NAVI × 作品データ あらすじ 主要登場人物 アカデミー賞 スタッフ キャスト予告編 詳しいストーリー ストーリーの結末 感想・レビュー 関連作品・関連ページ [感想・レビュー]投稿フォーム このページの一番上へ T's Theaterのメニュー
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES映画の総合情報サイト
410Twitter、フォローお願いします!0 0001
映画『PRIMARY COLORS』「パーフェクト・カップル」<1998年:フランス,イギリス,ドイツ,アメリカ,日本>

ATTENTION:T's Theaterでは映画作品のあらすじだけでなくストーリーのネタバレ結末まで記載しています。映画レビューはストーリーの下方にあるので映画をご覧になっていない方はお気を付け下さい。

映画「パーフェクト・カップル」あらすじ,ネタバレ,レビュー

作品データ

IMG from Amazon

原題:

PRIMARY COLORS

邦題:

パーフェクト・カップル

原題訳:

本来の性格

製作年:

1998年

製作国:

フランス イギリス ドイツ アメリカ 日本

上映時間:

ジャンル:

コメディ ドラマ

監督:

マイク・ニコルズ

主演:

ジョン・トラヴォルタ エマ・トンプソン

あらすじ

この映画にはtoikun以外のレビューはまだありません。

アメリカ大統領選挙の季節がやって来た。州知事のジャックは立候補した。劣勢な立場を変えるために新米を雇いやり手の選対部長などと一緒に頑張る。だが支持率が上がってきたと思ったらマスコミのあら探し。女好きの彼のスキャンダルが持ち上がる。それは10代の娘を妊娠させた疑惑まで…。

選挙戦はどうなるのか?ジャックを支える人たちのそれぞれの思いが交錯する。

監督は「卒業」でアカデミー監督賞を得たマイク・ニコルズ。ベストセラー原作を元にジョン・トラヴォルタが魅せる。彼はビル・クリントンにそっくり!?エマ・トンプソンやキャシー・ベイツ、ビリー・ボブ・ソーントンと言った個性派が脇を締める。

クリックすると下にジャンプします詳しいストーリー感想・レビュー

詳細作品データ[写真画像付き]IMGs' COPYRIGHT notations

主要登場人物

Main Cast:メインキャスト:役名:
John Travoltaジョン・トラヴォルタ大統領選出馬のジャック・スタントン知事
Emma Thompsonエマ・トンプソンジャックの妻スーザン・スタントン
Billy Bob Thorntonビリー・ボブ・ソーントン選対専門家リチャード
Kathy Batesキャシー・ベイツスキャンダル潰しのプロのリビー
Adrian Lesterエイドリアン・レスター新米ヘンリー・バートン
Maura Tierneyモーラ・ティアニーデージー・グリーン
Larry Hagmanラリー・ハグマン元知事ピッカー
Paul Guilfoyleポール・ギルフォイル選挙対策部長ハワード

アカデミー賞

Winner:受賞:
Noneなし
Best Actress in a Supporting Role Nominee:助演女優賞ノミネート:
Kathy Batesキャシー・ベイツ
Best Adapted Screenplay Nominee:脚色賞ノミネート:
Elaine Mayエレイン・メイ

スタッフ(製作・監督・脚本・撮影・音楽)

Producer:製作:
Mike Nicholsマイク・ニコルズ
Director:監督:
Mike Nicholsマイク・ニコルズ
Writer:脚本:
Elaine Mayエレイン・メイ
Cinematographer:撮影:
Michael Ballhausミヒャエル・バルハウス
Original Music:音楽:
Ry Cooderライ・クーダー

キャスト・出演者

Cast:キャスト:役名:
John Travoltaジョン・トラヴォルタ大統領選出馬のジャック・スタントン知事
Emma Thompsonエマ・トンプソンジャックの妻スーザン・スタントン
Billy Bob Thorntonビリー・ボブ・ソーントン選対専門家リチャード
Kathy Batesキャシー・ベイツスキャンダル潰しのプロのリビー
Adrian Lesterエイドリアン・レスター新米ヘンリー・バートン
Maura Tierneyモーラ・ティアニーデージー・グリーン
Larry Hagmanラリー・ハグマン元知事ピッカー
Paul Guilfoyleポール・ギルフォイル選挙対策部長ハワード
Diane Laddy Hollisダイアン・ラディ・フォリスジャックの母
Brian Markinsonブライアン・マーキンソンランディ
Ben Jonesベン・ジョーンズアーレン
J.C. QuinnJ・C・クィンチャーリーおじさん
Ned Eisenbergネッド・アイゼンバーグブラッド
Allison Janneyアリソン・ジャニーウォルシュ
O’Neal Comptonオニール・コンプトンショーアオン
Chelcie Rossチェルシー・ロスチャーリー・マーティン
Bonnie Bartlettボニー・バートレットマーサ
「パーフェクト・カップル」トレーラー
T's Theater新作映画紹介[あらすじ&レビュー]
「フレンチ・ラン」3月4日より渋谷シネパレス他、全国順次ロードショー! 公式サイト
他4作品の公開前・公開中の新作映画リストを開く

