NAVI × 作品データ あらすじ 主要登場人物 アカデミー賞 スタッフ キャスト予告編 詳しいストーリー ストーリーの結末 感想・レビュー 関連作品・関連ページ [感想・レビュー]投稿フォーム このページの一番上へ T's Theaterのメニュー
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES映画の総合情報サイト
616Twitter、フォローお願いします!0 0001
映画『THE KIDS ARE ALL RIGHT』「キッズ・オールライト」<2010年:アメリカ>

ATTENTION:T's Theaterでは映画作品のあらすじだけでなくストーリーのネタバレ結末まで記載しています。映画レビューはストーリーの下方にあるので映画をご覧になっていない方はお気を付け下さい。

映画「キッズ・オールライト」あらすじ,ネタバレ,レビュー

作品データ

IMG from Amazon

原題:

THE KIDS ARE ALL RIGHT

邦題:

キッズ・オールライト

原題訳:

私たちの子供達は立派だ

製作年:

2010年

製作国:

アメリカ

上映時間:

ジャンル:

コメディ ドラマ

監督:

リサ・チョロデンコ

主演:

アネット・ベニング ジュリアン・ムーア マーク・ラファロ

あらすじ

この映画にはtoikun以外のレビューはまだありません。

女性同士のカップルには同じ精子の提供(つまり2人の女性とも同じ人物からの精子提供)を受けてもうけた2人の子供(娘と息子)がいる。娘は大学進学を控え生物学上の父親に興味が湧き会うことに。だが男が次第に家族の中で大きなウェイトを占める事になりカップルの間に不協和音が…。

アカデミー作品賞にノミネートするなど非常に評価が高い作品。主演のアネット・ベニングにとっては4度目のオスカーノミネートとなった。多分に性的描写(同性間・異性間共に)が多分に描かれ、その点においてはtoikunは“ウヘァ”だったが人間ドラマは秀作。

レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

クリックすると下にジャンプします詳しいストーリー感想・レビュー

詳細作品データ[写真画像付き]IMGs' COPYRIGHT notations

主要登場人物

Main Cast:メインキャスト:役名:
Annette Beningアネット・ベニング外科医ニック・オールグッド
Julianne Mooreジュリアン・ムーアニックのパートナー、主婦ジュールズ・オールグッド
Mia Wasikowskaミア・ワシコウスカニックとジュールズの娘ジョニ・オールグッド(“生物学上”の母親はニック)(18歳)
Josh Hutchersonジョシュ・ハッチャーソンニックとジュールズの息子レイザー・オールグッド(“生物学上”の母親はジュールズ)(15歳)
Mark Ruffaloマーク・ラファロジョニとレイザーの“生物学上の父親”ポール・ハットフィールド

アカデミー賞

Winner:受賞:
Noneなし
Best Motion Picture of the Year Gary Gilbert Nominees:作品賞ノミネート:
Gary Gilbertゲイリー・ギルバート
Jeffrey Levy-Hinteジェフリー・レヴィ=ヒント
Celine Rattrayセリーヌ・ラトレイ
Best Performance by an Actress in a Leading Role Nominee:主演女優賞ノミネート:
Annette Beningアネット・ベニング
Best Performance by an Actor in a Supporting Role Nominee:助演男優賞ノミネート:
Mark Ruffaloマーク・ラファロ
Best Original Screenplay Nominees:脚本賞ノミネート:
Lisa Cholodenkoリサ・チョロデンコ
Stuart Blumbergスチュアート・ブルムバーグ

スタッフ(製作・監督・脚本・撮影・音楽)

Producers:製作:
Gary Gilbertゲイリー・ギルバート
Jeffrey Levy-Hinteジェフリー・レヴィ=ヒント
Celine Rattrayセリーヌ・ラトレイ
Jordan Horowitzジョーダン・ホロヴィッツ
Daniela Taplin Lundbergダニエラ・タップリン・ランドバーグ
Philippe Hellmannフィリップ・ヘルマン
Director:監督:
Lisa Cholodenkoリサ・チョロデンコ
Writers:脚本:
Lisa Cholodenkoリサ・チョロデンコ
Stuart Blumbergスチュアート・ブルムバーグ
Cinematographer:撮影:
Igor Jadue-Lilloイゴール・ジャデュー=リロ
Original Music:音楽:
Carter Burwellカーター・バーウェル

