NAVI × 作品データ あらすじ 主要登場人物 アカデミー賞 スタッフ キャスト予告編 詳しいストーリー ストーリーの結末 感想・レビュー 関連作品・関連ページ [感想・レビュー]投稿フォーム このページの一番上へ T's Theaterのメニュー
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES映画の総合情報サイト
429Twitter、フォローお願いします!0 0001
映画『CONFESSIONS OF A DANGEROUS MIND』「コンフェッション《aka コンフェッション・オブ・ア・デンジャラス・マインド》」<2002年:アメリカ>

ATTENTION:T's Theaterでは映画作品のあらすじだけでなくストーリーのネタバレ結末まで記載しています。映画レビューはストーリーの下方にあるので映画をご覧になっていない方はお気を付け下さい。

映画「コンフェッション」(2002)あらすじ,ネタバレ,レビュー

作品データ

IMG from Amazon

原題:

CONFESSIONS OF A DANGEROUS MIND

邦題:

コンフェッション

原題訳:

危険な思考の告白

製作年:

2002年

製作国:

アメリカ

上映時間:

ジャンル:

ドラマ スリラー

主演:

あらすじ

この映画にはtoikun以外のレビューはまだありません。

かつてテレビ番組の人気司会者だった男がCIAの為に働いていたことを告白。男は芽が出ないウチから声をかけられ仕事の合間に工作活動を行う。人気司会者になっても仕事が続きその裏稼業が精神的・肉体的に男を苦しめることになる。

クリックすると下にジャンプします詳しいストーリー感想・レビュー

詳細作品データ[写真画像付き]IMGs' COPYRIGHT notations

主要登場人物

Main Cast:メインキャスト:役名:
Sam Rockwellサム・ロックウェルテレビ司会者チャールズ・“チャック”・ハリス
Drew Barrymoreドリュー・バリモアデビーの友人で後にパリスの彼女となったペニー
Rutger Hauerルトガー・ハウアーヨーロッパに住むエージェント、キーラー
Julia Robertsジュリア・ロバーツ実は東側の…パトリシア・ワトソン
(偽名)オリヴィア

アカデミー賞

Winner:受賞:
Noneなし
Nominee:ノミネート:
Noneなし

スタッフ(製作・監督・脚本・撮影・音楽)

Producer:製作:
Andrew Lazarアンドリュー・ラザー
Director:監督:
Writer:脚本:
Charlie Kaufmanチャーリー・カウフマン
Cinematographer:撮影:
Newton Thomas Sigelニュートン・トーマス・サイジェル
Original Music:音楽:
Alex Wurmanアレックス・ワーマン

キャスト・出演者

Cast:キャスト:役名:
Sam Rockwellサム・ロックウェルテレビ司会者チャールズ・“チャック”・ハリス
Drew Barrymoreドリュー・バリモアデビーの友人で後にパリスの彼女となったペニー
Julia Robertsジュリア・ロバーツ実は東側の…パトリシア・ワトソン
(偽名)オリヴィア
Rutger Hauerルトガー・ハウアーヨーロッパに住むエージェント、キーラー
Maggie Gyllenhaalマギー・ギレンホールテレビ局職員デビー
Robert John Burkeロバート・ジョン・バークCIAの“実技指導”ジェンクス
Jennifer Hallジェニファー・ホールジョージア
Kristen Wilsonクリステン・ウィルソンロレッタ
J. Todd AndersonJ・トッド・アンダーソン自分の精力について番組でアピールする男
Carlos Carrascoカルロス・カラスコブラジオニー
Emilio Riveraエミリオ・リヴェラベニテス
Daniel Zacapaダニエル・ザカパレンダ
Krista Allenクリスタ・アレンキュートな女性
Michael Ensignマイケル・エンサインサイモン・オリヴァー
James Urbaniakジェームズ・アーバニアクロッド

注目俳優(カメオ出演or下積み時代)

Cast:キャスト:役名:
説明:
Brad Pittブラッド・ピットバリスのテレビ番組に出る男
「オーシャンズ11」でジョージ・クルーニーと共演したスター俳優
Matt Damonマット・デイモンバリスのテレビ番組に出る男
「オーシャンズ11」でジョージ・クルーニーと共演したスター俳優
Chuck Barrisチャック・バリスかつての人気司会者チャールズ・“チャック”・バリス
「コンフェッション」トレーラー
T's Theater新作映画紹介[あらすじ&レビュー]
「フレンチ・ラン」3月4日より渋谷シネパレス他、全国順次ロードショー! 公式サイト
他4作品の公開前・公開中の新作映画リストを開く

