NAVI × 作品データ あらすじ 主要登場人物 アカデミー賞 スタッフ キャスト予告編 詳しいストーリー ストーリーの結末 感想・レビュー 関連作品・関連ページ [感想・レビュー]投稿フォーム このページの一番上へ T's Theaterのメニュー
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES映画の総合情報サイト
418Twitter、フォローお願いします!0 0001
映画『AFTER THE SUNSET』「ダイヤモンド・イン・パラダイス」<2004年:アメリカ>

ATTENTION:T's Theaterでは映画作品のあらすじだけでなくストーリーのネタバレ結末まで記載しています。映画レビューはストーリーの下方にあるので映画をご覧になっていない方はお気を付け下さい。

映画「ダイヤモンド・イン・パラダイス」あらすじ,ネタバレ,レビュー

作品データ

IMG from Amazon

原題:

AFTER THE SUNSET

邦題:

ダイヤモンド・イン・パラダイス

原題訳:

日が暮れた後は…(注:“引退した後”という意味があるのかも知れない。本作は泥棒稼業を引退した男の話)

製作年:

2004年

製作国:

アメリカ

上映時間:

ジャンル:

犯罪もの コメディ

監督:

ブレット・ラトナー

あらすじ

この映画にはtoikun以外のレビューはまだありません。

FBI捜査官に目をつけられていたがそれをかいくぐって犯行を行う程の宝石泥棒が引退した。恋人と共にパラダイスで過ごす男は物足りなさを感じていた。そこにFBI捜査官が現れてこの島に高価なダイヤモンドを積んだフェリーが寄港するので盗まれないために見張ると言ってきた。大泥棒は…。

オープニングのピアース・ブロスナンサルマ・ハエックのキスシーンに驚いたファンも多いハズ。そんな2人が再共演したコメディ映画「おとなのワケあり恋愛講座」がカリコレ2016で公開された。サルマと共に「メカニック:ワールドミッション」などのジェシカ・アルバもヒロインとして登場したビターなコメディだった。

クリックすると下にジャンプします詳しいストーリー感想・レビュー

詳細作品データ[写真画像付き]IMGs' COPYRIGHT notations

主要登場人物

Main Cast:メインキャスト:役名:
Pierce Brosnanピアース・ブロスナン引退した宝石泥棒マックス・バデット
Salma Hayekサルマ・ハエックマックスの恋人ローラ・シリロ
Woody Harrelsonウディ・ハレルソンマックスを追うFBI捜査官スタン・ロイド
Naomie Harrisナオミ・ハリスバハマの女刑事ソフィー
Don Cheadleドン・チードルバハマに居を構える有力者アンリ・モレー
(英名)ヘンリー・ムーア

アカデミー賞

Winner:受賞:
Noneなし
Nominee:ノミネート:
Noneなし

スタッフ(製作・監督・脚本・撮影・音楽)

Producers:製作:
Tripp Vinsonトリップ・ヴィンソン
Jay Sternジェイ・スターン
Beau Flynnボー・フリン
Director:監督:
Brett Ratnerブレット・ラトナー
Writers:脚本:
Paul Zbyszewskiポール・ズビゼウスキー
Craig Rosenbergクレイグ・ローゼンバーグ
Cinematographer:撮影:
Dante Spinottiダンテ・スピノッティ
Original Music:音楽:
Lalo Schifrinラロ・シフリン

キャスト・出演者

Cast:キャスト:役名:
Pierce Brosnanピアース・ブロスナン引退した宝石泥棒マックス・バデット
Salma Hayekサルマ・ハエックマックスの恋人ローラ・シリロ
Woody Harrelsonウディ・ハレルソンマックスを追うFBI捜査官スタン・ロイド
Don Cheadleドン・チードルバハマに居を構える有力者アンリ・モレー
(英名)ヘンリー・ムーア
Naomie Harrisナオミ・ハリスバハマの女刑事ソフィー
Chris Pennクリス・ペンロサンゼルス・レイカーズの乱暴で五月蠅いファンの男
(注:ローディ・ファンとはRowdy Fanで“五月蠅いファン”という意味でありローディ・ファンという名前ではない)
Mykelti Williamsonミケルティ・ウィリアムソンFBIのスタッフォード捜査官(黒人)
Obba Babatundeオッバ・ババタンデモローの部下ザカリアス
Russell Hornsbyラッセル・ホーンズビージャン=ポール
Rex Linnレックス・リンFBIのコワルスキー捜査官(白人)

