NAVI × 作品データあらすじ 主要登場人物 アカデミー賞 スタッフ キャスト 詳しいストーリー ストーリーの結末 感想・レビュー 関連作品・関連ページ [感想・レビュー]投稿フォーム このページの一番上へ T's Theaterのメニュー
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES映画の総合情報サイト
457Twitter、フォローお願いします!0 0001
映画『SPIDER-MAN』「スパイダーマン」<2002年:アメリカ>

ATTENTION:T's Theaterでは映画作品のあらすじだけでなくストーリーのネタバレ結末まで記載しています。映画レビューはストーリーの下方にあるので映画をご覧になっていない方はお気を付け下さい。

映画「スパイダーマン」(2002)あらすじ,ネタバレ,レビュー

作品データ

IMG from Amazon

原題:

SPIDER-MAN

邦題:

スパイダーマン

製作年:

2002年

製作国:

アメリカ

上映時間:

ジャンル:

SF アクション ロマンス

あらすじ

この映画にはtoikun以外のレビューはまだありません。

レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

詳細作品データ

主要登場人物

    主要登場人物配役(役名俳優)
  • スパイダーマン=ピーター・パーカートビー・マッガイア(トビー・マグワイア)
  • ピーターの隣人メリー・ジェーン・ワトソン(MJ)キルステン・ダンスト(キルスティン・ダンスト)
  • グリーン・ゴブリン=
    アメリカ軍需産業オズコープ社
    社長ノーマン・オズボーン
    ウィーレム・デーフォー(ウィレム・デフォー)
  • ノーマンの息子ハリージェームズ・フランコ(ジェイムズ・フランコ)
  • ピーターの叔父ベンクリフ・ロバートスン(クリフ・ロバートソン)
  • ベンの妻メイローズマリー・ハリス
  • ニューヨークの新聞社編集長ジェームソンJ・K・シモンズ

アカデミー賞

受賞:なし

録音賞ノミネート: Kevin O'Connell, Greg P. Russell, Ed Novick

視覚効果賞ノミネート: John Dykstra, Scott Stokdyk, Anthony LaMolinara, John Frazier

スタッフ(製作・監督・脚本・撮影・音楽)

Producer:Laura Ziskin, Ian Bryce
製作:
Director:Sam Raimi
監督:
Writer:David Koepp
脚本:
Cinematographer:Don Burgess
撮影:
Original Music:Danny Elfman
音楽:

キャスト・出演者

Cast:Tobey Maguire, Willem Dafoe, Kirsten Dunst, James Franco, Cliff Robertson, Rosemary Harris,J.K. Simmons, Gerry Becker, Bill Nunn, Jack Betts, Stanley Anderson, Ron Perkins
出演:
T's Theater新作映画紹介[あらすじ&レビュー]
「アフターマス」9月16日、シネマート新宿他、全国ロードショー! 公式サイト
他-3作品の公開前・公開中の新作映画リストを開く

ストーリー・ネタバレ

 アメリカの田舎町に住む、顔は中々かっこいいもののイマイチ”冴えない”高校3回生のピーター・パーカー。彼の両親はいなく、叔父のベンと叔母のメイと一緒に住んでいた。そんな彼の隣人は同級生のメリー・ジェーン(MJ)。ピーターは彼女が隣に引っ越してきた6歳の時から淡い恋心を抱いていたが、伝えられずにいた。恋心を伝えられないので、MJはガキ大将のフラッシュの彼女となっていた。

 そんなピーターと仲が良いのは、軍需産業の会社オズコープ社社長ノーマン・オズボーンの息子ハリーだった。ピーター達の高校は、コロンビア大学の施設に大学見学に来ていた。その施設では、蜘蛛を遺伝子レベルで改良して、”スゴイ蜘蛛”を作る研究をしていて、15匹のスゴイ蜘蛛が誕生していて、それを見学者に見せていた。生徒達が興味深そうに蜘蛛を観察していたが、スゴイ蜘蛛が1匹ケースにいなかった。そしてピーターが、その蜘蛛に咬まれてしまった…。

