NAVI × 作品データ あらすじ 主要登場人物 アカデミー賞 スタッフ キャスト予告編 詳しいストーリー ストーリーの結末 感想・レビュー 関連作品・関連ページ [感想・レビュー]投稿フォーム このページの一番上へ T's Theaterのメニュー
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES映画の総合情報サイト
456Twitter、フォローお願いします!0 0001
映画『MR. NOBODY』「ミスター・ノーバディ」<2009年:フランス,ドイツ,カナダ,ベルギー>

ATTENTION:T's Theaterでは映画作品のあらすじだけでなくストーリーのネタバレ結末まで記載しています。映画レビューはストーリーの下方にあるので映画をご覧になっていない方はお気を付け下さい。

映画「ミスター・ノーバディ」あらすじ,ネタバレ,レビュー

作品データ

IMG from Amazon

原題:

MR. NOBODY

邦題:

ミスター・ノーバディ

原題訳:

誰でもない(注:主人公の名前はニモ・ノーバディと言いnemoもラテン語で同じ意味)

製作年:

2009年

製作国:

フランス ドイツ カナダ ベルギー

上映時間:

ジャンル:

SF ファンタジー

監督:

ジャコ・ヴァン・ドルマル

主演:

ジャレッド・レト サラ・ポーリー ダイアン・クルーガー

あらすじ

この映画にはtoikun以外のレビューはまだありません。

科学の発展した2092年に生きる老人がインタビュアー過去を語る。しかしそれはどれも矛盾していて何が真実か分からない。老人は矛盾している人生を全て体験してきたと話すのだ。彼はどんな人生を歩んできたのか誰も分からない…。

レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

クリックすると下にジャンプします詳しいストーリー感想・レビュー

詳細作品データ[写真画像付き]IMGs' COPYRIGHT notations

主要登場人物

Main Cast:メインキャスト:役名:
Jared Letoジャレッド・レトニモ・ノーバディ(大人、老人)
Sarah Polleyサラ・ポーリーエリース(大人)
Diane Krugerダイアン・クルーガーアンナ(大人)
Linh-Dan Phamリン・ダン・ファンジーン(大人)
Rhys Ifansリス・エヴァンスニモの父親
Natasha Littleナターシャ・リトルニモの母親
Toby Regboトビー・レグボニモ(15歳)
Juno Templeジュノー・テンプルアンナ(15歳)
Clare Stoneクレア・ストーンエリース(15歳)
Thomas Byrneトーマス・バーンニモ(9歳)

アカデミー賞

Winner:受賞:
Noneなし
Nominee:ノミネート:
Noneなし

スタッフ(製作・監督・脚本・撮影・音楽)

Producer:製作:
Philippe Godeauフィリップ・ゴドー
Director:監督:
Jaco Van Dormaelジャコ・ヴァン・ドルマル
Writer:脚本:
Jaco Van Dormaelジャコ・ヴァン・ドルマル
Cinematographer:撮影:
Christophe Beaucarneクリストフ・ボーカルヌ
Original Music:音楽:
Pierre Van Dormaelピエール・ヴァン・ドルマル

キャスト・出演者

Cast:キャスト:役名:
Jared Letoジャレッド・レトニモ・ノーバディ(大人、老人)
Sarah Polleyサラ・ポーリーエリース(大人)
Diane Krugerダイアン・クルーガーアンナ(大人)
Linh-Dan Phamリン・ダン・ファンジーン(大人)
Rhys Ifansリス・エヴァンスニモの父親
Natasha Littleナターシャ・リトルニモの母親
Toby Regboトビー・レグボニモ(15歳)
Juno Templeジュノー・テンプルアンナ(15歳)
Clare Stoneクレア・ストーンエリース(15歳)
Thomas Byrneトーマス・バーンニモ(9歳)

注目俳優(カメオ出演or下積み時代)

Cast:キャスト:役名:
説明:
Jaco Van Dormaelジャコ・ヴァン・ドルマルブラジルからやって来て失業した男
監督本人
Pascal Duquenneパスカル・デュケンヌパラレルワールドで主人公の母の息子ヘンリー
ドルマル監督の全ての監督作品に出演
Serge Larivièreセルジュ・ラヴィエール靴紐を売り込む男
ドルマル監督の「神様メール」に出演
Allan Cordunerアラン・コーデュナーフェルドハイム医師
カメオではありませんが…
「ミスター・ノーバディ」トレーラー
T's Theater新作映画紹介[あらすじ&レビュー]
「アフターマス」9月16日、シネマート新宿他、全国ロードショー! 公式サイト
他-3作品の公開前・公開中の新作映画リストを開く