注目俳優(カメオ出演or下積み時代)

Cast:キャスト:役名:
説明:
Edward Nortonエドワード・ノートンバスケを見ている本人役
超個性派俳優!
「ダイヤモンド・イン・パラダイス」トレーラー
T's Theater新作映画紹介[あらすじ&レビュー]
他4作品の公開前・公開中の新作映画リストを開く

ストーリー・ネタバレ

この映画を未見の方へ:[ストーリーは最期まで表示されています]
ストーリーを途中までの表示にするストーリーを全て隠す

FBIの捜査官スタン・ロイドたちがダイヤモンドの護送をしていた。ロイド達歴戦の勇士のようなFBI捜査官が完全装備でダイヤモンドを守るのにも理由があった。ダイヤモンドの大泥棒であるマックス・バデットが狙っているというのだ。そのFBIの監視下にあってもマックスは恋人のローラと共に証拠一つ残さずダイヤモンドを奪い去った。ロイドに撃たれはしたが…。

数ヶ月後のカリブ海バハマの島パラダイス・アイランド。

泥棒を引退したマックスとローラは夜ごと繰り返されるバカンスに身を興じていた。しかしわずかに刺激が足りないことをマックスは感じていた。そんなマックスの元をなんとロイドが訪れる。そしてロイドはマックスに“大秘宝であるダイヤモンドが船に乗ってやってくる”と言うのだ。それを聞いたマックスはとても疼く。だがマックスと結婚したいローラはそれをやめて欲しいと言うのだ。

ロイドはこの島がFBIの管轄外であるため現地の女性刑事ソフィーと一緒にマックスを監視することになる。そんな監視下で現地の有力者モレーがダイヤモンドを盗めとマックスに言ってくる。モレーとは彼の英名ムーアを現地語読みしたものでありモレーの目的はこの地域を統べること…。

ロイドとソフィーの監視、モレーの接近、ローラの不同意の中。マックスはまずモレーに船の構造を教えて自分で盗めと言う。

そしてロイドとソフィー、ローラ。彼らと一緒に真夜中の海の中に潜るマックス。マックスは水中で協力者のバーテンダーと入れ代わり3人に知られることなくダイヤモンドのあるセブンシーズ号に侵入。重大な警戒の中であったがモレーの手下が同時に忍び込みマックスが仕掛けた罠を踏んだため見事ダイヤモンドを奪ったマックス。そして水中へと戻り感づいたローラの協力もあり再び協力者と入れ代わると、“ダイヤモンドが奪われたときはFBI捜査官ロイドと一緒”という見事なアリバイまで作り上げた。

だが泥棒は辞めたというのにまたやらかしたマックスをローラは許さなかった。マックスの元を離れるローラ。そこへモレーがやってきてハメられたと激怒するモレーはローラに拳銃を突きつけダイヤモンドをよこせと言う。しかしマックスの危機を救ったのはロイドとソフィーだった。彼ら2人がモレーを撃ち殺したのだ。マックスへの疑いの念を拭ききれない2人だったのだが…。

結末・ラスト

ローラが帰国への飛行機に乗るところにマックスが現れた、自分で買ったと言う結婚指輪と一緒に。マックスの愛を聞いたローラは彼を許したのだった。ただ指輪の領収書を見たがるのだが…。

