト。ご多分に漏れずに2007年に次作「ファンタスティック・フォー 銀河の危機」がアメリカで公開され、日本でも今月公開となる。

 何もかも忘れて楽しもうではないか!

by .

[感想・レビュー]投稿フォーム

アナタのレビュー・評価を載せてみよう!

お名前:

メールアドレス:

ホームページURL:

評価を10点満点でお聞かせ下さい。(必須)

10点  
9点  
8点  
7点  
6点

5点  
4点  
3点  
2点  
1点

映画の感想・レビューをお聞かせください。T's Theaterのこのページに掲載させて頂きます。

レビューの表示例

『映画ファン』さんのレビュー・評価

投稿日時:20??/??/?? 15:59:46

4点/10点満点中★★★★☆☆☆☆☆☆

ホームページ

コメント:

(コメントをどうぞ。)

T's Theaterへのお問い合わせフォームはコチラ(別ページで開きます)

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

http://blog.livedoor.jp/tomo24sawara/

ともちんが通りますよ

削除されました(泣)

レビュー・アン・ローズ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com