キャスト・出演者

Cast:キャスト:役名:
Annette Beningアネット・ベニング外科医ニック・オールグッド
Julianne Mooreジュリアン・ムーアニックのパートナー、主婦ジュールズ・オールグッド
Mark Ruffaloマーク・ラファロジョニとレイザーの“生物学上の父親”ポール・ハットフィールド
Mia Wasikowskaミア・ワシコウスカニックとジュールズの娘ジョニ・オールグッド(“生物学上”の母親はニック)(18歳)
Kunal Sharmaクナル・シャーマジョニの男友達ジェイ
Zosia Mametゾーシャ・マメットジョニの女友達サーシャ(性的興味津津)
Yaya Dacostaヤヤ・ダコスタポールのパートナー、タニヤ
Josh Hutchersonジョシュ・ハッチャーソンニックとジュールズの息子レイザー・オールグッド(“生物学上”の母親はジュールズ)(15歳)

注目俳優(カメオ出演or下積み時代)

Cast:キャスト:役名:
説明:
Sasha Spielbergサーシャ・スピルバーグジェイと一緒にいる女性(ジョニがジェイと話して怒る)
(スティーヴン・スピルバーグとケイト・キャプショーの娘)
「キッズ・オールライト」トレーラー

ストーリー・ネタバレ

この映画を未見の方へ:[ストーリーは最期まで表示されています]
ストーリーを途中までの表示にするストーリーを全て隠す

アメリカ。

外科医のニック・オールグッド。女性であるニックには“妻”ジュールズがいる。ジュールズは現在主婦をしているが、それは男勝りの性格であるニックの思いがあるから。そんなニックとジュールズには2人の子供がいる。秋に大学入学を控えた18歳のジョニ、そしてゲイ疑惑のある15歳の息子レイザー。2人の“生物学上の父親”は同じ人物であり、その男から精子の提供を受けて2人は生まれたのだ。この家族、小さなイザコザは勿論あったことだろう、それでも家族として生きていた。

そのジョニとレイザーがふとしたことから自分たちの父親について興味を持った。精子バンクに電話をしたのだ。精子バンクは提供者の承諾無しには名を明かすことが出来ないので、その提供者ポール・ハットフィールドに連絡がいった。

40代の男であるポールはタニヤという若い女性と交際しているものの結婚歴なし。大学を中退した過去があり、型にはまった人生が嫌なのであろう。そんなポールが突然の精子バンクの連絡から2人に興味を持ち、会うことにした。

ジョニとレイザーがポールの家にやって来た。直ぐに打ち解ける3人。この時、“両親”にはまだ連絡をしていないのだ。理由?怒られると思ったから。楽しい一日は直ぐに終わった。

秘密は親には直ぐにバレる。“レイザーがゲイなのでは?”変な勘が働いていたニックとジュールズが2人の子供の前で追求すると、2人はアッサリとポールに会ったことを白状した。ニックとジュールズはポールへの興味と言うよりは子供達のためにポールを家に招くことにした。

86年もののプティ・シラーを土産にやって来たポールを温かく迎えるニックとジュールズ。一緒に食事をしてバスケをして…端から見ればポールは丸で父親みたいだ。彼は大きなウェイトを占めるようになった。

ガーデニングの職を探そうと思っていたジュールズ。彼女はポールの家の庭を造ることを申し出、一人の男を雇って造ることにした。ニックには忙しい外科医としての仕事があるから彼女はいない。顔を合わせる内にキスをして身体の関係まで持ってしまうジュールズとポール。そんなことは勿論ニックには言えない。

何度かお互いの家を行き来したり家族で会ったり…。ポールにとってジュールズは掛け替えのない人になっていった。その事で家族を持ちたいと思ったポール。彼女であるタニヤに別れを告げるのであった…。

女の勘は鋭い。

ポールの家で食事をしたオールグッド家。トレイに立ったニックがバスルームで発見したのはジュールズの髪の毛であった。隠していた“情事”がニックにバレた。家に帰ったニックはジュールズを責めるのであった。

