NAVI × 作品データ あらすじ 主要登場人物 アカデミー賞 スタッフ キャスト予告編 詳しいストーリー ストーリーの結末 感想・レビュー 関連作品・関連ページ [感想・レビュー]投稿フォーム このページの一番上へ T's Theaterのメニュー
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES映画の総合情報サイト
422Twitter、フォローお願いします!0 0001
映画『THE JUROR』「陪審員」<1996年:アメリカ>

ATTENTION:T's Theaterでは映画作品のあらすじだけでなくストーリーのネタバレ結末まで記載しています。映画レビューはストーリーの下方にあるので映画をご覧になっていない方はお気を付け下さい。

映画「陪審員」あらすじ,ネタバレ,レビュー

作品データ

IMG from Amazon

原題:

THE JUROR

邦題:

陪審員

原題訳:

陪審員の一人

製作年:

1996年

製作国:

アメリカ

上映時間:

ジャンル:

スリラー サスペンス ドラマ

監督:

ブライアン・ギブソン

主演:

あらすじ

この映画にはtoikun以外のレビューはまだありません。

マフィアのボスの裁判に陪審員として参加することになった女性が裏社会の実力者から脅されて裁判で“無罪”を勝ち取る事を強要される。真に怒った女性の起死回生の策とは…?

クリックすると下にジャンプします詳しいストーリー感想・レビュー

詳細作品データ[写真画像付き]IMGs' COPYRIGHT notations

主要登場人物

Main Cast:メインキャスト:役名:
Demi Mooreデミ・ムーア芸術家アニー・レアード
Joseph Gordon-Levittジョゼフ・ゴードン=レヴィットアニーの息子オリバー・レアード
Alec Baldwinアレック・ボールドウィンティーチャー(通称)
マーク・コーデル(アニーに近づいた時の偽名)
ヴィンセント“ヴィンス”(本名)
James Gandolfiniジェームズ・ギャンドルフィーニマフィアの男でマークと連むエディ
Tony Lo Biancoトニー・ロビアンコマフィアのボス:ルイ・ボファーノ被告

アカデミー賞

Winner:受賞:
Noneなし
Nominee:ノミネート:
Noneなし

スタッフ(製作・監督・脚本・撮影・音楽)

Producers:製作:
Irwin Winklerアーウィン・ウィンクラー
Rob Cowanロブ・コーワン
Director:監督:
Brian Gibsonブライアン・ギブソン
Writer:脚本:
Ted Tallyテッド・タリー
Cinematographer:撮影:
Jamie Andersonジェイミー・アンダーソン
Original Music:音楽:
James Newton Howardジェームズ・ニュートン・ハワード

キャスト・出演者

Cast:キャスト:役名:
Demi Mooreデミ・ムーア芸術家アニー・レアード
Alec Baldwinアレック・ボールドウィンティーチャー(通称)
マーク・コーデル(アニーに近づいた時の偽名)
ヴィンセント“ヴィンス”(本名)
Joseph Gordon-Levittジョゼフ・ゴードン=レヴィットアニーの息子オリバー・レアード
Anne Hecheアン・ヘッシュアニーの友人で外科医のジュリエット
James Gandolfiniジェームズ・ギャンドルフィーニマフィアの男でマークと連むエディ
Lindsay Crouseリンゼイ・クローズアニーを救おうとする検事タロー
Tony Lo Biancoトニー・ロビアンコマフィアのボス:ルイ・ボファーノ被告
Michael Constantineマイケル・コンスタンチン判事のウェイツェル

注目俳優(カメオ出演or下積み時代)

Cast:キャスト:役名:
説明:
Michael Rispoliマイケル・リスポリルイの息子ジョー・ボファーノ
Matt Cravenマット・クレイヴングアテマラに住むアニーの友人ブーン
「陪審員」トレーラー
T's Theater新作映画紹介[あらすじ&レビュー]
他4作品の公開前・公開中の新作映画リストを開く

ストーリー・ネタバレ

この映画を未見の方へ:[ストーリーは最期まで表示されています]
ストーリーを途中までの表示にするストーリーを全て隠す

芸術家でシングルマザーであるアニー・レアードは息子のオリバーと仲良く暮らしていた。アニーはマフィアのボスであるルイ・ボファーノの裁判の陪審員を引き受けることになった。

そんなアニーの前にマーク・コーデルと名のる男が現れた。最初はアニーの芸術作品を購入して彼女に近づいたのだが自身の目的を明らかにするマークは“ボファーノを無罪にしろ”とアニーを脅してくる。マークはアニーの息子オリバーも“標的”として脅すマークは盗聴器でアニーの家の様子を伺ううちにアニーに愛情のようなものを感じ始める。マークは幼い頃に父親から酷い暴力を振るわれた過去があったから…。

