NAVI × 作品データ あらすじ 主要登場人物 アカデミー賞 スタッフ キャスト予告編 詳しいストーリー ストーリーの結末 感想・レビュー 関連作品・関連ページ [感想・レビュー]投稿フォーム このページの一番上へ T's Theaterのメニュー
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES映画の総合情報サイト
419Twitter、フォローお願いします!0 0001
映画『AMERICAN BEAUTY』「アメリカン・ビューティー」<1999年:アメリカ>

ATTENTION:T's Theaterでは映画作品のあらすじだけでなくストーリーのネタバレ結末まで記載しています。映画レビューはストーリーの下方にあるので映画をご覧になっていない方はお気を付け下さい。

映画「アメリカン・ビューティー」あらすじ,ネタバレ,レビュー

作品データ

IMG from Amazon

原題:

AMERICAN BEAUTY

邦題:

アメリカン・ビューティー

原題訳:

アメリカにとっての美徳

製作年:

1999年

製作国:

アメリカ

上映時間:

ジャンル:

ドラマ

監督:

サム・メンデス

主演:

ケヴィン・スペイシー アネット・ベニング

あらすじ

1人の映画ファンの口コミ・レビューがあります。(クリックすると下方のユーザーレビューに移動)

アメリカの夫婦と高校生の娘。この一家はそれぞれ“溜まって”いた。夫は妻と娘にないがしろにされ娘の友達に恋をする。隣にはドス黒い趣味のある軍人とヤク中の息子。夫が隣の息子にヤクをもらうようになり…。

彼らの平凡(?)で平和(?)な人生の行き着く先とは…!?

作品賞を含む5部門でアカデミー賞を受賞した秀作のドラマ。今作が劇場用長編映画初監督作品であるサム・メンデスが素晴らしい俳優たちを操って魅せる。貴男はミーナ・スヴァーリに惚れ、貴女はピーター・ギャラガーに惚れ、アナタは…。

クリックすると下にジャンプします詳しいストーリー感想・レビュー

詳細作品データ[写真画像付き]IMGs' COPYRIGHT notations

主要登場人物

Main Cast:メインキャスト:役名:
Kevin Spaceyケヴィン・スペイシーレスター・バーナム
Annette Beningアネット・ベニングレスターの妻キャロリン
Thora Birchソーラ・バーチバーナム夫妻の一人娘ジェーン
Wes Bentleyウェス・ベントリー隣に越してきたリッキー
Chris Cooperクリス・クーパーリッキーの父フランク・フィッツ
Mena Suvariミーナ・スヴァーリジェーンの友達アンジェラ
Peter Gallagherピーター・ギャラガーキャロリンと不倫するバディ

アカデミー賞

Best Picture Winners:作品賞受賞:
Bruce Cohenブルース・コーエン
Dan Jinksダン・ジンクス
Best Director Winner:監督賞受賞:
Sam Mendesサム・メンデス
Best Actor in a Leading Role Winner:主演男優賞受賞:
Kevin Spaceyケヴィン・スペイシー
Best Writing, Screenplay Written Directly for the Screen Winner:脚本賞受賞:
Alan Ballアラン・ボール
Best Cinematography Winner:撮影賞受賞:
Conrad L. Hallコンラッド・L・ホール
Best Actress in a Leading Role Nominee:主演女優賞ノミネート:
Annette Beningアネット・ベニング
Best Music, Original Score Nominee:作曲賞ノミネート:
Thomas Newmanトマス・ニューマン
Best Film Editing Nominees:編集賞ノミネート:
Tariq Anwarタリク・アンウォー
Christopher Greenburyクリストファー・グリーンバリー

スタッフ(製作・監督・脚本・撮影・音楽)

Producers:製作:
Bruce Cohenブルース・コーエン
Dan Jinksダン・ジンクス
Director:監督:
Sam Mendesサム・メンデス
Writer:脚本:
Alan Ballアラン・ボール
Cinematographer:撮影:
Conrad L. Hallコンラッド・L・ホール
Original Music:音楽:
Thomas Newmanトマス・ニューマン

キャスト・出演者

Cast:キャスト:役名:
Kevin Spaceyケヴィン・スペイシーレスター・バーナム
Annette Beningアネット・ベニングレスターの妻キャロリン
Thora Birchソーラ・バーチバーナム夫妻の一人娘ジェーン
Wes Bentleyウェス・ベントリー隣に越してきたリッキー
Mena Suvariミーナ・スヴァーリジェーンの友達アンジェラ
Peter Gallagherピーター・ギャラガーキャロリンと不倫するバディ
Allison Janneyアリソン・ジャニーフランクの妻でリッキーの母バーバラ
Scott Bakulaスコット・バクラジム・オルメイヤー
Sam Robardsサム・ロバーズジム・バークレイ
Chris Cooperクリス・クーパーリッキーの父フランク・フィッツ
「アメリカン・ビューティー」トレーラー
T's Theater新作映画紹介[あらすじ&レビュー]
「フレンチ・ラン」3月4日より渋谷シネパレス他、全国順次ロードショー! 公式サイト
他4作品の公開前・公開中の新作映画リストを開く

