NAVI × 作品データ あらすじ 主要登場人物 アカデミー賞 スタッフ キャスト予告編 詳しいストーリー ストーリーの結末 感想・レビュー 関連作品・関連ページ [感想・レビュー]投稿フォーム このページの一番上へ T's Theaterのメニュー
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES映画の総合情報サイト
430Twitter、フォローお願いします!0 0001
映画『BEING JULIA』「華麗なる恋の舞台で」<2004年:カナダ,アメリカ,ハンガリー,イギリス>

ATTENTION:T's Theaterでは映画作品のあらすじだけでなくストーリーのネタバレ結末まで記載しています。映画レビューはストーリーの下方にあるので映画をご覧になっていない方はお気を付け下さい。

映画「華麗なる恋の舞台で」あらすじ,ネタバレ,レビュー

作品データ

IMG from Amazon

原題:

BEING JULIA

邦題:

華麗なる恋の舞台で

原題訳:

ジュリアであること

製作年:

2004年

製作国:

カナダ アメリカ ハンガリー イギリス

上映時間:

ジャンル:

コメディ ロマンス

監督:

イシュトヴァン・サボー

主演:

アネット・ベニング ジェレミー・アイアンズ マイケル・ガンボン

あらすじ

この映画にはtoikun以外のレビューはまだありません。

1938年イギリス。恋多きベテラン舞台女優が若者と恋を。その男は女から離れ若手女優と関係を持つ。この女が自分と同じ舞台に立った時、嫉妬など様々な感情でベテラン女優が壮絶な仕返しを!

アカデミー賞にノミネートしたアネット・ベニングによる爽快な仕返し、お楽しみアレ。そして“妄想”ではない只の演出“人物”のマイケル・ガンボン、誰とも言葉を交わすことはない空しさよ、フォーエヴァー!

クリックすると下にジャンプします詳しいストーリー感想・レビュー

詳細作品データ[写真画像付き]IMGs' COPYRIGHT notations

主要登場人物

Main Cast:メインキャスト:役名:
Annette Beningアネット・ベニング恋多きベテラン女優ジュリア・ランバート
Jeremy Ironsジェレミー・アイアンズ元俳優で今はジュリアの舞台講演をプロデュースするジュリアの夫マイケル・ゴセリン
Tom Sturridgeトム・スターリッジジュリアとマイケルの息子ロジャー・ゴセリン
Juliet Stevensonジュリエット・スティーヴンソンジュリアの付き人エヴィー
Shaun Evansショーン・エヴァンスアメリカン人青年トム・“T・O・M”・フェネル
Lucy Punchルーシー・パンチ新鋭舞台女優エイヴィス・クライトン
Michael Gambonマイケル・ガンボン15年前に死んだジュリアの師匠的な舞台演出家ジミー・ラングトン

アカデミー賞

Winner:受賞:
Noneなし
Best Actress in a Leading Role Nominee:主演女優賞ノミネート:
Annette Beningアネット・ベニング

スタッフ(製作・監督・脚本・撮影・音楽)

Producer:製作:
Robert Lantosロバート・ラントス
Director:監督:
István Szabóイシュトヴァン・サボー
Writer:脚本:
Ronald Harwoodロナルド・ハーウッド
Cinematographer:撮影:
Lajos Koltaiラホス・コルタイ
Original Music:音楽:
Mychael Dannaマイケル・ダナ

キャスト・出演者

Cast:キャスト:役名:
Annette Beningアネット・ベニング恋多きベテラン女優ジュリア・ランバート
Jeremy Ironsジェレミー・アイアンズ元俳優で今はジュリアの舞台講演をプロデュースするジュリアの夫マイケル・ゴセリン
Bruce Greenwoodブルース・グリーンウッドジュリアが恋する貴族チャールズ卿
Miriam Margolyesミリアム・マーゴリーズジュリアの舞台公演を資金面から支える彼女の友人ドリー・デ・ヴリース
Juliet Stevensonジュリエット・スティーヴンソンジュリアの付き人エヴィー
Shaun Evansショーン・エヴァンスアメリカン人青年トム・“T・O・M”・フェネル
Lucy Punchルーシー・パンチ新鋭舞台女優エイヴィス・クライトン
Tom Sturridgeトム・スターリッジジュリアとマイケルの息子ロジャー・ゴセリン
Maury Chaykinモーリー・チェイキンジュリアとエイヴィスが出演する舞台の脚本家ウォルター・ギブス
Sheila McCarthyシーラ・マッカーシージュリアの友人で自身も女優のグレース・デクスター
Rosemary Harrisローズマリー・ハリスジュリアの母
Rita Tushinghamリタ・トゥシンハムジュリアの叔母キャリー
Leigh Lawsonリー・ローソンアーチー・デクスター
Julian Richingsジュリアン・リッチングスジュリアの舞台の小道具係ターンブル
Michael Gambonマイケル・ガンボン15年前に死んだジュリアの師匠的な舞台演出家ジミー・ラングトン

