NAVI × 作品データ あらすじ 主要登場人物 アカデミー賞 スタッフ キャスト予告編 詳しいストーリー ストーリーの結末 感想・レビュー 関連作品・関連ページ [感想・レビュー]投稿フォーム このページの一番上へ T's Theaterのメニュー
MENUSince 1999/08/28T's TheaterIntegrated Information Site for MOVIES映画の総合情報サイト
フォローする2238Twitter、フォローお願いします!いいね0ツイート0211
映画『15MINUTES』「15ミニッツ」<2001年:アメリカ>

ATTENTION:T's Theaterでは映画作品のあらすじだけでなくストーリーのネタバレを結末まで記載しています。映画レビューはストーリーの下方にあるので映画をご覧になっていない方はお気を付け下さい。

映画「15ミニッツ」あらすじ,ネタバレ,レビュー

作品データ

IMG from Amazon

原題:

15MINUTES

邦題:

15ミニッツ

原題訳:

15分間だけは

製作年:

2001年

製作国:

アメリカ

上映時間:

ジャンル:

アクション スリラー

監督:

ジョン・ハーツフェルド

主演:

ロバート・デ・ニーロ エドワード・バーンズ

あらすじ

この映画にはtoikun以外のレビューはまだありません。

マスメディアの視聴率主義が苛烈な国アメリカ。そこへ東欧から2人の凶悪な男が降り立った。アメリカで殺人を犯した2人は気付いた。“ここでは犯罪者でも金持ちになれる”と。すごい犯罪を犯してそれをビデオに撮ってマスメディアに売り込んで、自分らは“精神障害者”とでっち上げて無罪になって金持ちになろうと企てた2人。狙われたニューヨーク警察の刑事。彼の運命は?そして彼とタッグを組む消防局の捜査官はマスメディアに鉄槌を下す!

極上のスリラー。果たしてロバート・デ・ニーロ演じる男はどうなるのであろうか楽しみである。また、エドワード・バーンズの最後の行動にはスカッとする!

感想・レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

クリックすると下にジャンプします詳しいストーリー感想・レビュー

詳細作品データ[写真画像付き]IMGs' COPYRIGHT notations

主要登場人物

Main Cast:メインキャスト:役名:
Robert De Niroロバート・デ・ニーロエディ・フレミング刑事
Edward Burnsエドワード・バーンズジョーディ・ワーソー
Karel Rodenカレル・ローデンエミル
Oleg Taktarovオレッグ・タクタロフウルグ
Melina Kanakaredesメリーナ・カナカレデスエディの恋人ニコール
Vera Farmigaヴェラ・ファーミガ目撃者ダフネ
Kelsey Grammerケルシー・グラマーテレビ番組司会者ホーキンス

アカデミー賞

Winner:受賞:
Noneなし
Nominee:ノミネート:
Noneなし

スタッフ(製作・監督・脚本・撮影・音楽)

Producers:製作:
Nick Wechslerニック・ウェクスラー
Keith Addisキース・アディス
David Blockerデイヴィッド・ブロッカー
John Herzfeldジョン・ハーツフェルド
Director:監督:
John Herzfeldジョン・ハーツフェルド
Writer:脚本:
John Herzfeldジョン・ハーツフェルド
Cinematographer:撮影:
Jean Yves Escoffierジャン=イヴ・エスコフィエ
Original Music:音楽:
Anthony Marinelliアンソニー・マリネリ
J.Peter RobinsonJ・ピーター・ロビンソン

キャスト・出演者

Cast:キャスト:役名:
Robert De Niroロバート・デ・ニーロエディ・フレミング刑事
Edward Burnsエドワード・バーンズジョーディ・ワーソー
Kelsey Grammerケルシー・グラマーテレビ番組司会者ホーキンス
Avery Brooksエイヴリー・ブルックスレオン・ジャクソン捜査官
Melina Kanakaredesメリーナ・カナカレデスエディの恋人ニコール
Karel Rodenカレル・ローデンエミル
Oleg Taktarovオレッグ・タクタロフウルグ
Vera Farmigaヴェラ・ファーミガ目撃者ダフネ
John DiRestaジョン・ディレスタボビー・コーフィン
James Handyジェームズ・ハンディデクラン・ダフィ
Darius McCraryダリウス・マクラリートミー・カレン捜査官
「15ミニッツ」トレーラー
T's Theater新作映画紹介[あらすじ&レビュー]
「おじドル,ヤクザ」2022年1月、K's cinemaにて公開! 公式サイトONLY
「宮田バスターズ(株)-大長編-」11/20~池袋シネマ・ロサにて公開! 公式サイトONLY
「吟ずる者たち」11/5広島先行公開!2022年、全国順次公開! 公式サイトONLY