ストーリー・ネタバレ

この映画を未見の方へ:[ストーリーは最期まで表示されています]
ストーリーを途中までの表示にするストーリーを全て隠す

ハトにある動作をさせて餌が出る事を教え込ませる。しかし餌をタイマーを使って自動的に出すとハトは自問する。“私は何をした?”そして同じ行動をし、それによって餌が出たと信じ込む。これを“ハトの迷信行動”と呼ぶ…。

2092年。顔に奇妙な紋様の浮かぶフェルドハイム医師と会話をする一人の老人がいた。名前をニモ・ノーバディと話す男はその名が示す通り何者でもないのかもしれない。そしてまたの名を“CRAFT(クラフト)”と話し“Can't Remember A Fucking Thing(過去を思い出せない)”と笑うニモ。1975年2月9日生まれの34歳と話す老人だが自分の顔を鏡で見ると驚愕する。彼は現在が2009年だと思っているが本当は2092年2月9日であり118歳になったのだ。フェルドハイム医師は新聞を見せるとそこには“人類最後の死ぬ人間(THE LAST MORTAL)が118歳に…”と書かれていた…。彼は一体何者なのか?

ニモはテロマー化(細胞の永久再生)や互換性細胞の豚も飼っていない…つまりこの時代では“コレら”を行う事によって人間は死ぬ事が無くなったのだ。医師は催眠術を施しニモの記憶を取り戻そうとする。そんなニモを新聞記者が訪ね彼の過去についてインタビューを行う。ニモは過去を話し始める…。

9歳のニモは父母が離婚する事になりどちらについていくかの選択を迫られていた。

母親についていった場合。

15歳になったニモはアンナという少女と学校が同じ。お互いに意識しているニモとアンナだが、ある日ニモの母親がアンナの父親を家に招き入れ結婚するとニモに言った。そして娘であるアンナもニモの妹として家にやって来たのだが、アンナは運命を呪っていた、だってニモを思っていたのだから。ニモとアンナは男女として交際をするが親には打ち明けていない。しかし親たちは2人の関係を気持ち悪いと感づいていた。そして母親と父親の関係が悪くなり離婚となったとき、アンナは自分の父親についていった…。

父親についていった場合。

15歳のニモはエリースという少女と知り合いキスをする。エリースには片思いの男性がいて良い関係になろうとするところをニモに見られてしまう。それを見たニモはバイクで走り出すと事故に遭い病院へかつぎ込まれる。酷い怪我であり死ぬのか!?…ニモは時間を“巻き戻し”た…。

時間が戻った後、ニモはエリースに告白して彼女のいるダンス会場に行くとジーンという少女と出会って良い仲になった。ニモは彼女との間にポールとマイケルという2人の子供を作って豪邸に住み赤いオープンカーを持つ事を夢見た。

様々な過去がある15歳のニモには大人になっても様々な過去がある。

火星旅行をするニモは若くして死んでしまった妻エリースの遺灰を火星に巻く…。またある記憶では火星旅行でアンナという女性と初めて会う…。

大人のニモは母を訪ねると母には自分ではない息子がいる…。そしてこの大人のニモは老人ニモのDVDを見る…。

結末・ラスト

様々な過去を聞いた新聞記者はどれが本当か分からない。矛盾…。しかしニモはどの過去も経験して来たという。

選択をしなかったのならば、どれも体験・経験ができることなのであろうか?またはこの一連の事は9歳の少年ニモが自分の未来を想像しただけの想像の産物なのか?それとも青年のニモがタイプライターに打ち込んだ誰かの物語なのだろうか?

寿命が途絶えようとしていた老人ニモは時間を巻き戻すのであった…。

レビュー・感想・解説・評価

ストーリー・ネタバレはクリックミー(上部へ移動)
レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]
ミスター・ノーバディ
toikunの評価:7/10★★★★★★★☆☆☆

「神様メール」公開記念、ジャコ・ヴァン・ドルマル監督の過去作品フェスティバル第3弾!ドルマル監督の劇場用長編映画でドキュメンタリーではない映画で初めて主要言語が英語の作品。

ドルマル監督の前作品「八日目」には監督の2人の娘アリス・ヴァン・ドルマルとジュリエット・ヴァン・ドルマルが出演していたが本作では遂に監督自身が姿を現す!役柄としてはブラジル人労働者で失業してしまった男。

またドルマル監督の「トト・ザ・ヒーロー」「八日目」で音楽を担当した監督の兄ピエール・ヴァン・ドルマルが本作でも音楽を担当している。

キャストを。

・2013年の映画「ダラス・バイヤーズクラブ」でアカデミー助演男優賞を受賞したジャレッド・レトが同作の前に出演した作品が本作。エンドロールに出てくるがレトが若いニモ・ノーバディも老人のニモも演じている。「ロード・オブ・ウォー」など。