注目俳優(カメオ出演or下積み時代)

Cast:キャスト:役名:
説明:
Max Ironsマックス・アイアンズカーテンコールをする男性(86分過ぎにジェレミー・アイアンズと入れ替わり登場する)
(ジェレミー・アイアンズの息子)
「華麗なる恋の舞台で」トレーラー
T's Theater新作映画紹介[あらすじ&レビュー]
「フレンチ・ラン」3月4日より渋谷シネパレス他、全国順次ロードショー! 公式サイト
他4作品の公開前・公開中の新作映画リストを開く

ストーリー・ネタバレ

この映画を未見の方へ:[ストーリーは最期まで表示されています]
ストーリーを途中までの表示にするストーリーを全て隠す

(toikunのテキトーな解釈がありまくりなので、ご自分の解釈と違うって思っても…ネ!)

1938年、イギリス・ロンドン。

ベテラン舞台女優ジュリア・ランバートは売れっ子役者。15年前に死んだ演出家ジミー・ラングトンに見出され大成した女優。そんなジュリアは人気があることを鼻にかけているのか寄ってくる男を直ぐに関係を持ってしまう恋多き女。ジュリアには元俳優で彼女の舞台をプロデュースするマイケルという夫と大学進学を控えたロジャーという息子がいるのだが“恋は止められない”。彼女の浮気に関してはマイケルは知ってか知らずか…。そんなジュリアが“付き合っていた”貴族のチャールズ卿から距離を置かれてしまった…。

とある日、ジュリアが舞台に立っているシドンズ劇場をアメリカ人青年トム・フェネルが訪れた。ジュリアの大ファンだというトムを見たマイケルは劇場内の事務所に彼を招き入れる。それがジュリアとトムの出会いとなった。

程なくしてジュリアとトムは“恋に落ちた”。そして身体の関係を持つのだ。トムにとっては母親のような年齢のジュリア…。貧乏であるトムに対してジュリアはカルティエの時計など様々な高価なプレゼントを渡すのであった。

マイケルはトムの年齢を考えて、息子ロジャーと同い年ぐらいだとロジャーの友達にしようと考えた。ジュリアとトムが会っていることなど知らないマイケルは、別荘で滞在する時にトムを招くことをジュリアに提案する。彼女の心中は…。

別荘。

年が近いのもありトムはロジャーとばかり遊んだ。自分のことを構ってくれないジュリアはその事に怒りを覚えトムを怒鳴り散らしてしまう。別れを考えたトムは今まで受けた“施し”を還そうとするが如何せん貧乏。本気と考えないジュリアは何時かトムが戻ってくるものと考え、“ローンでの支払い”を承諾するのであった。

その貧乏青年のトムに近づいたのは新鋭の舞台女優エイヴィスだった。ジュリアが恋多き女だと言うことは世間には知られたところ。そしてトムとの交際もまた然り。別れた話しなど知らないエイヴィスは、ジュリアが出演する舞台のとある役柄が自分にピッタリだと、その役を得るためにトムに近づき、何かしら動いて欲しいと願ったのだ。

トムは久しぶりにジュリアに会い、エイヴィスが出演する舞台に誘う。舞台観覧後楽屋を訪れたトムとジュリア。その時はジュリアはエイヴィスのことを余り褒めなかったものの、後にマイケルに口添えをし、プロデューサーであるマイケルがオーディションにエイヴィスを招いた。

マイケルはこの役柄に求めるものを次々とエイヴィスにリクエストしていく。エイヴィスは少々戸惑うものの演じきり、結果彼女は出演することになった。

コレまではジュリアはトムとエイヴィスが交際していることなど知らなかったのであろう、それを知り、そしてまた夫マイケルがエイヴィスと関係を持っているという“噂”を吹き込まれたものだから、これまた彼女の心中は…。トムと会ったジュリアは身体の関係を求めて久しぶりに“する”が…。

そうそう、舞台にはモチロン稽古が必要である。今回の舞台はエイヴィスの役どころが上段に立つべきと考えたジュリアは、その様に稽古を行った。

そして初演。

劇場には沢山の観客が詰め寄せた。舞台前にマイケルはエイヴィスに“契約”を持ちかける。1年契約。それも週に8公演…。エイヴィスは喜びに打ち震え契約条項をよく読まずにサインをしてしまった…。

さぁ、開演だ!