アニーは自分とオリバーを守る為に有罪という意見が大勢を占める他の陪審員達を説き伏せようとする。

アニーの不自然な態度に息子オリバーは気付いてアニーの友人で外科医のジュリエットに相談をする。ジュリエットはアニーに話しを聞くと、“判事に陪審員を辞めると言え、診断書は私が書いてあげる”と言った。ダニーは裁判の判事に会うも判事はそれを受け付けなかった…。

その事を知ったマークはアニーを車に乗せて“オリバーを轢き殺すぞ!”と極限の状態に追い込み彼女は更に追いつめられていった。

だが追いつめられたアニーが言えに仕掛けられてあった盗聴器に気付きオリバーと筆談をした。その事にマークは気づき今度は彼女に盗聴器を持たせる。陪審員の評決の行方を知りたいからだ。審理は尽くして後は陪審員の評決が決まるだけとなっていたのだが1日では決まらない。マークはアニー以外にも一人陪審員を脅している…。

アニーは自分とオリバーの為に必至でルイ・ボファーノの無実を訴える。裁判では“ティーチャー(先生)”と呼ばれる男が実際には犯罪を指揮している証言が得られているからだ。そして彼女は陰の実力者=ティーチャーがマークであることに気付いている。アニーの説得により陪審員はルイ・ボファーノの無罪=not guiltyを言い渡すのだった。

だが身の危険は終わらない。アニーが脅されていることを察知した検事タローはアニーと接触し告発しようと持ちかけるも怖くてそれが出来ないアニー、嫌彼女には他の考えが…!?

検事に接触したことと余計なアドバイスによりアニーの親友のジュリエットはマークに殺されてしまう。

そして“ティーチャー”と呼ばれる影の実力者であるマークの“ボファーノは用無し。南米の組織によって用済みとされるだろう。”と言う発言を録音しボファーノに突きつけ、マークを殺して自分たちの安全を保障して欲しいと頼む。

ボファーノはマークを殺そうとするが、逆に息子のジョーや子分もろとも殺されてしまう。それはマークに近しかったエディでさえも…。

結末・ラスト

アニーに愛を感じていたマークだったがボファーノにチクったことにキレてオリバーを殺そうとグアテマラに行く。アニーも息子オリバーを守る為にグアテマラに急ぐ!

オリバーが居るのはグアテマラの奥地“トゥイ・クチ”だ。今ちょうど祭りが開かれていて現地の人たちでごった返しててオリバーも祭りに参加していたのだがマークに気付いた。

逃げるオリバーに追うマーク!

オリバーにマークの魔の手が迫るも“強く”なったアニーはブーンを通じて現地の人たちを味方に付けてマークをハメた!怪しいマークは現地民に撃たれて瀕死のマークの眼前にアニーは現れた。愛を語るマークだがアニーは自分達を恐怖に陥れたマークを倒し再び母親の顔へと戻っていくのだった。

レビュー・感想・解説・評価

ストーリー・ネタバレはクリックミー(上部へ移動)
レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]
陪審員
toikunの評価:5/10★★★★★☆☆☆☆☆

栄光のアレックよ、再び!そんな思いを込めて再見!

George Dawes Green(ジョージ・ドーズ・グリーン)の原作小説を元にしたスリラー。

監督は59歳という若さで早世したブライアン・ギブソン。「スティル・クレイジー」、「TINA/ティナ」など。

ジョージ・ドーズ・グリーンの原作を映画用に書き換えたのは「羊たちの沈黙」でトマス・ハリスの原作を映画向けに書き直したテッド・タリー。

製作のアーウィン・ウィンクラーは問題作(?)「真実の瞬間(とき)」の監督であり「喝采の陰で」「ミュージックボックス」の製作である。

キャストを。

・強い母親アニーにデミ・ムーア。先日観た旧作「幸福の条件」ではコメディかと思わせる歯列矯正装置をつけてのニカッ、本作より観たものは絶望を感じたという…(苦笑)「ア・フュー・グッドメン」では本作と同じく強い女性で弁護士役、「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」では元夫ブルース・ウィリスと共演(同じシーンはないけど)。それと「Mr.ブルックス 完璧なる殺人鬼」でtoikunの中の彼女のイメージが好転したかも。

・本名、偽名、通称と忙しいがティーチャーを演じたのは大好きなアレック・ボールドウィンアレックは日本未公開でソフトも出ていないが「The Cooler(原題)」のオスカーノミニー。2000年代以降助演になっちゃってしかも太っちゃってファンとしては残念だけど「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」では中々大きな役どころで嬉しかった。アレックファンの皆さん、新旧ウディ・アレン作品「ウディ・アレンの影と霧」「ローマでアモーレ」でのアレックの影の薄さを見てみましょう☆

