NAVI × 作品データ あらすじ 主要登場人物 アカデミー賞 スタッフ キャスト予告編 詳しいストーリー ストーリーの結末 感想・レビュー 関連作品・関連ページ [感想・レビュー]投稿フォーム このページの一番上へ T's Theaterのメニュー
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES映画の総合情報サイト
498Twitter、フォローお願いします!0 0001
映画『LAST VEGAS』「ラストベガス」<2013年:アメリカ>

ATTENTION:T's Theaterでは映画作品のあらすじだけでなくストーリーのネタバレ結末まで記載しています。映画レビューはストーリーの下方にあるので映画をご覧になっていない方はお気を付け下さい。

映画「ラストベガス」あらすじ,ネタバレ,レビュー

作品データ

IMG from Amazon

原題:

LAST VEGAS

邦題:

ラストベガス

原題訳:

人生最後のラスベガス

製作年:

2013年

製作国:

アメリカ

上映時間:

ジャンル:

コメディ ロマンス

監督:

ジョン・タートルトーブ

主演:

マイケル・ダグラス ロバート・デ・ニーロ モーガン・フリーマン ケヴィン・クライン

あらすじ

この映画にはtoikun以外のレビューはまだありません。

悪ガキ4人衆が還暦を迎えて再会。その理由はその中の1人の結婚、しかも初婚の内輪祝いのためである。だが、初婚の男と仲間の一人は喧嘩の状態にあった。

その理由は何故であろうか?また、3人して1人の結婚を祝うことが出来るのであろうか?

レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

クリックすると下にジャンプします詳しいストーリー感想・レビュー

詳細作品データ[写真画像付き]IMGs' COPYRIGHT notations

主要登場人物

Main Cast:メインキャスト:役名:
Michael Douglasマイケル・ダグラス還暦を超えて初婚を決めたビリー・ガーソン
Robert De Niroロバート・デ・ニーロ妻ソフィーを亡くして傷心のパディ・コナーズ
Morgan Freemanモーガン・フリーマン息子に身体のアチコチを心配されるアーチー・クレイトン
Kevin Klineケヴィン・クライン一年毎に身体にガタが来るサム・ハリス
Mary Steenburgenメアリー・スティーンバージェン税理士を首になりラスベガスで歌う夢を叶えたダイアナ・ボイル

アカデミー賞

Winner:受賞:
Noneなし
Nominee:ノミネート:
Noneなし

スタッフ(製作・監督・脚本・撮影・音楽)

Producers:製作:
Laurence Markローレンス・マーク
Amy Baerエイミー・ベアー
Director:監督:
Jon Turteltaubジョン・タートルトーブ
Writer:脚本:
Dan Fogelmanダン・フォーゲルマン
Cinematographer:撮影:
David Henningsデヴィッド・ヘニングス
Original Music:音楽:
Mark Mothersbaughマーク・マザーズボー

キャスト・出演者

Cast:キャスト:役名:
Michael Douglasマイケル・ダグラス還暦を超えて初婚を決めたビリー・ガーソン
Robert De Niroロバート・デ・ニーロ妻ソフィーを亡くして傷心のパディ・コナーズ
Morgan Freemanモーガン・フリーマン息子に身体のアチコチを心配されるアーチー・クレイトン
Kevin Klineケヴィン・クライン一年毎に身体にガタが来るサム・ハリス
Mary Steenburgenメアリー・スティーンバージェン税理士を首になりラスベガスで歌う夢を叶えたダイアナ・ボイル
Romany Malcoロマニー・マルコ高級ホテルの従業員ロニー
Jerry Ferraraジェリー・フェレーラ4人組のパシリにされる男ディーン
Roger Bartロジャー・バートモーリス
Joanna Gleasonジョアンナ・グリーソンサムの妻ミリアム・ハリス

注目俳優(カメオ出演or下積み時代)