ストーリー・ネタバレ

この映画を未見の方へ:[ストーリーは最期まで表示されています]
ストーリーを途中までの表示にするストーリーを全て隠す

マスメディアが視聴率でしのぎを削る自由の国、アメリカ。このアメリカに東欧から2人の男、エミルとウルグがやってきた。彼らは以前強盗をしたが服役後、捕まらなかった男を追って、金を求めてアメリカへと来たのだ。キレやすいエミルと、ビデオカメラを万引きして自分の映画を撮ろうというバカのウルグ。そんな2人が男の元へ行くと、男は金はないという。キレたエミルは男と彼の妻をも殺してしまった。この時から常にビデオを回し続けるウルグ。それを見ていた女性がいた。不法滞在のダフネだった。彼女は身の危険を感じ逃げるが、財布をおいてきたために2人に素性は割れてしまう。2人は事故に見せかけて男のアパートに火をつけたのだった。

全焼は免れたが死体は黒こげのアパート。そこへやってきたのは難事件を次々と解決しマスコミでも紹介される有名人のNYPD刑事エディと、消防局に勤めながらも銃の携帯を許される捜査官ジョーディだった。初対面の2人だが、“放火殺人”だというジョーディの観察力にエディは感心し、エディの刑事としての腕に惚れるジョーディ。そして彼らは事件について共同捜査を始める。

最初にダフネを見つけたのはエミルとウルグだった。“警察に言うと殺すぞ”と脅すエミルに従うしかないダフネ。2人が逃げた直後にあらわれたエディとジョーディ。ダフネを保護すると共に、近くで様子を疑っていたエミルたちを追うが、寸前のところで逃げられてしまった。

やがて彼らは第2の犯行を起こすと共に、アメリカの“不思議な実状”に気づく。“アメリカでは殺人鬼さえも有名になれば金持ちになれる”と。犯罪者が自分のエッセイや、映画化権で金が入ることを知ったのだ。そこで彼らはとんでもないことを思いつく。有名人であるエディの殺害をビデオに撮りTV局に売りつけようと。ただそれだけだったら逮捕されてしまうが、エミルは悪魔的な計画を立てたのだ。逮捕されても精神病患者を装い、無罪となり病院に入り、「正常だ!」と明かして出てくればいいと。ダブル・ジョパディー法により同一の罪で2度裁かれることはないのだ。つまり犯罪を犯しながらも無実となり大金を手に出来る寸法だ。

そんなことを知りもしないエディは恋人のTVリポーター・ニコールに結婚の申し込みをしようと自宅のアパートで待っていた。そこに2人は押し入った。イスにエディを縛り付けて、彼の一部始終をビデオに収めるのだ。縛られながらも必死の抵抗をしたエディだったがやはりかなわず、命を落としてしまう。葬式の後の故人をしのぶ会では悲しみに打ちひしがれるニコールと無力感におそわれるジョーディーの姿があった。

結末・ラスト

次に2人組は、衝撃な映像を紹介する番組の司会者ホーキンスと連絡を取りビデオの買い取りを迫る。視聴率第1主義のホーキンスは倫理的に問題があろうが関係ない。大金を積み上げてビデオを買い取り、そしてそれを放映してしまう。「Hard to believe, watch(信じられませんが、ご覧ください。)」。これを見た視聴者は、有名刑事の死の真相にショックを受ける。公然と招待を隠さず視聴者の反応を見た2人組は満足げだったが、自分が監督だと言うウルグとエミルが仲間割れをおこし、ウルグは逃亡してしまう。テレビを見て激怒したジョーディーはホーキンスの後を付けエミルの所にたどり着き彼を逮捕する。怒りの収まらない彼は署に向かわずに廃工場へと向かいエミルを撃ち殺そうと銃を向ける。だがそれだけはできずに、駆けつけた警官により署に連行されるエミル。

やりて弁護士をたてて精神病を理由に計画どおり病院に送られることになったエミル。それをどうにか阻止しようと、彼が船に乗る港へとやってきたジョーディー。そこへやってきたのはウルグだった。エミルの計画と彼が正常であることをばらしたのだ。計画の覆ったエミルは現場にリポーターとしてきていたニコールを羽交い締めにし銃を突きつける。「エディの敵をとって!」というニコールに、ジョーディーは応え、エディを倒し、またウルグも倒れるのだった。そして、エディの死を放映した倫理観も何もないホーキンスに鉄拳を食らわして去っていくのであった。

感想・レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]

レビュー・感想・解説・評価

ストーリー・ネタバレはクリックミー(上部へ移動)
感想・レビューを書いてみませんか?投稿フォームはコチラ[下にあります]
15ミニッツ
toikunの評価:8/10★★★★★★★★☆☆

ロバート・デ・ニーロ「マクマレン兄弟」などのエドワード・バーンズが共演したスリラー。

監督を務めるのは「コブラ」でシルヴェスター・スタローンを狙ったスナイパーを演じた(!)ジョン・ハーツフェルド。彼は脚本や製作も務めていて監督作品に「セカンド・チャンス」、「2 days トゥー・デイズ」、後の「ボビーZ」等がある。

