NAVI × 作品データ あらすじ 主要登場人物 アカデミー賞 スタッフ キャスト予告編 詳しいストーリー ストーリーの結末 感想・レビュー 関連作品・関連ページ [感想・レビュー]投稿フォーム このページの一番上へ T's Theaterのメニュー
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES映画の総合情報サイト
427Twitter、フォローお願いします!0 0001
映画『THE PIANO』「ピアノ・レッスン」<1993年:オーストラリア,ニュージーランド,フランス>

ATTENTION:T's Theaterでは映画作品のあらすじだけでなくストーリーのネタバレ結末まで記載しています。映画レビューはストーリーの下方にあるので映画をご覧になっていない方はお気を付け下さい。

映画「ピアノ・レッスン」あらすじ,ネタバレ,レビュー

作品データ

IMG from Amazon

原題:

THE PIANO

邦題:

ピアノ・レッスン

原題訳:

ピアノ

製作年:

1993年

製作国:

オーストラリア ニュージーランド フランス

上映時間:

ジャンル:

ドラマ ロマンス 音楽もの

監督:

ジェーン・カンピオン

主演:

ホリー・ハンター ハーヴェイ・カイテル

あらすじ

この映画にはtoikun以外のレビューはまだありません。

開拓者の男と結婚する為に幼い娘と共に失声症の女性がニュージーランドへ。彼女を包んでくれるのは夫の愛ではなく自身の奏でるピアノだけだったが、やがて他の開拓者の男と愛するようになり夫の怒りを買う…。

クリックすると下にジャンプします詳しいストーリー感想・レビュー

詳細作品データ[写真画像付き]IMGs' COPYRIGHT notations

主要登場人物

Main Cast:メインキャスト:役名:
Holly Hunterホリー・ハンター失声症の女性エイダ・マクグラス
Anna Paquinアンナ・パキンエイダの娘フローラ
Sam Neillサム・ニールエイダを妻に迎えるアリスディア・スチュワート
Harvey Keitelハーヴェイ・カイテルエイダと愛するようになる開拓者の男ジョージ・ベインズ

アカデミー賞

Best Actress in a Leading Role Winner:主演女優賞受賞:
Holly Hunterホリー・ハンター
Best Actress in a Supporting Role Winner:助演女優賞受賞:
Best Writing, Screenplay Written Directly for the Screen Winner:脚本賞受賞:
Jane Campionジェーン・カンピオン
Best Picture Nominee:作品賞ノミネート:
Jan Chapmanジャン・チャップマン
Best Director Nominee:監督賞ノミネート:
Jane Campionジェーン・カンピオン
Best Cinematography Nominee:撮影賞ノミネート:
Stuart Dryburghスチュアート・ドライバーグ
Best Film Editing Nominee:編集賞ノミネート:
Veronika Jenetヴェロニカ・ジャネット
Best Costume Design Nominee:衣装デザイン賞ノミネート:
Janet Pattersonジャネット・パターソン

スタッフ(製作・監督・脚本・撮影・音楽)

Producer:製作:
Jan Chapmanジャン・チャップマン
Director:監督:
Jane Campionジェーン・カンピオン
Writer:脚本:
Jane Campionジェーン・カンピオン
Cinematographer:撮影:
Stuart Dryburghスチュアート・ドライバーグ
Original Music:音楽:
Michael Nymanマイケル・ナイマン

キャスト・出演者

Cast:キャスト:役名:
Holly Hunterホリー・ハンター失声症の女性エイダ・マクグラス
Harvey Keitelハーヴェイ・カイテルエイダと愛するようになる開拓者の男ジョージ・ベインズ
Sam Neillサム・ニールエイダを妻に迎えるアリスディア・スチュワート
Anna Paquinアンナ・パキンエイダの娘フローラ
Kerry Walkerケリー・ウォーカーモラグ
Genevieve Lemonジュヌヴィエーヴ・レモンネッシー
「ピアノ・レッスン」トレーラー
T's Theater新作映画紹介[あらすじ&レビュー]
「フレンチ・ラン」3月4日より渋谷シネパレス他、全国順次ロードショー! 公式サイト
他4作品の公開前・公開中の新作映画リストを開く

ストーリー・ネタバレ

この映画を未見の方へ:[ストーリーは最期まで表示されています]
ストーリーを途中までの表示にするストーリーを全て隠す

時に1852年。スコットランド。6才の時に声を失ったエイダ・マクグラスは父の決めた縁談により海を渡った遠い国へ嫁ぐ事になった、娘のフローラを連れて…。

ニュージーランド。エイダとフローラを出迎えたのは入植しているスチュワート、そして彼の従えるマオリ族の人々だった。取り分け多いわけでもない荷物、異色を放っていたのは遙々スコットランドから運んできたエイダのピアノだった。ピアノは生活する分には“要らない”。スチュワートはピアノは海岸に放置した。その事にエイダは身体いっぱい怒るのであった。