・息子オリバーの役で今は子役から脱皮したジョゼフ・ゴードン=レヴィット。「シン・シティ 復讐の女神」など。

・外科医ジュリエットに扮するはバイセクシャルを公言するアン・ヘッシュ。ジョニー・デップアル・パチーノ夢の共演作「フェイク」やダスティン・ホフマンとロバート・デ・ニーロ共演作「ウワサの真相 ワグ・ザ・ドッグ」など。

・51歳で死去してしまったジェームズ・ギャンドルフィーニはマフィアのエディとして出演。「恋のクリスマス大作戦」なんてクリスマスコメディでも魅せてくれた。他に「悪魔を憐れむ歌」「NY検事局」など。

・マフィアのボス役で「セルピコ」や「フレンチ・コネクション」のベテラン、トニー・ロビアンコ。

・ボスの息子役のマイケル・リスポリは「誘う女」「スネーク・アイズ」「ニコラス・ケイジのウェザーマン」など。

・女性役のリンゼイ・クローズは「プレイス・イン・ザ・ハート」でのオスカーノミニー。後の「Mr.ブルックス 完璧なる殺人鬼」でもデミと共演しているが、同作では刑事を演じるデミの上司として…ただし警部という役職だが…登場。

・グアテマラの友人役のマット・クレイヴンは「ディスタービア」で主人公の父親役としてオープニングで交通事故死。他「ア・フュー・グッドメン」など。

前の感想。

陪審員という題名から法廷物を想像するかもしれないが、怖い怖いスリラー。

このごっついボールドウィンの“異常愛”を含んだ悪役像はゾーッとする。でもあの独自な雰囲気のかっこよさはさすがだ。さて、デミムーさんだが彼女の最近の十八番なのかまたまた強い。この人は「ディスクロージャー」系悪女がいいのでは?と思ってしまう映画でもあった。

映画として裁判が終わったあとの描き方が物足りなかった。もーっとボールドウィンを怖くしていっても良かったと思う。

1999/05/29

2016年の感想・レビュー。

前に観た時はアレックが助演の助演になる何って思ってもいなくてその助演を肌で感じたtoikunだったから懐かしく新鮮に映った。デミムーは本当に苦手な部類の俳優さんだからどうでも良かった…んだけど。それと今活躍するジョゼフ・ゴードン=レヴィットが子役として本当にあの目尻の下がった目とか“昔から変わらないんだなぁ”って思った。

あ、陪審制度についてはコチラのYahoo!知恵袋に“全員一致じゃなきゃ無効になって、再審理”って書いてある。ほぇ~とてもこの映画で全員一致になったとは思えないけど再審理を防ぐ為に無理矢理“無罪”としちゃったのかな?

ちょっとづつ観たことがある映画が増えてきて前回気にも留めなかった俳優さんをキチンと認識して映画を観ることが出来る、コレって嬉しいよね!そして悲しいのはアレックが太ったことと助演オンリーになったこと。キットはもうアクションとかスリラーとかで主役を張る日は来ないよね…。

アレック好きのアナタに是非とも勧めたい「ハサミを持って突っ走る」。出演はしていないけどブラピが製作だよ!是非どっかのレンタル屋さんで!きっとテレビでやることはないであろう映画だから…。

最後に久しぶりに“映画で英語”from “SCREEN誌”の企画から☆

本作の原題は『THE JUROR』で陪審員団の個別の1人だけど集団としての陪審員は“jury”。で、2000年とかそれくらいに、アメリカのビル・クリントンがかけられたのが大陪審で“Grand Jury”。当時日本のテレビ局で深夜にCBSイブニングニュースってのがやってたの。ダン・ラザーさんがキャスターの。“英語が出来るようになりたい”と思っていたtoikunはそのCBSイブニングニュースをビデオに撮ってその音声だけをMDに入れて聞いていたんだけど当時殆どがクリントンの話題。ちなみに“Grand Jury”って言うけど“グラン・ジュリー”って聞こえたから、この場合の“d”は無声子音にニアリーイコールだと思ってる。本来は“ド”って発音だけど。

せめて少しはかっこつかせて☆

2016/05/14

2016/06/06

by .

[感想・レビュー]投稿フォーム

アナタのレビュー・評価を載せてみよう!

お名前:

メールアドレス:

ホームページURL:

評価を10点満点でお聞かせ下さい。(必須)

10点  
9点  
8点  
7点  
6点

5点  
4点  
3点  
2点  
1点

映画の感想・レビューをお聞かせください。T's Theaterのこのページに掲載させて頂きます。

レビューの表示例

『映画ファン』さんのレビュー・評価

投稿日時:20??/??/?? 15:59:46

4点/10点満点中★★★★☆☆☆☆☆☆

ホームページ

コメント:

(コメントをどうぞ。)

T's Theaterへのお問い合わせフォームはコチラ(別ページで開きます)

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

ともちんが通りますよ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com