前述のデ・ニーロとバーンズを含めてキャストを箇条書きで紹介する。

・殺される刑事の役にロバート・デ・ニーロのアカデミー賞に関して紹介すると「ゴッドファーザーPARTⅡ」(助演賞受賞)、「タクシードライバー」(主演賞ノミネート)、「ディア・ハンター」(主演賞ノミネート)、「レイジング・ブル」(主演賞受賞)、「レナードの朝」(主演賞ノミネート)、「ケープ・フィアー」(主演賞ノミネート)、「世界にひとつのプレイブック」(助演賞ノミネート)。実に輝かしい経歴、現代の名優である。

・ラストが清々しい相棒役にエドワード・バーンズ。「マクマレン兄弟」での煌びやか映画デビュー。「プライベート・ライアン」を経て今作。後の「ホリデイ」「幸せになるための27のドレス」は…だったが。最近レビューした「バーニング・クロス」は脇だったけれども存在感たっぷりだった!

・目撃者ダフネには後の「マイレージ、マイライフ」でアカデミー助演賞にノミネートするヴェラ・ファーミガ。「ザ・クリミナル 合衆国の陰謀」では隠れCIA職員を演じた。

ロバート・デ・ニーロ=刑事の恋人役に「ロング・キス・グッドナイト」のメリーナ・カナカレデス。

・頭のキレる敵さん役にはカレル・ローデン。「ボーン・スプレマシー」など。

・カメラが好きな敵さん役には格闘家でもあるオレッグ・タクタロフ。後の「ボーダー」でもデ・ニーロと共演することになる。

視聴率主義のマスコミが痛烈な描写で描かれている。放送倫理について考えさせられるだけでなく、「ダブル・ジョパディー」でも描かれる、ダブル・ジョパディー法(一事不再理)の問題点など大いに関心を持たされた。しかし、いくら法律だからといってこの映画の計画が仮に巧くいったとしてもどうにか対処は出来ないものであろうか?

CMやらでデ・ニーロは殺されるのではなどと思って見た映画、案の定殺されていた。恋人に結婚を申し込みたくてもなかなか出来ないなど人間性を丹念に描写された後の“死”だったので、見る方としても大変辛く感情移入させられた。

デ・ニーロの半ばでのご退場だったが後はバーンズが巧く引き受けた形となり映画をしめた。

しかし、なにか不思議な感じのする映画であった。1つの映画なのに複数の映画を見たような気分だったのだ。よくある複数のジャンルを絡めた映画、例えばアクション・コメディ、ラブコメなどといった感覚とは全く違うのである。短編オムニバスと言えば、一番近いかもしれない。見た後そんな不思議な感覚にさせられた映画であった。

“15ミニッツ”とは、“現代では誰しもが15分間だけは有名になれる”という意味である。古くは1960年代にアンディー・ウォーホルが語った言葉である。

In 15 minutes everybody will be famous.

Wikipediaより一部抜粋。なお、「バスキア」ではデヴィッド・ボウイがウォーホルを演じている。

時に今作を今一度見てみたが、ちょっと前に見た「アバウト・シュミット」ジャック・ニコルソンの役どころにデ・ニーロを持ってきたらどうか…などと想像してしまった…。レビュろう…ってかレビュりましたぁ。

2001/06/04

2015/10/26

2016/11/28

2017/08/25

by .

T's Theater新作映画紹介[あらすじ&レビュー]
「おじドル,ヤクザ」2022年1月、K's cinemaにて公開! 公式サイトONLY
「吟ずる者たち」11/5広島先行公開!2022年、全国順次公開! 公式サイトONLY
「宮田バスターズ(株)-大長編-」11/20~池袋シネマ・ロサにて公開! 公式サイトONLY
[感想・レビュー]投稿フォーム

アナタのレビュー・評価を載せてみよう!

お名前:

メールアドレス:

ホームページURL:

評価を10点満点でお聞かせ下さい。(必須)

映画の感想・レビューをお聞かせください。T's Theaterのこのページに掲載させて頂きます。

レビューの表示例

『映画ファン』さんのレビュー・評価

投稿日時:20??/??/?? 15:59:46

4点/10点満点中★★★★☆☆☆☆☆☆

ホームページ

コメント:

(コメントをどうぞ。)

T's Theaterへのお問い合わせフォームはコチラ(別ページで開きます)

Googleサイト内検索

公開予定の新作映画紹介あらすじ&レビュー一部、公式サイト紹介のみ
Amazon PR
携帯はこちらから
T's TheaterのQRコード
映画リンク

トップ > エンターテインメント > 映画、ビデオ > 評論、レビュー

IMDb

映画の森てんこ森

タネの縁側

ぴあ映画生活

元気が出る映画・ドラマの専門サイト☆リプレイ

映画通信シネマッシモ

★前田有一の超映画批評★

お勧め映画ランキング&データベース【feeling-e】

http://blog.livedoor.jp/tomo24sawara/

ともちんが通りますよ

閉鎖

レビュー・アン・ローズ

MIHOシネマ | 映画ネタバレあらすじ結末

T's Theaterの画像
T's Theaterのgifアニメ
Watch the latest videos on YouTube.com