エイダは喋る事は出来ないが耳は聞こえる。幼い時から先生に師事しピアノの腕前は並外れたものだった。そしてフローラは先生との子供。別に結婚したわけではない。フローラを身籠もった後、先生は離れていったのだ。そして自身の“言葉”を伝える手段は手話である。この地には手話を理解できる人などいない。彼女は娘を通じて“話す”。

スチュワートはエイダが喋れない事を納得して縁談を引き受けた。ムズカシイ彼女も次第に心を開いてくれるだろう…だがエイダの心は開かなかった…。

ニュージーランドに入植していたのはスチュワートだけではなく、ジョージ・ベインズという男もいた。彼はエイダに近づく…そしてスチュワートに対して“ピアノをくれれば自分の広い土地をやろう”と持ちかけた。どうしてもこの地で勢力を伸ばしたいスチュワートは二つ返事で承諾した。エイダは自分のピアノを勝手に人にあげたと怒るのであった。

ベインズという男は読み書きが出来ない男であった。彼は妻をイギリスに残している。そしてマオリ族にとても理解があり彼らと同じように顔にペイントをする。

そんなベインズがピアノを手に入れてエイダに頼んだ事とはピアノレッスンであった…表向きは。ピアノには多くの鍵盤があるが、それら1つ1つを引き替えにエイダに対して自分の望む嫌らしい事を求めてきた。

最初は鍵盤1つと引き替えにエイダはピアノを弾く、それがエスカレートして手を触れる…エイダに服を脱いだ貰う…。エイダも次第に受け入れていく。そして一緒にベインズの家に来るフローラは外に出されていた。

ある日、入植民達の学芸会のようなものが開かれた。マオリ族の人々も招かれている。そこでピアノの腕前を見せてみろとからかわれるベインズ。もちろん弾けるワケがない。嫌な思いがしたのであろう、場を去った。会はマオリ族の暴走でメチャクチャになったがそれは些細な事であった…。

夫には心を開かず、他の男には心と体を開く…エイダはベインズを愛し、それはベインズも同じであった。一時など売買春の様な事はしたくないとエイダを突き放すベインズだったが、もはや売買春などではない愛である。エイダはベインズの家へ通い続けた。

やがてスチュワートも気付く事になる。ふと疑問を感じてベインズの家に行ったスチュワートは、肌を重ねるエイダとベインズを見る。激怒した彼はエイダを家に閉じ込めた。激怒以上に愛していたのであろう、だから悔しかった。

結末・ラスト

時が経ち、彼女の軟禁を解くスチュワート。だがエイダへの信頼は崩れた。彼女がフローラを通じて連絡を取ろうとしたのだ。流石にそれはオカシイと思ったまだ幼いフローラ、そしてスチュワートに父性を感じ始めていた時期である、フローラはスチュワートにそれを知らせる。彼は激怒、エイダの指を切り落とした…。

そしてスチュワートはベインズの家に行き銃を突きつけた。“エイダと共に好きなところへ行ってしまえ。”

離縁となった…。家を出るエイダとフローラ。2人の荷物にはピアノがあった。ベインズと共に小さな船でマオリ族の力を借りて荷物を運ぶ。エイダがピアノを捨てようと言いだした。ベインズにはそれが出来なかった。だがエイダ、そしてフローラが懇願してピアノは海へ投げ入れられた…。その際に足を取られたエイダが海中に転落するも何とか助かった…運命というものであろうか…。

エイダは今、娘フローラとベインズと共に暮らしている。失った指をベインズが作った義指で補いピアノの先生をしている。そして彼女は声を取り戻す為に頑張っているという…。

レビュー・感想・解説・評価

ストーリー・ネタバレはクリックミー(上部へ移動)
レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]
ピアノ・レッスン
toikunの評価:5/10★★★★★☆☆☆☆☆

“ピアノ・レッスン”、何とも意味深な邦題だ、これだけを聞けば音楽家を目指す純粋なる音楽ものと思うかも知れないが、中身はドロドロの愛憎劇。本作の評価は大変高く、それがアカデミー賞結果などの賞レースに表れる。

メガホンをとるのは後の「ある貴婦人の肖像」、「イン・ザ・カット」のジェーン・カンピオン。脚本も担当した彼女はアカデミー脚本賞を受賞した。

主演の失声症(正確には病気の名前は違うかも知れないが)の女性を演じるのはホリー・ハンター。アカデミー主演女優賞を受賞した。彼女には他に「ブロードキャスト・ニュース」、「ザ・ファーム 法律事務所」、「サーティーン あの頃欲しかった愛のこと」でのオスカーノミネート歴がある。特に「ザ・ファーム 法律事務所」今作で主演賞・助演賞両方にノミネートした、ホリーにとって当たり年となった。