 ピーターは家に帰ると、出迎えるベンとメイを、気持ち悪さのために避けて早々と自分の部屋に戻った。そして彼は意識を失った…。

 ピーターが目覚めたのは翌朝だった。いつも通り眼鏡をかけると、どうも変だ。うん?視力が合わない?いや、視力が回復していたのだ。更に身体は幾分か筋肉がついていた。何が起こった?それを考える間もなく学校である。ピーターは家を出た。いつも通りバスに乗り遅れるピーター。走っても追いつくわけはないが、バスに手をかけると張り紙が手につき、中々離れなかった…。

 学校。お昼の時間になり、食事を取るピーター。そんな彼にまたしてもおかしなことが起こる。尋常ではない反射神経でMJの転倒を助けたり、腕から蜘蛛の巣が出て、それが物に張り付きすごい粘着力で物を引き寄せるのであった。誰もこれを見ていない、分かっているのは自分だけ。だがこのことでガキ大将フラッシュを怒らせてしまった。ケンカを売られるピーター。MJをはじめとした他の生徒が見守る。体格を見ればフラッシュが勝つのは明らか…と思えたが、ピーターがフラッシュをノシてしまった。

 ピーターは自分でも驚き学校の外に出た。そして徐に”壁をよじ登って”みた。ピーターは、ロッククライミングで岩を上るよりも簡単に、”掴むところがない”ビルを登ってしまった。歓喜に満ちたピーターは、なんとビルとビルをジャンプして飛びまくった。そして、今度は手から蜘蛛の巣を出して、それをツタとして飛ぼうと考えた。だが上手くはいかなかった…。

 夜の自宅。隣からはMJの飲んだくれの父親のいつも通りの叫び声。それを避ける様に外に出たMJと話しをするピーター。高校卒業後の話しをする2人。ピーターはニューヨークで、働きながら大学に通いたいということを話し、またMJもまたニューヨークで女優になりたいと夢を語るのであった。そんな2人だが、遠くでMJを呼ぶフラッシュの声。MJがフラッシュのところに行くと凄い新車があった。喜んで乗り込むMJを見ているピーターがいた。

 ピーターは車の広告を見ていた。自分もMJを乗せたいと思ったのであろう。だが到底買えない。アズ・イズの車でさえも。そんな広告にプロレスの広告が載っていた。リングに3分立っていることが出来れば3000ドルと書いてあった。ピーターは胸をときめかせた。そして赤と青の派手なコスチュームを一晩中考えるのであった。

 次の日、一人で出かけようとするピーターを、ベンが呼び止め、車で送っていくと言った。送ってもらったピーター、車から降りようとすると、ベンが言いだした。不思議な力を持ってしまったピーターが、ベンは力のことは知らないが、何か変わってしまったと感じたのだ。大事なことを言おうとしたベンだったが、それを遮ってピーターは車から出て行ってしまう。

 ピーターはプロレス会場に着いた。リング上にはボーンソーと言う筋骨隆々な男がいて、3000ドルを夢見る何人もの挑戦者を退けていた。ピーターが顔を隠した赤と青のコスチュームで登場すると、リングアナウンサーは”スパイダーマン登場”と言った。観客に歓迎されないピーター。彼がリングに上がると、逃げられないためのオリが降りてきた。こんなことは聞いていないピーターは文句を言うが、誰も聞き入れるわけはなかった。そして試合は始まった…ピーター=スパイダーマンは見事ボーンソーをやっつけて勝利するのであった。

 試合の後、プロモーターから3000ドルを貰おうとしたピーターだったが、プロモーターはケチを付けて100ドルしか渡さなかった。ピーターが彼の部屋を出ると、プロモーターの部屋に強盗が押し入り金を奪った。それを見ていたピーターは、自分には関係ないことだと、何もせずに強盗を逃がしてしまった。その後外に出ると、パトカーと人だかりがあった。近寄るピーターが目にしたのは、車を奪われた瀕死の傷を負ったベンであった。ベンはピーターの腕の中で静かに息を引き取った。

