NAVI × 作品データ あらすじ 主要登場人物 アカデミー賞 スタッフ キャスト予告編 詳しいストーリー ストーリーの結末 感想・レビュー 関連作品・関連ページ [感想・レビュー]投稿フォーム このページの一番上へ T's Theaterのメニュー
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES映画の総合情報サイト
419Twitter、フォローお願いします!0 0001
映画『A Late Quartet』「25年目の弦楽四重奏」<2012年:アメリカ>

ATTENTION:T's Theaterでは映画作品のあらすじだけでなくストーリーのネタバレ結末まで記載しています。映画レビューはストーリーの下方にあるので映画をご覧になっていない方はお気を付け下さい。

映画「25年目の弦楽四重奏」あらすじ,ネタバレ,レビュー

作品データ

IMG from Amazon

原題:

A Late Quartet

邦題:

25年目の弦楽四重奏

原題訳:

最近の四重奏

製作年:

2012年

製作国:

アメリカ

上映時間:

ジャンル:

ドラマ 音楽もの

監督:

ヤーロン・ジルバーマン

主演:

クリストファー・ウォーケン フィリップ・シーモア・ホフマン キャサリン・キーナー マーク・イヴァニール

あらすじ

この映画にはtoikun以外のレビューはまだありません。

25年目の時を迎えた弦楽四重奏団。老齢のチェリストのパーキンソン病告白とそれによる引退発言により楽団内の空気が最悪に。各々の四半世紀を彩ってきた楽団は存続なるのか?

クリストファー・ウォーケンと故フィリップ・シーモア・ホフマンのアカデミー賞コンビにキャサリン・キーナーという実力者、ロシア生まれのイスラエルアクターのマーク・イヴァニールが魅せる“四重奏”。

若く美しいイモージェン・プーツ(「聖杯たちの騎士」)に心を奪われながら、アナタも物語に引き込まれていく…。

クリックすると下にジャンプします詳しいストーリー感想・レビュー

詳細作品データ[写真画像付き]IMGs' COPYRIGHT notations

主要登場人物

Main Cast:メインキャスト:役名:
Christopher Walkenクリストファー・ウォーケンフーガのチェロ、ピーター・ミッチェル
Philip Seymour Hoffmanフィリップ・シーモア・ホフマンフーガの第2バイオリン、ロバート・ゲルバート
Catherine Keenerキャサリン・キーナーフーガのヴィオラでロバートの妻ジュリエット
Mark Ivanirマーク・イヴァニールフーガの第1バイオリン、ダニエル・ラーナー

アカデミー賞

Winner:受賞:
Noneなし
Nominee:ノミネート:
Noneなし

スタッフ(製作・監督・脚本・撮影・音楽)

Producers:製作:
Vanessa Coifmanヴァネッサ・コイフマン
David Faigenblumデヴィッド・フェイジェンブラム
Emanuel Michaelエマニュエル・マイケル
Mandy Tagger Brockeyマンディ・タガー・ブロッキー
Tamar Selaタマール・セラ
Yaron Zilbermanヤーロン・ジルバーマン
Director:監督:
Yaron Zilbermanヤーロン・ジルバーマン
Writers:脚本:
Yaron Zilbermanヤーロン・ジルバーマン
Seth Grossmanセス・グロスマン
Cinematographer:撮影:
Frederick Elmesフレデリック・エルムズ
Original Music:音楽:
Angelo Badalamentiアンジェロ・ハダラメンティ

キャスト・出演者

Cast:キャスト:役名:
オープニングロール及びエンドロールではクレジット順が異なるがココではオープニングロールを採用する。
Philip Seymour Hoffmanフィリップ・シーモア・ホフマンフーガの第2バイオリン、ロバート・ゲルバート
Christopher Walkenクリストファー・ウォーケンフーガのチェロ、ピーター・ミッチェル
Mark Ivanirマーク・イヴァニールフーガの第1バイオリン、ダニエル・ラーナー
Catherine Keenerキャサリン・キーナーフーガのヴィオラでロバートの妻ジュリエット
Imogen Pootsイモージェン・プーツロバートとジュリエットの娘アレクサンドラ・“アレックス”・ゲルバート
Liraz Charhiリラズ・シャルヒロバートが“寝てしまう“女性”ピラール
Madhur Jaffreyマドゥル・ジャフリーピーターが病気を相談する医師ナディール
Anne Sofie von Otterアンネ・ゾフィー・フォン・オッターピーターの死んだ妻ミリアム
Wallace Shawnウォーレス・ショーンピーターが公認のチェリストを頼む楽団のギデオン・ローゼン
「25年目の弦楽四重奏」トレーラー
T's Theater新作映画紹介[あらすじ&レビュー]
「フレンチ・ラン」3月4日より渋谷シネパレス他、全国順次ロードショー! 公式サイト
他4作品の公開前・公開中の新作映画リストを開く