ここで気になる男がいた。それはFBI捜査官であるロイドである。マックスが砂浜のバーにやって来ると仕事を終えたはずのロイドがまだいた。ロイドは何故管轄外のこの島までやって来たのかを話した。ロイドはダイヤモンドを狙ってきたのだったのだ。マックスの腕を見込んでマックスが奪ったダイヤモンドを更に奪う計画を立て、マックスが桟橋に隠したダイヤモンドを奪ったのだ!苦い顔をするマックスだが恋人ローラが戻ったことが“一番の収穫”と笑うのだった。

帰国のために手に入れた高級自動車で高笑いを浮かべるロイド。マックスがただで返すわけはなかった…。マックスは携帯を手に持つとかつて自身の引退前にロイドからダイヤモンドを奪った方法と同じ“車の遠隔操作”をしてロイドを懲らしめるのであった…。

レビュー・感想・解説・評価

ストーリー・ネタバレはクリックミー(上部へ移動)
レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]
ダイヤモンド・イン・パラダイス
toikunの評価:5/10★★★★★☆☆☆☆☆

うん、9年ぶりの鑑賞☆まず前の!

ピアース・ブロスナン、そしてサルマ・ハーイェク主演でおくるラブコメ要素を含んだ犯罪もの。他にtoikun的に久しぶりの感があるウッディー・ハレルスン、「オーシャンズ11」などのドン・チードルが共演。また、NBAのロサンゼルス・レイカーズのシャキール・オニールやカール・マローンらが出演、NBAの試合を観戦しているエドワード・ノートンの姿も。

上で述べたラブコメというのはメグ・ライアン何かが得意とするラブコメではなくてラブものとコメディものという意味で表してみた。

犯罪ものであるが内容がとても“軽い”のである。表現が難しい…何も考えなければ楽しく見られると思う。この映画の評価を2.5点(注:新フォーマットでは5点)としたがストーリーとしては2点(注:同4点)くらい。ブロスナン贔屓を入れて+0.5点(注:+同1点)としてみた。単純に見れば4点(注:8点)ぐらい付けられる映画である。

「007」シリーズの様な女王陛下のブロスナンもいいが、「トーマス・クラウン・アフェアー」や本作のような泥棒のブロスナンも素敵である。男も惚れる男、ピアース・ブロスナン

2007/03/20

2016年の記述で何時ものように監督やキャストから!

監督を務めるのは旧作ながら先日「天使のくれた時間」でtoikunを楽しませてくれたブレット・ラトナー。

音楽を担当するラロ・シフリンは本年と同年の2004年製作の「サン・ルイ・レイの橋」という作品の音楽担当だった。同作ロバート・デ・ニーロ、F・マーリー・エイブラハム、キャシー・ベイツというアカデミー賞受賞者だけでもキャストがスゴイし+ハーヴェイ・カイテルやガブリエル・バーンなどファン垂涎…。

・主人公の泥棒に扮するは5代目ジェームズ・“007”・ボンドとして知られるピアース・ブロスナン「007/ゴールデンアイ」「007/トゥモロー・ネバー・ダイ」「007/ワールド・イズ・ノット・イナフ」「007/ダイ・アナザー・デイ」と4作続いたブロスナン=ボンド。「007/ダイ・アナザー・デイ」の次の作品が本作となった。ブロスナンファンの方が「第四の核」の似非イギリス人を見たらどう思うだろう?他に「ミセス・ダウト」「マーズ・アタック!」もオモシロイ!

・泥棒さんの恋人ローラに扮するは「フリーダ」のアカデミー賞ノミニー、サルマ・ハエック「ワイルド・ワイルド・ウエスト」のヒロインとしておバカ映画だったが盛り上げてくれた。他に「ドグマ」やシンディ・クロフォード主演の1995年の「フェア・ゲーム」など。

・前回触れなかったがショーン・ペンの弟として知られる故人となったクリス・ペンがバスケのファンとして登場する。固有名詞のある役名ではないので注意して欲しい。トム・クルーズ主演の「トム・クルーズ/栄光の彼方に」「ダーウィン・アワード」など。