 怒ったピーターは、警察の無線から逃げる犯人を特定、”スパイダーマンの力”を使って犯人を追った。そしてビルに逃げ込んだ犯人を倒してみると、その犯人はピーターが逃がした強盗であった。強盗は過ってビルから落ちてしまった。それを断片的に見ていた警察はスパイダーマンを包囲しようとした。だがスパイダーマンは逃げた。その後、一人後悔をするピーター、メイが1人で待つ家に帰るのであった。

 その頃、軍需産業の会社オズコープ社のライバル会社に、空を飛ぶボードに乗った仮面とスーツを纏ったグリーン・ゴブリンが現れ、その会社を激しく破壊してしまった。この男はピーターの友達ハリーの父親ノーマンの変身した姿であった。彼も又不思議な力を得ていた。自分の会社の実験を自分自身に施した副作用によって得た力、そして自社の兵器を利用して。

 ピーターの高校は卒業式を向かえた。ピーターの唯一の心残りは、ベンおじさんが出席できなかったことだった。メイ叔母さんと話したピーター。その後、ある決意を胸にスパイダーマンのスーツに腕を通す、決意を持って。

ニューヨークに来たピーター。彼はニューヨークの治安を守るために立ち上がったのだ。次々と犯罪者を倒していくスパイダーマン。ニューヨークの街中は顔を隠す正義の味方スパイダーマンの話しで持ちきりであった。新聞社編集長ジェームソンも、新聞の予想外の売り上げに、嬉しい悲鳴を必死にこらえていた。

 そのニューヨークの街で、ピーターは偶然MJと再開する。彼女はウェートレスをしていた。しかもMJは今はピーターのニューヨークでのルームメイトのハリーと付き合っていると言った。ピーターには初耳であった。

 自宅に帰るピーターを出迎えたのはルームメイトのハリーと彼の父ノーマンであった。ピーターは偶然、新聞の”スパイダーマンの写真募集の記事”を見た。思い立ったピーターは、スパイダーマンとしての写真を自身で撮って、それを持ち新聞社に赴いた。新聞社のジェームソンはフリーのピーターの写真を、安い報酬で買い取った。

 オズコープ社のパーティが開かれた。そこにはハリーに招かれたMJがいた。そしてピーターも1人出来ていて、ハリーと一緒のMJを見かけるのであった。そこに、グリーン・ゴブリンが現れた。そう、正体はオズコープ社社長ノーマン。しかしもはやノーマンは社長を追われていた。事前の取締役会で、取締役からクビを言い渡されていたのだ。それに怒ったノーマンが、取締役への復讐のために現れたのだった。

 ゴブリンは空飛ぶボードに乗り、派手に暴れてパーティ会場をメチャクチャにした。そしてMJが壊れかけたベランダから落ちそうになった。そこにスパイダーマンに変身したピーターが現れた。凄い力で攻撃してくるゴブリンを何とか撃退して、MJを助けたスパイダーマン。MJに恋心を抱くピーターであるが、自分がスパイダーマンだと言う訳にはいかず、スパイダーマンは正体を明かさず彼女の元を去った。

 その後、ピーターは新聞社にいた。ジェームソンと話していた。そこにゴブリンが現れた。新聞に載せたスパイダーマンの写真を撮った人物をジェームソン聞き出すために。ジェームソンを締め上げるゴブリンだったが、ジェームソンはそれを言わなかった。そこに変身したピーターが現れた。いつも事件現場に現れるのを不審に思っていたジェームソンは、スパイダーマンをゴブリンの仲間の悪者だと判断。その後、スパイダーマンVSグリーン・ゴブリン…と思われたが、ゴブリンはスパイダーマンを眠らせて連れ去った。

 目覚めたスパイダーマンに、自分の仲間になるか考えろといったゴブリンであった。

 ジェームソンの新聞には”スパイダーマン=悪者”の記事が踊り、それを見て複雑に思うピーターだった。ピーターはMJの仕事の終わりを待っていた。そして少し話しをするのであった。話も終わり別れた2人。もう既に夜である。帰るMJを見ていたピーターが、彼女に訪れるであろう危機を察知した。MJは、彼女を狙う男達に襲われた。そこへスパイダーマンが駆けつけ男達を片付けた。2度も助けて貰ったMJは、スパイダーマンに”好き”という感情を持ったのかも知れない。スパイダーマンのマスクの口の部分だけを捲り、お礼のキスをするのであった。