ストーリー・ネタバレ

この映画を未見の方へ:[ストーリーは最期まで表示されています]
ストーリーを途中までの表示にするストーリーを全て隠す

1981年。アメリカに住む“絶望した男”が過去を振り返るために自伝を書き始めた。

フィラデルフィア出身の男の名はチャック・バリス。若い頃からテレビの将来性に目を付けていた。彼はテレビ業界の大手企業に入社し番組を作り始めた。だが中々上層部の納得できるものにはならなかった。ただ、自分を束縛しない彼女ペニーが居たので何とかやってこられた。

そんなバリスに声をかけてきた男がいた。男の名はジム。何と彼は今までバリスを監視してきてCIAにスカウトしようと現れたのだ。最初は戸惑うバリスであったが訓練を受け、“CIAのための人殺し”になっていく。だがそれと呼応するかのように続けていたテレビ番組の製作が認められて有名になっていった。

バリスの手がけた番組は“低俗”であった。だがそれはそれでウケていたのだ。ジムの仕事をこなすためにジムからのアドバイスも有り番組の取材名目でヨーロッパに行くことも少なくなかった。そこで知り合ったパトリシアという女性がいた。彼女は“西側の運動家”。ペニーが居ないことを良いことに彼女と寝たりもした。

番組製作兼司会で成功し大きな家まで手に入れたバリス。彼女であるペニーと一緒に住んだ。だが決して彼女と結婚することはなかった。だが低俗さのせいなのか、数ある番組が低視聴率で中止に追い込まれてきた。バリスは人殺しは辞めたいと考えていたが、何故かその“仕事”を止められなく、ジムの仕事を引き受けていた。ただ1回ヘマをして捕まり、冷戦下でのソ連側スパイと人質交換でアメリカに戻ってくるという経験もした。

ある時をさかいにアメリカ側のスパイが段々と消されていった。内通者がいると考えたジムはバリスの家に来てその事を話す。バリスは人殺しの仕事を辞めたいとジムに言ったが、ジムは何者かの攻撃で息絶えた。

結末・ラスト

時は進んだ。絶望した男がペニーの再訪を期に彼女と結婚しようと考えたのだ。ペニーには浮気はバレたのに彼女は見捨てなかった。外に出たバリスはパトリシアと会った。何と彼女が内通者でバリスを毒殺しようとしたのだ。だがバリスはそれに気付いていてパトリシアを逆に毒殺するのであった。

年老いたチャック・バリスという男は考えた。自分の人生は有意義だったのか。それはテレビを観てくれた視聴者が判断するものではない。チャック・バリス自身の判断に委ねられるのであった。

レビュー・感想・解説・評価

ストーリー・ネタバレはクリックミー(上部へ移動)
レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]
コンフェッション
toikunの評価:5/10★★★★★☆☆☆☆☆

チャック・バリス(=Chuck Barris)の自伝などを元に彼の人生を描いたドラマ。

『ER緊急救命室』で名を上げたジョージ・クルーニーの初監督作品。パパさんと一緒に“ワザと”逮捕されているクルーニーに“相応しい色”の作品である。は監督・脚本・出演した「グッドナイト&グッドラック」アカデミー監督賞・脚本賞にノミネート、製作・監督・脚本・出演した「スーパー・チューズデー ~正義を売った日~」アカデミー脚色賞にノミネートしている。そして製作した「アルゴ」でアカデミー作品賞を獲得した。toikunは当時「アルゴ」のCMを観て、“ジョージ・クルーニーの匂いがする…”と思ったが公開されて製作のクレジットを観たら当たっていて嬉しくなりましたワ。

製作総指揮のクレジットにはクルーニーが主演を務めてオールスターキャストであった「オーシャンズ11」の監督スティーヴン・ソダーバーグの名がある。

・主人公のバリスを演じるのはサム・ロックウェル。故マイケル・クラーク・ダンカンの演技がとても光った囚人の話「グリーンマイル」では目立つ囚人だった。他に「チャーリーズ・エンジェル」