・実はハメようとしたFBI捜査官ロイドに扮するは「メッセンジャー」と「ラリー・フリント」のオスカーノミニーである実力派&個性派俳優のウディ・ハレルソン。クエンティン・タランティーノ原案の「ナチュラル・ボーン・キラーズ」は意味が分からなかったtoikun。他に良作と感じたがラジー賞…な「幸福の条件」「ウワサの真相 ワグ・ザ・ドッグ」など。toikunにとって今年はハレルソンフィーバーかも!?ってのは「グランド・イリュージョン」だし続編「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」だし…。

・現地の女性刑事に扮するのは本作でハリウッド進出を果たしたというイギリス人俳優のナオミ・ハリス。日本公開が大分後になってしまった良作品「サウスポー」では主人公の娘を保護する施設の女性役として登場。

・劇中ではヘンリー・ムーアという名前は一度しか使われていなく勘違いしている人もいるようだが役名は“アンリ・モレー”、そんなモレーを演じるのはラトナー監督の「天使のくれた時間」で天使を演じたドン・チードル。ウガンダ虐殺を描いた作品「ホテル・ルワンダ」に出演しアカデミー主演男優賞にノミネート。下積み時代の「デンバーに死す時」のギャングスターの部下として出演するチードルを見つけることが出来て嬉しかったtoikun。彼は「オーシャンズ11」「オーシャンズ12」「オーシャンズ13」の泥棒さん。

・黒人のFBI捜査官として登場するミケルティ・ウィリアムソンはtoikunが気になる俳優さん。「フリー・ウィリー」「フリー・ウィリー2」「コン・エアー」「パーフェクト・カップル」なんかで観ている。

・9年前に記述したがエドワード・ノートンが客席でバスケを見る本人役としてカメオ出演。これはきっとラトナー監督の「レッド・ドラゴン」に出演したからであろう。「真実の行方」でデビューして直ぐにアカデミー賞にノミネートしたノートンは他に「アメリカン・ヒストリーX」と「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」でオスカーにノミネートしている。「世界中がアイ・ラヴ・ユー」など。

さて。

もう一度観ても可もなく不可もなく。そんな凡庸な印象を残す本作だが多分に見られる“男性同士の同性愛描写”に監督は何を求めたかったのであろうか?ただ単に写真撮らせて笑わせたかったのか、演出としてバーテンダー役のトロイ・ギャリティの“あの顔”を引き出したかったのだろうか?どちらにしてもこの性描写は不適切かと思われますが…。

ハレルソンのFBI捜査官が“停職中”という事を知って本作に隠された真実を気付いた人も多いだろうなぁ。だからサスペンションは描かなくても…!?って布石か?

笑わせるところとして“アイルランド人だぞ!”と話すマックス=ブロスナンは本当にアイルランド人である。そんなが女王陛下の007なんだから面白いんだよ。だって初代はショーン・コネリーでスコットランド出身英国国籍、で数年前にスコットランド独立をが願っていることが日本でも大々的に報じられたしねぇ。

俳優の出自を知って映画を観ることはとても面白いのだ。

そんなアイリッシュであるピアース・ブロスナン「マイケル・コリンズ」に出演しなかった理由は推測だが007の為。で、アイリッシュのピアース・ブロスナンの祖国への愛が感じられる映画作品が「ネフュー」という“小さな”映画。是非レンタル屋さんで!

2016/05/23

2016/06/30

2016/07/09

by .

[感想・レビュー]投稿フォーム

アナタのレビュー・評価を載せてみよう!

お名前:

メールアドレス:

ホームページURL:

評価を10点満点でお聞かせ下さい。(必須)

10点  
9点  
8点  
7点  
6点

5点  
4点  
3点  
2点  
1点

映画の感想・レビューをお聞かせください。T's Theaterのこのページに掲載させて頂きます。

レビューの表示例

『映画ファン』さんのレビュー・評価

投稿日時:20??/??/?? 15:59:46

4点/10点満点中★★★★☆☆☆☆☆☆

ホームページ

コメント:

(コメントをどうぞ。)

T's Theaterへのお問い合わせフォームはコチラ(別ページで開きます)

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

ともちんが通りますよ

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com