ストーリー・ネタバレ

この映画を未見の方へ:[ストーリーは最期まで表示されています]
ストーリーを途中までの表示にするストーリーを全て隠す

家族の一員、それぞれが“溜まって”いるアメリカの“普通の家庭”、バーナム家。広告業界に勤めるレスターに、不動産関係を営む妻のキャロリン、そして夫妻の一人娘の高校生ジェーンがバーナム家の一員である。夫妻の間には長い間肉体関係はない。そしてレスターは長い間ジェーンと口をきいていなかった。

そんな一家はいつもの夕飯時を迎えた。キャロリンが料理を作り、音楽の選曲もする、普通の夕飯。レスターが久しぶりにジェニーに関心を持った。だが彼女は反抗期か巧くコミュニケーションが取れなかった。

バーナム夫妻は、ジェーンが入っているバスケットボールの応援団を見に行く。そこでレスターは、ジェーンの友達アンジェラに心を奪われてしまう。アンジェラは美しく、そのことを自覚しており、男を虜にすることを何とも思わない女の子であった。夫妻でダブルベッドに寝ながら、レスターはアンジェラの事を考えていた…。

バーナム家の隣には最近引っ越してきたフィッツ家が住んでいた。海兵隊の大佐であるフランクと彼の妻の元に、一人息子の高校生リッキーがいた。フランクは昔の男らしくとてもゲイが嫌いであった。そしてリッキーは、過去に友達を殺しそうになり、またヤクをやって精神病院に入院した経験があった。リッキーはヤクを止められずに、父に隠れて吸い、またヤクを売って稼いでいた。父にはバイトでの稼ぎと思われていた。

リッキーは、ジェーンの高校に転校してきた。家の外にいるところをビデオに撮られたジェーンは、最初はリッキーを嫌っていた。

レスラーは、キャロリンの事業関係のパーティに嫌々出席する。キャロリンはそこで酔いから業界のやり手バディに口説かれる。レスラーは、パーティでバイトをしていたリッキーに会う。そしてリッキーからヤクをもらい、人生で久しぶりのヤクを吸うのであった。

家に帰ってきた夫妻を迎えたのはジェーンと泊まりに来ていたアンジェラであった。部屋の声を盗み聞いて、アンジェラが“筋肉がある男が好き”と言うのを聞いたレスラーは、すぐさま筋力トレーニングを開始する。その夜、夢でマスをかくところをキャロリンに見られるレスラーだが、そんなのは気にしない。次の日の朝からは、隣人のゲイの男達とマラソンをして鍛え始める。その後、リッキーの家に行き、ヤクを買うのであった。

レスラーはすっかり変わっていった。会社のリストラ役に大金をふっかけ、自らリストラされるのであった。キャロリンも変わっていった。バディと会って、その後、肉体関係を持つことになる。

ジェーンはというとリッキーと仲良くなり、彼の家に上がり込み、フランクが所有するナチスの皿まで見せてもらう。そして距離は更に縮まっていった。一方フランクは、リッキーが“男同士の肉体関係”をもって稼いでいるのではと思い始める。

その後、またアンジェラが泊まりに来た。ジェーンに、レスラーと寝ると言うアンジェラ。その夜、フランクはリッキーを問い詰める。リッキーはレスラーと関係を持ったと言うことを嘘で言い、フランクに勘当をくらって家を出る。そしてジェーンの家を訪ねた。

結末・ラスト

アンジェラとケンカしたジェーンは、リッキーと自分の部屋にいる。そしてアンジェラはレスラーに身体を委ねようとする。このときを待っていたレスラーだったが、彼女がヴァージンであることを聞かされ目が覚める。彼女からジェーンの話を聞き、再び家族というものを思いやる。

だがしかし、家族の写真を見ているときに銃声が響きレスラーは倒れた。嘆くキャロリンがいた。“息子であるリッキーが男のレスラーと関係を持ってゲイになってしまった…”と誤解したフランクにより射殺されたのだ…。

レビュー・感想・解説・評価

ストーリー・ネタバレはクリックミー(上部へ移動)
レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]
アメリカン・ビューティー
toikunの評価:8/10★★★★★★★★☆☆

後の「ロード・トゥ・パーディション」、「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」や007シリーズの「007/スカイフォール」、2015年公開予定の「007/Spectre」そして次作のジェームズ・ボンド作品も計画されているサム・メンデスが劇場用長編映画初監督作品として監督しアカデミー作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞、撮影賞の5部門を受賞し第72回アカデミー賞で一番多く賞を得たドラマ。

「ユージュアル・サスペクツ」に続く2つ目のオスカー演技賞を受賞したケヴィン・スペイシーがレスラーを演じる。スペイシーの他の作品として「摩天楼を夢見て」「隣人」「セブン」「L.A.コンフィデンシャル」「交渉人」「ペイ・フォワード 可能の王国」「ブラザーサンタ」など。(特にtoikunは「ペイ・フォワード 可能の王国」をオススメする。人によってはお涙頂戴…と思う作品だがアルコール依存症をテーマとして取り上げる秀作である。ちなみにtoikunもアル中だ…スリップ無しで12年目突入!)2016年11月にはスペイシーが“猫になっちゃう”コメディ映画「メン・イン・キャット」が公開。