娘ジョニが進学のために家を出なくてはならないのに“両親”は不仲。またジュールズのポールとの“不貞の事実”は子供達にも知れることになり、その事が2人に悪影響を及ぼす。ジョニとレイザーの温かく接してくれたレイザーへの思いは大きなものであったはずだ。特にジョニはポールに対して大きな嫌悪感を持ち拒絶をしてしまうのであった。

結末・ラスト

ポールがジョニに会えないまま、ジョニが家を出なくてはならない日が明日に迫った。ポールがオールグッド家にやって来た!自分の行いをジョニに謝罪するポール。“何時かまた会いたい”と告げるポール。ポールに気付いたニックは“お前の家族じゃあない”と言い放つ。ポールは帰るしかなかった。だがその後ジュールズがニック、ジョニ、レイザーの前で自分の過ちを謝罪した。ニックは子供達の前で泣き腫らすのであった。

ジョニの“旅立つ日”。4人は車で荷物をジョニの新居へ運んだ。その後思い立ったジョニを中心に抱き合うニックとジュールズがいた。帰りの車の中でレイザーが“両親”に言った。“別れるなよ。もう都市なんだからさ”

両親が同性愛者であってもジョニとレイザーは立派に育った。他でもないニックとジュールズが育てたのだ。子供達が将来ポールに会って仲直りするのかは誰も分からない。ましてやジョニとレイザーが別れずにやっていけるかどうかなんて神様にも分からないであろう。それでも子供達は生きていく。Life goes on...

レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

レビュー・感想・解説・評価

ストーリー・ネタバレはクリックミー(上部へ移動)
レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]
キッズ・オールライト
toikunの評価:7/10★★★★★★★☆☆☆

エンドロールを最後まで見ると“for Wendy and Calder”の文字が。この2人についてはコチラの英語サイトに記述がある。参照・引用する。

“It is also a very personal story by director (and co-writer) Cholodenko, based on her own life and her relationship with musician Wendy Melvoin: Cholodenko has a son aged four named Calder with an anonymous sperm donor, and film is dedicated to Wendy and Calder.”

『Film review of The Kids Are All Right』より抜粋

拙い英語力ながらtoikunが訳してみる。

“ミュージシャンであるウェンディ・メロヴィンとの関係を元にした監督(兼共同脚本)のリサ・チョロデンコの個人的な物語。リサ・チョロデンコは匿名ドナーから提供を受けた精子でもうけた4歳になるカルダーと言う子供がいる。この映画はウェンディとカルダーに捧げられている。”

toikunはこの記述が真に正しいかの正確な情報は持ち合わせていないので気になった方は調べてみて下さいな。

「ハイ・アート」、「しあわせの法則」のリサ・チョロデンコがメガホンを取った秀作のドラマ。コメディックな要素も多分に散りばめられる今作、同性愛がテーマという事を理由としたならばそれは不適切な表現になるであろうが性的描写が多く描かれ、局部露出はないものの非常にディープなその内容に目を背けてしまったtoikun。この点においてtoikunの評価・点数が上がらなかったがそれ以外の点では非常に良く出来ている、まさに秀作。何度でも言える。

以下、キャストを例によって箇条書きで挙げる。

・最近のtoikunの女神様アネット・ベニングが女性同士のカップルの気の強い女性を演じる。彼女は今作でアカデミー賞にノミネート。実に「グリフターズ/詐欺師たち」「アメリカン・ビューティー」「華麗なる恋の舞台で」に続く4度目である。名女優と言ってよいのではないだろうか?年末になり今作や彼女の「ハサミを持って突っ走る」に出会えて大満足のtoikun。同作は出演はないがブラッド・ピットが製作をしている。と昔恋人だったグウィネス・パルトローが出演しているので興味のある方はレンタル屋の棚に手を伸ばしてみよう。