次に賞レースで挙げるとすれば娘を演じたアンナ・パキンが、僅か11才という史上2番目の若さでオスカーを得た。彼女にとってのデビュー作である今作「グース」では初主演となりノビノビとした素晴らしい演技を見せてくれた。何の思いがあって出演したかは不明だが「あの頃ペニー・レインと」は首をかしげたtoikunだったが…。

「バグジー」のオスカーノミニー、その同作も含め厳つい役が多いように思うハーヴェイ・カイテルが“他人の妻”を愛する男を演じる。T's Theaterでは彼の出演作をそれなりにレビューをしているが、今作と同年の「ライジング・サン」「アサシン 暗・殺・者」(「ニキータ」のリメーク)も良かった。

そして妻に裏切られる…ってか最初から心はソコにはないのだが…の苦悩する旦那さん役にサム・ニール。彼の国籍はニュージーランドだ。有名どころで言えば「ジュラシック・パーク」に出演している。他に挙げるとすれば「レッド・オクトーバーを追え!」(アメリカ亡命を夢見るソ連潜水艦の副艦長、夢破れ…)や、ニュージーランドのお隣オーストラリアを舞台にした「月のひつじ」(スペースシャトル打ち上げの主役はシャトルの乗員。地上スタッフは脇役。その脇役=NASA地上スタッフの更に脇であったオーストラリアの天文台スタッフが“主役”として描かれる映画)だろうか。素晴らしい役者である。

他にはマオリ族の1人としてクリフ・カーティス。彼の映画初出演作品と言う事である。後の「ダイ・ハード4.0」ブルース・ウィリスと絡む重要な役柄を演じていて印象的だった。またデンゼル・ワシントンが長い間受賞できなかったアカデミー主演男優賞を“悪役”として受賞する事になった“皮肉(映画評論家のおすぎさんに言わせれば…?)”な映画「コラテラル」では怖い移民ギャングスターを演じている。

親子役のホリーとアンナがアカデミー賞を受賞したという結果、そして題名、今作を知らなければ、殆どの人がホリーが娘アンナにピアノを仕込むと思うだろう、この辺は前述のリピートとなってしまうが…。でも、本当に怖いし恐ろしいし、そしてラブなのである。

ホリーとカイテルは全裸を見せる熱演である。裸を見せるからどうこうは言いたくないがキャリアなどで恐れをしない思いであったのであろう、拍手を送りたい。指使い…嫌らしい…。

愛憎劇の“憎む中心”としてニールがいて、彼のイメージとして“穏やか”というのがあったのだが、それを覆してくれて、しかも“負けていない”=“彼らしい”っていつの間にか適役と思わせてくれて、ニールの演技にも脱帽である。

う~む最近見た「王妃マルゴ」でもイザベル・アジャーニが浮気をしていたが、映画だから笑って(?)見る事が出来る、普通には出来ない事。非日常を楽しませてくれる映画、ありがとう!

なお、サントラも大ヒットした今作。もし気になったのであればコチラ(Amazon)からどうぞ。

“カイテルは厳つい役が多い”と前述した。厳つい=マフィアな役がとても似合うハーヴェイ・カイテルであるが、もしアナタが今作の彼に興味を持ったら、カイテルを知る人ならば厳つい役に似つかわしくない“不器用なラブシーン”等と思う向きもあるかもしれない、ならば「バグジー」を見てみませんか?アメリカのラスベガスをカジノのメッカにした実在のマフィア、ベンジャミン・シーゲルを描いた作品でそのシーゲルを演じたウォーレン・ベイティと恋人役のアネット・ベニングが共演が縁で結婚したという作品でもある。この「バグジー」で、きっとハーヴェイ・カイテルのイメージは“確定”するから…。

2015/11/11

2016/02/29

by .

[感想・レビュー]投稿フォーム

アナタのレビュー・評価を載せてみよう!

お名前:

メールアドレス:

ホームページURL:

評価を10点満点でお聞かせ下さい。(必須)

10点  
9点  
8点  
7点  
6点

5点  
4点  
3点  
2点  
1点

映画の感想・レビューをお聞かせください。T's Theaterのこのページに掲載させて頂きます。

レビューの表示例

『映画ファン』さんのレビュー・評価

投稿日時:20??/??/?? 15:59:46

4点/10点満点中★★★★☆☆☆☆☆☆

ホームページ

コメント:

(コメントをどうぞ。)

T's Theaterへのお問い合わせフォームはコチラ(別ページで開きます)

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

ともちんが通りますよ

レビュー・アン・ローズ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com