Cast:キャスト:役名:
説明:
50 Centカーティス・“50セント”・ジャクソン(本人役)
「ラストベガス」トレーラー

ストーリー・ネタバレ

この映画を未見の方へ:[ストーリーは最期まで表示されています]
ストーリーを途中までの表示にするストーリーを全て隠す

58年前のアメリカ。自称“フラットブッシュ4人組”を名乗る悪ガキ4人組は、そ~んなに悪いコトをする訳じゃあなかったが、理不尽な事には徹底的に逆らい、年上相手でも矛を収める事がなかった。

58年後の現代。かつては恐れられていた!?4人組も全米各地に渡った我が世の春を謳歌していた。

フロリダ州のサム。

他の老人たちに交じってプールで筋力が衰えないようにトレーニングをするのはかつての4人組の1人サム・ハリス。サムは妻ミリアムと40年間ずっと寄り添って生きてきたが、身体の方々にガタが来て、プールでのトレーニングがやっとうの事であった。

ニュージャージー州のアーチー。

4人組唯一のアフリカ系アメリカ人であるアーチー・クレイトンには孫が出来、息子が遊びに来たから孫を抱っこしてあやしていると腰の心配をされる始末。かつては重大な発作を起こしたらしく、時間キッチリに薬を飲むという生活となっていた。

ニューヨーク州のパディ&ソフィー。

4人組の中でも喧嘩っ早かったパディも長年連れ添ったソフィーを1年前に亡くし、意気消沈。昔撮ったソフィーとの写真を眺めて過ごす日々が続き、隣人のエリザベスには心身を心配されて、毎日ご飯のお裾分けを貰って、丸で毎日が生死の確認のような状態になっていた。エリザベスに対して感謝の言葉を述べないパディであったが、きっと心の中では感謝の気持ちで一杯だったろう。つまり偏屈野郎というところか…。

カリフォルニア州のビリー。

4人組の中でも一番出世したビリー・ガーソン。金持ち経営者として日々忙しく暮らしてきたので、女性とは無縁、つまり今まで結婚した事がなかったのである。だがしかし、還暦を迎えてビリーには彼女リサが出来ていた。年齢差はザックリと30歳!!!ここでビリーが友人の葬式に出る事になった。彼がスピーチをすることになっていたのだが、ユーモアのあるビリーのスピーチを皆期待していた。だがあろう事か、その友人への餞の言葉が終わると、壇上からリサへプロポーズをしたのである。コレには幾らビリーにユーモアがあるとは言え、満場一致で拍手喝采とはならなかった…。

婚約パーティにて、会ったリサの父親ニールはどう見てもビリーより若かった。“娘は君が君が死ぬ前に結婚したい”と語るニールだが、その言葉の裏には何か別のものがあるのかは分からない。ちょうどその時、給仕が倉庫から年代物のスコッチ、ノーブル・スタッグを取り出してきた。それを見たビリーは“コレには手をつけるな!”と給仕から奪い去ってしまった。このスコッチには何か意味があるのであろうか?

現代の電話は、1対1だけでなく複数人で会話が出来る。パーティ後にビリーはまずはサムに電話をして、その会話にアーチーを呼び出した。ここで、ビリーが“大事な話がある”と結婚の話しを打ち明けたのだ。リサさん32歳、アーチーの痔主歴も32歳…。こんな時にアーチーの離婚歴に突っ込むサムもどうかと思うが…喜びの言葉を口に出さない2人に対して、“少しでも祝ってくれ”とちょっとキレてしまうビリーであった。

この電話の続きで、今週末のラスベガスで内輪の式を行いたいと話したビリー。久しぶりの再開に喜ぶ3人だったが、頭痛の種があった。それはパディの事である。4人組が再開するにはパディにも連絡を取らなければならないが、誰が連絡するかで揉める3人。何故、パディに連絡するのに揉めるのであろうか?