そして今作のオスカーノミネートで「グリフターズ/詐欺師たち」(バカ女な役です)に続く2作目のオスカーノミネートのアネット・ベニングがレスラーの妻キャロリンを演じる。アネットは今作と題名が似ているが非常に面白い映画「アメリカン・プレジデント」でマイケル・ダグラス=アメリカ合衆国大統領を魅了して、見る者も“魅了”した。後の「華麗なる恋の舞台で」「キッズ・オールライト」でもオスカーにノミネートすることになるアネット。彼女は余り目立たなかったが、作品としては素晴らしいハリソン・フォード主演の「心の旅」というのもある。また女性俳優しか出演しない「明日の私に着がえたら」“でも”少々シワが目立つが映画作品として同作は面白い。

他にスペイシーももちろんtoikunお気に入りだが、この人もお気に入りのクリス・クーパー。クーパーはとても面白い役で今作でアカデミー賞のノミネートはならなかったものの後の「アダプテーション」でオスカー助演賞を受賞している。「ボーン・アイデンティティー」「ボーン・スプレマシー」(2作目は厳密には出演ではない)の「ジェイソン・ボーンシリーズ」や「カンパニー・メン」ピアース・ブロスナンと共演した「あぁ、結婚生活」なども良かった。同作ではクーパーは不倫をしている。今作の彼が見たら撃ち殺しモノ!?ソレとクーパーの初期作品「真実の瞬間(とき)」もレビューした。人には政治的主義主張が色々あるのでオススメ映画とするわけにはいかない問題作…?エリア・カザンのアカデミー名誉賞、授賞式を見た方ならば同作は“頷ける”作品だろう。あぁ、捨ててしまったビデオテープ、カムバック!

また、今作でヌードを披露して大きな話題となったミーナ・スヴァーリ(問題作の「SPUN/スパン」ではドラッグに溺れる少女であり、本作と同じように若干“性的”)やソーラ・バーチも良い。

父親とドラッグと彼女の間で喘ぐ青年の役にはウェス・ベントリー。2016年12月には少し解釈が難しい映画「聖杯たちの騎士」に出演してオスカー俳優クリスチャン・ベイルの弟役として登場。本作より10年以上の歳月が流れたがフェイスは若々しく演技に磨きがかかっていた。

今まで何度となく見てきたがレビューを書くのは今回が初めてだ。スペイシーがラストで殺されるという作品ながら、toikunは非常に良いイメージをこの作品に持っている。アメリカのちょっとアブノーマルなところがあるけど普通の家族が描かれているなと思う。これはあくまで私見だから、監督は“そんなことを描いたのではない”と言われるかもしれないが。

そう言えば、思い切り“差別”というか何と言ったら良いのか難しいのだがそういうのが描かれる。同性愛者の人達と身体を鍛える、そしてクーパーがナチスに造詣が深い…ってかマニア。この辺を描いたことも高評価に繋がったのだろう。映画を造るのは難しい…。息子役のウェス・ベントリーにしてみれば、そりゃヤクに走るよね!よく分かる(ウソ)。奥さん役のアリソン・ジャニーがアノ描かれ方というのも面白い。

この作品の音楽は、日本の番組で良く耳にする。そして今回見てみて、「ペイ・フォワード 可能の王国」の音楽と非常に似ているなと思ったら、どちらも同じトーマス・ニューマンだった。

フランクに勘違いをさせるという意味で、アカデミー撮影賞受賞もうなずける。巧みなカメラワークである。

ミーナ・スヴァーリのヌードシーンや“性的なシーン”があるので家族で見ることはオススメできないが、日本社会でも似たような家族があるのではとニヤリとして見て欲しい。

ストーリーを書くのは難しかった。見づらいな。これもこの映画がいろいろな人に焦点を当てているため仕方がなかった。

2007/04/19

2015/10/29

2015/11/23

2016/10/21

2016/12/06

by .

映画ファンの口コミ・レビュー

No.1  さん

レビュー日時:

評価:810点満点中(最低点1点)

★★★★★★★★☆☆

こんにちは( ̄▽ ̄)白いビニール袋が宙に舞うシーンをじっと眺めてるジェーンとリッキーが切ない映画でした。子供がかわいそうですね。親はどっちも酷い(笑)面白かったです♪

ホームページ

[感想・レビュー]投稿フォーム

アナタのレビュー・評価を載せてみよう!

お名前:

メールアドレス:

ホームページURL:

評価を10点満点でお聞かせ下さい。(必須)

10点  
9点  
8点  
7点  
6点

5点  
4点  
3点  
2点  
1点

映画の感想・レビューをお聞かせください。T's Theaterのこのページに掲載させて頂きます。

レビューの表示例

『映画ファン』さんのレビュー・評価

投稿日時:20??/??/?? 15:59:46

4点/10点満点中★★★★☆☆☆☆☆☆

ホームページ

コメント:

(コメントをどうぞ。)

T's Theaterへのお問い合わせフォームはコチラ(別ページで開きます)

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

ともちんが通りますよ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com