・大人のエリースを演じるのは監督・脚本作品「アウェイ・フロム・ハー 君を想う」でアカデミー脚色賞にノミネートしたサラ・ポーリー。類い希なる才能だが近年は出演・監督作品ともないのが残念なところ。

・大人のアンナを演じたのは「マンデラの名もなき看守」のダイアン・クルーガー。本作では心を病んでしまう…という役柄だったがそれがどれだけ伝わったかというと…だが。

・大人のジーンを演じるリン・ダン・ファンは「真夜中のピアニスト」で注目された。

・主人公の父親を演じたのは「ハンニバル・ライジング」のリス・エヴァンス。少し風貌がジャコ・ヴァン・ドルマル監督と似ているか…?

・他、ジュノー・テンプル、トビー・レグボ、クレア・ストーンなど若手のホープが15歳の子供たちを演じている。

「神様メール」繋がりで「八日目」でカンヌ国際映画祭男優賞を受賞したパスカル・デュケンヌが主人公のパパ親の息子として登場。デュケンヌは「トト・ザ・ヒーロー」にも出演していたしドルマル監督の秘蔵っ子だ。

・同じく「神様メール」繋がりで同作で女性との関係に悩んでいるセルジュ・ラヴィエールが靴紐を売り込む男性として出演している。

さて。

ジャレッド・レトをはじめダイアン・クルーガー、サラ・ポーリーとハリウッド映画でよく見る俳優達が出演していてドルマル監督の映画はどうなるのであろう?って興味を持って観た本作だが、彼の何時ものファンタジーな世界観と微妙なアングルのカメラによる撮影があって、変わってなくて良かった!ただ物語は難しいんだよねぇ。7点という高得点を着けたtoikunはきっとコレまで「神様メール」「トト・ザ・ヒーロー」「八日目」と観てきて世界観が気に入ってたからであって、知らなかったら難しいからと低い評点となった気がする。

若い主人公に老人の主人公が語る9歳の主人公の想像の物語と結論づけたtoikunだが皆さんはどの様に考えるであろうか?

チョット残念な点は「トト・ザ・ヒーロー」「八日目」ではノリの良い音楽、またシャンソン音楽が鳴っていて“これも監督の映画だ!”って感じ取る事が出来たけど本作ではその点は余り感じられなかった事かな。でも何度も言うようだけど世界観はドルマル作品そのもの。

今まで監督で映画をチョイスする事って多分クエンティン・タランティーノ作品だけだったと思うけどジャコ・ヴァン・ドルマル監督の映画はドルマル監督だからチョイスした!そしてtoikunは映画を観て“これ~監督の作品じゃない?”って感じられるのがウディ・アレンやジョエル・コーエン&イーサン・コーエンのコーエン兄弟作品だけだったんだけれども、もしジャコ・ヴァン・ドルマルの新作映画があってドルマル監督作品と知らずに観ても多分感じ取れるぞ!それぐらい独特の世界観を持つ監督だ!らぶ~☆

変な蛇足しちゃうゾ。

toikunは90年代にNHKでやっていたアニメ「ふしぎの海のナディア」がスゴク大好きだったんだけれども、潜水艦ノーチラス号の船長(←艦長ではないよ、そう呼ぶと怒られる!“軍艦じゃない!”)ネモという登場人物がいる。うろ覚えなのだが主人公ナディアが恐ろしく長い年月を生きているクジラと話すシーンがあってそこで出てきたか、ジャン少年の言葉で“ネモとは誰でもない人”というのを知った。このアニメはジュール・ヴェルヌの“海底二万哩”を元にした庵野秀明監督の映画。主人公の名前ニモから思い出したから記述しました。蛇足ゴメンね☆

2016/05/07

by .

レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

T's Theater新作映画紹介[あらすじ&レビュー]
「アフターマス」9月16日、シネマート新宿他、全国ロードショー! 公式サイト
[感想・レビュー]投稿フォーム

アナタのレビュー・評価を載せてみよう!

お名前:

メールアドレス:

ホームページURL:

評価を10点満点でお聞かせ下さい。(必須)

10点  
9点  
8点  
7点  
6点

5点  
4点  
3点  
2点  
1点

映画の感想・レビューをお聞かせください。T's Theaterのこのページに掲載させて頂きます。

レビューの表示例

『映画ファン』さんのレビュー・評価

投稿日時:20??/??/?? 15:59:46

4点/10点満点中★★★★☆☆☆☆☆☆

ホームページ

コメント:

(コメントをどうぞ。)

T's Theaterへのお問い合わせフォームはコチラ(別ページで開きます)

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

http://blog.livedoor.jp/tomo24sawara/

ともちんが通りますよ

削除されました(泣)

レビュー・アン・ローズ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com