 ニューヨークの下町。今日は高層マンションで火事が起きていた。建物には逃げ遅れた赤ん坊がいた。だが消防署員も近づけない。そこにスパイダーマンが現れた。彼は燃えさかるマンションの中から赤ん坊を救った。感謝する母親。そこに警察がやってきて、スパイダーマンを逮捕しようとした。ゴブリンとの一件のためだった。逮捕しようとした矢先、建物からまた叫び声が聞こえた。警官はスパイダーマンに救出を許可して、スパイダーマンはまた建物に入った。だが叫び声を上げたのはゴブリンであった。仲間になるかどうかの答えを聞きに来たのだった。スパイダーマンはもちろん断った。攻撃するゴブリンから、腕に切り傷を負うスパイダーマン。ゴブリンは逃げ出した。

 この日は感謝祭の日であった。ピーターとハリーの家に招かれたMJ、メイ、そしてノーマン。スパイダーマンとして活躍していたピーターはまだであった。そこにピーターが帰ってきた。そして楽しい食事だ…と思われたが、メイがピーターの腕の切り傷に気付いた。ピーターは、事故で傷ついたと言ったが、ノーマンは気付いた、ピーター=スパイダーマンだと。食事もせずに帰ろうとするノーマンをハリーは止めようとする。彼女であるMJが一緒にいるためだ。だがノーマンは、MJのことを”好きと言っているが財産を狙う女だ”とハリーに言い放して去った。それを否定したハリーだったが、聞いていたMJは怒って席を立った。

 ゴブリンはスパイダーマンを苦しめるために、1人で家にいたメイを襲った。命を奪わずに心を痛めつけた。病院に入院しているメイ叔母さんをピーターが見舞った。そこにMJも見舞いに来て話すピーターとMJ。MJは、”スパイダーマンに恋をしているかも…”と話した。ピーターも昔からの自分の気持ちを…そして手を握る2人…そこにハリーが現れ、手を繋いでいた2人を見た。帰ったハリーは、”MJは父の言った通りの女だった”と言うのであった。

 みんなが帰った後、話したピーターとメイ。そのメイの言葉から、ふとMJの身が案じられ、電話をかけるピーター。その電話に出たのはゴブリンだった。息子を傷つけたMJ、そして敵であるスパイダーマンを倒すため、MJを人質に取ったゴブリン。スパイダーマンはすぐに駆けつけた。だが、ゴブリンは強引な二択を迫った。大勢の人々を救うか、愛するMJ1人を救うか。捉えた大勢の人々を入れたゴンドラと、MJを同時に落とすゴブリン。強引な二択の中で、スパイダーマンは、両者を救うことを選んだ。素早い身のこなしで、MJ、そして人々を救おうとする。それを邪魔するゴブリン。スパイダーマン、ピンチ!それを救ったのは、他でもないニューヨークの市民であった。彼らの助けで、人々、MJを救ったスパイダーマン。

 ゴブリンはスパイダーマンを廃墟に強引に連れてきた。そこでスパイダーマンをボコボコにするゴブリン。やられてしまうのか?いやスパイダーマンも反撃をする!やられそうになったゴブリンは、自分の正体=ノーマンであることをマスクを取って知らせた。そしてスパイダーマンの隙を突こうとした。スパイダーマンを背後から襲う刃!だが、スパイダーマンはそれに気付いて、寸前で避け、刃はノーマン自身を貫く。ノーマン=ゴブリンの最後の言葉は、”息子にはこの事を言わないでくれ”であった…。

結末・ラスト

 ノーマンの葬式が開かれた。父の正体は知らないものの、命を奪ったのはスパイダーマンであることを知っている息子ハリー。彼は、スパイダーマンに対する憎しみを、親友であるピーターに語り、復讐を誓った。複雑なピーターであった。