・バリスの彼女ペニーにはその「チャーリーズ・エンジェル」、そして続編「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」ドリュー・バリモア。「E・T」の彼女は解き放ってあげましょう。他に「バットマン・フォーエヴァー」、ウディ・アレン監督作品「世界中がアイ・ラヴ・ユー」など。

・監督クルーニーがバリスを“その世界”に引き込んだCIA職員ジムを演じている。アカデミー賞の演技賞部門では「シリアナ」で助演男優賞を受賞。以降、「フィクサー」、「マイレージ、マイライフ」、「ファミリー・ツリー」で主演男優賞にノミネートしている。

・裏切っちゃう…というか元から敵方の人物なのかな…なパトリシアに扮するのは「オーシャンズ11」クルーニーの元妻の役であったジュリア・ロバーツ。「エリン・ブロコビッチ」のオスカーウィナーであり他に「マグノリアの花たち」、「プリティ・ウーマン」、「8月の家族たち」でアカデミー賞にノミネートしている。彼女が相応しかったかはアレだが「マイケル・コリンズ」をオススメする。

・ベテランのルトガー・ハウアーが工作員の一人として出演。オールスターな「シン・シティ」など。

・「クレイジー・ハート」のオスカーノミニーのマギー・ギレンホールがテレビ局の職員でバリスの彼女になる女性を演じている。オリバー・ストーン監督作品「ワールド・トレード・センター」など。なおマギーは「ナイトクローラー」、そして6月公開の「サウスポー」等に主演しているジェイク・ギレンホールのお姉さんだ。

・セリフもなく映るのは一瞬だが「オーシャンズ11」「オーシャンズ12」「オーシャンズ13」クルーニーと共演するブラッド・ピット(「セブン「デビル」」(1997))とマット・デイモン(「ボーン・アイデンティティー」「ボーン・スプレマシー」「ボーン・アルティメイタム」)がカメオ出演している。

自伝としては類い希なる人生でとっても興味しろいと思う。だが映画化されたこの作品を観てみると余り伝わらなかった。クルーニークルーニーの初監督というせいなのかどうなのか。興味しろい作品を作るソダーバーグが居たから別にクルーニーのせいではないであろう。果たして自伝はどこまでが真実なのであろうか?

キャストは本当に豪華でよかった。久しぶりのルトガー・ハウアーを見ることが出来て嬉しかった。クルーニー、ソダーバーグ監督、ブラピデイモンは本当に仲が良いんだろうな☆

クルーニーの役どころのチャック・バリスに関する分析ってのはどれも的外れで面白かった。

以下、DVDに付属の特典映像から。

・試写では信じる人と嘘と言い切る人の半々に分かれた。

・批判されると知りながら自伝を書いたことに興味を持ったのが映画化した理由の一つと語るクルーニー

・才能はないと思っていて監督はしたくなかったと語るクルーニー

・ブライアン・シンガー(「ユージュアル・サスペクツ」「ワルキューレ」)が監督をしていたが途中で降りた。途中で製作費を増額することは出来ず後が務まるのはジョージ・クルーニーにかいなかった。

・映画化を知ったドリュー・バリモアは関係者に“ペニーの役をやりたい”と連絡しまくった。

ジュリア・ロバーツはノーギャラ出演。

・劇中様々な場面で“切り替わり”があるが、これはCGではなく役者が静かに走り回って撮ったもの。

クルーニーは絵コンテだけで4ヶ月を費やした

なお、チャック・バリス自身が劇中で顔を見せている。良い顔ですね!

2013/09/06

2016/04/06

by .

[感想・レビュー]投稿フォーム

アナタのレビュー・評価を載せてみよう!

お名前:

メールアドレス:

ホームページURL:

評価を10点満点でお聞かせ下さい。(必須)

10点  
9点  
8点  
7点  
6点

5点  
4点  
3点  
2点  
1点

映画の感想・レビューをお聞かせください。T's Theaterのこのページに掲載させて頂きます。

レビューの表示例

『映画ファン』さんのレビュー・評価

投稿日時:20??/??/?? 15:59:46

4点/10点満点中★★★★☆☆☆☆☆☆

ホームページ

コメント:

(コメントをどうぞ。)

T's Theaterへのお問い合わせフォームはコチラ(別ページで開きます)

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

http://blog.livedoor.jp/tomo24sawara/

ともちんが通りますよ

削除されました(泣)

レビュー・アン・ローズ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com