観客と共にマイケルとこの舞台の脚本家ウォルター・ギブスが見守る。

そこでジュリアは脚本にはないセリフを言った。所謂アドリブである。それが観客には大ウケ。戸惑うエイヴィス。そしてまたジュリアはアドリブを連発してあろう事か自分の役柄とエイヴィスの役柄を取り替えてしまう!そしてその“アドリブ”はエイヴィスの役柄をバカにするようなものへ…。

今は本番中。

ウケる観客に対して背を向けて涙を流すエイヴィス。ジュリアのアドリブに何とか返していたのだがやがて詰まってしまう…。慌てるマイケルやウォルター。どよめく観客。それでもジュリアのアドリブは止まらず、やがて皆の心配も何処かへ飛んでしまい、舞台は閉演となった。

結末・ラスト

Author!Author!(脚本家、素晴らしいぞ!出てきてくれ!)の掛け声と共にスタンディングオベーションが続くのであった…。

舞台後マイケルに降板を申し出るエイヴィス。しかし契約はロングラン公演…。嘆く彼女の元からトムは去った…。

そして“演じきった”ジュリア。皆に称えられる。そしてレストランを一人で訪れてビールを飲んで喉を鳴らすジュリアがいた。

ジュリア・ランバート。きっと彼女は更なる名声を得るであろう…。

レビュー・感想・解説・評価

ストーリー・ネタバレはクリックミー(上部へ移動)
レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]
華麗なる恋の舞台で
toikunの評価:6/10★★★★★★☆☆☆☆

W. Somerset Maugham(サマセット・モーム)の小説“THEATRE(劇場)”を元にした喜劇作品。

toikunにとってこの人の作品を鑑賞するのは初めてとなるハンガリー出身イシュトヴァン・サボーの監督作品。

toikun注目キャストを箇条書きで紹介する。

・主演の“ベテラン女優”を演じるのは今作でアカデミー主演女優賞にノミネートしたアネット・ベニング。ハイ、今年2015年のtoikunの“花嫁”となった女優さん、ラブー。今作以外にも「グリフターズ/詐欺師たち」、「アメリカン・ビューティー」「キッズ・オールライト」でアカデミー賞にノミネートしている。アネットの「ハサミを持って突っ走る」は旧作であるがtoikunが2015年に見た作品として2番目くらいの素晴らしさ、一番は同作と同じテイストの「あの頃ペニー・レインと」トム・クルーズ主演の「ザ・エージェント」で高い評価を得たキャメロン・クロウの監督作品だ。これまた余談となるがケヴィン・コスナー主演の「ドラフト・デイ」も心に残った。

・女優の夫を演じるのはイギリス人俳優ジェレミー・アイアンズ。「運命の逆転」はとても素晴らしくオスカーを得たアイアンズ。ブルース・ウィリス主演の「ダイ・ハード3」で敵の親分を演じていることから、ソチラで彼のことを知っている人も多いのでは!?後は「ある天文学者の恋文」(2016)では「007/慰めの報酬」の超美形オルガ・キュリレンコと恋人として共演。同作の丁度一ヶ月後に公開の「奇蹟がくれた数式」にも出演し、どちらも教授の役だ!

・先日レビューしたのだが、ケヴィン・コスナー監督・出演の「ワイルド・レンジ 最後の銃撃」にアネット共に出演していた大ベテランのマイケル・ガンボンが、ジュリアという女優に演技を教えた演出家を演じている。この役柄、実は“15年前に死んでいる”…。

・イギリス人女優であり数々のハリウッド作品にも出演するミリアム・マーゴリーズはお金でサポートする女性。ミリアムの初期の出演作「レッズ」はアネットの旦那、ウォーレン・ベイティの監督作品だ。なお、ミリアムに関しては、「愛と死の間で」「ベイブ」をドウゾ。