ストーリー・ネタバレ

この映画を未見の方へ:[ストーリーは最期まで表示されています]
ストーリーを途中までの表示にするストーリーを全て隠す

アメリカ大統領の民主党指名選挙。南部の州知事ジャック・スタントンも立候補。劣性の選挙戦を有利にするために新米のヘンリーを加える。ジャックの政策は識字率向上と失業対策。熱心に有権者に語りかける姿にヘンリーは感動する。しかし、彼はかなりの女好き。妻のスーザンも爆発寸前なくらいだが、世間体は良く見せているのだ。

支持率が上がるとマスコミが彼のスキャンダルを探し始める。そこで呼ばれたのが知事夫妻の長年の友人であるスキャンダル潰しのプロのリビー。ジャックの電話が盗聴されスキャンダラスに編集されたテープが公開されると、ヘンリーと協力してそれを見事につぶす。だがスキャンダルは終わらない。ジャックの友人夫妻の10代の娘が妊娠し、それがジャックの子だと主張する。忙しいジャックはヘンリーと選挙対策部長のハワードを夫妻の元に送り、子供が本当にジャックの子供かどうか”羊水検査”をするようにたのむ。マスコミはおもしろおかしく取り上げた。結局結果は血液型が一致せずにシロと言うことになった。

あるとき、対立候補が病気のために選挙に降りることになった。その候補がジャックという人物を批判してきたことに、彼も怒って同様な手段で反撃していたときだった。ジャックはもっと正々堂々やれば良かったと後悔する。しかし、その対立候補は後任として元知事のピッカーを押すことになった。彼の人柄の良さに人々は感動し支持率をぐんぐん上げていくのだ。そこでジャックはリビーにピッカーの過去を調べるように指示する。

調べ始めると出るわ出るわ。彼が知事を辞めた理由はマリファナのせいだとか、彼をおとしめるには十分な材料だ。しかし、リビーは考えた。この材料を夫妻に使って欲しくないと。正々堂々やって欲しいと。彼女は夫妻にこの資料を渡すと、ジャックたちは早速使おうとする。それにリビーは失望したのだ。昔は荒削りだったが人間らしい選挙戦を戦ってきた彼らが変わってしまったことを嘆いて、自分の思いを伝える。それでも使おうとするジャック。そこで彼女はジャックの過去のことも調べていて、それを話すのだ。例の妊娠事件に対する血液検査でのジャックの血液は彼の叔父の血液だったと。つまりは、子供の父親はジャックであろうとなかろうと、関係を持っていたことを意味するのだ。そのことにヘンリーも失望する。そしてリビーはもし資料を使うならこのことを公開するとジャックに詰め寄り出ていく。

帰りの車の中、リビーはヘンリーを送っていった。別れ際、ジャックに「血液検査のことは公表するつもりはない」と伝えてくれとヘンリーに頼み、資料とメモも渡す。一夜開けてその後、彼女の自殺体が発見される…。ヘンリーは愕然としてジャックへの信頼を失う。彼女の葬式で本当に悲しむジャックたち。メモには「くそったれ」と書いてあった。目が覚めたジャックはその資料を持ってピッカーの所を訪れ、「公表しないから、なんとかマスコミにかぎつけられないようにして、選挙で良い勝負をしよう」と告げる。いっしょに行ったヘンリーはそれを聞いても彼への信頼は戻らないままで、選挙対策委員の辞意を申し出る。引き留めるジャック。「戻れ」というが、がんとして首を縦に振らないヘンリー。

結末・ラスト

そして、いよいよ予備選挙の日がやってきた。やれることはすべてやった。正々堂々やった。その彼の周りには支えてくれた妻、友人、選挙対策参謀などが結果を待っていた。そこにはヘンリーの姿もあった。みんなは知事のがんばり、自分たちのがんばりを讃え合うのだった。

