NAVI × 作品データあらすじ 主要登場人物 アカデミー賞 スタッフ キャスト予告編 詳しいストーリー ストーリーの結末 感想・レビュー 関連作品・関連ページ [感想・レビュー]投稿フォーム このページの一番上へ T's Theaterのメニュー
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES映画の総合情報サイト
498Twitter、フォローお願いします!0 0001
映画『LEGEND』「レジェンド/光と闇の伝説」<1985年:イギリス,アメリカ>

ATTENTION:T's Theaterでは映画作品のあらすじだけでなくストーリーのネタバレ結末まで記載しています。映画レビューはストーリーの下方にあるので映画をご覧になっていない方はお気を付け下さい。

映画「レジェンド/光と闇の伝説」あらすじ,ネタバレ,レビュー

作品データ

IMG from Amazon

原題:

LEGEND

邦題:

レジェンド/光と闇の伝説

原題訳:

伝説

製作年:

1985年

製作国:

イギリス アメリカ

上映時間:

ジャンル:

ファンタジー アドベンチャー ロマンス

監督:

リドリー・スコット

主演:

トム・クルーズ ミア・サラ

あらすじ

この映画にはtoikun以外のレビューはまだありません。

レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

詳細作品データ

主要登場人物

    主要登場人物配役(役名俳優)
  • 森に住む人間ジャックトム・クルーズ
  • 王女リリーミア・サラー(ミア・サラ)
  • 魔王(?)ティム・カリー
  • 森の男の精霊ガンプデーヴィッド・ベネット
  • 森の女の妖精ウーナアンナベル・ランヨン

アカデミー賞

受賞:なし

メーキャップ賞ノミネート: Rob Bottin , Peter Robb-King

スタッフ(製作・監督・脚本・撮影・音楽)

Producer:Arnon Milchan
製作:
Director:Ridley Scott
監督:
Writer:William Hjortsberg
脚本:
Cinematographer:Alex Thomson
撮影:
Original Music:Jerry Goldsmith
音楽:

キャスト・出演者

Cast:Tom Cruise,Mia Sara, Tim Curry, David Bennent, Alice Playten, Billy Barty, Cork Hubbert
エンドクレジットから: Peter O'Farrell, Kiran Shah, Tina Martin, Robert Picardo, Annabelle Lanyon
出演:
「レジェンド/光と闇の伝説」トレーラー

ストーリー・ネタバレ

 森が華やぐ季節。精霊たちが息づく、とある王国の森。王女リリーは森に住む人間のジャックに恋心を抱いていて、それはジャックも同じであった。ジャックやリリーには精霊たちやユニコーンと言った伝説の動物を見る事が出来る。ジャックはリリーに気に入ってもらうためにユニコーンの居るところに連れて行った。そうしたらあろうことかリリーはユニコーンに触ってしまう、決して悪意はなかったが。その時に魔王から命令された小鬼(ゴブリン)が隙を突いてユニコーンに毒針を刺して、ユニコーンたちは慌てふためいて逃げ出した。

 リリーは自分のしていた指輪を崖から湖の中に投げた。それを取ってくれば結婚をしようと。ジャックは迷いなく崖から飛び降りた。しかし息が持たずに水面に上がるがさっきまではってなかった分厚い氷に閉ざされていた。何とか氷を破って出てきたジャックが見たのは、いきなり冬になり、”人間たちの時間が止まった”状況であった。小鬼たちが魔王の命によりユニコーンの角を切ってしまったからだ。ただ残り1頭のユニコーンが生きているために太陽はまだ昇る状況だ。

 ジャックだけでなくリリーの時間も動いていた。いきなり冬になった事に驚いて逃げ出したリリーは小鬼たちの計画を知り、ユニコーンの角を取り戻す事を決意する。

 ジャックは森の少年の精霊ガンプに出会う。彼に怒られながらも悪意がなかった事を信じてもらえたジャック。ジャックとガンプ、他の精霊たちの残り一頭のユニコーンを探しに行く。そして見つけて他の精霊に守るように言うガンプ。ジャックは精霊ウーナの導きにより伝説の剣を手に入れた。

 ジャックたちの目的もユニコーンの角を取り戻し、再び世界の時間を回し、華やぐ森の季節を取り戻す事になった。

 一方、ユニコーンの角を手に入れた魔王は、完全に世界を闇に閉ざすために、残りのユニコーンを殺す事、そして美しい女性であるリリーを魔族に引き入れ、結婚して言うことを聞かせる事であった。

 魔王の城に単身乗り込むリリーであったが”魔王のドレス”を着てしまう事になった、ただし正気は失ってはいなかった。またジャックやガンプたち精霊も城に乗り込み、魔王の弱点である太陽の光を浴びせようと考えた。

 リリーの”策略”、そしてジャックや精霊たちの活躍により見事魔王を倒しユニコーンの角を奪い返す彼らだった。だがリリーは呪いにより麻黄のドレスを着たまま気を失ってしまう。彼女を元に戻すには湖の底にある指輪だ。ジャックは再び湖に飛び込み、指輪を手に入れ、リリーの指にはめキスをした。リリーは呪いから解放されて目が覚める。



結末・ラスト

 失ったユニコーンの角を取り戻した事により死んだユニコーンが蘇り再び森が華やぎ始めた。ジャックとリリーはガンプたち精霊に手を振り、自分たちの世界に戻っていくのであった。

レビュー・感想・解説・評価

ストーリー・ネタバレはクリックミー(上部へ移動)
レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

 「エイリアン」、「ブレードランナー」を始め数々の名作を撮ってきたリドリー・スコット監督作品。主演は当時は良い青年だったトム・クルーズ。他に王女リリーにミア・サラー、魔王(多分)に数多くの作品に出演しtoikun的にはキーファー・サザーランド等の「三銃士」の印象が強いティム・カリーなど。

 ちょっとクルーズの作品を集中的に見てみようと思ったので見てみた。ジャンルはファンタジーだとは知っていた。彼は長いキャリアのワリには出演作品が少ないので、今のところ本作が彼の唯一のファンタジーだ。内容はすごく良く出来ていると思う。ファンタジーが好きな人にはたまらないだろう。テレビゲームの「ドラクエ3」などを好きな人にはなおさらだと思う。ただ、toikunはファンタジーはちょっと苦手。よって評点は低くなった。

 だがしかし、もう一度言うが物語として良く出来ている。toikunの評点など気にせずに見るべき作品だと思う。

 なお、クルーズはリドリー・スコットの弟であるトニー・スコットの監督作品にも「トップガン」「デイズ・オブ・サンダー」で主演で出ている。

by .

[感想・レビュー]投稿フォーム

アナタのレビュー・評価を載せてみよう!

お名前:

メールアドレス:

ホームページURL:

評価を10点満点でお聞かせ下さい。(必須)

10点  
9点  
8点  
7点  
6点

5点  
4点  
3点  
2点  
1点

映画の感想・レビューをお聞かせください。T's Theaterのこのページに掲載させて頂きます。

レビューの表示例

『映画ファン』さんのレビュー・評価

投稿日時:20??/??/?? 15:59:46

4点/10点満点中★★★★☆☆☆☆☆☆

ホームページ

コメント:

(コメントをどうぞ。)

T's Theaterへのお問い合わせフォームはコチラ(別ページで開きます)

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

http://blog.livedoor.jp/tomo24sawara/

ともちんが通りますよ

削除されました(泣)

レビュー・アン・ローズ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com