・ケヴィン・コスナー主演の人によっては重苦しく感じる「13デイズ」で大統領ジョン・F・ケネディを演じとても似ていてtoikunの心を攫ったブルース・グリーンウッドがジュリアを振った役どころを演じる。「ランボー」が映画初主演なんだね。他にダブルジョパディー(二重処罰)というのを日本中に知らしめた「ダブル・ジョパディー」「英雄の条件」など。

今作のストーリー欄では記述しなかったが、とても重要な役どころであるジュリアの付き人を演じるのがジュリエット・スティーヴンソン。古くはアラン・リックマンとの共演作「愛しい人が眠るまで」でtoikunのヒロインにもなった彼女。同作はレビューしておらず、見たいのだが何分レンタル落ちのビデオが高い…。DVD出てくれないかなぁ!?ともかく、今作で久しぶりに見られて嬉しかった。…レビューしました、「愛しい人が眠るまで」。ページを見てお店で手に取ってみて下さい!

・チョイ役だけど特徴的な顔立ちの女優、シーラ・マッカーシーを挙げておく。彼女は「ダイ・ハード2」で“テレビリポーターのコールマン”を演じていて、終盤ブルース・ウィリス演じるジョン・マクレーンがジャンボジェット機に飛び乗る際手助けをしていた。忘れられない…。

・ジュリアの母親役に「愛しすぎて/詩人の妻」のオスカーノミニー、ローズマリー・ハリス。「スパイダーマン」での重要な役を演じている彼女。「ハムレット」「スパイダーマン2」など。

・そしてアネット・ベニングに虐められちゃう新人女優にルーシー・パンチ。彼女は「ミッドナイト・ガイズ」では売春宿を営む女性を演じていた。アル・パチーノ、クリストファー・ウォーケン、アラン・アーキンという3大アカデミー賞俳優が訪れていた(笑)

・最後にジェレミー・アイアンズの息子マックス・アイアンズのことを挙げておく。固有名詞のない役で、上記のキャスト欄にも記述している役柄だ。

さて。

アネット・ベニングという女優を初めて見たのでなければ今作の彼女の“訛り”に違和感…と表現したら良いのかアレだが、そんなのを感じる。アメリカ人女優である彼女が、イギリスを舞台にした映画に出演するために頑張ったのだ。英語が分からないtoikunにとっては“あ、訛ってる”としか分からなかったのだが、そのアクセントはきっと本物なのであろう。オスカーにノミネートしたのだから。イイネ!

悲しかったのがマイケル・ガンボンが何を話しても誰も反応しないこと!お化けでもないし妄想でもないし。もしかして地上に降りてきたって感じなのかな?こんな役柄アレック・ボールドウィンを思い出す。古いウディ・アレン作品「アリス」、死んでる。近年の「ローマでアモーレ」、生きているけど存在薄…。

ストーリー欄に記述した“Author!”を初めてtoikunが知ったのは大分前。アル・パチーノ主演の「喝采の影で」である。原題が文字通り!映画を見ると勉強になりますね!

1930年代というのもセットと車などでキット上手く表しているのであろう!

またこの映画のオチって、若い女優がチョット前に契約をしちゃうところが布石…って感じで最後にロングラン公演しなければ!ってなった事だよね。

妙な蛇足、今作の原題“Being Julia”から「マルコヴィッチの穴」の原題“Being John Malkovich”を思い出したtoikunでした!

特別無駄な肉付けもないスリムな喜劇であるがきっとアナタを楽しませるゾ!or楽しませるハズ!良作品に乾杯!(ビールをゴクゴクできないアルコール依存症のtoikun…。)

2015/12/22

2016/01/22

2016/07/28

2016/08/19

by .

[感想・レビュー]投稿フォーム

アナタのレビュー・評価を載せてみよう!

お名前:

メールアドレス:

ホームページURL:

評価を10点満点でお聞かせ下さい。(必須)

10点  
9点  
8点  
7点  
6点

5点  
4点  
3点  
2点  
1点

映画の感想・レビューをお聞かせください。T's Theaterのこのページに掲載させて頂きます。

レビューの表示例

『映画ファン』さんのレビュー・評価

投稿日時:20??/??/?? 15:59:46

4点/10点満点中★★★★☆☆☆☆☆☆

ホームページ

コメント:

(コメントをどうぞ。)

T's Theaterへのお問い合わせフォームはコチラ(別ページで開きます)

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

ともちんが通りますよ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com