 ベン叔父さんの墓にきたピーター。そこにMJが現れ、”スパイダーマンよりあなたを愛している”と告げた。キスをするMJ。MJにピーターは言った。”友達として君を守っていく…”と。ピーターとのキスの感触に、懐かしさを感じるMJがいた…。

レビュー・感想・解説・評価

ストーリー・ネタバレはクリックミー(上部へ移動)
レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

 スタン・リー(Stan Lee)とスティーヴ・ディッコ(Steve Ditko)の大人気アメリカン・コミックの映画化。大ヒットした今作は2004年に続編「スパイダーマン2」、2007年に続々編「スパイダーマン3」が作られた。メガホンをとるは「シンプル・プラン」などの監督サム・ライミー。彼は続編2作も監督をしている。そして、タイトルロールの”スパイダーマン”=青年ピーター・パーカーを演じるのは、あのレオナルド・ディカプリオの親友として知られていたが、この「スパイダーマン」シリーズで見事な”ヒーローとしてのスターダム”にのし上がったトビー・マッガイア。そしてこの映画のヒロインMJには、toikun的に「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」の幼いイメージが抜けないキルステン・ダンスト。そして今作の敵役ゴブリンに扮するは、数々の映画を脇役として支えてきたウィーレム・デーフォー。他の主要キャストには、ゴブリン=ノーマンの息子ハリー役でジェームズ・フランコ、ピーターの叔父ベン役で、「アルジャーノンに花束を」のオスカー主演賞俳優クリフ・ロバートスン、またベンの妻メイ役で、「愛しすぎて~詩人の妻~」のオスカー助演賞ノミニーのローズマリー・ハリス、そして新聞社の編集長役で”典型的”J・K・シモンズなど。

 この映画を見るのは一昨年以来今回で2回目。だがすっかりまったくストーリーを覚えていなかったtoikun。な・ん・だ・こ・れ・は・?今一度見てみても、キチンと内容の詰まった”それなり”の映画であるのに、覚えていないというのはどういうことだろうか…?

 それは置いておいて、この映画、toikunにとってまさしく、”それなり”であった。アメコミ映画らしいと言えば一番しっくり来るであろう、その展開・演出。アメコミに疎いtoikunにはそう感じてしまって、”あぁ、アメリカ人ウケはいいだろうな…”とテキトーに感じた。映画批評は、こんな姿勢では決して許されないであろうが、しょうがない。

 ピーター・スパイダーマンが女性の描かれた壁にぶつかる…あぁ、どっかで見たなこの展開。

 怒り気味の新聞編集長…あぁ、よくいるよね、アメリカ映画の中に。

 人々に敵視されたスパイダーマンが、一転英雄視…よくありますよね…。

 なーんかねー、このハリウッド・エンターテイメント作品、toikunにはウケはよくありませんでした。作りはね、悪くないんだけど。一級のエンターテイメントなんだけど。ごめんなさい。

by .

レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

T's Theater新作映画紹介[あらすじ&レビュー]
「アフターマス」9月16日、シネマート新宿他、全国ロードショー! 公式サイト
[感想・レビュー]投稿フォーム

アナタのレビュー・評価を載せてみよう!

お名前:

メールアドレス:

ホームページURL:

評価を10点満点でお聞かせ下さい。(必須)

10点  
9点  
8点  
7点  
6点

5点  
4点  
3点  
2点  
1点

映画の感想・レビューをお聞かせください。T's Theaterのこのページに掲載させて頂きます。

レビューの表示例

『映画ファン』さんのレビュー・評価

投稿日時:20??/??/?? 15:59:46

4点/10点満点中★★★★☆☆☆☆☆☆

ホームページ

コメント:

(コメントをどうぞ。)

T's Theaterへのお問い合わせフォームはコチラ(別ページで開きます)

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

http://blog.livedoor.jp/tomo24sawara/

ともちんが通りますよ

削除されました(泣)

レビュー・アン・ローズ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com