ラスベガスに向かうために妻ミリアムの運転する車で合流場所へとやって来たサム。妻からはホテルに着いたら開けてと手紙を渡されるも、その場で開けてしまうと、中に入っていたのはコンドームとバイアグラ…。つまりはだ、ラスベガスに行って居るあいだの浮気は公認するという事だった。ミリアムの考えとしては、近頃は病気・病気で精神的にも参っているサムに立ち直って欲しかったのだ。ミリアムが走り出すと、小躍りするサムがいた。

さぁ、次はアーチーの番だ。病気の多いアーチーに息子の心配は際限ない。外出などもっての外なのである。そこで、サムがレンタカーでアーチーの家の側まで乗り付けると、アーチーは書き起こしを残して家から剥いでて何とかサムと合流するのであった。

そしてサムとアーチーはパディの住むアパートの前に車を止めた。サムは“パディが来ない100ドル賭ける”と話すサムだったが、何故親友であるビリーの結婚式にパディが来ないことがあるのであろうか?

サムがパディと再会した。サムが驚く程に、家の中には亡くなった妻ソフィーの写真で溢れていた。それだけ、ソフィーへの愛情が深かったことが伺える。“ビリーのためにラスベガスへ行こう”と誘うサムだが、簡単には首を縦には振らないパディ。だがしかし、アーチーも説得に加わった結果、何とか3人してラスベガスへの飛行機へと乗ったのであった…。

ラスベガスへ到着した3人を空港でビリーが出迎えた。ビリーの顔を見るとムカムカしていたパディの顔が更に真っ赤になった。帰ると言い出すパディを宥めるアーチーは4人組の中では一番の“大人”という事だろう。

娯楽の一大都市ラスベガスをタクシーで走り手配をしてあったホテルへとやって来た4人。だが、係員に聞くとホテルは改装中だという。ここでサムとアーチーの喧嘩が始まった。“お前がホテルは任せろと言ったのじゃないか?”やれやれ。だが、ここはもう一度言うが娯楽都市。カジノで時間を潰せるのである。

しばし、このカジノで別行動を取る4人。ビリーの目に留まったのは、誰一人聞いていないのに美しい声を響かせる年増の女性ダイアナだった。歌を聴いていると、サムとアーチーもやって来て、爺さん3人衆は拍手喝采!“聞いてくれたお礼に驕ってあげる”と酒を驕ろうとした矢先、パディもやって来た。ダイアナに、“いかにビリーが酷い奴か”を説いた。ここで、パディが何故ビリーのことをこんなに嫌っているのかが分かる。ビリーはパディの妻ソフィーの葬式に来なかったのだ。大親友の妻の葬式に…。だが、それには深い理由があるのだが…。取り敢えず、軽い罵りの言葉を賜るビリーであった。

5人でシャンパングラスを傾けた後に彼らが向かったのはアリア・ホテルだった。だがこのホテルも満室であった。ビリーはこのホテルで式を開くので、地理に明るいダイアナと一緒にチャペルへと向かった。一方、貯金の半額という大金を持ってきたアーチー。少しパディとサムが目を離している間に貯金が…。だがディーラーに金勘定をして貰うと1万5000ドルの掛け金が10万ドルと大勝ちしていたアーチー!

気分を良くしたアーチーたち。ご老人4人組はラスベガスのショーを大いに楽しんだ。そこに、ホテルのオーナーが現れた。カーティス・“50セント”・ジャクソンが予約を入れていた部屋がキャンセルとなり空いたと言ってきたのだ。カジノでの大負けを少しでも回収するためにスウィートルームに泊まって貰いたいのだ。従業員のロニーの案内によりスウィートルームへと通される4人。その豪華さに驚いた後、ビリーはあるものを取り出した。それは、例のパーティーで給仕から奪い取ったスコッチだった。このスコッチは彼らにとっては思い出の酒だったのだ。4人組再会で祝おうとした矢先、パディは怒りをビリーにぶつけた。“葬式に来るべきだった。ユーモアのあるお前の弔辞をソフィーも望んでいたはずだ”と。

前祝いは始まる前に終わりとなり、ビリー、サム、アーチーはホテルのダンスバーへと繰り出した。そこで3人が楽しんでいると、一人のチンピラ風の男ディーンが絡んできた。3人がどうしようかと思ってる矢先、パディがやって来て彼の鉄拳制裁で伸された男。“4人組を侮辱するな!”と語るパディにとって、やはり“フラットブッシュ4人組”は今も健在なのである。