・カップルの弱い方の女性を演じるのはご存じ「アリスのままで」のオスカー女優ジュリアン・ムーア。彼女は「アリスのままで」以外に「ブギーナイツ」、「ことの終わり」、「めぐりあう時間たち」、「エデンより彼方に」でオスカーにノミネートしている。5度目の正直かぁ、ってことはアネットは次…!?変な補足情報だがtoikunのご贔屓アレック・ボールドウィンは「アリスのままで」でジュリアンの夫、「ハサミを持って突っ走る」でアネットの夫を演じている…どーてもいい?ジュリアンに関して最近レビューした「ラブ・アゲイン」同作でも浮気…ケヴィン・ベーコンさんと…。他に「トゥモロー・ワールド」「サイコ」(←ガス・ヴァン・サントのリメイク版…モチロン時代的にね…で良く怒る妹役)。そして1993年の「逃亡者」では女医として登場したが短いながら結構良い役だった。

・精子提供者で面白い世界観を持つ人物を演じるのがマーク・ラファロ。今作でオスカー助演賞にノミネートした。トム・クルーズが悪役で面白かった「コラテラル」に出演している。「グランド・イリュージョン」というゴキゲンマジシャンクライムではFBI→黒幕!そして続編「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」では…。

・娘役に「アリス・イン・ワンダーランド」のミア・ワシコウスカ。ジョニー・デップと共演した同作の続編が2016年公開予定だ。前述している「ハサミを持って突っ走る」に出演していたグウィネス・パルトローを見てみて、何かミアと似ているなと思ったtoikun。どうですか?

・息子役にはジョシュ・ハッチャーソン。「ハンガー・ゲーム」、「ハンガー・ゲーム2」、「ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス」、「ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション」…すごいねぇ、

「大統領の執事の涙」でデヴィッド・オイェロウォの彼女役を演じいているヤヤ・ダコスタが、自分を貫いてあえて“テキトー”な(?)ポールの彼女役。。

・最後にスティーヴン・スピルバーグとケイト・キャプショーの娘サーシャ・スピルバーグがチョイ役出演している。ミア演じる娘が男友達ジェイを誘っちゃうシーンで怒ってる!このサーシャ、ベン・アフレックやケヴィン・コスナーなどオールスターキャスト「カンパニー・メン」でもクリス・クーパーの娘役としてチョイ役姿を見ることが出来る。探してみよう!

さてさて。上で述べたもの。性的描写しかも“エロビデオがエグい”。toikunは同性愛は普通に認められるべきアイデンティティーと考えるが、性的描写は只でさえ苦手なのにエグすぎるので×でした。でもソレに目を瞑れば、ソレを補って余りある良質な演出と演技でホンワカ出来る。生物学的親子で遊ぶシーンなんて見る者はキャラの思いを“イロイロと想像”できる。“あぁ思ってんだろうな…”何て感情移入できたり反発できたり。これが映画です!

適切な音楽がその場に応じて流されて、またアネットの歌声も聞く事が出来る。上手いと思うかは…。でもこういう演出ってやっぱり今年一番と考える(旧作だが…)「あの頃ペニー・レインと」を思い出しちゃって一人でニヤケてしまった。

良い映画ってtoikunは“頼むから終わらないでくれ!”って思うんだが今作もそうだった。短いよー、3時間でもオカズにして白飯が食える。I LOVE YOU MOVIE!

2015/12/16

2016/06/01

2016/06/05

2016/07/28

by .

[感想・レビュー]投稿フォーム

アナタのレビュー・評価を載せてみよう!

お名前:

メールアドレス:

ホームページURL:

評価を10点満点でお聞かせ下さい。(必須)

10点  
9点  
8点  
7点  
6点

5点  
4点  
3点  
2点  
1点

映画の感想・レビューをお聞かせください。T's Theaterのこのページに掲載させて頂きます。

レビューの表示例

『映画ファン』さんのレビュー・評価

投稿日時:20??/??/?? 15:59:46

4点/10点満点中★★★★☆☆☆☆☆☆

ホームページ

コメント:

(コメントをどうぞ。)

T's Theaterへのお問い合わせフォームはコチラ(別ページで開きます)

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

http://blog.livedoor.jp/tomo24sawara/

ともちんが通りますよ

削除されました(泣)

レビュー・アン・ローズ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com