ストーリー・ネタバレ

この映画を未見の方へ:[ストーリーは最期まで表示されています]
ストーリーを途中までの表示にするストーリーを全て隠す

アメリカ・ニューヨーク。現在まで25年間休まず演奏を行ってきた弦楽四重奏団フーガ。

第1バイオリンのダニエル・ラーナーはリーダーとしてフーガを仕切る実力者。

第2バイオリンのロバート・ゲルバートは主役になれない事に不満を抱えながらもフーガの為に演奏する。

ヴィオラを担当するのはロバートの妻ジュリエット。フーガの“和”を大切にするプレイヤー。

そしてチェロを担当するのは3人よりも大分年上のピーター・ミッチェルだった。彼はジュリエットの母親と一緒に弦楽四重奏団をしていたが彼女の死により楽団は解散。ピーターは親友の為にジュリエットを子供のように可愛がり、奨学金まで世話をして彼女をヴィオリストにしたのだ。

ピーターは音楽院で教授をしている。フーガに入ったキッカケは生徒だったダニエルの誘いから。そして団員同士のロバートとジュリエットが結婚して娘アレックスが生まれて、彼女は今、音楽院でピーターに師事していた

今年も世界を周るツアーの時期がやって来た。4人は久しぶりに集まるが、どうもピーターが巧くひけなかった。一度解散してピーターは病院に行くと、先生から初期のパーキンソン病だと告げられる…。

ピーターは他の3人に自分の病状を説明し引退を告げる。そしてまた新しいチェリストを考えていると言った。その事で第2バイオリンに不満を持っていたロバートがそれをぶつける。それから劇団の不和は拡がっていった。

ロバートはジュリエットが自分の肩を持たない事を不満に思い、オーケストラに興味のある女性と寝てしまう。それをジュリエットに気付かれて出て行けと言われる。

ダニエルはアレックスにバイオリンを教えていたのだが、厳しい彼のレッスンに対してアレックスは何故か恋心を持ち、それはダニエルも…で身体を重ねてしまう…。

全ては皆に知れる事になり、楽団はバラバラ、空中分解寸前。

ピーターは心を痛めていた。何もかも彼が引退を口にしたからだ。それに自身の公認のチェリストとしてニナ・リーを計算していたが、彼女が在籍する楽団の友人に打診するがニナが優秀な為に断られる始末。

歪な関係。

それでもアレックスはフーガの為にダニエルに別れを告げる。自分の哲学を持つダニエルにはそれが受け容れがたかったが…。

ピーターの家で練習の為に4人集まった時ロバートは自分のパートと娘の事もありダニエルを殴り飛ばす。

ツアーも中止か…。亡き妻のオペラを聴き涙を流すピーター…。

結末・ラスト

弦楽四重奏団フーガのツアー初日。何時ものように聴衆の前にダニエル、ロバート、ジュリエット、ピーターが現れた。お辞儀をして席に着くと演奏を始めた4人。しかしどうしてもピーターの演奏は巧くは行かず止まってしまう…。そこで立ち上がったピーターは聴衆に引退を告げ、徐に新チェリストのアン・リーを紹介、彼女が席に着いた。退くピーターへスタンディングオベーションが送られた。

客席にアレックスと共に座りステージを見つめるピーター。

演奏の再開、その前にダニエルは楽譜を閉じた。暗譜をしない事をロバートに指摘されていたのだ。ダニエルは“チャレンジ”した。他の3人も同様に楽譜を閉じると演奏は始まった。

弦楽四重奏団フーガの新しい門出。彼らの演奏はきっと聴衆を…だろう…。

レビュー・感想・解説・評価

ストーリー・ネタバレはクリックミー(上部へ移動)
レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]
25年目の弦楽四重奏
toikunの評価:5/10★★★★★☆☆☆☆☆

劇場用映画初監督となるヤーロン・ジルバーマンが紡いだ音楽もののドラマ。WikiPedia今作の情報があるのでご覧頂きたい。

最近「デンバーに死す時」「ミッドナイト・ガイズ」でクリストファー・ウォーケン“づいて”、「ノーバディーズ・フール」でフィリップ・シーモア・ホフマンの馬鹿面を“拝見”したので見ようと思った今作