レビュー・感想・解説・評価

ストーリー・ネタバレはクリックミー(上部へ移動)
レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]
パーフェクト・カップル
toikunの評価:7/10★★★★★★★☆☆☆

Joe Kleine(ジョー・クライン)の全米ベストセラー小説の映画化。大統領選挙の舞台裏を描いたドラマだ。この映画、クリントン米大統領をモデルにしたと言われる。監督を務めるのはダスティン・ホフマン主演「卒業」のオスカー監督マイク・ニコルズ。ニコルズが監督し、ハリソン・フォード主演、らぶ~☆になってきたアネット・ベニング共演の懐かしの「心の旅」をレビューした。変な補足となるがアネットは添え物だったが彼女の「ハサミを持って突っ走る」は非常に良かった。同作ブラッド・ピットが出演はしないが製作をし、の元カノグウィネス・パルトローも助演している映画人の意欲作。興味を持ったならあらすじを見て作品自体を鑑賞して欲しい。

脚本を担当しアカデミー脚色賞にノミネートしたエレイン・メイだが彼女の俳優としての姿を見たければウディ・アレン監督作品「おいしい生活」という作品に出演しているのでドウゾ。

スタントン知事を演じたジョン・トラヴォルタは髪の毛を白くしてまるで彼みたい。

奥さん役は「ハワーズ・エンド」でアカデミー主演賞を得て、ことごとくtoikunは退屈だと言っている「いつか晴れた日に」でアカデミー脚色賞を得たエマ・トンプソン。彼女もクリントンのファーストレディーのヒラリーばりに気丈に夫を弁護する。

他の主な出演者は選挙対策の専門家のリチャードにアンジェリーナ・ジョリー(アンジー)の元旦那で今や×5(でも故エリザベス・テーラーさんの×7(+旦那さんが1回死んでる)にはかないません…有名俳優で一番×が付いてる人って…!?)、「スリング・ブレイド」でアカデミー脚色賞を得ている演技派ビリー・ボブ・ソーントン。彼は「幸福の条件」じゃあ役名のない端役。有名になる前ですが発見☆

リビーには「ミザリー」でアカデミー主演女優賞を受賞してこの役でオスカー助演賞にノミネートされたtoikunの大好きなキャシー・ベイツ。

そして、ヘンリー役にエイドリアン・レスターなど。

描かれ方として、見るものが対策委員として見れるように、ヘンリーの心情を中心に描いた映画だと思う。実際、ジャック知事には感情移入は出来ない。知事のだらしない描かれ方やいかにも今の政治の演説をおちょくった様な演出は、ヘンリーの目から見るのは良かった気がする。

実際の選挙はもっとどろどろしたものなのだろうと想像すると、ちょっと気持ち悪くなるがそれはいいや。この映画、トラちゃんの映画ではなくてレスターの映画である。

うむ、事ある毎にマイケル・J・フォックスがこの作品に出ていたなぁ…と思い出してしまうのだが改めて彼は出ていない。マイケルが出ていたのは「アメリカン・プレジデント」である。確かマイケル・ダグラスを支える役だったような…レビュー書いてないです、スミマセン。

マイケルと大統領繋がりなら「マーズ・アタック!」もあるなぁ…確かピアース・ブロスナンが顔だけで身体が犬になっていたような…!?

さて、原題の「プライマリー・カラーズ」。これは色の「3原色」という意味である。また、プライマリーは”予備選挙”という意味がある。そして”本来の”と言う意味があることからカラーズの”特色”と併せて、スクリーン誌では”本来の性格”と訳してある。マーヴェラス!この訳こそがこの映画を表す言葉として一番ふさわしいだろう。

2000/01/03

2015/08/31

2016/04/05

by .

[感想・レビュー]投稿フォーム

アナタのレビュー・評価を載せてみよう!

お名前:

メールアドレス:

ホームページURL:

評価を10点満点でお聞かせ下さい。(必須)

10点  
9点  
8点  
7点  
6点

5点  
4点  
3点  
2点  
1点

映画の感想・レビューをお聞かせください。T's Theaterのこのページに掲載させて頂きます。

レビューの表示例

『映画ファン』さんのレビュー・評価

投稿日時:20??/??/?? 15:59:46

4点/10点満点中★★★★☆☆☆☆☆☆

ホームページ

コメント:

(コメントをどうぞ。)

T's Theaterへのお問い合わせフォームはコチラ(別ページで開きます)

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

ともちんが通りますよ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com