あっという間に夜となりスウィートルームで雑魚寝となる男たち。早くに目が覚めたパディは、早朝から歌うダイアナの所へと足を運んだ。パディは、ソフィーの束縛からやっと逃れる術=ダイアナへの愛を見つけようとしていたのだ。そして同じく朝早く起きて日光浴をしていたビリーに近づいたパディは、“本当にリサを愛して結婚するのか?”と聞いた。しかしビリーからは明確な答えは得られなかった。

さぁ、遅く起きたアーチーとサムが合流した。前に絡んできたディーンが、ロニーのお陰で、4人をマフィアと勘違いしている。だから明日開かれるビリーのパーティーをより一層引き立たせるために、大勢の人が来るようにチラシを配るように命令する4人。4人もまた4人でチラシを配る。

その合間、ダイアナと歩いているビリーがいた。ビリーは、誰にも打ち明けていないことをダイアナに語った。それは、ビリーもパディも同じ女の子が好きだったこと、それはソフィーであり、ソフィーはビリーのことが好きで彼の元に来たが、ビリーの考えでは、ソフィーはパディが相応しいと彼の方に行かせたと。つまり、ビリーは身を引いたのだ。その後、夜開かれるパーティへ招待したビリーだったが“複雑ね”と答えるダイアンがいた…。

夜になり、チラシを配った成果もあり、大勢の人がビリーを祝うために訪れていた。カーティス・“50セント”・ジャクソンなんて何処吹く風だぁ。

結末・ラスト

老人4人組と大勢の若者たち。“フラットブッシュ4人組”は自分たちが楽しむことを忘れなかったが、若い人にもそれを“分け与え”た。アーチーはディーンに思いやりを口にする。サムは、若い女性と身体の関係になりそうになるものの、やはり妻ミリアムが一番だと事を行わなかった。その女性は決してサムを責めることはなかった。

パーティの最中、2人きりになったビリーとパディ。パディが、ドアの開閉を気にしている理由を尋ねたビリー。パディはダイアナが来ることを待っていると告げた。一人で居ることの寂しさも。その事を聞いたビリーの表情も変わる。それを察したパディ、ビリーも又ダイアナのことが気になっていたのだ。

パーティ会場にダイアナが現れた。我先に話そうと、プールにパディを突き落としたビリーは上階にてダイアナに、“パディと一緒になって欲しい”と頼んだ。ダイアナは“またパディに譲るの?”と話しているところでパディが現れた。自分の元にソフィーが来た理由を初めて知ったパディ。複雑な気持ちが脳裏をよぎる。“幻だったわけだ…”そう言うと、思い出のスコッチをゴミ箱に投げ捨てて出て行った…。

翌朝。ビリーがリサと合流する日。気持ちを切り替えたパディは、“本当に彼女で良いのか?”とパディに尋ねた。そしてリサがやって来ると、事の顛末を話したパディ。その後2人きりで話し合ったビリーとリサ。ビンタ一発でケリが付いて、リサは去って行った…。

ホテルを離れる日。歌っているダイアナに愛を語りキスをするビリーがいた。そして4人組はゴミ箱から拾った思い出のスコッチで乾杯をするのであった…。

58日後。それぞれの生活が少しずつ明るく変わった中、ダイアナとの結婚を告げる電話を3人にしたビリー。おーっと、その電話に出られなかったサムは事の最中だった!?

レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

レビュー・感想・解説・評価

ストーリー・ネタバレはクリックミー(上部へ移動)
レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]
ラストベガス
toikunの評価:6/10★★★★★★☆☆☆☆

ぐへへへへ…と変な笑い声ですが、toikunが大好きなお年寄りを描いたドラマであり、コメディも適切に散りばめられた良作品。

「クール・ランニング」や「フェノミナン」などの監督ジョン・タートルトーブ監督作品は“年輪”がこれでもかと感じられる。

5人のアカデミー賞俳優がスクリーン狭しと踊る、そのキャストを。

・このキャストならば助演は考えられない主演のビリーに「ウォール街」のアカデミー主演男優賞、そして「カッコーの巣の上で」の製作でアカデミー作品賞を受賞したマイケル・ダグラス。彼の演技に関しては、若干名物足りなさを感じる人が居ると思うが、本作は大丈夫だ。「ダイヤルM」など。

・主演でも助演でも“攫う”名優で、「ゴッドファーザーPART II」のアカデミー助演男優賞、「レイジング・ブル」のアカデミー主演男優賞など、今健在の俳優の中ではジャック・ニコルソンと並ぶ名優と呼ばれるロバート・デ・ニーロが劇中、色んな所でプンプンの人を演じる。“マフィア”って言葉が出てきたが、もしかしたら「ゴッドファーザーPART II」を意識している!?「タイム・トゥ・ラン」など。

「ミリオンダラー・ベイビー」でアカデミー助演男優賞に輝いたブラック・アクターの代表格の一人モーガン・フリーマンが4人の“悪ガキ”の中で一番の大人。やはり、本作のこの役は彼らしい。本作では「ショーシャンクの空に」を思い出させるようなセリフもある。「セブン」など。

・「ワンダとダイヤと優しい奴ら」でアカデミー助演男優賞を受賞したケヴィン・クラインが年を取ってもお盛んな役どころ。toikunは彼の配役に、年齢的にアレ?って思ったけど、いつの間にかお年を召されていた!「隣人」など。

・「メルビンとハワード」のアカデミー助演賞女優メアリー・スティーンバージェンがお年を感じさせない美しいお姿を披露。こう年を取りたいものです。「ギルバート・グレイプ」「フィラデルフィア」を挙げておきます。

・劇中、名前を使われヒョッコリ姿を現すカーティス・“50セント”・ジャクソンさんが笑いどころだと思う。「サウスポー」は面白かった。

さて。

なーんてゴージャスなんでしょう☆観よう観ようとずーっと思っていてやーっとレンタルをしてきました。toikunはどちらかと言えば、女優よりも男優というくくりの方が好きなんだけれども、垂涎ですよ、まさに。自分を殺して恋人を差し出したというキチンとした裏のある、涙のあるストーリーだし。

好きな割りに評価が余り上がらなかったのは、ダンスシーンなどで何かドキュメンタリーチックなものを感じてしまったから。それと、フリーマンとクラインがいつも通りモロ助演過ぎたからかなぁ。4人のアカデミー賞男優が競ったら面白かった…かな?そういうのを観てみたかったぞ。しつこすぎるかもしれないけど。

カーク・ダグラスの面影がそうしているのかもしれないが、やはり、マイケル・ダグラスは主役を演じるために生まれてきたカリスマを持つ俳優ですわ。それ故の“狭さ”は気にならない程に強いカリスマ。

なーんか、同窓会っぽい映画。内容もそうだし、年を取った俳優陣っていう意味も出し。

本当にラブリーな映画です。感謝の気持ち、いっぱい☆

2017/06/25

by .

[感想・レビュー]投稿フォーム

アナタのレビュー・評価を載せてみよう!

お名前:

メールアドレス:

ホームページURL:

評価を10点満点でお聞かせ下さい。(必須)

10点  
9点  
8点  
7点  
6点

5点  
4点  
3点  
2点  
1点

映画の感想・レビューをお聞かせください。T's Theaterのこのページに掲載させて頂きます。

レビューの表示例

『映画ファン』さんのレビュー・評価

投稿日時:20??/??/?? 15:59:46

4点/10点満点中★★★★☆☆☆☆☆☆

ホームページ

コメント:

(コメントをどうぞ。)

T's Theaterへのお問い合わせフォームはコチラ(別ページで開きます)

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

http://blog.livedoor.jp/tomo24sawara/

ともちんが通りますよ

削除されました(泣)

レビュー・アン・ローズ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com