フーガの4人を順不同で紹介する。

・老年の男を演じるのはクリストファー・ウォーケン。「ディア・ハンター」でオスカーを得た彼は後も活躍して、トム・ハンクスレオナルド・ディカプリオの快作「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」でもオスカーにノミネートした。先日「マクベイン」というベトナム戦争あがりの男が借りを返す為にコロンビアの民主化に協力…という作品をリレビューした。劇中18年間の時代の隔たりがありベトナム戦争時のウォーケンは髪型ペタン、18年後は髪の毛を立てている…という面白い“変化”を見ることが出来た。2016年11月には動物コメディ映画「メン・イン・キャット」が公開。相手役は「アメリカン・ビューティー」などのアカデミー賞俳優ケヴィン・スペイシーだが、彼は猫になってしまい、ウォーケンはペットショップの店長!

・そして浮気をしてしまう男を演じるのは故フィリップ・シーモア・ホフマン。デビュー作の「セント・オブ・ウーマン 夢の香り」では憎たらしいガキだったが、「カポーティ」でオスカーを得て、後に「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」、「ダウト~あるカトリック学校で~」、「ザ・マスター」でもオスカーノミネートを果たす演技派となった。

・ヴィオリストを演じるのはキャサリン・キーナー。「マルコヴィッチの穴」でオスカーにノミネートしたキャサリンは、「カポーティ」でホフマンと共演、そして同作でもオスカーにノミネートした。

・最期に自信家の第1バイオリンを演じるのはマーク・イヴァニール。Wikipediaの作品リストを見ても「シンドラーのリスト」、「ターミナル」「グッド・シェパード」を見ているのだが、印象に残っていない…orz、でも今作ではそん税関を発揮している。

・そしてとても美しい女優イモージェン・プーツ。toikunにとって初見となるが彼女はきっとこれからのtoikunの映画人生を彩ってくれるだろう。2016年には「聖杯たちの騎士」という作品が公開。

前述に“ウォーケンとホフマンを見たので…”と書いたが「ピアノ・レッスン」を見て、音楽ものをもう一つ見てみようと思ってもいたからの今作だ。

見て良かった、良作。ただ、和解や更なるもめ事もあったであろう、ツアー初日にこぎ着ける所の描写をして欲しいと思ったのだがね。これはきっと監督ジルバーマンが想像しろって言っているのだろうけど、レンジが広すぎてチョット無理だった(汗)

エロティックなシーンがあってそれが起伏となるが、いざこざも含めて静かに感じる今作の演出。ウォーケン=老人の作品らしいと感じて、“老人映画”が好きなtoikunはホクホクである(苦笑)

以下、WikiPediaの引用となるが今作の情報を。

“監督のヤーロン・ジルバーマンによれば、3つの実在の弦楽四重奏団の逸話やテーマをストーリーに反映させているとのことである。その1つは、40年の歴史を持つグァルネリ弦楽四重奏団のエピソードで、楽団の最年長者のチェリストが引退を表明した際に他の3人が解散するか否か悩んだ末に後任を入れて数年間は活動を続けたというもので、この楽団は最終的には解散したそうである。また、イタリア弦楽四重奏団からは、男性3人と女性1人の楽団内でその女性が男性の2人と交際していたとの噂や、暗譜による独特の演奏スタイルも本作で使われている。更に、ニューヨークを拠点にしているエマーソン弦楽四重奏団でヴァイオリニストの2人が第1と第2を交互に弾いていることもストーリーに盛り込まれている”

WikiPediaより抜粋

うむ~、今作の製作過程に好感を持った。出演者が実際に楽器を弾いているかの情報は得られなかったものの、デニーロ・アプローチという言葉もある、ある程度はキャストが弾いているものだと思うと…すごい…って思いたいtoikunであった。

2015/11/11

2016/10/21

2016/11/14

by .

[感想・レビュー]投稿フォーム

アナタのレビュー・評価を載せてみよう!

お名前:

メールアドレス:

ホームページURL:

評価を10点満点でお聞かせ下さい。(必須)

10点  
9点  
8点  
7点  
6点

5点  
4点  
3点  
2点  
1点

映画の感想・レビューをお聞かせください。T's Theaterのこのページに掲載させて頂きます。

レビューの表示例

『映画ファン』さんのレビュー・評価

投稿日時:20??/??/?? 15:59:46

4点/10点満点中★★★★☆☆☆☆☆☆

ホームページ

コメント:

(コメントをどうぞ。)

T's Theaterへのお問い合わせフォームはコチラ(別ページで開きます)

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

ともちんが通りますよ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com